細田守 評価に関するニュース

海外の本音は?『君の名は。』『シン・ゴジラ』のレビューを検証!

ハリウッドニュース / 2017年01月15日17時30分

』のアニメーションの美しさを評価しつつ、“楽しめる斬新さがありながら、日本のアニメ界を率いた宮崎駿と細田守の魔法のように鋭い洞察力や深い人間性にはまだ及んでいない”と厳しめのレビュー。日本発のアニメーション作品がどうしても宮崎駿のジブリ作品などを基準に評価されてしまうことを示している。海外の日本映画に対する見方には、もう一つ特徴がある。米エンタメ・ファッシ [全文を読む]

細田守監督最新作「バケモノの子」×やまだ書店の豪華タイアップキャンペーン

ITライフハック / 2015年06月26日13時00分

株式会社テンダが開発・運営を行っている電子書籍プラットフォーム「やまだ書店」では、2015年7月11日(土)に公開される細田守監督最新作となる映画『バケモノの子』公開を記念し、同作品とのタイアップキャンペーンを開始する。■計310名に映画試写会&劇場鑑賞券、非売品グッズをプレゼント本タイアップキャンペーンは「やまだ書店」ログイン会員限定(無料登録可)のキャ [全文を読む]

Mr.Children、ニューアルバム収録曲が細田守の最新映画主題歌に起用

okmusic UP's / 2015年06月01日15時00分

Mr.Childrenのニューアルバムに収録されている楽曲「Starting Over」が細田守監督の映画『バケモノの子』の主題歌に起用された。 【その他の画像】Mr.Children06年の『時をかける少女』、09年の『サマーウォーズ』、そして12年の『おおかみこどもの雨と雪』と、手掛けた作品すべてが傑作として評価され、国内外の映画賞を席巻し、今や世界で [全文を読む]

細田守監督の最新作、『バケモノの子』公開記念7月11日(土)より、ライトオンオリジナルTシャツ販売開始!

PR TIMES / 2015年07月10日11時22分

[画像1: http://prtimes.jp/i/6294/38/resize/d6294-38-250929-2.jpg ] 株式会社ライトオン(本社:茨城県つくば市、代表取締役社長:横内達治)は、アニメーション映画監督の細田守氏が手がける待望の最新映画、『バケモノの子』(7月11日(土)公開)の公開を記念して、2015年7月11日(土)より、ライトオ [全文を読む]

細田守、監督人生の分岐点を語る!『ハウル』失敗からの再生

Movie Walker / 2016年10月29日14時51分

現在行われている第29回東京国際映画祭では、アニメーション特集「映画監督 細田守の世界」に合わせて全7回のトークイベントを開催中。家族、キャリアの原点、海外からの評価など、本人の口から語られてきたが、第5回では監督人生の分岐点となった“あの話”を聞くことができた。この回でフォーカスする作品は、細田監督が脚光を浴びるきっかけになった『時をかける少女』。10日 [全文を読む]

犬童一心監督と齋藤優一郎プロデューサーが最終審査員に! 「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2016」最終審査員&ファイナリスト決定!

PR TIMES / 2016年10月12日12時21分

最終審査員には『のぼうの城』で数々の映画賞を受賞した犬童一心監督と、『時をかける少女』から『バケモノの子』まで細田守監督と共にアニメーション映画のヒットを生み出し続ける齋藤優一郎プロデューサーが決定いたしました。お二人にはそれぞれプロの目線で、新たな才能への期待も込めて最終審査会にご参加いただきます。 ▼TSUTAYA CREATORS' PROGRAM [全文を読む]

「賛否の女王」広瀬すずをまるっと大解剖(映画編)デビュー作はクレジットが入らなかった?

アサ芸プラス / 2016年09月19日17時57分

まだ知名度は低かったが「初々しさがいい!」と観客には好評で、細田守監督も演技を絶賛するほどだった。 そして「ちはやふる」での好演と高評価もあって、いまや若手女優の代表格へと成長した広瀬。今後は公開中の主演作「四月は君の嘘」ではバイオリンを、来春の「チア☆ダン」ではチアダンスと、百人一首に続く新たな分野にチャレンジする。9月公開の「怒り」では完成披露試写にて [全文を読む]

樹木希林、広瀬すずら2015年映画界のキーパーソンがTIFF「ありがとう賞」受賞

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月16日17時30分

初年度となる今年の受賞者は、樹木希林、日野晃博、広瀬すず、細田守、リリー・フランキーの5名。いずれも2015年の日本映画界に欠かせなかった人物たちだ。■日本映画になくてはならない存在……樹木希林映画のみならず日本の演劇界を代表する名女優・樹木希林。「七人の孫」、「時間ですよ」、「寺内貫太郎一家」、「ムー一族」(TBS)などのTVドラマで人気を博した。映画作 [全文を読む]

15年下半期、今なお席巻中のSWほか映画の話題を振り返り!

Movie Walker / 2015年12月31日12時00分

(【上半期編】からの続き) ■ 興行収入58億円で前作を大きく上回った『バケモノの子』 下半期の始まりには、いまや宮崎駿に代わる邦画アニメのヒットメーカーとされている細田守監督の最新作が登場。バケモノと少年の奇妙な師弟愛を描いた『バケモノの子』(15)は、興行収入58億円を超える大ヒットに。前作の『おおかみこどもの雨と雪』(12)の最終興行収入42億円を大 [全文を読む]

広瀬すず、大泉洋のコメントにクスっ!

Smartザテレビジョン / 2015年06月16日07時03分

細田守監督の最新作「バケモノの子」(7月11日・土公開)の完成披露会見&試写会舞台あいさつが、6月15日に都内で開催され、役所広司、宮崎あおい、染谷将太、広瀬すず、リリー・フランキー、大泉洋、津川雅彦、細田守監督が登壇した。 同作品は、「時をかける少女」('06年)、「サマーウォーズ」('09年)、「おおかみこどもの雨と雪」('12年)と、手掛けた作品が全 [全文を読む]

【“時かけ”10周年記念連載 第1回】10年前何してた?制作陣が語る“当時の自分”

Movie Walker / 2016年11月21日18時00分

これを記念して、「『時をかける少女』10th Anniversary BOX」が11月25日(金)に発売!細田守監督自身が手がけたデジタルニューマスターを使用した本編や新規収録映像、アートブックなどの豪華特典が目白押しの期間限定生産版だ。また、東京・名古屋で期間限定のリバイバル上映が開催され、11月26日(土)からは大阪での上映も決定している。 これに先 [全文を読む]

「これもう『秒速』だろ!」 新海誠最新作『君の名は。』に漂う童貞臭は“神作”の証か!?

おたぽる / 2015年12月14日23時00分

東宝配給の夏アニメで、“ポスト宮崎駿監督”“ポスト細田守監督”として、新海氏に白羽の矢が立ったとのことだが、それが誉かどうかなど、ファンにとってはどうでもいい。今月10日に公開された特報映像の出来栄えもあり、「秒速系か!?」と、早くも期待の声が上がっている。 Mac1台を使用し、ほとんどひとりで作ったフルデジタルアニメーション『ほしのこえ』で、2002年に [全文を読む]

第4回「私のおすすめブックコンテスト」 ~感動を友達に伝えよう~ 応募総数13,000作品突破!大賞作品決定!

DreamNews / 2015年10月19日14時00分

小学校低学年部門大賞ペンネーム 柞木琉衣さん(小学2年生)『くだものたくさん』ハンダのびっくりプレゼントアイリーン・ブラウン作/絵福本友美子 訳光村教育図書小学校高学年の部大賞ペンネーム Sakiさん(小学6年生)『素直になれる花園へ』秘密の花園フランシス・E・H・バーネット作中村妙子 訳集英社中学生の部大賞ペンネーム HARUSANさん(中学3年生)『み [全文を読む]

今年一番の話題作「バケモノの子」オフィシャルピアノ楽譜が発売決定!

PR TIMES / 2015年07月01日13時08分

[画像: http://prtimes.jp/i/4566/524/resize/d4566-524-579966-0.jpg ] 7月11日(土)、細田守監督の3年ぶりの新作映画『バケモノの子』がついに公開されます。『時をかける少女』(06年)、『サマーウォーズ』(09年)、『おおかみこどもの雨と雪』(12年)と、手掛けた作品すべてが傑作として評価され、 [全文を読む]

日本人唯一のオスカー俳優、ナンシー梅木のドキュメンタリー番組のナレーションを黒木華が担当!

PR TIMES / 2015年02月12日16時28分

細田守監督のアニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」などでも声優経験のある黒木。声の芝居については「ナレーションは何回かやらせてもらいましたが、いつやっても難しいと思います。やはり情報をきちんと伝えないといけないですし、そこにどうやって感情を入れるか、というところも難しかった。わたしは大阪出身なので、イントネーションの面でも難しかったですね」と反省点を語るも [全文を読む]

【追悼】名優・菅原文太、晩年は農業に従事。強くたくましい生き方を貫く

Movie Walker / 2014年12月01日21時49分

ただ、細田守監督作『おおかみこどもの雨と雪』(12)では、声優として参加し、図らずしも本作が遺作となってしまった。 晩年、声優としての評価も高かった菅原。『千と千尋の神隠し』(01)の釜爺役や、『ゲド戦記』(06)の大賢人ハイタカ役でも、圧倒的な存在感を発揮した。『おおかみこどもの雨と雪』では、おおかみと人間の間に生まれたおおかみこどもを育てるヒロイン、花 [全文を読む]

フォーカス