真田丸 豊臣秀頼に関するニュース

真田丸『第26話』裏解説。朝鮮出兵の裏で起きていた奥羽の反乱

まぐまぐニュース! / 2016年07月03日13時00分

NHK大河ドラマ『真田丸』を放送直後にワンポイント解説する人気連載シリーズ。今回は秀吉が北条氏を倒した後の奥羽(東北地方)について。全国統一でようやく平穏な日々が訪れたと思ったら大間違い。奥羽では秀吉のやり方に不満を抱いた者たちの反乱が頻発していました。そのような状況に秀吉はどのように立ち向かったのか?詳しく見ていきましょう。 今回のワンポイント解説(7月 [全文を読む]

乱世にその名を知らしめた真田信繁の激烈な後半生をガイダンス!堺雅人ほか主要キャスト陣にインタビューで迫る!

PR TIMES / 2016年05月20日10時32分

NHK大河ドラマ「真田丸」完全ガイドブック PART2 5月20日(金)発売 この度、雑誌「TVガイド」や「TV Bros.」を発行する、株式会社東京ニュース通信社は、5月20日(金)にNHK大河ドラマ「真田丸」完全ガイドブック PART2 を発行しました。 現在放送中のNHK大河ドラマ「真田丸」。舞台を大阪へ移し、いよいよ後半戦へ突入。真田一族は所領を安 [全文を読む]

中川大志、永野芽郁、浦上晟周…『真田丸』キャストの中で光った「2017年ドラマ&映画界の顔」

日本タレント名鑑 / 2016年12月22日11時10分

今月18日に最終回を迎え、大きな反響を呼んだNHK大河ドラマ『真田丸』。その後もネット上では“真田ロス”の声が収まらないなど、近年稀に見る盛り上がりの大河ドラマだったといえます。真田信繁(幸村)を演じた堺雅人さんはもちろん、その父親・昌幸役の草刈正雄さん、豊臣秀吉役の小日向文世さんらの多くの“真田丸俳優”が話題になりましたが、そんな芸達者ぞろいのキャスト陣 [全文を読む]

「真田丸」中川大志が秀頼の伝説が残る鹿児島へ!

Smartザテレビジョン / 2016年10月29日22時43分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)で豊臣秀頼を演じている中川大志が、秀頼が落ち延びたという伝説のある鹿児島を訪れた。 豊臣宗家が滅びた大坂夏の陣以降、主に畿内では「花のようなる秀頼様を、鬼のようなる真田が連れて、退きも退いたり、加護島(鹿児島)へ」と俗謡が広まった。 大坂方に肩入れする人々が願いを込めたものだが、「真田丸」に熱中するファンの間でも“今作 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】中川大志が“真田丸ロス” 堺雅人や竹内結子と別れを惜しみ「父上の陣羽織をこっそり」

TechinsightJapan / 2016年12月21日11時25分

NHK大河ドラマ『真田丸』が12月18日の放送で最終回となり、やり場のない喪失感に包まれた視聴者が少なくない。本作で豊臣秀頼役を務めた中川大志も、演者のみならずファンとして「真田丸ロス」を訴えている。彼はブログでその思いを明かすと、クランクアップで真田幸村役の堺雅人と並ぶ姿などを公開して撮影を振り返った。 小日向文世の熱演が話題となった豊臣秀吉と竹内結子演 [全文を読む]

真田丸 中川大志が宣言『大坂の陣、絶対勝ちます』

Smartザテレビジョン / 2016年10月08日23時22分

佐賀県唐津市の“ひれふりランド”で「『真田丸』メモリアルトークショー~豊臣の思い出を語る日~」が開催された。同イベントには、豊臣秀頼役の中川大志、豊臣秀次役の新納慎也、片桐且元役の小林隆が登場。 大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)で描かれた華々しい豊臣の時代と、今後、徳川との決戦に向かう展開について、出演者ならではの視点でトークを繰り広げた。 若武者に [全文を読む]

大河ドラマ『真田丸』の時代考証担当者が明かすウソ・ホント。真田幸村は存在しなかった?

週プレNEWS / 2016年02月07日06時00分

NHK大河ドラマ『真田丸』が好調な滑り出しを見せている。 平均視聴率は初回19.9%、第2話では20・1%となり大河ドラマでは2013年放映『八重の桜』以来、3年ぶりに大台を突破。第3話からは18・3%、17.8%と微減しているが視聴者の評判は上々のようだ。 同作の主人公は、知将と名高い真田信繁(幸村)。慶長5年(1600年)、天下分け目の関ヶ原の戦いでは [全文を読む]

癖が強すぎる“大坂五人衆”集結! そして『真田丸』が一瞬で『真田丸どうでしょう』に!? 『真田丸』第42話「味方」レビュー!!

おたぽる / 2016年10月26日18時00分

視聴率13.0%と、これまでの最低視聴率を下回ってしまった、大河ドラマ『真田丸』(NHK)の第42話「味方」。これは日本シリーズ第2戦「広島対日本ハム」の影響だろう。普段は日曜夜帯だと視聴率7~8%ぐらいにド低迷しているフジテレビが、日本シリーズパワーで珍しく2ケタ台、13.8%を獲得。だが、本放送より2時間早く放送が開始するBSプレミアムでは、『真田丸[全文を読む]

大坂の陣は、失業者や就職浪人たちの総決起集会だった! 大河ドラマよりもひと足先に『真田十勇士』が劇場公開

おたぽる / 2016年09月22日14時00分

脚本家・三谷幸喜の筆が冴えるNHK大河ドラマ『真田丸』はクライマックスに向かって着実な盛り上がりを見せているが、真田家の名前を広く後世に伝えることになる大坂冬の陣・夏の陣をひと足早く一挙公開してしまうのが、堤幸彦監督の映画『真田十勇士』だ。『真田丸』では佐助しか出てこないが、こちらは講談ものや辻村ジュサブローの人形劇でおなじみ真田十勇士が真田幸村(信繁)の [全文を読む]

今日の『真田丸』で滅亡する北条氏 でもその後どうなったの?

しらべぇ / 2016年06月19日06時00分

画像は『真田丸』公式サイトのスクリーンショット本日午後8時(BSプレミアムでは午後6時)から放送されるNHK大河ドラマ『真田丸』。第24回「滅亡」では、豊臣秀吉による惣無事令(私戦の禁止)に違反して攻められた北条氏が滅亡する物語が描かれる。群雄が割拠し、下克上も絶えなかった戦国時代。江戸幕府が開かれ、いちおうの平和が戻るまで、数多くの大名家が攻め滅ぼされ、 [全文を読む]

竹内結子「真田丸」での小悪魔演技に主演の堺雅人もタジタジ?

アサ芸プラス / 2016年05月29日17時57分

NHK大河ドラマ「真田丸」で、小悪魔ぶりを発揮しているのが竹内結子(36)だ。豊臣秀吉の側室でありながら、堺雅人(42)を迫り倒す名艶技を先行公開! 本作で竹内が演じるのは、戦国一の美女との説もある浅井茶々。言わずと知れた豊臣秀吉の側室であり、のちに天下人・豊臣秀頼の母・淀殿となる。「真田丸」の脚本は、時に史実を無視して盛り上げる癖のあるあの三谷幸喜氏。は [全文を読む]

ネタバレ注意!歯は抜け落ち、白髪だらけ…NHK大河ドラマ『真田丸』の今後の展開は?

tocana / 2016年02月11日19時00分

NHK大河ドラマ『真田丸』第2話が、大河ドラマとして3年ぶりに平均視聴率20%を突破したという。 毎年、大河ドラマ便乗商法で多くの関連本が書店に並ぶ。福山雅治が坂本龍馬を演じた『龍馬伝』が放送されたときは坂本龍馬関連本が後追いで300冊近く出版されたとも聞く。これからもさまざまな『真田丸』関連本が出始め専門コーナーを設ける書店がこれからさらに増えることが予 [全文を読む]

【真田丸】後藤又兵衛の壮絶な最期を記録した新史料が見つかる

しらべぇ / 2016年11月20日10時00分

(画像はNHK公式サイトのスクリーンショット)大河ドラマ『真田丸』は、大坂の陣の真っ只中である。哀川翔演じる後藤又兵衛は、主役である真田幸村に勝るとも劣らない人気を獲得しているようだ。自分なりの形の忠義を、荒々しく貫き通そうとするその姿はまさに「戦国武将」そのもの。「侍の鏡」とは、ああいう者を言うのかもしれないと思わせるほどだ。そんな又兵衛の最期に関する史 [全文を読む]

「真田丸」最終決戦!“大坂の陣”主要キャラ&勢力を解説

Smartザテレビジョン / 2016年11月12日15時16分

大河ドラマ「真田丸」もついに終盤戦。タイトルの基になった出城“真田丸”が完成し、クライマックスとなる戦い・大坂の陣に突入する。豊臣方と徳川方が激突するこの戦い、実は味方も敵も内部の思惑はバラバラ。最後の決戦をより楽しむため、両陣営の主要キャラクターを勢力ごとに詳解!■ 豊臣方/十万人の兵をまとめあげる大将・五人衆牢人衆を代表し、十万人の兵をまとめあげる5人 [全文を読む]

哀川翔、岡本健一演じる新キャラクター続々登場! 運命の人(?)・茶々との再会もあった『真田丸』第41話「入城」レビュー!!

おたぽる / 2016年10月19日18時00分

TBS『クイズ・スター名鑑』(5.1%)、テレビ朝日『日曜もアメトーーク!初回2時間SP』(9.3%)、テレビ東京『モヤモヤさまぁ~ず2 SP』(6.8%)、フジテレビ『大物芸能人ジャーニー2016』(4.8%/新番組『フルタチさん』は11月6日より)といった番組たちを、『DASH×イッテQ! 初めての交換留学SP』が視聴率20.5%を獲得し、一蹴したのだ [全文を読む]

真田丸『第41話』裏解説。家康はなぜ豊臣家との決戦を急いだのか?

まぐまぐニュース! / 2016年10月16日22時00分

NHK大河ドラマ『真田丸』を放送直後にワンポイント解説する人気連載シリーズ。今回は、大坂の陣の直接の原因ともなった「方広寺鐘銘事件」について。多くの家臣を抱え、修羅場をくぐり抜けてきた家康が、方広寺の鐘銘ごときに言いがかりをつけて開戦にまで持ち込もうとしたのはあまりに不自然です。しかし、そこには年老いた家康の、切ない「親心」が隠されていました。 今回のワン [全文を読む]

【真田丸】家康の「長寿」を巡る諸大名の野望と影響

しらべぇ / 2016年10月16日10時00分

今日放映の『真田丸』は、「焦った家康がどのような行動に出るか」という見どころも。この頃の家康には心の余裕はなく、「一刻も早く豊臣を潰さねば」という強迫観念に半ば苛まれている。そんな中で真田幸村は、どのような行動に出るのか...。大河ドラマから、ますます目が離せない。・合わせて読みたい→小4男子が『真田丸』の自由研究→NHKから大絶賛が(取材・文/しらべぇ編 [全文を読む]

真田“幸村”爆誕! そしてウザかったきり(長澤まさみ)がついに正ヒロインに!? 中間管理職・片桐且元(小林隆)も光った『真田丸』第40話「幸村」レビュー!!

おたぽる / 2016年10月12日20時00分

苦悩する信繁が大坂城入城を決意する過程を、たっぷり回想を交えながら描きつつ、情けなく頼りない片桐且元(小林隆)で笑わせ、徳川家の離間策の妙味を楽しめる……と今回も大変面白かった大河ドラマ『真田丸』(NHK)。第40話「幸村」をレビュー! 貧しいながらも、家族ともに暮らせる九度山での生活を楽しんでいた信繁(堺雅人)のもとへ、宇喜多秀家の家臣だった明石全登(小 [全文を読む]

「真田丸」はいだしょうこが“初”役で大河初出演!

Smartザテレビジョン / 2016年10月08日14時00分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)にて、はいだしょうこが“初”役で出演することが決定した。大河ドラマへの出演は初となる。 はいだといえば、'98年から'02年に宝塚歌劇団で活躍、'03年から'08年には「おかあさんといっしょ」(NHK Eテレ)で19代目の“うたのおねえさん”と務めたことで知られている。 はいだが演じる初は、浅井長政とお市の方の間に生ま [全文を読む]

「真田丸」中川大志&小林隆が秀吉の野望の地へ!

Smartザテレビジョン / 2016年10月07日23時12分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)にて、豊臣秀頼役を演じる中川大志と、豊臣家家老・片桐且元役を演じる小林隆が佐賀県唐津市にある名護屋城跡を訪れた。 名護屋城は、「真田丸」では小日向文世が演じた豊臣秀吉が、1592年から1598年にかけて朝鮮出兵のために大名、小名を結集させた最前線の地。波戸半島を中心に城塞化し、その周辺3kmの範囲には「真田丸」の登場武 [全文を読む]

フォーカス