戦国 城に関するニュース

城入門書の決定版!『絶景の城めぐり』発売

PR TIMES / 2015年07月29日18時17分

[画像: http://prtimes.jp/i/5912/585/resize/d5912-585-932469-0.jpg ] ≪掲載内容≫ 国宝の5+1城 … 松江城/姫路城/彦根城/ 松本城/犬山城/元離宮二条城 日本3名城 … 熊本城/名古屋城/大阪城 天空の城々 … 竹田城/備中松山城/越前大野城/ 岩村城/高取城/岡城/赤木城 天守現存の城 [全文を読む]

真田丸『第24話』裏解説。北条氏降伏の決定打、石垣山「一夜城」伝説

まぐまぐニュース! / 2016年06月19日13時00分

まあ、このあたりの話を詳しく知りたい人は、やっぱり僕の『東国武将たちの戦国史』(河出 書房新社 2015)第10章を読んで下さい(笑)。(西股総生) 《今週のワンポイントイラスト》 小田原城開城のギリギリまでお役所仕事な手続きを踏んでいた北条家。氏直「やんぬるかな…(ポンポン) 」(みかめ) 文・絵/TEAM ナワバリング(西股総生・みかめゆきよみ) ナワ [全文を読む]

真田丸『第29話』裏解説。昌幸が木幡山に「出丸」を築こうとしたワケ

まぐまぐニュース! / 2016年07月24日22時00分

なお、出丸については、『図解・戦国の城がいちばんよくわかる本』P70〜P73 を参照してください。 木幡山出丸の話が、ドラマのクライマックスに向けての大事な理論的伏線になっていることがわかると思う。というか、『戦国の城がいちばんよくわかる本』は最初から『真田丸』の参考書になるように作ってあります。ほら、表紙のカバーも、なんとなく参考書っぽいでしょう(笑) [全文を読む]

真田丸『第13話』解説。仕掛けた罠で迎え撃つ「ホームアローン」戦術

まぐまぐニュース! / 2016年04月03日13時00分

戦国時代後半に喰違い虎口や枡形虎口が急速に普及するのは、「小分けにして狭いところに追いこむ」戦術が徹底してゆくため。このあたりの話を詳しく 知りたい方は、『図解・戦国の城がいちばんよくわかる本』を読むべし! ところで、有名な六文銭の旗は、ドラマでは今回が初お目見え。六文銭は三途の川の渡し賃だから、不吉だ。その不吉なモチーフは、戦場ではどう見えたのだろう。み [全文を読む]

織田信長は伊藤博文の鉄道に轢き殺された/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2015年12月13日08時15分

戦国時代の本でも映画でも、たびたび登場するのが、信長の清洲城。1560年6月12日未明、信長はこの城で「人間五十年、夢幻の如くなり」と『敦盛』を舞うと、日の出とともに飛び出し、24キロを一気呵成に疾駆して、昼には桶狭間の戦いで戦国の世を一変させてしまった。まさに天下布武。その大転換の起点が清洲城にほかならない。 もっとも、尾張の大ウツケ、と呼ばれた信長が生 [全文を読む]

新感覚操作型タワーディフェンスゲーム『戦国ディフェンス』と『戦国ハイパーラッシュ』連携イベントを開催!【トランスコスモス株式会社】

DreamNews / 2015年01月22日14時30分

1月22日(木)トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)は、スマホアプリブランド「渋三あっぷす」より配信中の『戦国ディフェンス』と、戦国ディフェンススピンオフゲーム『戦国ハイパーラッシュ』の連携イベントを実施します。◆詳細ニュースレター⇒http://www.trans-cosmos.co.jp/company/ne [全文を読む]

真田丸『第16話』解説。ナギナタは、なぜ女性の武器になったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年04月24日13時00分

戦国ドラマでは女性が使うイメージの強い薙刀ですが、もともとは武蔵坊弁慶などの豪傑が振り回す武器であり、室町時代までは戦場でも使われていました。では、なぜ薙刀は戦場から姿を消したのか?『真田丸』の戦国軍事考証を担当する西股総生さんが、その理由を検証・解説します! 今回のワンポイント解説(4月24日) 今回のテーマは薙刀。ドラマの中では、吉田羊さん演じる稲(小 [全文を読む]

新感覚操作型タワーディフェンスゲーム『戦国ディフェンス』と『戦国マッハ伝説!』連携イベントを開催!【トランスコスモス株式会社】

DreamNews / 2015年03月09日14時00分

3月9日(月)トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)は、スマホアプリブランド「渋三あっぷす」より配信中の『戦国ディフェンス』と、戦国ディフェンススピンオフゲーム『戦国マッハ伝説!』の連携イベントを実施します。◆詳細ニュースレター⇒ http://www.trans-cosmos.co.jp/company/news [全文を読む]

真田丸『第45話』解説。敵に余計な一手間をかけさせる築城のセオリー

まぐまぐニュース! / 2016年11月13日22時00分

でも、戦国武将たちは、その原理を経験則でちゃんと理解していたのである。 もうひとつ、秀吉から指月伏見城の強化を命じられた昌幸は、木幡山に出丸を築くというアイデアを思いついた(史実ではありませんが)。指月伏見城を攻めようとする敵を、横合いから衝く位置に木幡山があることに着目したからだ。つまり、側面陣地を築くことによって、伏見城を攻めにくくしよう、というプラン [全文を読む]

真田丸『第49話』裏解説。戦国軍事考証的に見た「夏の陣」の敗因

まぐまぐニュース! / 2016年12月11日22時00分

「俺も長い付き合いなのに…(by佐助)」(みかめ) 文・絵/TEAM ナワバリング(西股総生・みかめゆきよみ) ナワバリスト(城郭研究家)の西股総生率いる、お城(主に山の城)と縄張りを愛する3人組 メルマガ『TEAMナワバリングの『真田丸』ワンポイント講座』 本メルマガでは大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証を担当する西股先生によるワンポイント講座を中心に、 [全文を読む]

真田丸『第22話』解説。北条家は秀吉に「勝つ」ためにどんな準備をした?

まぐまぐニュース! / 2016年06月05日13時00分

そうした領民に、「武者っぽく仕度して来い」と文書で命じていることから、東国の大名は戦国の終わり頃になっても、農民兵を主体にした軍隊で戦っていた、とか主張する人があとを絶たないのだけれど、それは全くの間違いだ。領民を動員するのは、未曾有の大戦争に備えて不足しがちな兵力を補うためであって、精鋭部隊はちゃんと別にいるのである。 北条家がこの時期、領内に出した動員 [全文を読む]

真田丸『第8話』解説。北条家の「汁かけ飯」は京都風の味付けだった?

まぐまぐニュース! / 2016年02月28日13時00分

まあ、このあたりの話に興味のある人は、拙著『戦国の軍隊』(学研パブリッシング 2012)を読んでみてほしい。こんなふうに書くと、「また宣伝かよ」って言われてしまいそう(笑)。でも、僕の『「城取り」の軍事学』(学研パブリッシング 2013)や、『東国武将たちの戦国史』(河出書房新社 2015)を 読んでいる人たちは、『真田丸』をひと味違った楽しみ方で見てい [全文を読む]

【トリップアドバイザー】口コミで選ぶ日本の城、1位は「熊本城」に! 「行ってよかった日本の城 2013」を発表

PR TIMES / 2013年06月19日16時48分

なんでも基本的には400年前の構造のままということで、暗い内部はギシギシきしむ木造の床、低い天井、急な階段など本物の戦国ムード満点です」などのコメントが投稿されています。2位には、現存する天守閣が国宝にも指定されている愛知県の「犬山城」がランクイン。当時のままの天守閣は迫力満点で、「急な階段を上って、天守閣から見下ろしてください。なんといっても本物の迫力が [全文を読む]

真田丸『第48話』解説。馬上筒は考証的にはアウトだけど許せるワケ

まぐまぐニュース! / 2016年12月04日22時00分

さて、戦国軍事考証の立場から一つだけ指摘しておくと、燧石式の銃は、火打ち石を金属に打ち付けて発火させるから、火縄銃にくらべて発射時の衝撃が大きく、命中精度が落ちる。馬上筒なら銃身が短いから、余計に精度は落ちる。つまり、狙撃には向かない。ただ、火縄銃よりは馬上での取り回しに適している。そこが、幸村の活躍やストーリーと、どう関わるのか。素直に楽しみたいと思う [全文を読む]

真田丸『第27話』裏解説。信長の野望より壮大な秀吉の「朝鮮出兵」

まぐまぐニュース! / 2016年07月10日12時00分

(みかめ) 文・絵/TEAM ナワバリング(西股総生・みかめゆきよみ) ナワバリスト(城郭研究家)の西股総生率いる、お城(主に山の城)と縄張りを愛する3人組 メルマガ『TEAMナワバリングの『真田丸』ワンポイント講座』 本メルマガでは大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証を担当する西股先生によるワンポイント講座を中心に、書籍、イベント活動などの情報を発信します。 [全文を読む]

真田丸『第38話』裏解説。昌幸の遺言「徳川の倒し方」は現実離れ?

まぐまぐニュース! / 2016年09月25日22時00分

(みかめ) 文・絵/TEAM ナワバリング(西股総生・みかめゆきよみ) ナワバリスト(城郭研究家)の西股総生率いる、お城(主に山の城)と縄張りを愛する3人組 メルマガ『TEAMナワバリングの『真田丸』ワンポイント講座』 本メルマガでは大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証を担当する西股先生によるワンポイント講座を中心に、書籍、イベント活動などの情報を発信します。 [全文を読む]

真田丸『第46話』解説。淀殿は本当に豊臣家滅亡の戦犯だったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年11月20日22時00分

現代ならまちがいなく決定的なトラウマを生ずる体験だが、戦国時代の女性としたら、決して珍しい体験ではない。 しかも彼女は、2度とも親の敵だった秀吉に戦利品として扱われ、逆にその立場を利用して、女性として「天下」を取ることに成功したわけだ。砲弾が飛んできて侍女が死んだくらいで、戦意を失うようなメンタルの持ち主だったのだろうか。 砲撃の件を含め、大坂の陣と豊臣家 [全文を読む]

真田丸『第47話』解説。女たちの和平交渉は家康側も考えていた?

まぐまぐニュース! / 2016年11月27日22時00分

(西股総生) 《今週のワンポイントイラスト》 停戦交渉、もし男だけでやったなら…互いに引くに引けず、大変なことに…!? (みかめ) 文・絵/TEAM ナワバリング(西股総生・みかめゆきよみ) ナワバリスト(城郭研究家)の西股総生率いる、お城(主に山の城)と縄張りを愛する3人組 メルマガ『TEAMナワバリングの『真田丸』ワンポイント講座』 本メルマガでは大河 [全文を読む]

真田丸『第44話』裏解説。今も不明、「真田丸」の形に2つの説アリ

まぐまぐニュース! / 2016年11月06日22時00分

(みかめ) 文・絵/TEAM ナワバリング(西股総生・みかめゆきよみ) ナワバリスト(城郭研究家)の西股総生率いる、お城(主に山の城)と縄張りを愛する3人組 メルマガ『TEAMナワバリングの『真田丸』ワンポイント講座』 本メルマガでは大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証を担当する西股先生によるワンポイント講座を中心に、書籍、イベント活動などの情報を発信します。 [全文を読む]

真田丸『第17話』解説。真田家は秀吉のせいで北条軍にも手を焼いた?

まぐまぐニュース! / 2016年05月01日13時00分

その背景と詳細について、『真田丸』の戦国軍事考証を担当する西股総生さんが分かりやすく解説します! 今回のワンポイント解説(5月1日) 今回のワンポイント解説も、関東情勢の続報。信繁が大坂で宮廷政治に翻弄されている頃、関東では北条軍が下野への進出を本格化させていた。まず、天正14年の1月には、反北条「北関東連合」の一翼を担っていた佐野宗綱が戦死。5月には皆川 [全文を読む]

フォーカス