転職 宮崎県に関するニュース

マンパワーグループ、宮崎県で農業の活性化を支援

@Press / 2016年08月24日14時00分

【宮崎成長産業人材育成事業 参加者募集概要】 ◇参加対象者:求職中の方(在職中で転職を希望する方も含む) ・宮崎県内に在住の方で県内の農業法人等での就農を希望する方 ・現在は宮崎県外に在住の方で宮崎県への移住を検討している方等 ◇期間:宮崎県内での「お試し就農」 →2016年8月~2017年3月の期間中に最大6ヶ月の就業 ◇お試し就農概要: ■最長6ケ月 [全文を読む]

「Salesforce Village」の村長、吉野さんが東京勤務から白浜へ移住を決めた理由

EnterpriseZine / 2016年02月16日06時00分

3年ほど前にセールスフォース・ドットコムに転職した際、当時面接官だった取締役社長 兼 COOの川原さんに「九州に支店を作って、そこの支店長をやりたいです」と言ったのだった。そんなやり取りがあったためか、今回のふるさとテレワークのプロジェクトが立ち上がった際に、川原さんの頭に最初に浮かんだのが吉野さんだった。 セールスフォース・ドットコム 白浜オフィス 白浜 [全文を読む]

マンパワーグループ、宮崎県で農業の活性化を支援

PR TIMES / 2015年10月01日09時31分

[画像: http://prtimes.jp/i/9974/74/resize/d9974-74-353010-1.jpg ] 【「宮崎成長産業人材育成事業」概要】 ◇参加対象者 :求職中の方(在職中で転職を希望する方も含む) ◇期間 :2015年10月1日~2016年3月31日 ◇内容 : ■最長6ケ月間「お試し就農」(期間中、派遣契約・社会保険完備) [全文を読む]

東京-宮崎の『デュアルライフ採用』を開始

PR TIMES / 2015年08月27日15時22分

[画像: http://prtimes.jp/i/7846/30/resize/d7846-30-959618-1.jpg ]=========デュアルライフ採用とは=========デュアルライフ採用とは、「移住に興味はあるが不安を感じる・・」、「移住について家族の理解を得るのが難しい・・」といった転職希望者のみなさまの声に応えるために、移住を前提に1年 [全文を読む]

同一製品でも「中国製」より「日本製」の方が高品質なのか=中国報道

サーチナ / 2017年09月16日12時12分

また、中国では人件費が上昇しているうえ、中国の工場で働く労働者の離職率は非常に高く、すぐに転職してしまい、人を育てるのが難しいと言われている。その意味では、熟練した作業員の存在が必要不可欠な製品においては、同一製品であっても中国製より日本製のほうが品質が高くなるということはありえないことではないだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF) [全文を読む]

教員:地方で高齢傾向 最大10.7歳差

毎日新聞 / 2017年09月14日21時05分

中学、高校も同様の傾向で、文科省は「大都市に比べ地方は公務員のステータスが高いと考えられ、転職が少ないのが一因ではないか」と分析する。 3年ごとに実施される「学校教員統計調査」の中間報告によると、16年度の全国の公立小教員の平均年齢は43.4歳だった。都道府県別で最も高かったのは秋田の50.1歳で、岩手の48.5歳、青森の48.4歳と東北の3県が続いた。最 [全文を読む]

ビズリーチとエムスリーキャリアが地方創生分野で業務提携

@Press / 2017年02月02日10時30分

ダイレクト・リクルーティングツールの一つである即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」は、5,700社以上(累計)の企業、78万人以上の会員に利用されています(2017年1月時点)。2016年度は広島県・宮崎県・山口県・石川県・岐阜県・青森県など約30の自治体の採用コンサルティングの実績を持ち、復興庁の東北復興における人材公募や内閣府プロ人材拠点な [全文を読む]

『日本全国!地域仕掛け人市2016』開催のご案内

@Press / 2016年10月14日09時30分

仕掛け人市は、各地で開催されるプログラムやイベントへの参加、ひいては地域移住や転職への接続を目的としています。当日は全国各地から、厳選された30団体が一堂に会します。出展団体自らが登壇者となる分科会では、地域名やイメージだけではなく、様々なテーマや事業の切り口から各地域を認知いただけます。各地域の仕掛け人が集い、地域のトレンドが集結する場、そして、よき地域 [全文を読む]

農林水産省『農業女子プロジェクト』農業×エンターテインメント創出計画 ナムコ、農業女子と一緒に野菜づくりを学ぶワークショップ開催 4月16日、ららぽーと横浜「農業女子オリジナルクレーンゲーム」登場

DreamNews / 2016年04月12日14時00分

第二子を出産後、姑の経営する農業法人へ転職。五年間勤務した後に独立し、現在は産直倶楽部株式会社の広報と生産者として活動。少量多品目でイタリア野菜や伝統野菜などを栽培。畑仕事をしながらの写真撮影が趣味。ナムコ×農業女子プロジェクト「親子で楽しむ!テーブル農業教室」開催概要 [開催日時]2016年4月16日(土)12:00~17:00【ワークショップ(予定)】 [全文を読む]

アデコ、宮崎県と鹿児島県へのUターン就職を支援

PR TIMES / 2016年01月13日10時52分

就業期間中は、専任のキャリアカウンセラーが定期的に研修や面談を行い、転職に向けてスキルアップできるようきめ細かいアドバイスと サポートを行います。2015年1月以降、上記のプログラムを通じ、これまでに合計で80名以上のプログラム生が就業しています。「東京ワーホリプログラム」で就業する際の住居はオークハウスが管理・運営する東京都内または近郊のシェアハウスから [全文を読む]

『決定版「ハラル」ビジネス入門』出版記念イベントのお知らせ

DreamNews / 2014年09月03日13時00分

その後、ベンチャー・リンクへ転職。飲食店チェーンのコンサルティングを手がける。2004年8月株式会社ROI設立。WEBサービス『ファンくる』等を展開。12年6月マレーシア現地法人M&M Arc設立。13年5月マレーシアサービスオフィス『SENTRO』開始。<イベントの概要>場所:新宿住友ホール東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル47F日時:2014年 [全文を読む]

企業間留学制度「クロスターンシップ」

PR TIMES / 2014年08月28日15時35分

双方の企業で新しい視点を取り入れて業務を改善することができる、という企業側のメリットと、あたかも転職したかのような環境に身を置き未経験の業務に就くことで、自身のキャリアアップにつながる、という社員側のメリットを両立した、アラタナオリジナルの人事制度です。第一期留学生は、求人情報を中心としたインターネットメディア運営会社である株式会社リブセンス(本社:東京都 [全文を読む]

フォーカス