鳥山明 伝説に関するニュース

「Vジャンプ」1月号(集英社)が11月21日に発売。2015年GW公開予定の劇場版『ドラゴンボールZ』のメインビジュアル・公開日を特報し鳥山明氏のコメントも掲載!遊☆戯☆王応募者全員大サービスも実施!

DreamNews / 2014年11月18日18時00分

2015年GW公開の劇場版『ドラゴンボールZ』の特報を原作者・鳥山明氏のコメントとともにお届け! 新しくなった応募者全員大サービスで『遊☆戯☆王ARC-V』限定パックを先着5万パックを通常1週間以内に優先発送! さらに、初のCAA(カードアクションアビリティ)を持つ『ドラゴンボールヒーローズ』特別限定付録カードつき!集英社は、ゲーム・カード・ホビー全ての遊 [全文を読む]

ドラゴンクエスト30周年特別企画「ドラゴンクエストミュージアム」早くも来場3万人突破!!大ヒットに感謝して、3つの新企画を実施します!

PR TIMES / 2016年08月06日10時27分

※ドラゴンクエストミュージアム内「伝説のはじまり」パビリオンドラゴンクエストシリーズの原作資料として、ドラゴンクエストIに関する堀井雄二氏によるゲーム開発資料原本、鳥山明氏によるキャラクターデザイン原画、すぎやまこういち氏の楽譜原本の展示と、歴代パッケージイラスト原画が展示されているエリア。※「伝説のはじまり」パビリオンは撮影禁止となっておりますのでご了承 [全文を読む]

ジャンプ展、9月1日から後期展示スタート! 新展示の原画を先行公開

おたくま経済新聞 / 2017年08月21日11時00分

(価格はそれぞれ税込) 原画:第3巻カバー用イラスト(1986年) 原画:第5巻 カバー用イラスト(1983年) 原画:WJ1985年第6号 (C)桂正和/集英社 (C)鳥山明/集英社 (C)高橋陽一/集英社 (C)ゆでたまご/集英社 (C)江口寿史/集英社 (大路実歩子 / 画像提供・週刊少年ジャンプ展PR事務局) [全文を読む]

実写映画化決定の“聖闘士星矢”も!「ジャンプ展」第1弾開催

Walkerplus / 2017年05月19日18時27分

本宮ひろ志「男一匹ガキ大将」をはじめ、ハリウッドで実写映画化されることが発表された車田正美「聖闘士星矢」や、ゆでたまご「キン肉マン」、鳥山明「DRAGON BALL」など、時代を代表する名作の貴重な原画の数々が展示されるほか、会場限定の映像シアターなど、伝説の作品を紹介する豪華な展覧会となっている。 来場者にはプレゼントとしてICカードなどに貼れる「週刊少 [全文を読む]

原寸大の“ロトの鎧”も展示!ドラゴンクエストミュージアム開催で過ぎ去りし冒険の時が蘇る!?

Walkerplus / 2017年04月11日16時06分

ほかにも、3作品に渡って描かれた「ロト伝説」を美麗に表現したアートや、ドラゴンクエストを生み出した堀井雄二氏のDQ開発資料、鳥山明氏のモンスター原画、すぎやまこういち氏による楽譜など、貴重な品が展示される また、期間中はコラボカフェでオリジナルメニューが味わえるほか、限定ショップの「あらくれ商人のプレミアムバザー」ではオリジナルグッズの販売も。今回の名古屋 [全文を読む]

この夏、伝説が暴れ出す!ユニバーサル・スタジオ・ジャパン×週刊少年ジャンプ

PR TIMES / 2016年04月19日12時44分

●「ドラゴンボール」について1984年から1995年まで「週刊少年ジャンプ」にて連載された、鳥山明氏によるマンガ作品。7つそろうと神龍(シェンロン)が現れ、願いをかなえてくれる不思議な玉“ドラゴンボール”をめぐり、主人公・孫悟空を中心に繰り広げられる長編マンガ。コミックス累計発行部数は国内で約1億6000万部、全世界累計で約2億3000万部と、その人気、知 [全文を読む]

スーファミ世代、悶絶の2大レジェンド対談! 堀井雄二(ドラクエ)×坂口博信(FF)【前編】 「ファンとしてもライバルとしてもドキドキしてた」

週プレNEWS / 2015年05月02日06時00分

鳥山明氏のマンガ『Dr.スランプ』にてDr. マシリトのモデルとなった『週刊少年ジャンプ』の元名物編集者。現集英社専務取締役)に堀井さんを紹介してもらって。それがきっかけで飲みに行きましょうって誘ったんですよね。 堀井 そうだった、そうだった。でもあんまりゲーム論みたいな話にはならず、くだらない話ばっかりしたよね(笑)。そういえば、そもそも僕が『ドラクエ』 [全文を読む]

【109シネマズ】『ドラゴンボールZ 復活の「F」』[IMAX(R) 3D版] 4/18(土)公開決定!

PR TIMES / 2015年01月30日18時11分

待望の最新作となる本作では、原作者・鳥山明が劇場版19作目にして初めて脚本まで手掛け、今回の敵として、かつて読者を絶望のどん底に叩き落とした悪の帝王・フリーザを復活させます。鳥山明自ら「すさまじい対戦」と豪語する渾身の物語が、他の3Dを遥かに凌ぐ臨場感が体験可能なIMAX(R) 3D版で登場します。お楽しみに!…………………………………………………………… [全文を読む]

我が青春の週刊少年ジャンプ(4)「北斗の拳」は連載1回目から人気1位

アサ芸プラス / 2013年08月29日09時53分

『ドラゴンボール』(鳥山明)だって、(キャラクターたちがトーナメントで戦う)天下一武道会が始まってから本格的に人気が出た。最初から人気があったのは『Dr.スランプ』(鳥山明)と『北斗の拳』くらいだった」(堀江) 確かに、ジャンプには途中から内容が変わっていく作品が多い。しかし、「北斗の拳」はスタート時から一貫して方向性に変化がない。まさに狙いどおりの大ヒッ [全文を読む]

「俺が漫画界で一番『こち亀』を愛しているのに!」でおなじみの木多康昭、『こち亀』連載終了に何を語った?

おたぽる / 2016年10月03日20時00分

木多と『こち亀』に関する特に有名なエピソードといえば、『こち亀』30周年を記念して発売されたトリビュートマンガ集『超こち亀』に自身が呼ばれなかったことを受けて、当時連載していた『喧嘩商売』で「俺が漫画界で一番『こち亀』を愛してて絶対一番読み返しているのに!!!」「描いてるヤツら本当は鳥山明の方が好きなくせによ!!」と、皮肉めいたセリフをキャラクターに言わ [全文を読む]

「キングダム」原泰久、「聖☆おにいさん」中村光ほか超人気漫画家24名が描き下ろし!マンガ賞の最高峰「手塚治虫文化賞」20周年記念ムックが発売!

PR TIMES / 2016年09月17日10時29分

「山岸凉子×よしながふみ」がお互いの作品への思いを語る豪華対談、鳥山明を育てた伝説のマンガ編集者・鳥嶋和彦、スタジオジブリプロデューサー・鈴木敏夫への特別インタビューも収録した、300ページの超豪華ムックです。[画像6: http://prtimes.jp/i/4702/122/resize/d4702-122-362098-4.jpg ][画像7: ht [全文を読む]

「続きが読みたい完結マンガ」TOP5 ―1位は作者も続編の存在を明言!?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月26日06時30分

・アニメもいいけど、ぜひマンガもがんばってください!2位『ドラゴンボール(42)』(鳥山明/集英社) 2位にランクインしたのは、『ドラゴンボール』。約10年半に渡って、『週刊少年ジャンプ』を牽引したバトルマンガだ。主人公・孫悟空を中心に展開されるバトルは、全国の少年たちの胸を熱くさせたことだろう。その人気ぶりは国内に留まらず、なんとハリウッドでの実写映画も [全文を読む]

スーファミ世代、悶絶の2大レジェンド対談! 堀井雄二(ドラクエ)×坂口博信(FF)【後編】 「自分で作ったものに熱中できるなんて他ではない」

週プレNEWS / 2015年05月03日06時00分

堀井さんと坂口さん、そしてキャラデザインには鳥山明さんも加わった『クロノ・トリガー』は不朽の名作! 坂口 『クロノ』は今でも相当人気がありますからね。海外でも人気ですし。 堀井 けどね、あれは本当にきつかった(笑)。なんせ『DQVI』の開発スケジュールとバッチリかぶってたんで、しばらく同時進行したりして。 坂口 『ドラクエ』方式を参照して、主人公は喋らせな [全文を読む]

ももクロ、映画『ドラゴンボールZ』主題歌 『Z』の誓い 作詞は森雪之丞が担当

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月03日21時50分

■映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』主題歌シングル「『Z』の誓い」 発売日:2015年4月29日(水) CD+Blu-ray盤 価格:1,713円+税 <CD> M1. 『Z』の誓い 作詞:森雪之丞 作曲:NARASAKI 編曲:NARASAKI、ゆよゆっぺ M2. タイトル未定 +各off vocal ver.全4曲収録 <Blu-ray> 主題歌 [全文を読む]

今見ても新鮮! 「アラレちゃん」の時代を超えた普遍性

NewsCafe / 2014年12月06日12時00分

漫画家・鳥山明氏のイラストは昔からどこかノスタルジーを感じさせるが、即ち"昭和のニオイ"とはならない。そもそも今年度グッドデザイン賞の「ハスラー」CMに登場して違和感がないのだから、「Dr.スランプ アラレちゃん」は時代を超えた魅力を有していると言っていいだろう。[文・能井丸鴻] [全文を読む]

『ドラゴンクエスト』シリーズ生みの親・堀井雄二「いかに“意表を突くか”に、とにかくこだわってました!」

週プレNEWS / 2013年05月03日12時00分

でも勝算はありました!」 ■ドラクエIの時点でIIIの構想は完成済み? 意外とお気楽? パッケージイラストやキャラクターデザインを、『ドラゴンボール』連載中の鳥山明先生に依頼していたので、相当気合いが入ってると思ってました。 「鳥山先生の『週刊少年ジャンプ』担当編集さんが、僕もライターとしてお世話になっている鳥嶋さんという方で、その縁もあって。それに鳥山先 [全文を読む]

思わず声に出して読みたくなる! マンガ名セリフ ベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2013年04月15日11時30分

」 【2位】「クリリンのことか───────っ!!!!!」 『ドランゴンボール(全42巻)』(鳥山 明/集英社) 鳥山明による漫画作品。セリフは主人公悟空が宿敵フリーザに倒されたクリリンのことを思って激怒したシーンのもの。「かれこれ8年くらいこの作品の漫読をやっておりますが、セル戦やフリーザ戦はバトルシーンひとつひとつが非常にテンポがよく、全体を通して読ん [全文を読む]

「クオリティの劣化が激しすぎる......」大幅ページ減で作者謝罪『はじめの一歩』の"終われない"苦しみ

日刊サイゾー / 2012年07月17日08時00分

形骸化したストーリー展開に、作者の鳥山明は折を見ては連載を終了しようと試みたが、「週刊少年ジャンプ」編集部にその都度妨げられ、紆余曲折の末、ようやく終了にこぎ着けた経緯がある。同じ雑誌に連載を2本抱えるという暴挙も、『一歩』を終わらせたいという森川ジョージの"心の叫び"ではなかったのか。※画像は「週刊少年マガジン」(講談社)2012年7月18日号【関連記事 [全文を読む]

10位に「風の谷のナウシカ」が―全巻読破.COM、2012年上半期に最も全巻読破されたコミックランキング100を発表【インターネットコム】

インフォシーク / 2012年07月02日16時21分

[1~19巻 全巻 最新刊] (著)大場つぐみ/小畑健◆第38位バジリスク ―甲賀忍法帖― [1~5巻 全巻] (著)山田風太郎/せがわまさき◆第39位テニスの王子様 [1~42巻 全巻] (著)許斐剛◆第40位トリコ [1~19巻 全巻 最新刊] (著)島袋光年◆第41位君に届け [1~16巻 全巻 最新刊] (著)椎名軽穂◆第42位黒執事 [1~14 [全文を読む]

フォーカス