作家 竹田恒泰に関するニュース

世界市場でワインと勝負する粋な日本酒「獺祭」を来場者にお裾分けします。『日本酒はなぜうまいのか?』獺祭の桜井社長と明治天皇の玄孫・竹田恒泰、麹菌研究者の北本勝ひこ教授が激論。猪瀬直樹が参戦!

PR TIMES / 2016年05月18日09時42分

日本酒はなぜうまいのか? ~和食が世界をリードする~ 東京都・渋谷区にて、2016年5月24日火曜日に、「獺祭」の蔵元、旭酒造株式会社の桜井博志社長、古事記研究でも知られる作家の竹田恒泰氏、長年麹菌の研究に携わってきた北本勝ひこ日本薬科大学特任教授をお迎えし、一般財団法人・日本文明研究所(所長、作家・猪瀬直樹)のシンポジウムを開催致します。 日本文明研究所 [全文を読む]

日本酒は、世界市場でワインに勝てるのか? 海外進出に積極的な獺祭の桜井社長と明治天皇の玄孫・竹田恒泰が激論。猪瀬直樹が参戦

PR TIMES / 2016年05月10日14時32分

日本酒はなぜうまいのか? ~和食が世界をリードする~ 東京都・渋谷区にて、2016年5月24日火曜日に、「獺祭」の蔵元、旭酒造株式会社の桜井博志社長、古事記研究でも知られる作家の竹田恒泰氏、長年麹菌の研究に携わってきた北本勝ひこ日本薬科大学特任教授をお迎えし、一般財団法人・日本文明研究所(所長、作家・猪瀬直樹)のシンポジウムを開催致します。 日本文明研究所 [全文を読む]

『古事記』を読む最大のコツは「○○」を忘れることだった!?読みやすいと評判の『現代語 古事記』、ついに10万部突破!!

PR TIMES / 2016年01月14日11時47分

●旧皇族の竹田氏ならではの解説作家であり憲法学者でもある竹田恒泰氏は、旧皇族の竹田家に生まれ、明治天皇の玄孫(やしゃご)にあたる。画期的な訳文とともに、旧皇族ならではの視点が存分に生かされた解説も、本書の読みどころのひとつである。皇學館大學で講師として教鞭を振るうかたわら、全国各地で国史・日本神話・憲法や日本の伝統、皇室に関する講座を開いている竹田氏は、『 [全文を読む]

明治天皇の玄孫・竹田恒泰著『日本人はいつ日本が好きになったのか』を発売! 特製DVDプレゼントを実施中。

PR TIMES / 2013年09月18日11時16分

作家。慶應義塾大学法学研究科講師(憲法学)として「憲法特殊講義(天皇と憲法)」を担当。平成18年(2006)に著書『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第15回山本七平賞を受賞。平成20年(2008)に論文「天皇は本当に主権者から象徴に転落したのか?」で第2回「真の近現代史観」懸賞論文・最優秀藤誠志賞を受賞。 著書はほかに『旧皇族が語る天皇の日本史』 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】竹田恒泰氏が“ぷんぷん”。写真週刊誌が勝手に眼鏡を外した顔を公開し怒る。

TechinsightJapan / 2014年09月30日14時40分

作家の竹田恒泰氏は眼鏡を外した自分の顔を、人前で見せることに抵抗があるようだ。素顔は“非公開”だとブログで宣言している。 9月29日のブログ『竹田恒泰の楚々たる毎日』に載せられているのは、鼻から下の竹田氏の姿。ブログのタイトルが「逆ざわちん」とあったので、ピンときた方もいるだろうか。今の自分は眼鏡をかけていないので、「逆ざわちん」状態だという。竹田氏は素顔 [全文を読む]

『日本人なら知っておきたい昭和戦後史』を発売 稀代の論客とともに戦後史を読み解き、未来を語る!

@Press / 2014年07月23日12時45分

作家。平成18年(2006)に著書『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第15回山本七平賞を受賞。平成20年(2008)に論文「天皇は本当に主権者から象徴に転落したのか?」で第2回「真の近現代史観」懸賞論文・最優秀藤誠志賞を受賞。 著書はほかに『旧皇族が語る天皇の日本史』『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』『日本人はなぜ日本のことを知らないのか [全文を読む]

竹田恒泰氏が塩村議員のヤジ問題に対し「正論」を述べているとネットで賞賛

秒刊SUNDAY / 2014年06月24日11時52分

都議会で「鈴木章浩議員」が塩村議員へ「自分が早く結婚すればいいんじゃないか」などヤジを飛ばした問題が話題となっている中、作家の竹田恒泰氏はタレントの田嶋陽子さんから『「あんたが早く結婚しなさいよ」と言われる。でも男性蔑視などと話題になったこたもない。おなじヤジでも、立場が変わると大分違うものだと思った』とツイッターでぼやいていることが話題となっている。都議 [全文を読む]

非民主主義者になっている自己矛盾を認めぬ日本のリベラルたち

まぐまぐニュース! / 2017年05月20日13時25分

私は、さらに作家・井沢元彦氏が、今月の月刊正論で、聖徳太子の「十七条の憲法」の十七条で「話しあい」の大切さを説いていることを指摘していますが、これに日本型の民主主義の原型を見つけます。 トランプ大統領が決定したとき、暴徒化したのはヒラリー支持派です。トランプも実際には「右」ではないとはいえ、左右の対立構造で配置したときの「左」はヒラリー・民主党陣営です。 [全文を読む]

百田尚樹、青山繁晴、竹田恒泰...森友学園を賞賛し協力してきた極右文化人たちが見苦しい開き直りと話のスリカエ

リテラ / 2017年03月04日22時45分

その筆頭は、昨年11月19日に塚本幼稚園で講演をおこなった作家の百田尚樹センセイだろう。2月28日放送の『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCシアター)では、国有地払い下げ問題を、国会で日本維新の会の丸山穂高議員が主張した「国有地の格安払い下げは朝日新聞や読売新聞、朝鮮学校にも行われている」という質疑を取り上げるかたちで紹介。その上で百田は、「たかだか一 [全文を読む]

真の日米友好の礎を築くための論考竹田恒泰著『アメリカの戦争責任』刊行

@Press / 2015年08月11日20時45分

≪著者について≫ 竹田恒泰(たけだ つねやす) 作家。昭和50年、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫にあたる。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。専門は憲法学、史学。平成18年、『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で、第15回山本七平賞受賞。主な著書に『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』『日本はなぜ日本のことを知らないのか』『日本人はいつ日 [全文を読む]

竹田恒泰がエグい。女性スキャンダルを食い物に知名度アップを狙うあざとさ

messy / 2014年10月04日12時00分

作家、憲法学者で明治天皇の玄孫でもある竹田恒泰(38)との交際を4月に報じられた元AKB48の畑山亜梨紗(23)が、9月29日に会見を開き、破局について語った。 この会見の約半月前である9月15日、竹田は都内で行われた映画のトークショーにて、「終わりました。あれ以来、会ってません」と畑山と破局したことを明かしており、それを受けての会見となったようだ。畑山は [全文を読む]

1000社以上の「朝礼」に使われている専門冊子『月刊朝礼』が創刊30周年!

PR TIMES / 2014年03月01日11時34分

『月刊朝礼』は、社員教育を真剣に考える経営者の皆さまを応援しています!~『月刊朝礼』3月号(3月1日発行)目次~・『月刊朝礼』特別企画 緊急提言~日本人の道徳とは~「大和心からにじみ出る日本人の道徳」 作家・竹田恒泰・マイウエー&マイヒストリー「今、働く人たちへ」 讀賣テレビ放送株式会社 元解説委員長・辛坊治郎・高教授の「企業の倫理教室」「世界を変える一歩 [全文を読む]

テリー伊藤対談「竹田恒泰」(1)華原朋美さんとはラーメンが縁

アサ芸プラス / 2013年12月24日09時58分

作家、慶應義塾大学講師。旧皇族・竹田家に生まれ、明治天皇の玄孫に当たる。慶應義塾大学を卒業、憲法学・史学の研究に従事。「語られなかった皇族たちの真実」(小学館)で山本七平賞を受賞。「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」、「日本人はいつ日本が好きになったのか」に代表されるPHP新書シリーズは、累計で70万部以上を突破した。 旧皇族・竹田家に生まれ、明治天 [全文を読む]

竹田恒泰と謝謝台湾計画の木坂麻衣子が台湾について語る 東日本大震災時、世界で一番日本を支援した台湾を振り返る

@Press / 2013年03月08日12時00分

【竹田恒泰氏】 作家・慶應義塾大学講師(憲法学)。1975年、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫にあたる。 慶應義塾大学法学部卒業。憲法学・史学の研究に従事。 全国に約7,000名の会員のいる竹田研究会代表、一般財団法人竹田研究財団理事長。 2006年に著書『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で山本七平賞を受賞。 また、本年度は『日本はなぜ世 [全文を読む]

【ホテルJALシティ宮崎】日本で最も古い歴史書である古事記の“現代語版”を全客室に設置

PR TIMES / 2012年06月01日14時00分

竹田恒泰氏について 作家 慶応義塾大学講師。財団法人竹田研究財団理事長。旧皇族竹田家に生まれ、明治天皇の玄孫にあたる。これまでに天皇家に関する著書を出版し、古事記に関する著書はこのほかに「現代語古事記」がある。平成23年刊「日本はなぜ世界で一番人気があるのか」は30万部を越えるベストセラーとなる。 【ホテルJALシティ宮崎について】 2002年11月に開 [全文を読む]

旧皇族の"皇籍復帰"と旧皇族との"養子縁組" 竹田恒泰「両方走らせればいい」

ニコニコニュース / 2012年01月24日16時11分

2012年1月20日の「ニコ生×Voice」では、「激論!どうなる?!日本の皇室」と題して議論がおこなわれ、自身、旧皇族・竹田家出身である作家の竹田恒泰氏は、女性宮家の創設には反対する一方、戦後にGHQの指令によって皇籍離脱となった"旧皇族の皇籍復帰"と"旧皇族との養子縁組"の2つの解決策を「両方走らせて摸索すればいい」と語った。■新聞社・通信社の世論調査 [全文を読む]

アパグループ代表 元谷 外志雄著 本当の日本の歴史「理論 近現代史学III&増補版」出版記念並びに代表バースデーイブの会開催

PR TIMES / 2017年06月05日16時06分

さらに、第二回「真の近現代史観」懸賞論文 最優秀藤誠志賞を受賞された、作家の竹田恒泰様より特別講演を賜りました。『日本(にっぽん)の安全保障~憲法九条~』と題した勝兵塾発足6周年記念特別講演では、憲法改正についてわかりやすく解説いただき、満員の聴衆は熱心に聴き入っていました。 その後、日本の歴史と伝統を継承する大和クラブ会長の篠田喜作様より謡曲「高砂」を披 [全文を読む]

【金正男氏殺害】ネット上で噂が広まっている影武者説 根拠は写真に写っているはずの入れ墨?

Global News Asia / 2017年02月23日11時21分

金正男氏についても、19日に作家の竹田恒泰氏が自身のフェイスブックで、「真相は不明だが、殺されたのは正男の影武者ではないかとの指摘がある。 正男は腹に大きな刺青をしているとされる。だが地元紙が掲載した、ぐったりと倒れた正男の写真を見ると腹に刺青がない。私がマカオで彼を見かけた時は影武者と2人だった。(原文ママ)」と正男氏の影武者について言及する内容を投稿し [全文を読む]

ケーキから和菓子、せんべいまで【皇室御用達】和洋スイーツまとめ

TABIZINE / 2017年02月22日10時00分

「宮内庁御用達」や「皇室献上品」という響き、日本人であれば聞くだけである種の格式や伝統、品質の高さなどを感じてしまいますよね? 皇室制度に詳しい作家・竹田恒泰さんのブログによると、宮中に商品を納入する業者を古く江戸時代は禁裏御用(きんりごよう)と呼び、明治時代には宮内“省”御用、昭和の戦後には宮内“庁”御用達と呼んできたそう。 しかし昭和29年の段階で御用 [全文を読む]

華原朋美の“暴露癖”に、関係者は戦々恐々!?

日刊大衆 / 2017年01月03日10時00分

華原が2012年の復帰後、最初に“暴露キャラ”として注目されたのは、2014年に明治天皇の玄孫で作家の竹田恒泰氏(41)との交際が取り沙汰されるようになった頃。後に元AKB48の畑山亜梨紗(25)との二股疑惑が浮上する竹田氏を自身の全国ツアー東京公演に招待したところ、「講演会があって行けないので、楽屋にお花を贈らせていただきますね」と伝えられたとし、「ど [全文を読む]

フォーカス