萩原健一 鴨川食堂に関するニュース

【エンタがビタミン♪】忽那汐里、萩原健一との2ショット公開「やはりこの方は偉大」

TechinsightJapan / 2016年03月02日17時53分

女優の忽那汐里が、2月28日に最終回を迎えたテレビドラマ『鴨川食堂』(NHK BSプレミアム)で父娘役の共演となった萩原健一とのツーショットをInstagramに公開した。11年ぶりとなった萩原のドラマ出演は、今まで演じたことがない“ホームドラマのお父さん”役。これまではアウトローな役柄が多かった彼にとって、今回のドラマは新境地と言える作品になったようだ。 [全文を読む]

忽那汐里が萩原健一との共演!「本当に貴重でした」

Smartザテレビジョン / 2015年12月19日15時53分

看板娘のこいし(忽那汐里)と、こいしの父で京料理人の父・流(萩原健一)が、客が本当に求めている思い出の食を突き止めて再現していく姿を描く。 食堂の看板娘でありつつ、探偵事務所の所長も務める忽那汐里は、撮影中の現場について「こんなに居心地の良い現場は初めてで、先輩の役者さんに多くを学びながら、すごく安心してお芝居ができています。」とコメント。 また、今回急病 [全文を読む]

NHKドラマで萩原健一と親子役 忽那汐里のさわやかな笑顔

NEWSポストセブン / 2016年01月04日16時00分

そして、こいしの父であり、元刑事で料理人の鴨川流は、今作が約12年ぶりの連続ドラマ出演となる萩原健一(65才)だ。 “食“が大きなテーマとなるこの作品。現在一人暮らしを始めて約1年という忽那は、自炊することが多いとのこと。料理が好きで、疲れている時でも苦にはならないという。 撮影■高柳茂 [全文を読む]

“ショーケン”萩原健一出演のドラマ『鴨川食堂』は大丈夫か「現場で暴れて撮影が飛んだ…」

おたぽる / 2015年12月24日12時00分

やっぱり、それくらい彼を起用するのは大変だったってことですよ」(NHK関係者) 来年1月放送のNHK・BSプレミアムのドラマ『鴨川食堂』に主人公の父親役で出演するショーケンこと萩原健一。 「ショーケンがドラマに出演するのは04年放送の『女と愛とミステリー 坊さん弁護士 郷田夢栄2』(テレビ東京系)以来12年ぶりで、NHKのドラマに出演するのは02年放送の大 [全文を読む]

ブチ切れる萩原健一、怒鳴りつける岩下志麻……NHK BS『鴨川食堂』現場の地獄絵図

日刊サイゾー / 2016年04月01日18時00分

主人公を演じる忽那汐里の父親役としてキャスティングされたのが、12年ぶりのドラマ出演となる萩原健一ことショーケンだった。 「撮影中からブチ切れて監督や演出と衝突することは一度や二度ではなく、実際に撮影が中断したこともあったそうです。起用する前はプロデューサーも『もう丸くなってるだろう』と高をくくっていたそうですが、考えが甘かったですね」(テレビ局関係者) [全文を読む]

某大物俳優、連ドラ現場で若手イジメ降板…薬物・恐喝未遂で逮捕歴、撮影休止で多額損失

Business Journal / 2016年02月06日17時00分

しかし撮影がスタートすると、共演者のショーケンこと萩原健一にいびり抜かれ、降板させられる羽目になった。そこで冒頭の発言を、親しい人間に漏らしていたという。『鴨川食堂』は、11年ぶりに萩原がテレビドラマに復帰するということで話題になっている。ストーリーは京都の小さな食堂を舞台に、萩原演じる料理人の父と、忽那汐里演じる看板娘が、お客の望む料理を提供して生きる勇 [全文を読む]

パクリ論争が勃発!?来年1月スタートのNHK「鴨川食堂」に酷似ドラマが!

アサ芸プラス / 2015年09月20日09時59分

9月14日、俳優の萩原健一が来年1月スタートのNHK BSプレミアム連続ドラマ「鴨川食堂」に出演することが発表された。萩原にとっては02年の大河ドラマ「利家とまつ」以来14年ぶりのNHKドラマである。 13年に発売された柏井壽氏の小説が原作で、舞台は京都の東本願寺近くにある食堂。お客さんの様々な悩みを聞き、それをもとに萩原演じる料理人が腕を奮い、思い出の料 [全文を読む]

忽那汐里「鴨川食堂」でNHK連続ドラマ初主演

Smartザテレビジョン / 2015年09月16日00時00分

本作は京都の東本願寺近くにひっそりと建つ「鴨川食堂」を舞台に、忽那汐里演じる看板娘・こいしと、萩原健一演じるこいしの父親で京料理人の流(ながれ)が、客が本当に求める食は何かを突き止め、再現していく物語。 萩原は'02年の「利家とまつ」以来、13年ぶりにNHKドラマ出演となる。 NHK連続ドラマ初主演の忽那は「このたび、『鴨川食堂』のお話を頂き、まず“思い [全文を読む]

ショーケン「日本人の心の原点」吉田茂演じる!…NHKドラマ「どこにもない国」

スポーツ報知 / 2017年09月15日05時50分

俳優の萩原健一(67)が来年3月放送のNHKドラマ「どこにもない国」(3月24、31日・後9時)に出演することが14日までに決まった。第2次世界大戦後、旧満州から日本人の帰国を導いた男たちを描いた作品で、萩原は吉田茂元首相(当時は外相)役。「吉田茂は日本人の心の原点。非常に光栄」とやる気をみなぎらせている。 昨年、NHK BSプレミアムの連続ドラマ「鴨川食 [全文を読む]

忽那汐里の深夜奇行に“広末涼子の悪夢”再び? ショーケンと親子役で「感化されないか心配!」

messy / 2016年01月19日16時00分

彼女は14年後半に仕事が激減していたにも関わらず、去年は精力的な活動が続き、先月5日に公開された日本とトルコの合作映画『海難1890』では過酷なロケも経験したようなので、ファンからは疲労とストレスを心配する声が上がっているようです」(芸能関係者) 奇行に関しては、今月10日から始まった主演ドラマ『鴨川食堂』(NHK BSプレミアム)で親子役を演じる萩原健一 [全文を読む]

15年は「米倉涼子別居」「高部あい逮捕」だったオスカーが16年は総力戦!?

アサ芸プラス / 2015年12月10日01時59分

さらに1月から放送のドラマ「鴨川食堂」(NHK BSプレミアム)では萩原健一と共演するなど数々の話題を振りまいている。「河北麻友子が16年1月スタートのドラマ『白鳥麗子でございます!』(メ~テレ制作)、そしてその映画で主役に抜擢されたこともニュースになりました。8月に第1子を出産し、家庭に納まるのではと噂されていた上戸彩までもが産後わずか3カ月ほどで『M‐ [全文を読む]

フォーカス