市橋達也 現在に関するニュース

映像のすごさが凝縮された「衝撃ニュース」第2弾放送

Smartザテレビジョン / 2016年09月26日06時02分

また、'01年に起きた「9.11アメリカ同時多発テロ」で、銀行員だった夫を亡くした妻・杉山晴美さんと3人の子供たちの現在の姿に迫る他、イギリス人英会話講師を殺害し、2年7カ月逃げ続けていた市橋達也受刑者の逃走ルートを番組ディレクターがたどり、人目を避け逃亡する心理に迫る。 さらに、33人が地下に閉じ込められた「チリ鉱山落盤事故」では、救出された作業員の妻 [全文を読む]

思わず頬が緩む無防備過ぎるパンダの姿

Smartザテレビジョン / 2016年09月25日06時00分

さらに、イギリス人英会話講師を殺害し、逃亡していた市橋達也受刑者の逃走ルートを番組ディレクターがたどる企画では、人に見られずに逃亡していく逃亡者の心理に迫る。 また、33人が生き埋めになった「チリ鉱山落盤事故」では、生き埋めになった人物の妻と愛人が鉢合わせになったことで、世界が注目した三角関係のその後を調べるため、番組ディレクターがチリへ。現在、彼がどう [全文を読む]

ディーン・フジオカが演じていた殺人犯「市橋達也」役にファンがドン引き!

アサジョ / 2016年01月23日09時59分

「2013年の映画『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』で、2007年に起きた“リンゼイさん殺人事件”で世間を騒がせた殺人犯・市橋達也を演じているんです。何かに憑かれたような鋭い目は、とても五代と同じ人物とは思えないほど獣じみていた。しかも、みずから監督をして主題歌まで歌っています。現在の王子キャラとのギャップがありすぎて映画を観たファンはみんな [全文を読む]

【著者に訊け】吉田修一 市橋達也事件念頭に置いた『怒り』

NEWSポストセブン / 2014年02月23日07時00分

「念頭にあったのはお察しの通り市橋達也の事件です。といっても僕は彼の2年半に及ぶ逃亡劇や事件そのものより、目撃情報の通報者に興味があった。街で似た男を見た程度ならともかく、身近な人間に対して疑念が生まれていく“事件の遠景”に胸騒ぎを覚えたんですね。 当初は立場や関係の違う設定を十数通り考えたんですが、さすがに全部は書き切れず、絞った結果がこの3地点。そして [全文を読む]

「市橋を説得したのは僕。無償で弁護した」前代未聞の“3回連続無罪”弁護士が明かす、リンゼイさん殺害事件の真実とは!?

tocana / 2016年08月08日07時00分

彼は、2007年に千葉県市川市で起きたリンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件の犯人として約2年半の逃亡生活の末に逮捕された市橋達也・現受刑者の弁護団にも加わっていた。社会的にも大きな注目を集めたあの事件の裏側、そして市橋受刑者の素顔について語ってもらった。■市橋が捕まる前から、弁護したいと思っていた――リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件についてですが、どう [全文を読む]

人気急上昇中・ディーン・フジオカ、ブレイク前の秘話

NewsCafe / 2015年11月21日16時00分

「また、フジオカが演技派であることを証明しようと、英国人女性を市橋達也を題材とした映画『I am Ichihashi ?逮捕されるまで?』で初監督・主演をするのですが、『無名の俳優のひとりよがり』と酷評までされた。それがここまでブレークしたのですから、分からないものですよね」(映画ライター)来年1月スタートの、女優の深田恭子主演の相手役も決まったというフ [全文を読む]

事件だらけだった2016年を“世相を着る”時事Tシャツで振り返る

週プレNEWS / 2016年12月31日06時00分

最初に売れたのは市橋達也ですかね。あとは、オウムの麻原彰晃の顔を描いたTシャツとかパナウェーブ研究所とかは売れました。酒鬼薔薇聖斗は売れなかったです。 ―取り上げる題材はどうやって選ぶんですか? 菊竹 当時はポリシーみたいなものはなかったと思います。今にして思えば、ワイドショーやニュース番組がワーッと取り上げているものに食いついていただけというか。あと、2 [全文を読む]

【著者に訊け】吉田修一氏 『犯罪小説集』

NEWSポストセブン / 2016年11月25日07時00分

近年は市橋達也・現受刑者の逃亡劇(『怒り』)や、相次ぐ育児放棄事件(『太陽は動かない』)に着想を得るなど、現実の犯罪シーンと果敢に切り結んできた印象のある吉田氏。本書でも、場末のスナックを舞台にした保険金殺人(第2話「曼珠姫午睡」)や、カジノに嵌った大企業の4代目(「百家楽餓鬼」)など、それぞれあの事件が重ならなくもない。「もちろんそのままじゃなく、あく [全文を読む]

確率わずか0.009%の“3回連続無罪”を勝ち取った“最強弁護士”高橋裕樹「勝負をかけるときは赤パンツ」(インタビュー)

tocana / 2016年08月07日07時00分

今回トカナは、この奇跡に近い偉業を達成した高橋裕樹弁護士にインタビューを敢行! 3連続無罪という偉業達成の秘訣や、過去に担当したあの市橋達也受刑者の事件、さらに最近の法曹界の裏側などについて話をうかがった。今まさに向かうところ敵なしの高橋弁護士、その絶好調の秘密とは!?【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/08/post_10 [全文を読む]

綾野剛と妻夫木聡がゲイカップルに! 人気小説『怒り』が映画化! 日本の3地点の出来事が“凄惨な事件”で繋がる…!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月05日09時00分

しかも冒頭は現在も未解決の「世田谷一家殺人事件」を、山神の逃亡劇は「リンゼイさん殺人事件」の犯人・市橋達也をそれぞれ連想させ、山神が残した「怒」の文字とその不可解な行動の得体の知れない不気味さとあいまって、物語世界には息苦しくなるほどの緊張感が漂う。 そんな重い気配の中でも男との心の交流は丹念に描かれ、そのほんのりとした温もりはひと時ほっとさせてくれもする [全文を読む]

現代の裏仕事師「指名手配犯の匿い屋」儲けのからくりとは!?

東京ブレイキングニュース / 2013年10月01日19時00分

オウム真理教の逃亡犯も市橋達也も真っ先に潜伏が疑われたのは西成だった。金ですべてを解決してくれる裏仕事師は本当に存在するのか。そんな最中に、ある人物に会うことができた。彼は「今まで数えきれないほど匿ってきた」と語る。証言の内容は驚くほど現実的だった。 ◇ 「うちの関係が買い取ったドヤ(簡易宿所)が複数あるから、そこに匿うんやな。そこやと管理人がおって、警察 [全文を読む]

おい、小池目撃の住民「写真と似ても似つかぬ小太り、ハゲ」

NEWSポストセブン / 2012年10月30日07時00分

2009年のリンゼイ・アン・ホーカーさん殺害犯・市橋達也受刑者の逮捕以後、逃亡犯に関する世間的関心も高まった。 年に1000件を超える情報が集まるようになったという。中には重要な情報もあった。捜査関係者が語る。 「2010年に秋山さんがテレビ番組に出演した際、岡山での目撃情報が集中していたんです。あのとき、もう少し有力な手掛かりを得ていたら……」 今回、明 [全文を読む]

秋葉原事件・加藤の本低調なのは内容身勝手だからと香山リカ

NEWSポストセブン / 2012年09月08日07時00分

その犯人で死刑判決を受け、現在控訴中である加藤智大の著作『解』が出版されたが、市橋達也被告の手記とは違い、ほとんど話題になっていない。なぜか。それは、内容があまりに身勝手で、かつ理解不能だからだ。 唯一のよりどころとしていたネット掲示板で、加藤は「不細工スレの主」という独自キャラを確立させ、そこで活発に他者とやり取りもしていた。ところがあるとき、そこに「成 [全文を読む]

手配写真を眺め犯人を追う見当たり捜査 34年間誤認逮捕ゼロ

NEWSポストセブン / 2012年02月23日07時00分

緊張感とひたすら指名手配者の目ん玉を記憶する気力、体力、眼力の勝負です」 ※週刊ポスト2012年3月2日号 【関連ニュース】大阪府警視「市橋達也は性根の入った逃亡者やった」の感想持つオセロ中島と同居霊能者にオウム手配犯説浮上で警察が捜査暴力団幹部との写真発覚で大阪府警が「紳助逮捕」に躍起か朝日新聞の“警察への写真提供”批判したメディアは目糞鼻糞“クラウド” [全文を読む]

フォーカス