丸紅 三井物産に関するニュース

セブン争奪戦、三井物産と伊藤忠の間で密かに激化か 三井、4位転落の危機

Business Journal / 2015年08月20日06時00分

最終的な儲けを示す純損益で住友商事が赤字となり、三井物産と丸紅が減益だった。資源以外の分野に力を入れた三菱商事と伊藤忠商事は増益を確保し、明暗が分かれた。「資源商社」と呼ばれる三井物産の、資源エネルギー事業における15年3月期の純利益は大手5社中トップ。半面、非資源事業の純利益では最下位だった。 三井物産の16年3月期の純利益の見通しは、市況の下落が響き前 [全文を読む]

大手総合商社を志望する学生のインターンシップ エントリーシート攻略法と必勝例文

楽天みんなの就職活動日記 / 2015年08月27日12時00分

三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅の5大商社、そして豊田通商、双日を加えた7社です。エントリーシートを書くときには徹底した企業研究が重要です。とりわけ意識の高い志望者が集まる総合商社の場合、高度な問題意識を持っていることに加えて、意志の強さをアピールする必要があります。ここでは、大手総合商社の三菱商事と三井物産について、企業の注目点と志望動機の [全文を読む]

丸紅に危険事態、住友商事は赤字寸前…総合商社に異変 資源下落ショックで巨額減損

Business Journal / 2015年03月16日06時00分

巨額減損を計上する住友商事や丸紅に加えて、三井物産も15年3月期決算の下方修正を迫られた。 15年3月期の期初予想を据え置いたのは、三菱商事と伊藤忠商事のみ。三菱商事の純利益は4000億円(前期4447億円)、伊藤忠は3000億円(同3102億円)。ともに第3四半期までの非資源分野の利益が過去最高となり、資源分野の落ち込みを補った。 資源分野の比率が高い三 [全文を読む]

【例文あり】先輩の実例から見る商社の志望動機・書き方のポイント

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年11月10日12時00分

▽総合商社総合商社といわれる企業は、三菱商事、伊藤忠商事、丸紅、三井物産、住友商事の5大商社に豊田通商、双日を加えた7社です。“総合”の名のとおり、取り扱う商材の幅が広いのが最大の特徴です。国内有数の一流企業ばかりで新卒者からの人気もトップクラスのため、入社難易度は高く、志望動機もしっかりと組み立てる必要があります。▽専門商社専門商社は、業種や分野に特化し [全文を読む]

総合商社ランキングから始める業界研究! それぞれの企業の特色、志望の決め手とは?

楽天みんなの就職活動日記 / 2015年12月17日12時00分

【専門商社・総合商社のベスト5】順位企業名総合順位 1位伊藤忠商事3位 2位三菱商事19位 3位丸紅31位 4位三井物産33位 5位住友商事39位ランキング5位は、いわゆる「五大商社」と呼ばれる総合商社で占められています。そのトップを飾ったのは伊藤忠商事です。伊藤忠商事は、総合ランキングでも1位の電通、2位の全日本空輸(ANA)に続く3位にランクイン。昨年 [全文を読む]

アップルやグーグルが日本に登場せぬ理由は旧財閥系への優遇

NEWSポストセブン / 2012年09月07日07時00分

2012年3月期連結決算で、五大商社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅)の純利益は過去最高を記録した。その背景と歪みについて、大前研一氏が解説する。 * * * 財閥系の大企業が大儲けしている。 2012年3月期連結決算を見ると、五大商社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅)は純利益の全社合計が1兆6116億円となり、過去最高を記 [全文を読む]

伊藤忠と丸紅ほか 総合商社の部門合従連衡はすでに開始

NEWSポストセブン / 2016年04月22日07時00分

「大手総合商社が三菱、物産、住商、伊藤忠、丸紅の5社というのは多すぎる。海外の巨大プロジェクト落札を競う時なども、結局ファイナンスするのはメガ3行とJBIC(国際協力銀行)。商社5社が値段を叩き合うのは無駄でしょう」 すでに、部門ごとでは合従連衡の動きがある。伊藤忠と丸紅は2001年、鉄鋼製品部門をそれぞれ分社して統合し、「伊藤忠丸紅鉄鋼」が発足。200 [全文を読む]

住友商事、名門総合商社の陥った危機…巨額減損ラッシュで2年連続赤字か、伊藤忠の独り勝ち

Business Journal / 2016年02月17日06時00分

同リポートによると三菱商事は3540億円、三井物産は2490億円、住友商事は2340億円、丸紅は660億円(いずれもの税引き前)の減損リスクを抱えているという。今回も、住友商事が引き金を引き、商社の減損ラッシュが起きそうな雲行きなのだ。 これまでの経緯を振り返ってみよう。総合商社の15年4~12月期決算では、三菱商事が資源分野の純利益が前年同期比8割減とな [全文を読む]

伊藤忠、一瞬で1位から転落で揺らぐ「自信」…牙をむく三菱商事と三井物産の強力な底力

Business Journal / 2017年05月23日06時00分

丸紅の最終利益は前期比2.49倍の1553億円。ようやく米国の穀物メジャー、ガビロンが収益に寄与したほか、エネルギー、金属も改善した。 では、18年3月期の総合商社レースはどうなるだろうか。各社とも、増益を予想しているが、市況変動に大きく左右される資源に頼らない体制をつくるために、非資源ビジネスを強化するとしている。【総合商社5社の連結最終利益】※商社名 [全文を読む]

伊藤忠、悲願の商社トップへ…凋落激しい三井物産と住友商事、丸紅にも抜かれる危機

Business Journal / 2016年03月23日06時00分

●資源価格の下落に苦慮した三菱、三井、丸紅 三菱の16年3月期の純利益は、前期比25.1%減となる3000億円の見通し。期初予想の3600億円から600億円下方修正した。石炭や銅の価格下落で金属資源事業が赤字となるなど資源分野が大きく落ち込んだことが要因だ。 足元の資源価格は1年前と比べて原油は約5割、鉄鉱石が約4割、銅も約2割下落しているため、保有資産の [全文を読む]

総合商社の企業研究、非資源分野と中国への進出など攻めの事業展開! 伊藤忠商事の魅力を探る

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年02月12日12時00分

五大商社とは、財閥系の三菱商事、三井物産、住友商事と、非財閥系の丸紅、伊藤忠商事の5社をいいます。この5社にトヨタ自動車系でトーメンと合併して生まれた豊田通商、日商岩井とニチメンが合併した双日の2社を加えた企業が七大商社です。五大商社のうち非財閥系は丸紅と伊藤忠商事の2社ですが、実はそれぞれの企業の創業者は兄弟です。近江商人だった兄の伊藤長兵衛が丸紅、弟の [全文を読む]

三井物産の凋落、巨額赤字の元凶・資源に拘泥…伊藤忠、商社トップ奪取で全社員に特別賞与

Business Journal / 2016年06月15日06時00分

※以下、順位、企業名、税引後利益、達成の確率(%)、( )内の伸び率は16年3月期との比較(1)伊藤忠商事、3500億円(45.6%増)、90(2)三菱商事、2500億円(黒字転換)、90(3)三井物産、2000億円(黒字転換)、50(4)住友商事、1300億円(74.7%増)、30~40(5)丸紅、1300億円(約2倍)、50以下(6)豊田通商、700( [全文を読む]

伊藤忠ショック!三井物産と三菱商事が完敗で盟主陥落…怒涛の攻勢を呼んだ「魔力」

Business Journal / 2016年01月04日06時00分

【5大商社の16年3月期連結純利益予想】(カッコ内は15年3月期実績)1位:伊藤忠商事、3,300億円(3,005億円)2位:三菱商事、3,000億円(4,005億円)3位:三井物産、2,400億円(3,064億円)4位:住友商事、2,300億円(▲731億円)5位:丸紅、1,900億円(1,056億円)※▲は赤字●旧財閥系商社への対抗心 岡藤氏は10年4 [全文を読む]

「長く勤められて給料も高い」トップ117社 1位は朝日放送、2位が三菱商事、3位東京海上

東洋経済オンライン / 2017年05月31日08時00分

なお、伊藤忠商事、丸紅はともに平均勤続年数が16.7年で、今回のランキングの対象からは外れている。 3位には損害保険トップ級の東京海上ホールディングスが入った。平均年収1436万円、平均勤続年数19.8年となっている。グループ経営の中枢に位置する持ち株会社は、事業会社に比べて人数が絞られ、幹部社員が多くなる傾向にある。そのため平均年収や平均勤続年数も高い値 [全文を読む]

企業で働く弁護士「インハウスローヤー」10年間で10倍超、1位は「ヤフー」23人

弁護士ドットコムニュース / 2017年05月30日08時00分

順位 企業名 人数1 ヤフー 232 三井住友銀行 223 野村證券 213 三菱商事 215 三井物産 165 三菱東京UFJ銀行 165 ゆうちょ銀行 168 丸紅 158 みずほ証券 1510 SMBC日興証券 14 [全文を読む]

高給与なら長時間労働でも黙るのが日本人

プレジデントオンライン / 2017年05月26日09時15分

上位には、三菱商事、伊藤忠商事、三井物産、住友商事、丸紅といった40歳以上の推定年収が1000万超の総合商社が名を連ねている(ランキングは本記事の最後に記載)。このうち三菱商事の月平均残業時間は47時間、有休消化率は49%でしかないのに社員のクチコミ評価は3.76点(5点満点)と高い(Vorkers調査)。 ▼なぜ、あの電通の社内クチコミ評価が高いのか? [全文を読む]

伊藤忠、盟主・三菱商事を屈服させた「傍流の天才社長」…敵意むき出しの緻密経営

Business Journal / 2016年02月03日06時00分

一方、伊藤忠と丸紅は非財閥系だ。関西出身の繊維商社で“野武士集団”と呼ばれる伊藤忠が商社業界のトップに立つのは並大抵なことではなかった。この点だけとっても、岡藤正広社長の経営手腕は高く評価されていい。 過去10年間、総合商社は資源事業の拡大に支えられて成長してきた。資源で利益の過半を稼いできた三菱と三井には「資源商社」の異名がついた。しかし、石炭や鉄鉱石、 [全文を読む]

【矢野経済研究所マーケットレポート】「2016年版 紙パルプ産業白書」を発刊いたしました

DreamNews / 2016年01月08日11時30分

発刊日:2015年12月28日体裁:B5/1,020頁書籍:定価129,600円(本体 120,000円 消費税9,600円) ■資料ポイント・<特集>円安環境で戦略強化が求められる製紙メーカーの原材料調達戦略・産業別紙需要動向調査(新聞業界、印刷業界、通販業界、段ボール業界、紙器・食品業界など)・注目商品の動向、現状と展望の分析(上質紙、微塗工紙、塗工 [全文を読む]

Teamblind: DCM、Global Brainに対し第三者割当増資を実施

PR TIMES / 2015年11月11日09時47分

韓国ではサムソン電子やLG電子、NAVERなどほぼ全ての大企業がオープンしている他、ここ日本市場においては10大商社(三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅、双日、豊田通商、兼松、メタルワン、伊藤忠丸紅鉄鋼)の社員同士が交流できる「商社ラウンジ」がオープンしている他、SHARPもオープンしており、今後は電子産業へもサービス提供基盤を拡大して参ります [全文を読む]

ビジネスパーソン専用SNS『Blind』、Amazonに続きMicrosoftもオープン

PR TIMES / 2015年10月21日10時00分

ここ日本では10大商社(三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅、双日、豊田通商、兼松、メタルワン、伊藤忠丸紅鉄鋼)の社員同士が交流できる【商社ラウンジ】が既にオープン済みである他、SHARPの社員向けにもサービスを提供しており、今後は家電業界へもサービス提供基盤を拡大する計画です。また韓国ではIT・銀行・建設・航空・流通を始め様々な業界の【ラウンジ [全文を読む]

フォーカス