市橋達也 映画に関するニュース

ディーン・フジオカの黒歴史?アウトな映画『I am ICHIHASHI』とは

しらべぇ / 2016年05月18日11時00分

映画の内容は、犯人である市橋達也の長きにわたる逃亡劇。ディーン本人が、市橋役をつとめた。画像は「You Tube」のスクリーンショットさっそく取材班は、『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』を観てみることに。映画は、市橋が大阪南港フェリーターミナルで逮捕されるシーンからスタート。やってきた警察官に名前を聞かれ、声で答える代わりに「I AM ICH [全文を読む]

ディーン・フジオカが演じていた殺人犯「市橋達也」役にファンがドン引き!

アサジョ / 2016年01月23日09時59分

「2013年の映画『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』で、2007年に起きた“リンゼイさん殺人事件”で世間を騒がせた殺人犯・市橋達也を演じているんです。何かに憑かれたような鋭い目は、とても五代と同じ人物とは思えないほど獣じみていた。しかも、みずから監督をして主題歌まで歌っています。現在の王子キャラとのギャップがありすぎて映画を観たファンはみんな [全文を読む]

綾野剛と妻夫木聡がゲイカップルに! 人気小説『怒り』が映画化! 日本の3地点の出来事が“凄惨な事件”で繋がる…!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月05日09時00分

しかも冒頭は現在も未解決の「世田谷一家殺人事件」を、山神の逃亡劇は「リンゼイさん殺人事件」の犯人・市橋達也をそれぞれ連想させ、山神が残した「怒」の文字とその不可解な行動の得体の知れない不気味さとあいまって、物語世界には息苦しくなるほどの緊張感が漂う。 そんな重い気配の中でも男との心の交流は丹念に描かれ、そのほんのりとした温もりはひと時ほっとさせてくれもする [全文を読む]

人気急上昇中・ディーン・フジオカ、ブレイク前の秘話

NewsCafe / 2015年11月21日16時00分

「また、フジオカが演技派であることを証明しようと、英国人女性を市橋達也を題材とした映画『I am Ichihashi ?逮捕されるまで?』で初監督・主演をするのですが、『無名の俳優のひとりよがり』と酷評までされた。それがここまでブレークしたのですから、分からないものですよね」(映画ライター)来年1月スタートの、女優の深田恭子主演の相手役も決まったというフ [全文を読む]

【著者に訊け】吉田修一氏 『犯罪小説集』

NEWSポストセブン / 2016年11月25日07時00分

近年は市橋達也・現受刑者の逃亡劇(『怒り』)や、相次ぐ育児放棄事件(『太陽は動かない』)に着想を得るなど、現実の犯罪シーンと果敢に切り結んできた印象のある吉田氏。本書でも、場末のスナックを舞台にした保険金殺人(第2話「曼珠姫午睡」)や、カジノに嵌った大企業の4代目(「百家楽餓鬼」)など、それぞれあの事件が重ならなくもない。「もちろんそのままじゃなく、あく [全文を読む]

確率わずか0.009%の“3回連続無罪”を勝ち取った“最強弁護士”高橋裕樹「勝負をかけるときは赤パンツ」(インタビュー)

tocana / 2016年08月07日07時00分

今回トカナは、この奇跡に近い偉業を達成した高橋裕樹弁護士にインタビューを敢行! 3連続無罪という偉業達成の秘訣や、過去に担当したあの市橋達也受刑者の事件、さらに最近の法曹界の裏側などについて話をうかがった。今まさに向かうところ敵なしの高橋弁護士、その絶好調の秘密とは!?【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/08/post_10 [全文を読む]

フォーカス