プロ野球 ダルビッシュ有に関するニュース

ダルビッシュ弟逮捕に野球賭博問題、さらには行方不明!? “闇”が支配するプロ野球の浄化はムリなのか

日刊サイゾー / 2015年10月28日00時00分

今、プロ野球界には、かつてないほどの不穏な空気が立ち込めている。 27日、MLBテキサスレンジャーズ所属の投手・ダルビッシュ有の弟ダルビッシュ翔容疑者ら8人が、賭博開帳図利容疑で逮捕された。翔容疑者らは大阪・生野区のマンションなどで、大リーグや日本のプロ野球を対象に、知り合いに金を賭けさせていたとのこと。つまりは「野球賭博」の“オヤ”である。 プロ野球とい [全文を読む]

プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(1)「477日ぶり復活勝利」で実践した師匠の教え

アサ芸プラス / 2012年09月07日10時59分

【関連記事】 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(2)松坂が“原点回帰”した プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(3)東尾が松坂に託した“思い” プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(4)31歳になって気づいた部分 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第3回 谷繁元信と [全文を読む]

ダルビッシュ有、岩隈久志はメジャーリーグで活躍出来るのか。 “数理統計学”を駆使して野球を楽しむ「セイバーメトリクス・リポート」発売のお知らせ

@Press / 2012年03月08日10時00分

株式会社水曜社(所在地:東京都新宿区)は、新刊『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート 1』を2012年3月10日に刊行いたします。 http://www.bookdom.net/suiyosha/1400yomim/1452saber.html ダルビッシュ有、岩隈久志らメジャーリーグ移籍組は活躍出来るのか。打率、送りバント、盗 [全文を読む]

石川梨華も結婚! プロ野球選手は、なぜモテる?

日刊大衆 / 2017年05月04日18時05分

」元メンバーの石川梨華(32)が、プロ野球・埼玉西武ライオンズの野上亮麿投手(29)と約3年半の交際を経て結婚した。石川は「彼と出会い、同じ時を過ごしていくうちに新しい幸せを感じるようになりました。どんな時でもお互いに支え合い、ともに歩んでいきたい」とブログにてコメント。すでに同居しているが、挙式、披露宴はまだ未定だという。 プロ野球選手との結婚は、多くの [全文を読む]

【プロ野球】マネーゲームをしない球団の適正価格? 日本ハム・優勝時の年俸ランキングの推移を検証する!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月20日16時05分

プロ野球は厳しい世界だ。 ■【梨田政権優勝時】2009-2010年の年俸ランキング上位選手 ダルビッシュ有:3億3000万円 稲葉篤紀:2億5000万円 田中賢介:1億9000万円 武田久:1億9000万円 金子誠:1億3500万円 この頃のチームの顔といえば、何といってもダルビッシュ有。この翌年には年俸5億円にまで上がった。もっとも、後にレンジャーズに入 [全文を読む]

ダルビッシュも「さすがです」と大絶賛!楽天コボスタの天然芝化に熱視線

AOLニュース / 2015年10月22日21時00分

プロ野球、楽天イーグルスの本拠地、コボスタ宮城が天然芝の導入を検討しているという報道が出ているが、MLBテキサス・レンジャーズのダルビッシュ有が自身のツイッターで「天然芝への変更は素晴らしい判断」とコメントした。 楽天の立花球団社長が「東北のファンが世界に誇れるスタジアムにしたいと思っています」とツイッターで熱意を伝えると、ダルビッシュは、日本では珍しい天 [全文を読む]

今年首位争いで注目の広島カープとオリックス、日本一になると経済効果は300億円?

Business Journal / 2014年07月13日14時00分

海の向こうの米国ではダルビッシュ有(テキサス・レンジャーズ)、田中将大(ニューヨーク・ヤンキース)両投手ら日本人メジャーリーガーの活躍が目ざましいが、国内のプロ野球も前半戦がほぼ終了。6月26日時点での1試合平均の観客動員数は昨年の同時期と比べてセ・リーグは3.6%増、パ・リーグは2.4%増と、例年以上に盛り上がりを見せている。 後半戦に向けてますます活気 [全文を読む]

ファイテンから2013年日本プロ野球選手着用ネックを新発売!RAKUWAネックX50阪神タイガース・広島カープモデル

PR TIMES / 2013年03月28日14時33分

【日本プロ野球セリーグ2球団のモデルを発売】 健康・スポーツ・美容商品を製造販売するファイテン株式会社(京都府京都市、代表取締役:平田好宏、http://www.phiten.com/ )は2013年4月1日に「RAKUWAネックX50ハイエンドIII阪神タイガースモデル」、と「RAKUWAネックX50ハイエンドIII広島カープモデル」を新発売致します。 [全文を読む]

「最も活躍した選手」は…?大混戦のMVP争いを予想

ベースボールキング / 2017年09月19日11時30分

全国の新聞・通信・放送各社に所属している記者で、5年以上プロ野球を担当している者が投票資格を得る。投票用紙には1位から3位まで3名の名前が記入でき、1位は5点、2位は3点、3位は1点で計算。合計点が最も高い選手にMVPの称号が与えられるのだ。 また、優勝チームから選出されるのが定番となっているものの、優勝チームから選ばなければいけないというルールはない。こ [全文を読む]

【プロ野球】祝新成人! 成人式を迎える選手は? そして日本人メジャーリーガーたちの高卒3年目での成績は?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月03日17時05分

プロ野球界では1996年世代、高橋光成(西武)、岡本和真(巨人)、淺間大基(日本ハム)、安樂智大(楽天)、松本裕樹(ソフトバンク)らが新成人だ。 まだ「○○世代」と冠がつくほど突出した選手はいないが、高橋や安樂はローテーションの一角となるまで力を伸ばし、岡本や淺間も虎視眈々とレギュラーを狙う。飛躍の1年にしたいところだ。 しかし、これまでの新成人=高卒3 [全文を読む]

【プロ野球】「最強選手」大谷翔平は来季で見納め? 景気づけに日本ハムの「歴代最強ナイン」を考えてみた!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月03日16時05分

気は早いが、メジャーでもガンバレ! 文=サトウタカシ (さとう・たかし) 【関連記事】 [全文を読む]

ダルビッシュ弟、翔被告に懲役2年6カ月求刑。2億以上の金額で賭博に身を落とした弟の「ワルすぎる」過去と取り巻き

Business Journal / 2016年07月19日14時00分

昨年10月、大阪・生野区のマンションなどで、大リーグや日本のプロ野球を対象に、知り合いに金を賭けさせていた、いわば“オヤ”をしていたとして逮捕された翔被告。兄は言わずと知れたメジャーリーガーのダルビッシュ有であるが、昔から相当なワルとして地元では有名であった。 「昔から相当なワルで、学生の頃にサッカーをやめてから夜遊びや暴力で警察ざたになり、2011年に [全文を読む]

【プロ野球】高橋、金本、ラミの命運は?成功事例で振り返る”1年生監督”の利点

デイリーニュースオンライン / 2016年04月11日16時00分

文=オグマナオト(おぐま・なおと) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】ダル、江川、東尾…”開幕から謹慎”明け選手が残した成績

デイリーニュースオンライン / 2016年03月03日16時00分

文=オグマナオト(おぐま・なおと) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】選手の”巨大化トレンド”に異を唱えるイチローの体重論

デイリーニュースオンライン / 2016年01月28日16時00分

文=オグマナオト(おぐま・なおと) スマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』 新春特集「2016プロ野球が絶対に面白くなる厳選ポイント」では、今季の見どころを毎週配信! 新連載「プロ野球格差対決2016シーズン展望編」「プロ野球背番号の系譜」「アナウンサーは見た!実況中継の裏ネタ集」もスタート! 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】日米戦績「メジャーでの成績が上」の稀有な日本人投手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年01月20日08時00分

誰もが日本時代と同様の活躍を見せているが、岡島や斎藤のように、「ハイレベルな環境で実力を発揮した」選手がいるのも、プロ野球の不思議でおもしろい点であろう。 小川隆行(おがわたかゆき)編集者&ライター。『プロ野球 タブーの真相』(宝島社刊)シリーズなど、これまでプロ野球関連のムックを50冊以上手がけている。数多くのプロ野球選手、元選手と交流がある [全文を読む]

『アサヒスーパードライ-ドライブラック-』新TVCM放映のお知らせ ダルビッシュ有さん出演のTVCM「AT THE DINING篇」 2月13日(水)より全国にて放映開始!

PR TIMES / 2013年02月13日13時03分

以後、沢村賞、最優秀選手、最優秀投手、最優秀防御率、ベストナイン、ゴールデングラブ賞等のタイトル獲得、 球団史上初となる5年連続開幕投手、日本プロ野球史上初の5年連続防御率1点台を記録する等、 日本プロ野球界のエースとして活躍。 2012年シーズンより、舞台を大リーグに移し、入団1年目の日本人投手として史上最多となる16勝を挙げる。 2013年もさらなる [全文を読む]

【プロ野球】菊池雄星(西武)と東浜巨(ソフトバンク)が挑む投手三冠王。かつてはこんな選手が達成していた!

デイリーニュースオンライン / 2017年09月14日16時05分

文=森田真悟(もりた・しんご) 【関連記事】 [全文を読む]

ボールの“縫い目”によって成績が変わる!? 選手とボールの不思議な関係とは

進路のミカタ / 2017年09月01日12時01分

■優勝した勝因は、有名選手の「ボールへの適応」!?今年も開催された野球の世界大会ですが、大会で使われているボールと、日本のプロ野球で使われているボールの作りには違いがあるそうです。世界大会の球はボールの縫い目にあたる“ヤマ”がやや低く、重さとしても軽め。一方、日本の球はヤマが高く、ズシッと重いといわれています。専門家の中には、「日本の球に比べると、世界大会 [全文を読む]

【プロ野球】二段モーション禁止で投手生命の危機を迎えた三浦大輔はいかにして克服したのか

デイリーニュースオンライン / 2017年08月28日16時05分

《自分が二段モーションのことでとやかくいってしまえば、WBCを間近に控えた日本のプロ野球にとってマイナスになる。文句は山ほどあるけど、ここはもう、ぐっと我慢して克服していくしかない》(『逆境での闘い方』より) 二段モーションが禁止される前年の2005年、12勝9敗、防御率2.52はリーグ1位という、キャリアハイに近い数字を残していた三浦氏。しかし、200 [全文を読む]

フォーカス