水木しげる ゲゲゲの鬼太郎に関するニュース

「水木しげる作品ベスト5」オカルト研究家山口敏太郎氏が選んで語る ~水木先生が日本に残してくれたもの~

tocana / 2015年12月01日08時00分

30日、「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家で文化功労者の水木しげる先生が、東京都内の病院で死去した。『墓場の鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』『のんのんばあとオレ』といった人気作品を多数世に出し、妖怪や霊界、民俗学の魅力を日本に広めたオカルト功労者の突然の死に、オカルト界にも大ショックが広がっている。 作家・オカルト研究家の山口敏太郎氏から訃報コメントが届 [全文を読む]

「ゲゲゲの鬼太郎と妖怪たち 水木しげる版画展」 書泉グランデ2階にて開催!

DreamNews / 2017年02月16日16時30分

「ゲゲゲの鬼太郎と妖怪たち 水木しげる版画展」 書泉グランデ2階にて開催!■水木しげる先生の著作を集めたブックフェアも同時開催! 書泉グランデでは、2月18日(土)より、2階特設コーナーにて、妖怪漫画の第一人者、水木しげる先生の描いた妖怪の世界を再現した版画を展示販売する「ゲゲゲの鬼太郎と妖怪たち 水木しげる版画展」を開催致します。 今回展示販売される版画 [全文を読む]

衝撃! 水木しげるの親戚はUFOを召還できる男だった! 顔もソックリ!!

tocana / 2015年12月04日08時00分

2015年11月30日、漫画家の水木しげる氏が亡くなった。享年93。 代表作『ゲゲゲの鬼太郎』『悪魔くん』『河童の三平』などの妖怪漫画のほか、子どもに向けた「妖怪図鑑」を精力的に執筆し「妖怪」という文化を再び日本人に根付かせた功績はあまりに大きい。 水木しげるの本名は「武良茂(むらしげる)」という。 「武良」という名字は非常に珍しい名前であるが(水木しげる [全文を読む]

【訃報】水木しげるさん、死去「ゲゲゲの鬼太郎」などが有名

秒刊SUNDAY / 2015年11月30日12時55分

ゲゲゲの鬼太郎などで知られる漫画家「水木しげる」さんが、東京都調布市の病院でなくなったことがあきらかとなった93歳だった。水木さんはゲゲゲの鬼太郎などの妖怪漫画に定評があり、その他にも『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などが人気である。【速報】漫画家の水木しげるさんが東京・調布市の病院で死去、93歳— TBS NEWS-i (@tbs_newsi [全文を読む]

ゲゲゲの鬼太郎 TVアニメ DVDマガジンが創刊!

PR TIMES / 2013年05月29日14時42分

「ゲゲゲの鬼太郎」は漫画家・水木しげるの原作で1968年にTVアニメ化されて以来、5回にわたりTVアニメ化されている人気作品。原作者・水木しげる夫婦の半生を描いた「ゲゲゲの女房」はNHKの朝のテレビ小説として2010年に放送され、大きな話題と なった。 今回のシリーズはファンのあいだで特に人気の高い第一期(1968~69年放送・65作品)、最高傑作と称さ [全文を読む]

【フジテレビ】PC版ゲーム「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪横丁」ゲームの枠を超えたコラボイベントが続々開催! 12月27日(金)~

PR TIMES / 2013年12月26日11時44分

「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪横丁」は、PC版ゲームポータルサイト「Yahoo! Mobage」(http://yahoo-mbga.jp/)にて9月9日より提供を開始した、水木しげる原作の国民的漫画『ゲゲゲの鬼太郎』の世界を体感できるソーシャルゲームです。----------------------------------------------------- [全文を読む]

ぷるぷる目玉おやじのかき氷が『GeGeGeの氷怪堂』で食べられるらしい

ガジェット通信 / 2016年07月07日15時00分

父さんかき氷はどこで食べれる?『体感妖怪アドベンチャー GeGeGe水木しげるの大妖界』が開催 ぷるぷるした父さんをどこで食べられるのかというと、2016年7月26 日(火)から8月29 日(月)まで、池袋のサンシャインシティにて『体感妖怪アドベンチャー GeGeGe水木しげるの大妖界』が開催。 イベントの特設ショップ『妖怪百貨店』にて取り扱うオリジナル [全文を読む]

【追悼・水木しげる先生】不思議なモノを信じる人の割合は?

しらべぇ / 2016年01月22日06時00分

©iStock.com/jankovoy昨年、2015年11月30日に漫画家兼、妖怪研究家でもある水木しげるさんが亡くなった。享年93歳であった。あの手塚治虫さんにもライバルとして認められていた水木さんは『ゲゲゲの鬼太郎』や『悪魔くん』など、世代を問わず愛される不思議なモノ達が活躍する作品を世に生み出した。そのなかでも水木作品の代表的主人公、鬼太郎が長年戦 [全文を読む]

妖怪ブームとまちおこし、水木しげるが「現世」に残したもの

FUTURUS / 2015年12月03日23時00分

それが昭和に育てられた私の“水木しげる”の印象だ。 多くの日本人が、「妖怪」という用語を民俗学からではなく、水木漫画から覚えたのではないか。(もっとも、今時の子供達は『妖怪ウォッチ』で知るのかも知れないが) 『ゲゲゲの鬼太郎』を知らない日本人を私は知らない。それほど日本人に影響を与えた漫画家・水木しげる氏が、11月30日に93歳で亡くなられた。 「巨星逝く [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】岡本夏生、水木しげるさんを悼む「子泣き爺コスプレの感謝を伝えたかった」

TechinsightJapan / 2015年12月01日16時46分

タレントの岡本夏生が、11月30日に亡くなった漫画家の水木しげるさんを悼んだ。『ゲゲゲの鬼太郎』を「体育座りしながら見るのが、本当に生きがいだった」と、テレビの前でワクワクしながらアニメを見ていた当時を懐かしんでいる。 岡本夏生の幼少時だと、初めてカラー放送になった70年代・第2シリーズであろうか。11月30日の『岡本夏生オフィシャルブログ「人生ガチンコす [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】中川翔子と水木しげるさんのつながり「子孫にまで読ませ続けたい」

TechinsightJapan / 2015年12月01日11時05分

水木しげるさんの訃報を受けて中川翔子が幼少期に父親から『ゲゲゲの鬼太郎』を全巻渡されたことや、水木さんと対談した時を振り返った。水木さんの人柄と話に引き込まれて“水木信者”となった漫画家や作家は多いが、しょこたんもそんな1人だ。 中川翔子の父・中川勝彦さんは1962年7月20日に生まれ、1980年代にミュージシャンや俳優、声優となんでもこなすいわゆるマルチ [全文を読む]

『ゲゲゲの鬼太郎』の作者、水木しげるの人生を辿る回顧展が松屋銀座で開催

FASHION HEADLINE / 2016年12月24日11時00分

『ゲゲゲの鬼太郎』で知られる漫画家・水木しげるの人生を辿る回顧展「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」が、17年3月8日から20日まで松屋銀座にて開催される。 水木しげるは、昨年11月に93歳で亡くなった漫画家。『ゲゲゲの鬼太郎』や『悪魔くん』など多くのヒット作を生み出した漫画家として知られるだけでなく、それらの作品を通じて妖怪文化を広めた妖怪研究家としても高 [全文を読む]

「亡き戦友との再会を喜んでいるかもしれないですね」 漫画家・水木しげる氏の訃報にやまぬ悲しみの声

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月04日17時30分

『ゲゲゲの鬼太郎』をはじめ、数多くの作品を世に輩出し続けた漫画家・水木しげる氏が、2015年11月30日(月)に多臓器不全のため亡くなった。享年93歳。高齢になっても精力的に創作活動を続け、「元気な大先生」と愛されていただけに、日本中が悲しみに包まれている。【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ 1922年、鳥取県境港市に生まれた水木氏。高等学校卒業後、 [全文を読む]

『千年呪い歌』『ゲゲゲの女房』……今週末はテレビにクギヅケ!! 水木しげる氏、追悼番組が続々ラインナップ中

おたぽる / 2015年12月04日17時00分

先月30日、“マンガ界の妖怪”水木しげる氏が、多臓器不全のため死去した。日本中が深い悲しみに包まれた今月1日、評論家兼編集者・荻上チキ氏のラジオ番組『荻上チキ・Session-22』(TBSラジオ)で「特集、水木しげる」を放送。京都精華大学マンガ学部客員教授で日本マンガ学会会長・呉智英(くれ・ともふさ)氏をスタジオに招いた同放送では、つげ義春氏の電話収録、 [全文を読む]

“ゲゲゲの鬼太郎バッグ”新宿伊勢丹に現る!水木しげる×バッグメーカー・バルコスがコラボ

FASHION HEADLINE / 2015年10月17日14時00分

バルコスによれば、今回のコラボレーションは『ゲゲゲの鬼太郎』の作者である水木しげるが鳥取県の出身である縁があったことのほか、日本の伝統、産業、原風景を次世代に残したいという同社の強い想いがあり実現したという。 今回コラボレーションするアリエスシリーズは、折り紙をコンセプトにしたデザイン、カラフルなカラー、形が変形できる楽しさのあるバッグとして、日本国内の [全文を読む]

水木しげるが50年前に書いた文章が発掘...「ぼくが書きたいのは敗け戦の話だったんだがそれは許されないのだ」

リテラ / 2017年05月13日20時00分

2015年11月に亡くなった漫画家の水木しげるが、昭和40年頃に書いたと思われる自筆の文章が発見され話題になっている。今月11日、水木プロダクションの公式ツイッターアカウントがその文面を公開。そこにはこんなことが書かれていた。〈戦記物は勝たないとつまらないらしく「レイテ海戦」なぞかくとトタンに売れなくなるのだ。(中略)ぼくが書きたいのは敗け戦の話だったんだ [全文を読む]

ゲゲゲのすべて。「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」京都で開催

Walkerplus / 2017年04月14日06時15分

「ゲゲゲの鬼太郎」など数々のヒット作で知られる漫画家・水木しげるさん。2015年11月30日に93歳で他界した水木さんの生涯を回顧する展覧会「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」が、大丸ミュージアム京都(京都市下京区)にて、4月26日(水)~5月8日(月)に開催される。 水木さんはさまざまな妖怪が活躍する「ゲゲゲの鬼太郎」をはじめ、「悪魔くん」「河童の三平」な [全文を読む]

水木しげる氏 漫画業界のゴシップ好きで編集者の出世に興味

NEWSポストセブン / 2015年12月06日16時00分

不世出の漫画家・水木しげる氏(享年93)は、描くキャラクターだけでなく、自身もまたユニークだった。 「最後にお会いしたのは今年6月。いつもと変わらず、私の薄くなった頭を見て“あなた、もうすぐ定年ですよね?”とからかってくださって。まだまだお元気そうで安心していたのですが……」 今年5月まで『ビッグコミック』で連載された『わたしの日々』(小学館刊)の担当編集 [全文を読む]

水木しげる逝去に海外のマンガファンからも哀悼コメント続々 「最高の漫画家だった」

AOLニュース / 2015年12月01日17時00分

漫画家・水木しげる氏が11月30日に多臓器不全で逝去した。日本中でも追悼の声が数多く寄せられたが、海外からもマンガやアニメファンを中心に訃報の言葉が並んだ。海外メディアは、『ゲゲゲの鬼太郎』を筆頭に、「数多くの名作を生み出してきたマンガ・アーティスト」と水木の功績をたたえた。さらに、1942年、学生時代に徴兵されニューギニア戦線で戦ったことや、デビュー以来 [全文を読む]

「あんな食生活で平気かと思ってたのに」 若者すぎる食事も話題を集めた水木しげる、“妖怪界”へ逝く

おたぽる / 2015年11月30日16時30分

マンガ家の水木しげる氏が30日、心筋梗塞のため東京都内の病院で死去した。満93歳没。代表作『ゲゲゲの鬼太郎』で知られる水木氏の突然の訃報とあって、ネットには驚きの声が多数上がっている。 1922年に生まれ、鳥取県境港市で育った水木氏。画家を志していた水木氏は高等小学校卒業後、大阪へ。しかし、太平洋戦争に巻き込まれ、激戦地・ラバウルに出征。その時、爆撃で左腕 [全文を読む]

フォーカス