柴田大輔 工藤明男に関するニュース

関東連合元リーダーが実名で“IT長者“たちの夜の素顔を暴露! 楽天三木谷、サイバー藤田、ホリエモン...

リテラ / 2016年10月28日18時30分

『聖域 関東連合の金脈とVIPコネクション』(宝島社)、著者は「柴田大輔」。おそらくこの名前を聞いたことのある読者はほとんどいないだろう。しかし、それが「工藤明男の本名」だといえば、アウトローに関心のある人なら「え、あの工藤の?」という反応を示すはずだ。 関東連合をめぐっては、フラワー襲撃事件の少し後に、関係者によるさまざまな本や手記が発表されたが、その先 [全文を読む]

関東連合元リーダーが明かす「私が接触した“酒鬼薔薇聖斗”の正体」(2)「見立君」と「酒鬼薔薇聖斗」

アサ芸プラス / 2016年11月01日05時53分

柴田大輔(ノンフィクション作家):ペンネーム・工藤明男として刊行した処女作、「いびつな絆 関東連合の真実」(宝島社)は17万部のベストセラーになる。本作より、本名を明かす。関東連合元リーダー。ITや芸能の分野で活動後、警察当局に関東連合最大の資金源と目されていた。「いびつな──」刊行と同時に、暴対法における保護措置により保護対象者に。現在は、執筆活動を中 [全文を読む]

あのWJプロレスと関東連合人脈の接点を発見!|ほぼ週刊吉田豪

東京ブレイキングニュース / 2016年12月26日19時46分

工藤明男こと柴田大輔氏の著書『聖域 関東連合の金脈とVIPコネクション』(宝島社)を発売直後に読んだんですけど、個人的にすごい衝撃を受けたエピソードがあったのでちょっと紹介してみたい。 なんと「元関東連合最高幹部で、ITや芸能の分野で活動語、複数の企業の筆頭株主として投資と企業コンサルティングを主な仕事をしてきた」(プロフィールより)柴田大輔氏の本に、意外 [全文を読む]

関東連合元リーダーが明かす「私が接触した“酒鬼薔薇聖斗”の正体」(1)自分に同じことができるか?

アサ芸プラス / 2016年10月31日05時53分

関東連合元リーダーが、本名「柴田大輔」で著した「酒鬼薔薇聖斗と関東連合」が刊行された。神戸事件当時、房内の柴田氏は同じ非行少年の事件に興味を覚え、記事を読み漁る。そして手記「絶歌」発売をきっかけに接触に成功。2人の「元少年A」対峙の果てに浮かび上がった猟奇犯の正体を、柴田氏が緊急寄稿する。 1997年6月28日、神戸連続児童殺傷事件の犯人・酒鬼薔薇聖斗が逮 [全文を読む]

関東連合元リーダーが明かす「私が接触した“酒鬼薔薇聖斗”の正体」(3)“隙間”の役割を果たしたい

アサ芸プラス / 2016年11月02日05時53分

柴田大輔(ノンフィクション作家):ペンネーム・工藤明男として刊行した処女作、「いびつな絆 関東連合の真実」(宝島社)は17万部のベストセラーになる。本作より、本名を明かす。関東連合元リーダー。ITや芸能の分野で活動後、警察当局に関東連合最大の資金源と目されていた。「いびつな──」刊行と同時に、暴対法における保護措置により保護対象者に。現在は、執筆活動を中 [全文を読む]

関東連合元最高幹部が実名告白「逃げてると思われるのが嫌」

NEWSポストセブン / 2016年10月24日11時00分

柴田大輔氏(37)は、4年前の六本木クラブ殺人事件で多くの逮捕者を出し、事実上解体した関東連合において、圧倒的な腕力と商才で鳴らした男だった。 彼は一連の事件について「工藤明男」のペンネームで綴ってきたが、この度、関東連合の「金脈と人脈」を全て明かす『聖域 関東連合の金脈とVIPコネクション』(宝島社より10月27日発売)を本名で上梓した。 「偽名で逃げ [全文を読む]

フォーカス