映画 八甲田山に関するニュース

日本映画の傑作をオーケストラで!八つ墓村、八甲田山、赤穂浪士!芥川也寸志生誕90年メモリアルコンサート開催(5月31日品川大井町)

DreamNews / 2015年05月26日10時30分

スリーシェルズ、JCAは、作曲家 芥川也寸志の生誕90年を記念して、日本映画でも屈指の名作「八甲田山」「八つ墓村」「鬼畜」の音楽をオーケストラで再演する。とくに「八つ墓村」は行方不明の楽譜を三年かけて復元した。ほかにも、芥川の父である龍之介の小説「河童」によるバレエ音楽や、NHK大河ドラマ「赤穂浪士」による組曲などが演奏される。新聞やラジオで話題となってい [全文を読む]

山崎まさよし、6月公開の映画「春を背負って」主題歌を担当!

okmusic UP's / 2014年01月25日16時00分

「八甲田山」「火宅の人」「鉄道員(ぽっぽや)」など、日本映画の不朽の名作の撮影を手掛けてきた名キャメラマン・木村大作監督が手掛けた、6月14日(土)から全国東宝系にて公開の最新作「春を背負って」。同作の主題歌を山崎まさよしが担当する事が決定した。【その他の画像】山崎まさよし男女問わず幅広い年齢層から熱い支持を集め続ける山崎まさよし。昨年9月に約3年ぶりとな [全文を読む]

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(7)“刑事役”と“舟唄”を結ぶ線

アサ芸プラス / 2014年12月25日09時55分

それは、映画に取り組むための過酷な儀式であった──。 「この歌、流してもらえませんでしょうか‥‥」 高倉健(享年83)は1本のカセットテープを取り出した。CMのロケでスペイン・マドリードへ向かう車の中、八代亜紀の「舟唄」が聴きたいと言ったのだ。 その車には脚本家の倉本聰、映画プロデューサーの田中壽一が同乗している。マドリードの風景に似つかわしくない歌ではあ [全文を読む]

「スター」貫いた高倉健さん 知らない人の前で食事しなかった

NEWSポストセブン / 2014年11月21日07時00分

「デビュー前、健さんは6か月に及ぶ厳しいレッスンを受けているんですが、当時は教官から“他の人の邪魔になるから見学していてください”と言われるほど、“落ちこぼれ”だったそうです」(当時を知る映画関係者) そんな健さんを不動のスターへと引き上げたのは、『網走番外地シリーズ』『日本侠客伝シリーズ』などの任侠映画での活躍だった。 「当時の70年安保をめぐる混乱と [全文を読む]

潜入ルポ 高倉健・追悼特別展の見どころ

プレジデントオンライン / 2016年12月10日11時15分

来年1月15日まで開催されているのが2014年に亡くなった映画俳優、高倉健さんの追悼特別展覧会だ。 同展を構成した館長の冨田章氏は「健さんの映画俳優としての仕事を取り上げたものです」と語る。 「私服やプライベートグッズを展示したスターメモリアルの展覧会ではなく、出演映画のここぞというシーンを見ていただく展覧会です。健さんが出演した映画、205本のすべての一 [全文を読む]

中国人 高倉健風は褒め言葉で横路敬二(田中邦衛)は蔑称

NEWSポストセブン / 2015年05月15日07時00分

高倉健という俳優が中国で深く愛された理由のひとつは、主演映画『君よ憤怒の河を渉れ』(以後「君よ』)」が、1978年に公開されたことだ。トウ小平が「改革開放」に踏み切った、中国にとって極めて重要な意味を持つ年に、「自由」を描くこの作品の内容がかぶったこともあるからだという。ジャーナリストの三好健一氏が高倉健と中国の関係を紐解く。 * * * トウ小平は経済発 [全文を読む]

年末年始に読んでみたい…コタツでぬくぬくとしながら読む「極寒本」厳選7冊(2)

アサ芸プラス / 2014年12月30日09時54分

この「八甲田山死の彷徨」を原作に、森谷司郎監督・橋本忍脚本で撮られた映画が「八甲田山」だ。もちろん主演は高倉健。210キロ、11日間にわたる行程を完全踏破する弘前歩兵第三十一連隊を率いる徳島大尉を演じた。対する遭難の原因をつくった山田少佐は、映画では三國連太郎が演じている。「八甲田山死の彷徨」を読み、厳冬の東北を思い、そして健さんの冥福を祈るのも、正しい [全文を読む]

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(8)断りを入れたクロサワ映画

アサ芸プラス / 2014年12月25日09時56分

「健さんは映画のオファーに対して返事が1カ月くらいかかるが、それでも、最終的には1人で決める。この時は珍しく私にも相談してきましたから」 黒澤は高倉の自宅を、あるいは帝国ホテルのラウンジを訪ね、何度もオファーを重ねる。それでも高倉の答えは出ない。 1つには盟友である降旗康男監督と「夜叉」(85年、東宝)の準備が始まっていたこと。もう1つは「海峡」(82年 [全文を読む]

さらば、健さん! 高倉健を写したカメラマンたちが惚れた素顔とは

週プレNEWS / 2014年11月26日11時00分

日本映画界のカリスマ、俳優の高倉健さん(83歳)が11月10日に亡くなった。 大学卒業後、映画会社の東映に入社し、1956年に『電光空手打ち』でデビュー。その後、『網走番外地』シリーズ、『八甲田山』『幸福の黄色いハンカチ』『南極物語』『ブラック・レイン』『鉄道員(ぽっぽや)』など数多くのヒット作に出演し、日本を代表する映画スターとして国際的にも活躍した。 [全文を読む]

【ムービープラス】人気オリジナル番組「この映画が観たい」3月はアルピニストの野口健さんが登場

PR TIMES / 2016年03月01日10時37分

CS映画専門チャンネル「ムービープラス」(ジュピターエンタテインメント(株)、東京都千代田区、代表取締役社長:寺嶋博礼)で放送中のオリジナル番組「この映画が観たい」は、様々な分野で活躍する著名人の方々にかけがえのない“映画体験”と、それに纏わる人生の様々なエピソードをお聞きする番組です。3月は、弱冠25歳でエベレスト登頂に成功し、 7大陸最高峰世界最年少登 [全文を読む]

高倉健さん「生涯収入100億円」名優の“意外な遺産額”

WEB女性自身 / 2014年12月29日11時00分

「健さんは生涯200本以上の映画に出演し、その総収入は100億円以上と言われています。しかし投資などにも興味はなく、撮影が終わると決まって海外で過ごすこともあって、収入に比べると遺産は驚くほど少ないのです」(映画関係者) 健さんの自宅は世田谷にあり、亡き元妻・江利チエミさんのお墓のすぐそばにある。約260坪の豪邸だが、遺作となった『あなたへ』が公開された翌 [全文を読む]

悪いことが起きる前の「虫の知らせ11例」徹底解説! モノを無くしたり、つま先をぶつけるのは “神からの警告サイン”だった!

tocana / 2017年04月10日11時00分

■天から届いた、気づくべき11の“警告サイン” 新田次郎原作の名作映画『八甲田山』の遭難事件を思い起こさせるような、雪山の悲劇的事件が社会を震撼させている昨今だが、致命的な失敗の多くは進行中の物事を中断して引き返せなかったことに起因するのではないだろうか。【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/04/post_12861.htm [全文を読む]

あすの関東 全アメダス地点で氷点下か

tenki.jp / 2017年01月24日19時25分

映画にもなった青森県八甲田山中で雪中行軍していた兵士199人の遭難死もこの時期です。まさに今が寒さの底です。この先は、26日(木)までは寒中の寒さが続きますが、27日(金)から週末は都心でも最高気温15度くらいまで上がり、グッと暖かくなる予想です。気温のアップダウンが大きいですが、着実に季節は進んでいます。風邪などひかないよう、お気を付け下さい。 [全文を読む]

北大路欣也、涙もろくなったワケ

NewsCafe / 2015年01月30日17時00分

最後に生徒の1人が『俳優生活で一番苦しかったことは何か』という質問に答え、1977年公開の映画『八甲田山』の現場を挙げたのです」 1902年に実際にあった旧陸軍の雪中行軍演習で199人が死んだ大事故を描いた名画である。 「公開時に『天は我々を見放した』と北大路が漏らすセリフが大流行しました。あの作品で北大路は主人公の高倉健さん(享年83)に次ぐ準主役の立ち [全文を読む]

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(17)あえて“言わない”を貫く

アサ芸プラス / 2015年01月19日09時56分

いや、むしろそれが人情というものだろう」 東映だけでなく、日本の映画界を代表するドル箱スターである。前年には「網走番外地 大雪原の対決」が年度別興行成績の1位に輝いている。それでも高倉は、共演者の非常事態を責めなかった。 「誰かに話していれば『健さんがこんなことを言っていた』と俺の耳に入るが、そんなことは一度もなかった。言いたいこともあっただろうに、男らし [全文を読む]

高倉健 人格を形成した「信仰心」に迫る(2)一心に祈りをささげ続けた神社

アサ芸プラス / 2015年01月05日09時56分

エッセイを書いた頃は、ちょうど両映画を撮影中の時期に当たる。 鎌田氏はエッセイから高倉の宗教に対する「凄み」を感じたという。 「多くの人は商売繁盛や家内安全など、現世利益のためにこの神社を参拝しますが、一方で神社は『こころ』を静かに深く鎮める力を持っている。高倉さんの祈りへの気持ちは敬虔で純真そのもの。寒川神社は高倉さんにとって“心鎮め”の聖地で、祈りの本 [全文を読む]

暖かいのは日曜の昼まで、夜は気温急降下(関東)

tenki.jp / 2014年01月25日16時20分

のちに小説や映画にもなった「八甲田山」の遭難事故など大きな被害が出ました。 昔も今も、1月下旬から2月はじめにかけてが1年で一番寒い時期。 風邪やインフルエンザが流行っていますので、十分にご注意下さい。 [全文を読む]

フォーカス