中山忍 現在に関するニュース

語っていいとも! 第26回ゲスト・中山忍「ライバルが中山美穂だったのかもしれないけど、素直に言えなかった」

週プレNEWS / 2016年07月17日12時00分

前回、女優・歌手の木の実ナナさんからご紹介いただいた第26回のゲストは女優の中山忍さん。 実姉の中山美穂さんがアイドル・女優として人気絶頂時に自身も15歳でデビュー、アイドル誌の表紙を飾る活躍だったが、実は仕事での葛藤から引きこもりがちだったという。 そこで現在まで続くマネージャーとの出会いもあり女優の道にシフトし、数々の作品に出演。今が一番楽しいと語る [全文を読む]

中山忍の「1億円」完脱ぎ写真集オファー告白に「その価値は十分」の声

アサ芸プラス / 2016年07月20日09時59分

7月15日に放送された「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(テレビ東京系)で女優の中山忍がこれまでの芸能生活について語り、その中で完脱ぎ写真集のオファーがあったことを明かした。 なんでも10代の頃からあったそうで、その後も度々オファーが来たという。しかも、ギャラの最高額は1億円だったという。「下半身まる出しの写真集がブームだった時期であれば、1億を [全文を読む]

語っていいとも! 第26回ゲスト・中山忍「自分の気持ちを言えなかった10代があって…」

週プレNEWS / 2016年07月10日12時00分

第25回のゲストで女優・歌手の木の実ナナさんからご紹介いただいたのは女優の中山忍さん。 実姉の中山美穂さんがアイドル・女優として人気絶頂時に自身も15歳でデビュー、アイドル誌の表紙を飾る活躍だったが、20代からは映画やドラマにシフトし、数々の作品に出演。 女優としての地歩を固め、今が一番楽しいと語るが、そこに至る葛藤、大きすぎた姉の存在とはーー。(聞き手 [全文を読む]

80年代アイドル復権で“2時間ドラマの女王”争奪バトル勃発!「いしのようこ、伊藤かずえ、中山忍……」

日刊サイゾー / 2014年11月12日13時00分

それだけ、当時のアイドルたちの知名度はものすごいということでしょう」(テレビ局関係者) その「2時間ドラマ」で、“女王”を自負しているのが中山忍だという。 「最近は2時間ドラマの仕事しかしてないんじゃないかってくらい、出まくっていますね。基本的には美人の犯人役かマドンナ役しかしませんが(苦笑)。本人もこの路線を気に入っているようで、しばらくは2時間ドラマを [全文を読む]

語っていいとも! 第25回ゲスト・木の実ナナ「舛添さんなんか、男の風上にもおけないなとか思っちゃうじゃない!」

週プレNEWS / 2016年07月03日12時00分

中山忍ちゃんでお話ししてもらえばいいんじゃないですか。 ―週プレのグラビアでも昔出てもらってますね~。デビュー当初は中山美穂さんの妹として話題でしたが、今やドラマ中心に女優として活躍されて。 木の実 忍ちゃん、母さんはいつも応援してますからね、って。 ―了解です。では繋げさせていただければと。本日は長々とありがとうございます! ●第26回は7月10日(日) [全文を読む]

語っていいとも! 第27回ゲスト・彦摩呂「9月で50ですから…まだ死にませんよ!」

週プレNEWS / 2016年08月07日12時00分

前回、女優の中山忍さんからご紹介いただいた第27回のゲストはタレント・俳優の彦摩呂さん。 イケメンの若手俳優として活躍するもリポーターに転身、「“海の宝石箱”が出るまでマンネリに悩んだ」と明かしてくれた前回。母子家庭で育った生い立ちや、現在の芸能界の仲間や後輩との交流まで話は弾みーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―では面倒見よく、みんなを [全文を読む]

「美しすぎる40代、石田ゆり子派と永作博美派がネット上で激しいバトル

AOLニュース / 2014年10月10日19時00分

また、彼女たちのほかにも、YUKIや森高千里、中山忍らの名前を挙げるユーザーや、「どっちもすき」「付き合うならゆり子 結婚するなら永作」という、「両方どり」派の声も。 両者とも10代の頃からアイドルとして活躍し、今なお、第一線で人気女優として多くのファンを擁している。今後ともその妖艶な魅力に磨きをかけ、いつまでも現役であり続けることに期待したい。 文・遠山 [全文を読む]

フォーカス