高校野球 ダルビッシュ有に関するニュース

プロ野球より面白い?選抜高校野球の魅力をスター5人から検証

しらべぇ / 2016年03月21日21時00分

©写真AC20日、春の選抜高校野球大会が開幕した。高校野球はプロ野球と比較するとレベルは落ちるものの、その地域性の強さから高い注目度を集める。また、プロ野球とは違いトーナメントであること、余計な演出やサインの交換がないため1試合あたりの試合時間が短くスピーディーであることから、「プロ野球より高校野球のほうが好き」という人も多い。正直、プロ野球より高校野球[全文を読む]

【高校野球】甲子園は準々決勝が熱い! ダルビッシュ有対ミラクル済美など、センバツ準々決勝名勝負3選!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月26日17時05分

日々熱戦が繰り広げられている第89回選抜高校野球大会(以下、センバツ)。高校球児たちが紫紺の大優勝旗を目指す姿は胸を打つものがある。 甲子園では、勢いに乗って勝ち上がった8校による準々決勝4試合が一挙に行われる1日が「最も面白い日」とよく言われる。今回は、過去の準々決勝における名勝負を紹介したい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み [全文を読む]

【プロ野球】米政権交代。そのとき日本の野球に何が起こった!? 今季も大記録や名勝負が生まれる予感!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月12日17時05分

また、第91回高校野球選手権大会の決勝は歴史に残る熱戦となった。中京大中京と日本文理の対戦は、9回2アウトで10対4と中京大中京が大量リード。あとアウト1つで優勝が決まるというところで、日本文理が驚異の粘りを見せる。ここから10対9まで追い上げ、なおチャンスは継続。逆転まであと一歩とまで迫ったが、そこで力尽きた。この猛反撃に向けられた「日本文理の夏はまだ [全文を読む]

ダルビッシュも「さすがです」と大絶賛!楽天コボスタの天然芝化に熱視線

AOLニュース / 2015年10月22日21時00分

天然芝の日本の球場といえば、阪神タイガースの本拠地、高校野球のメッカの阪神甲子園球場が挙げられる。甲子園独特の土や、度々話題になる素晴らしい職人技、阪神園芸のグランド整備技術などやはり野球文化を育んで来たイメージは大きい。天然芝はやはりメンテナンスは大変ではあるが、選手の体にやさしく怪我も当然ながら減るというのが定説で、技術革新が進んでも人工芝では限界が [全文を読む]

【プロ野球】《惜別・野球人2016》いぶし銀、名スカウト、野武士……。今年もまた別れの季節が

デイリーニュースオンライン / 2016年12月26日17時05分

のちに映画化もされた『最後の早慶戦』を執筆(※共著)したほか、高校野球のトリビア本の走りともいえる『不滅の高校野球』『やぁ これは便利だ!甲子園』など、野球にまつわるベストセラーを数々執筆。 執筆活動以外でも、社会人野球を統括する日本野球連盟で参与を務めるなど、アマチュア野球の発展に尽力した。 ■4月9日:元大洋の名スカウト・牛込惟浩氏が死去 大洋、横浜( [全文を読む]

あのスターを生んだ夏の甲子園(16)清原も松井秀もできなかった平田良介の大記録

アサ芸プラス / 2016年08月21日09時58分

高校野球評論家・上杉純也) [全文を読む]

“高校野球大好き芸人”が再びゴールデン特番に登板!

Smartザテレビジョン / 2016年07月16日07時02分

7月16日(土)夜9時から「夏のアメトーーーーク 高校野球大大大大好き栄冠は君に輝くSP!!」(テレビ朝日系)が放送される。昨年、ゴールデンに進出した「高校野球大好き芸人」たちが再び登場し、2年連続で高校野球の魅力をたっぷりと語り尽くす。 8月7日(日)に開幕する「第98回全国高等学校野球選手権大会」。今回は、長年の高校野球取材で球児たちに親しまれてきた長 [全文を読む]

高校野球ファン必携の一冊、ついに完成!! あの名勝負がよみがえる「完全保存版 高校野球100年」(週刊朝日編集部編)

PR TIMES / 2015年07月14日14時27分

株式会社朝日新聞出版(本社:東京都中央区築地)は16日、高校野球100年を記念して、『完全保存版 高校野球100年』を刊行します。 高校野球が始まって100年。ヒーローと名勝負を一気に振り返ります。嘉義農林・三池工の凱旋、戦時中の「幻の大会」秘話や、全決勝、各都道府県別勝敗表など豊富なデータも収録。ファン必携の一冊です。 [画像: http://prtim [全文を読む]

下町のダルビッシュ、浪速のダルビッシュ…ご当地ダルビッシュはなぜ量産されるのか?

しらべぇ / 2014年10月17日15時00分

以来、「背が高くて」「エース投手」という、2つの条件を満たした高校野球の注目選手にはその地域の名を冠した「○○のダルビッシュ」というニックネームがつけられるようになりました。 有名どころでは現在日本ハムファイターズで活躍する大谷翔平選手(当時・花巻東高校)が「みちのくのダルビッシュ」、阪神タイガースで活躍する藤浪晋太郎選手(当時・大阪桐蔭高校)が「浪速のダ [全文を読む]

高校野球の多投問題 “クレイジー”か、“良き伝統”か 高野連が改革できるか海外注目

NewSphere / 2014年07月18日11時50分

日本高校野球連盟(高野連)は全国高校野球選手権に、延長タイブレーク制を導入できるかどうか検討を始めた。全国4000余りの加盟校にアンケートを依頼済みだという。8月中に回収して集計した結果は、今後の議論の参考にされる。 【タイブレーク制とは】 AP通信によると、タイブレーク制とは2008年の北京オリンピックにおける野球競技で採用されたもので、延長11回以降は [全文を読む]

ダルビッシュも山本昌も工藤公康も…恐るべき水島野球マンガの予見ぶり

ダ・ヴィンチニュース / 2013年04月20日07時20分

また、高校野球が舞台ではあるが、あだち充の『タッチ』(小学館)においても、双子の弟・上杉和也の生前に和也のライバルだった西条高校の左腕・寺島が、ダルビッシュと同じく完全試合まであとひとりというところで、代打・三原にホームランを打たれるシーンなどはわりと知られているだろう。 もちろん、物語に近いことをやってみせたダルビッシュ投手の凄さは言うまでもないが、こ [全文を読む]

WBC侍ジャパンを撃沈させるトラブル爆弾

アサ芸プラス / 2012年11月27日09時59分

前回大会も新聞では試合結果ぐらいしか載らなかったし、ちょうどその頃は大学バスケットボール(日本の高校野球甲子園大会みたいなもの)が大盛り上がりで、完全に陰に隠れました。今回も、招集メンバーのニュースは皆無で、まったく関心がないんです」 テレビ局スタッフも、 「選手会のボイコット騒動を経て、日本がようやく参加表明した9月、ある民放局がアメリカにいるフリーのテ [全文を読む]

高校生初の160キロ右腕、花巻東・大谷はホンモノか?

週プレNEWS / 2012年07月31日11時00分

夏の高校野球・岩手県大会準決勝の一関学院戦で160キロをマークした花巻東の超大型右腕・大谷翔平投手(3年)。その試合で彼が投じた全99球のうち、150キロ超えは実に40球! しかも、試合の行なわれた岩手県営野球場は、花巻東の先輩・菊池雄星(現西武)でさえ、一度も150キロ超えを果たしたことがない“鬼門”だった。 この試合を見たスポーツ紙記者が興奮気味に語る [全文を読む]

ダルの初登板 気候的に投手には最高のコンディションだった

NEWSポストセブン / 2012年04月16日07時00分

現在は福岡にある九州国際大学付属高校野球部監督となり、昨年の選抜では同校を準優勝に導いた名将だ。 遠く離れたテキサスの地で、デビュー戦を迎えたダルビッシュ。キャンプから始まったフィーバーは最高潮に達していた。が、その期待感はすぐにしぼんだ。ダルビッシュは初回だけで42球を投げ、被安打4、3四球で4点を失う最悪の立ち上がり。「ユー!」と叫んでいたファンも、一 [全文を読む]

ダルビッシュ有が許せなかったテレ朝人気特番「ダサすぎる事実誤認」!

アサ芸プラス / 2017年08月15日09時59分

この日は「開幕直前!夏の甲子園キリトルスペシャル」と題して、高校野球の名シーンを紹介。その中で04年夏の甲子園に出場した東北高校時代のダルビッシュ投手が、何かを話している場面を取り上げ、読唇術を使い、その話している言葉を推測し紹介したが、それをダルビッシュ投手はツイッターにて「絶対言ってないです(笑)」と否定。さらに、「常に『あくまで読唇術で本当に本人が言 [全文を読む]

巨人・田口VSオリックス・山岡「夏の甲子園予選」での激投をプレイバック!

アサ芸プラス / 2017年07月27日17時58分

高校野球評論家・上杉純也) [全文を読む]

ケンミン8万人調査!大阪府民は「薄味うどん」と野球好き?

しらべぇ / 2016年10月25日12時30分

高校野球も強豪ぞろいで、他県の高校へ野球留学する選手も多い。東北高校で甲子園に出場したダルビッシュ有投手も、大阪府羽曳野市の出身だ。やはり大阪府民の野球人気は根強く、全国平均を2ポイント上回った。ところが、サッカー人気は、ガンバ大阪・セレッソ大阪と名門Jリーグクラブを2つも抱えているにもかかわらず...全国平均よりも3ポイント以上低い。「サッカーより野球」 [全文を読む]

夏の甲子園・我が心の決勝戦(3)ダルビッシュを完全解剖した戦慄の木内マジック!

アサ芸プラス / 2016年08月19日17時58分

高校野球評論家・上杉純也) [全文を読む]

山田哲人VS大谷翔平 セ・パ「超人ツートップ」全方位バトル!(1)進化する大谷の二刀流

アサ芸プラス / 2016年07月24日09時56分

高校野球でも見られないような「1番・投手」で起用され、中田賢一(34)から驚愕の先頭打者初球アーチをかけて、首位ソフトバンクに3タテを食らわせたのだ。「サンデーモーニング」(TBS系)で張本勲氏(76)が、「デタラメな起用をしてもらいたくない。草野球でも(二刀流は)やらない。今は22歳だからできるけれど、大事にしてやらないと両方ともダメになる。喝!」といさ [全文を読む]

桑田真澄「少年野球から蓄積した投げすぎは日本野球の弊害」

NEWSポストセブン / 2015年05月23日07時00分

こうした差は日本の野球の長い歴史、特に高校野球で培われたものでしょう。日本人選手のきめ細やかな配慮はグラウンド外でも目立ちます。グラブの手入れも、練習前の入念なウォームアップも日本人は特別です。メジャーは大雑把な選手が多く、道具の手入れは担当者任せ、試合前練習も連戦で疲れていると一切やらない。僕が若手中心のパイレーツで受け入れられたのは、そういった入念な [全文を読む]

フォーカス