20世紀少年 浦沢直樹に関するニュース

浦沢直樹が50代女子と不倫「藤島康介とどこで差がついたのか」と話題に

しらべぇ / 2016年10月10日20時00分

『YAWARA!』や『20世紀少年』などの名作で知られる、漫画家の浦沢直樹が50代女性と不倫をしていたことが週刊女性の取材で明らかとなった。相手の女性も既婚者でダブル不倫となり、道義的には許されるものではない......のだが、なぜかネット上では浦沢に対しあまり批判の声があがっていないようだ。■御伽ねこむと結婚した藤島康介と比べて...それはなぜかというと [全文を読む]

浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる -大阪の巻-

PR TIMES / 2016年08月17日12時38分

『パイナップルARMY』『YAWARA!』『MASTERキートン』『Happy!』『MONSTER』『20世紀少年』『PLUTO』『BILLY BAT』――発表してきた作品すべてを「代表作」と呼べる、稀代のヒットメーカー浦沢直樹。本展では、単行本一冊丸ごと分の原稿展示をはじめ、ストーリーの構想メモ、ネーム、秘蔵のイラストやスケッチ、少年時代の漫画ノートま [全文を読む]

日本マンガ界を代表する一人、浦沢直樹を『美術手帖』2月号で特集

PR TIMES / 2016年01月18日11時14分

[画像: http://prtimes.jp/i/10983/23/resize/d10983-23-526830-3.jpg ] 『YAWARA!』『20世紀少年』『MONSTER』『PLUTO』など国民的人気を博し、日本マンガ史を形づくる作品を手がける浦沢直樹。33年間途絶えることなく連載を続けている浦沢にとって、「マンガとは物量」であり、もっとも多 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】小室哲哉と浦沢直樹が母校を訪問。黒板に“ともだちマーク”残す。

TechinsightJapan / 2015年11月03日18時20分

彼が投稿した1枚は、教室で並ぶ2人の姿と『20世紀少年』のマークが描かれた黒板が写っている。意外なコラボにフォロワーからは「自分もそこの中学出身です! 大先輩ですね」といった反響が寄せられた。 ミュージシャンや音楽プロデューサーとして活躍する小室哲哉と『YAWARA!』、『MASTERキートン』そして『20世紀少年』シリーズなど数々の名作で知られる漫画家・ [全文を読む]

浦沢直樹が小2で描いた漫画のクオリティーが高すぎると大反響!「小学生とは思えない画力と完成度」「小2でコマ割って漫画描いてただと…!?」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月14日17時30分

『MONSTER』『20世紀少年』など、数々の人気漫画を生み出してきた浦沢直樹が手掛けるSF大作『BILLY BAT』がこの夏最終回を迎え、2016年9月23日(金)には最終巻の20巻が発売された。そして10月6日(木)には、『BILLY BAT』最終回の執筆作業に完全密着したドキュメンタリー番組「浦沢直樹の漫勉」が放送されたのだが、そこで浦沢が小学生の頃 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】モー娘。'16飯窪春菜 “浦沢直樹展”を満喫「アトムの大きな絵にキュンとした」

TechinsightJapan / 2016年03月31日19時00分

20世紀少年』で知られる浦沢直樹さんの作品、『BILLY BAT』や『MONSTER』、『PLUTO』、『YAWARA!』などに関するカラー原画やネーム(ラフな絵とセリフ、コマ割り)、直筆原稿が展示されている。『PLUTO』ではアトムが登場する場面のネームも見られ、飯窪は「中学生の頃、アトムがとても好きだったので、今日展示会でアトムの大きな絵を見てきゅ [全文を読む]

浦沢直樹『MONSTER』、10年ぶりのアニメ再放送にファン歓喜! 「久しぶりに見ても入り込める」「TOKYO MXよくやった」

AOLニュース / 2016年01月07日18時00分

古代文明、社会情勢など多岐に渡った題材を扱った「大人向け」作品『MASTERキートン』、新興宗教をテーマに、唐沢寿明はじめ豊川悦司や常盤貴子ら豪華キャストで実写映画化もされた『20世紀少年』、現在連載中のものでいえば、主人公を変えながら、紀元前から現在まで様々な時代を巡り人類の歴史に切り込む『BILLY BAT』などを手がけている。 本作『MONSTER』 [全文を読む]

「すでに涙が…」「絶対に行かねばっ!」浦沢直樹初の本格的個展開催にファン歓喜

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月20日17時30分

兄が作った借金を返すためテニスをする幸(みゆき)のひたむきさとドジさがかわいい『HAPPY!』、“僕を見て! 僕を見て! 僕の中のモンスターがこんなに大きくなったよ、Dr.テンマ”でお馴染みのミステリ『MONSTER』、昭和と未来をうまく融合した本格科学冒険マンガ『20世紀少年』、手塚治虫『鉄腕アトム』の中の「地上最大のロボット」をもとに、“ロボットに愛が [全文を読む]

小学館本社ビルの豪華すぎる落書き 口火切ったのは浦沢直樹

NEWSポストセブン / 2013年09月06日16時00分

「豪華すぎる落書き」と呼ばれたこの作品群の口火を切ったのは、実写映画化もされた『20世紀少年』の作者・浦沢さんだった。 「その2日前くらいに編集部から“落書きしない?”ってラフな感じで誘われました。藤子A先生もいらっしゃるって聞いて、トキワ荘の落書きを思い出しました。だからこそ、藤子A先生にいちばんに描いてほしかったんだけど、インタビューがあってなかなか [全文を読む]

浦沢直樹が凄腕ミュージシャンを率いてライブを開催!

Walkerplus / 2017年01月05日12時00分

代表作、20世紀少年からもわかるように、1960年代~1970年代ロック、特にボブ・ディランの大ファンとして知られる浦沢直樹。彼のスペシャルなショーは漫画ファンも音楽ファンも必見だ。【関西ウォーカー編集部/スズキヒロシ】 [全文を読む]

浦沢直樹不倫報道にみるマンガ業界の裏事情 「スクープはまだまだ続く!?」吉田豪と久田将義が語る

ニコニコニュース / 2016年11月01日11時00分

『MONSTER』『20世紀少年』などのヒット作を連発する超人気漫画家のスクープを報じた主婦と生活社にはコミック部門がないため、今後別の漫画家の不倫報道もあるのではないかと噂されており、戦々恐々としている漫画家も多いようです。漫画界を賑わせる問題について久田将義氏と吉田豪氏の2人が語りました。すべての写真付きでニュースを読む漫画家は童貞喪失が20歳過ぎの [全文を読む]

浦沢直樹、「スピリッツ」に9年ぶり登場! 新作読切に期待高まる!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月29日18時00分

2016年10月31日(月)に発売される小学館の漫画誌『週刊ビッグコミックスピリッツ』49号に、同誌では『20世紀少年』『21世紀少年』以来、9年ぶりとなる浦沢直樹の新作読切が掲載される。 浦沢といえば、『週刊スピリッツ』誌上で『YAWARA!』『Happy!』『20世紀少年』などを連載、他誌でも『MONSTER』『BILLY BAT』など、多数の代表作を [全文を読む]

次はあの超人気マンガ家!? 浦沢直樹氏のW不倫報道で、戦々恐々のマンガ界……

日刊サイゾー / 2016年10月14日21時00分

『YAWARA!』や『20世紀少年』で知られるマンガ家・浦沢直樹氏にW不倫報道が持ち上がり、出版界は大混乱に陥っている。 11日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じたもので、お相手は仕事を通じて知り合った50代の元編集者。同誌は8~9月に浦沢氏と女性が時間差で同じラブホテルに出入りする一部始終を押さえており、写真も掲載されている。2人は記者の直撃取材に [全文を読む]

浦沢直樹に不倫騒動?相次ぐ人気漫画家の”女性関係”が物議

デイリーニュースオンライン / 2016年10月13日12時08分

過去に『YAWARA!』や『MONSTER』、『20世紀少年』など数々のヒット作を連発し、手塚治虫文化賞を2度受賞した大御所だ。 ただ浦沢氏は純粋な芸能人ではなく、技術職の漫画家であるだけに巷では賛否両論。「作品が面白ければ、許す」という意見や「逆に好感度が上がった」という報道がある一方、「大好きなマンガ家さんだから衝撃」「作品と人間性は別だと分かっていて [全文を読む]

浦沢直樹の不倫報道に「人生メチャクチャにされる」と業界人の間で衝撃広まる 新作漫画には期待の声も

おたぽる / 2016年10月12日09時00分

浦沢といえば、『YAWARA!』(小学館)や『20世紀少年』(同)など、数々のヒット作を持ち、人気漫画家として著名な存在ではあるものの、「タレントならまだしも、漫画家の不倫まで報じるか?」「しかも、相手は一般の人」などと、浦沢のファンを中心に批判の声が殺到している。 「1月に『週刊文春』(文藝春秋)が、ベッキーと川谷絵音の不倫を報じ、世間を騒然とさせて以 [全文を読む]

人気漫画家・浦沢直樹の「ラブホW不倫」の相手は文春の女性社員だった!「週刊文春」デスクを務めたことも

リテラ / 2016年10月11日21時30分

浦沢といえば『YAWARA!』『MASTERキートン』『20世紀少年』などヒット作を次々と輩出し、"現代の手塚治虫"とも称される超人気漫画家。そんな大物作家にW不倫報道とはびっくりだが、記事には浦沢と女性の2カ月近くに渡る濃密なデートの様子が詳細に描かれている。8月10日にはスープカレー店、8月22日はイタリアンの後、目黒のラブホテル、9月18日にも渋谷 [全文を読む]

漫画家・浦沢直樹先生に不倫報道 何故か「好感度上がった」の声も!?

ガジェット通信 / 2016年10月11日09時55分

漫画家・浦沢直樹がラブホW不倫、お相手は大手出版社の50代元編集者 http://www.jprime.jp/articles/-/8294 『20世紀少年』『YAWARA!』『MASTERキートン』『MONSTER』などなど、大ヒット作品を多数生み出し、最近ではNHKにて『浦沢直樹の漫勉』という漫画家の創作現場に密着するドキュメンタリー番組のプレゼンタ [全文を読む]

「漫画の本当の凄みを伝えたい」浦沢直樹企画の「漫勉」がスゴイ!

anan NEWS / 2016年03月08日22時00分

代表作に『YAWARA!』『20世紀少年』など。現在『BILLYBAT 』(ストーリー共同制作・長崎尚志)を『モーニング』にて連載中。世田谷文学館で初の個展「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる」を開催中(~3/31)。ミュージシャンとしての顔も持ち、アルバム『漫音』を2月に発表したばかり。 ※『anan』2016年3月9日号より。写真・小笠原真紀 インタビ [全文を読む]

『YAWARA!』『20世紀少年』はいかにして生まれたのか? 『美術手帖』2月号はマンガ家・浦沢直樹を大特集!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月20日17時30分

『YAWARA!』や『20世紀少年』、『MONSTER』や『PLUTO』など、日本マンガ史をかたちづくる作品を手がけてきた浦沢。2016年1月16日(土)から開催されている世田谷文学館での個展にあわせ、浦沢の最新の活動にスポットをあて、日本マンガの実態に迫る。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 33年間ものあいだ、途絶えることなく連載を続けてき [全文を読む]

浦沢直樹初の大型個展が実現 原稿やネーム、構想メモなどを紹介

太田出版ケトルニュース / 2016年01月08日09時22分

『YAWARA!』『MASTERキートン』『MONSTER』『パイナップルARMY』『20世紀少年』など、これまで有り余るほどのヒット作を世に送り出し、手塚治虫文学賞、メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、日本漫画家協会賞大賞など、数々の賞を受けてきた。 同展は、多作ぶりで知られる浦沢の初の大型個展。会場には、スポーツ、ミステリー、SFなど幅広いジャンルの作品を [全文を読む]

フォーカス