自民党 小泉純一郎に関するニュース

二階幹事長「東京都議でも自分の選挙は自分でやるしかない」

プレジデントオンライン / 2017年04月25日09時15分

高い内閣支持率を維持し、「安倍一強」と言われる安倍政権を支える自民党幹事長の二階俊博氏。その存在感を増している二階幹事長に安倍政権の舞台裏を直撃した(前編)。 ■安倍首相は「日米外交が一番大事だ」と 【塩田潮】自民党幹事長に就任して半年余りが過ぎました。 【二階俊博(自民党幹事長)】党の運営は総裁が中心ですが、実務は総裁任せでは済まない問題があり、政党はそ [全文を読む]

二階幹事長「解散総選挙は近いと考えるべき」

プレジデントオンライン / 2017年04月26日15時15分

高い内閣支持率を維持し、「安倍一強」と言われる安倍政権を支える自民党幹事長の二階俊博氏。その存在感を増している二階幹事長に安倍政権が抱える問題を直撃した(後編)。 ■憲法改正はそれほど急がなくてもいい 【塩田潮】安倍首相は昨年9月、「政治的手腕が一流」と言って二階さんを幹事長に起用しましたが、その腕前で小池さんを取り込む魂胆では、と見る人もいるようです。 [全文を読む]

松井一郎大阪府知事ロングインタビュー「籠池氏には一度も会ったことはない」

プレジデントオンライン / 2017年04月03日15時15分

【松井】大阪は自民党、共産党、民進党の共闘体制なので、議会で公明党の協力を得られかどうかです。「自・共・民」は、みんななりふり構わず、何が何でも自分たちの身分を守ろうとします。制度を変えることは議員の身分が変わることです。明治維新の頃は、武士の身分がなくなるということで争いになった。政治家は身分がなくなるというと、今まで言ってきた理想論は投げ捨ててでも身 [全文を読む]

政治家が選ぶ「最高の首相」 安倍と小泉を分けた差とは

NEWSポストセブン / 2017年01月08日07時00分

自民党の現職議員の中には、「歴代最高の総理は安倍さんと答えないとコロされちゃうじゃないですか(笑い)」と回答を断わる者もいたが、安倍首相は現職の票を中心に4位に入った。 平沢勝栄・代議士が安倍氏を「最強」とあげた理由はこうだ。 「政界では一内閣一仕事といわれる。総理は在任中に重要な法案や大きな政策をひとつ達成すれば役目は十分果たしたことになる。それだけ重 [全文を読む]

日本のオタク、政治の舞台で一役買う―中国メディア

Record China / 2016年11月22日08時20分

日本ではそんな「オタク」が選挙や世論において自民党を支持するという現象が起きているが、自民党は、「党の革新政策が若者の民意を代表していることを意味している」との見方を示している。実際には、これは単に、サブカルチャー本来の特性や自民党の政治家の戦略、オタクらの特殊な思考が絡み合った結果にすぎない。政治家はその点を利用して、オタクの中でも保守的な人を自分たちの [全文を読む]

「まるでフィクサー」小泉純一郎元首相“脱原発”の本当の狙いは、息子・進次郎への遺産か

日刊サイゾー / 2013年11月01日16時00分

小泉純一郎元首相の脱原発アピールが自民党内に揺さぶりをかけているが、政界関係者からは“出来レース”との見方が根強い。 10月16日、小泉元首相は千葉での講演で「政府・自民党が原発をゼロにして自然エネルギーに変えていく方針を打ち出せば、大方の国民は協力してくれる」と発言。これに対し、安倍晋三首相が24日、テレビ朝日の番組で「小泉さんの政治的な勘もあるのでしょ [全文を読む]

小池百合子氏、ケンカのうまさは小泉純一郎氏を超えた

NEWSポストセブン / 2017年02月16日07時00分

森喜朗氏、石原氏、内田氏といったザ・自民党政治家を敵に回し、政治の素人集団を「刺客」に立てることで反対派を駆逐してヘゲモニー(主導権)を握る。 この戦法、言うまでもなく、かつて仕えた小泉純一郎・元首相流だ。政治ジャーナリストの角谷浩一氏はこう話す。 「もはや小池氏のケンカのうまさは小泉氏を超えた。小泉氏は総理・総裁だったが、小池氏は自民党を追われるように [全文を読む]

1月の「憲法解散」は本当にあるか?

プレジデントオンライン / 2016年12月16日09時15分

■改憲に前のめりの安倍首相が協議の阻害要因!? 今年の臨時国会は、安倍晋三首相が改憲勢力と位置づける4党(自民党・公明党・日本維新の会・日本のこころを大切にする党)がその気になれば、数の上で憲法改正案の発議が可能となった初の国会だった。7月の参院選の結果、4党の合計議席が憲法第96条で定める発議要件の「総議員の3分の2」を衆参で上回ったからだ。 憲法問題を [全文を読む]

難しい政治話も、漫画にすれば分かりやすい! ベテラン風刺漫画家が描く日本の「まんが政治」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月20日06時30分

いわゆる「郵政選挙」と呼ばれたこの戦いで、小泉純一郎氏率いる自民党は圧勝。選挙ポスターと絡めた自民党と民主党(現・民進党)の明暗を巧みに描いている。この頃の自民党の強さが印象に残っている人も少なくないはず。「小泉劇場」とも呼ばれた、マスコミを巧みに利用したイメージ戦略により自民党を圧倒的な政権与党へと押し上げたのだ。 しかし自民党の凋落は、小泉氏が任期満了 [全文を読む]

「自民感じ悪いよね」のキャッチフレーズで石破茂が総裁選出馬か|プチ鹿島の『余計な下世話』

東京ブレイキングニュース / 2015年07月21日18時30分

《高度成長期、自民党は、"成長"の果実を、広く地方などに"分配"することを通じて、豊かさを求める民意に応え、政権の座にあり続けた。この流れを推し進めたのが、「列島改造論」「福祉元年」を掲げた田中角栄だった。》 しかし「角栄モデル」は1990年代以降、行き詰まる。番組ではそのあとに登場した首相たちを追う。「自民党をぶっ壊す」というキャッチフレーズを掲げて世 [全文を読む]

お粗末な民主に維新も自滅…そして戦後最強権力者が誕生する

週プレNEWS / 2014年11月28日06時00分

今回の総選挙では、与党・自民党が敗れるイメージはなかなか浮かばないが、その暴走を止めるためには、野党の頑張りにも期待したいところ。しかし……。 第1次安倍内閣時から安倍首相のことをよく知る大物議員、D氏があきれ顔でこう話す。 「増税の延期について、経団連などの経済団体は反対の態度を表明していた。なのに民主党の海江田(かいえだ)代表は解散について『どうぞおや [全文を読む]

細川護熙氏の1億円借り入れ 東京佐川急便事件と全く関係なし

NEWSポストセブン / 2014年01月20日16時00分

官邸と自民党は新聞・テレビとともに、細川・小泉バッシングの大合唱である。 「殿、ご乱心」(甘利明・経済再生相) 「五輪を人質に取って原発ゼロをやろうなんて卑怯だ」(森喜朗・元首相) 自民党の有力者がそう次々に声をあげたばかりか、いざ、細川氏が小泉氏の全面支援を受けて東京都知事選に出馬表明すると、菅義偉・官房長官は、「(細川氏は)総理大臣当時、佐川急便から猪 [全文を読む]

石破&進次郞関係者連続逮捕 安倍官邸にとってむしろ追い風

NEWSポストセブン / 2013年03月04日16時00分

しかし、X氏の逮捕の約3か月前に、『週刊文春』がX氏のことを石破茂・自民党幹事長の“黒すぎるタニマチ”として報じていたため、一気に政治スキャンダル化した。大阪府警関係者がいう。 「Xは30代の時に広域指定暴力団の組員とともに逮捕された前歴がある。今でも繋がりが深いと見られているので、暴力団の組織犯罪を担当する府警4課としては暴力団へも捜査の手を延ばしたい。 [全文を読む]

小池百合子「都民ファースト」に小泉純一郎が緊急参戦

アサ芸プラス / 2017年05月05日17時55分

都議選で単独過半数を実現させるため、今後、総理時代に絶大な人気を誇った小泉氏に応援演説をお願いすることもあるでしょう」 小池氏にやられっぱなしの都議会自民党も反転攻勢に出ている。3月の都議会では、「移転の決断ができない知事」を印象づけるため、質疑では豊洲問題に時間を割き、決断を迫る質問を繰り返した。自民党と都連も協力態勢が進んでいる。「二階俊博幹事長(78 [全文を読む]

小泉進次郎「父の“反自民”行動」で窮地?

日刊大衆 / 2017年04月26日06時35分

これが現代版の“親子鷹”!? 自由奔放な親父が「自民党はどうかしている!」「日本人よ、目を覚ませ!」と怒、怒、怒!!「父親のせいで、進次郎の“総理大臣への道”が断たれるかもしれませんよ」 こう話すのは、『民主党の闇』などの著作がある、ジャーナリストの宇田川敬介氏だ。 進次郎とは“政界のプリンス”小泉進次郎氏のこと。その父親は言うまでもなく、小泉純一郎元首相 [全文を読む]

小池都知事 五輪会場見直しの切り札は森喜朗氏への辞任勧告

NEWSポストセブン / 2016年11月02日16時00分

一方で小池新党の影に怯える自民党は小池氏最大のブレーンで「都政改革本部」特別顧問の上山信一・慶応大学教授を追及の標的に定めつつある。 都政記者は「上山顧問には2つの大きな失策がある。五輪調査チームのリーダーである上山氏は村井嘉浩・宮城県知事と同郷で、ボート競技会場を宮城に持っていこうと小池・村井会談を根回しした。自民党も共産党もそのやり方を“まさにブラック [全文を読む]

小池百合子「時の権力者」に乗り続けた女の「勝負勘」

WEB女性自身 / 2016年07月07日06時00分

「実績やネームバリューで自分に勝てる相手は出ず、最終的に自民党は自分を推薦するだろうと考えた。仮に、自民党を除名されてでも出るつもりでしょう。その場合『反安倍』を打ち出せば、小泉純一郎、細川護熙両元首相の応援を仰げると踏んだ」(同前) 6月29日の小池百合子衆院議員(63)による都知事選 電撃出馬 は、周到すぎるほどの計算に裏づけられていたというのだ。し [全文を読む]

都知事選投票率55%で宇都宮60万、舛添230万、細川250万予測

NEWSポストセブン / 2014年01月20日07時00分

いずれも報道されていないナマ数字で、自民党が支援する舛添氏が細川氏にダブルスコアをつけている。ならば、目の色を変えて細川叩きをしなくても、舛添氏が楽勝の形勢ではないか。しかし、官邸や自民党は、脱原発連合の「本当の支持率」を知っているからこそ、焦っているのである。 実は、それらとは別に、自民党幹部たちが大手紙ベテラン政治部記者とともに都知事選の情勢分析、票 [全文を読む]

都知事選に見る政界再編とサプライズ出馬

アサ芸プラス / 2014年01月15日09時55分

が、自民党を出た人なので自民党も推薦というわけにもいかない。民主党もひと頃の勢いがないので、舛添さんとしては担がれたくないかもしれない。いずれにしろ、都知事選の候補者選びは舛添氏を中心に進んでいく」 自民党内では他にも小池百合子元防衛相(61)や丸川珠代参院議員(42)、片山さつき参院議員(54)ら女性候補の名前が浮上しているが、安倍晋三総理(59)の意向 [全文を読む]

小泉純一郎と小沢一郎に共通する「非情」さ 小泉氏が一枚上

NEWSポストセブン / 2012年08月21日07時00分

新進党、自由党で小沢氏と行動をともにした後、自民党の小泉政権下で大臣を務めた経験から、両氏を間近で見てきた小池百合子・衆院議員と、2人に関する多くの著作を持つ作家・大下英治氏が、2人の政局勘について語り合った。 * * *――小泉氏と小沢氏は同じ自民党でも“出自”が違う。小池:自民党の派閥文化は私のDNAにはないが、小泉総理の時代に清和会(旧森派)に所属 [全文を読む]

フォーカス