野原ひろし 仕事に関するニュース

【検証】ちびまる子ちゃんの「父ひろし」とクレヨンしんちゃんの「父ひろし」、どちらの人生が幸せ?

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年07月15日06時00分

しんのすけの父親の名前は野原ひろし。 なんと、どちらの父親も“ひろし”という名前なのです! どっちの「ひろし」が幸せ? 家族を描いた作品を見ていると、つい自分と同じ立場の人と姿を重ね合わせてしまうもの。では、世の中のお父さんたちは、さくらひろしと野原ひろしの人生、どちらを幸せだと思うのでしょうか。 世の中のお父さんにアンケート そこで今回、トリビアニュー [全文を読む]

野原ひろしが旨い昼飯を追い求める『野原ひろし 昼メシの流儀』に共感の声続々「サラリーマンに特にグッとくる飯テロ漫画!」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月03日15時00分

その主人公、野原しんのすけの父親・野原ひろしを主人公とした食マンガ『野原ひろし 昼メシの流儀』の第1巻が2016年10月22日(土)に発売された。この知らせに『クレヨンしんちゃん』ファン、そして意外と高スペックな男・野原ひろしのファンたちは「ついに単行本か! まとめて読めるのはやっぱりうれしい!」と大興奮のようだ。 同作は、キャラクター原作を臼井とし、パチ [全文を読む]

「しんちゃん外伝」で悠木碧が“ドジっ子”役に挑戦!

Smartザテレビジョン / 2017年02月18日06時00分

尻剣法の使い手、野原ひろしの助(家族連れ狼)が、仕事を求め家族と共に旅をする。 そして、本作のキーパーソンとなる、旅の道中に出会う、謎の少女“はずみ”の声を「魔法少女まどか☆マギカ」の主人公・鹿目まどか役や、現在も公開中のメガヒット映画「君の名は。」の名取早耶香役など、大人気作品に多数出演している声優・悠木碧が担当することに決定した。 “はずみ”は、うっか [全文を読む]

「普通の人生」がもはや贅沢に 現在のリアルな普通の人生像とは

しらべぇ / 2017年01月02日05時30分

クレヨンしんちゃんに出てくる野原ひろしがその典型だ。ただ、この普通の人生像がブレてきつつあり、もはや贅沢とまで言われている。一体どういうことだろうか?現在、自分で「普通の人生」を歩んでいると言う男性2名に、話を聞いてみた。■土日も仕事をして過ごす「自分は本当に普通の人生です。いわゆる市井の人だと思います。中堅大学を卒業して、大企業のグループ会社に就職しまし [全文を読む]

『クレヨンしんちゃん外伝 家族連れ狼』は2月22日スタートだゾ! 『プライム・ビデオ』で独占配信

ガジェット通信 / 2017年01月30日12時30分

尻剣法の使い手、野原ひろしの助は、仕事を求め家族とともに旅をしていた。謎の少女はずみや野犬シロと出会い、ともに旅をすることになった一行に、道中で様々な刺客が襲い掛かる。遂には、尻剣法の宿敵である脇剣法の使い手、魔牛一族にまで命を狙われることに。はたして勝つのは尻か、それとも脇か……。数々の個性豊かな敵を相手に、野原ひろしの助と息子しんのすけが大立ち回りを繰 [全文を読む]

「お父さんにしたい理想のマンガキャラクター」ランキング 第1位は『クッキングパパ』の「荒岩一味(あらいわかずみ)」! マンガ界のイクメンが、ダントツのトップに!

PR TIMES / 2013年06月13日19時47分

「お父さんにしたい理想のマンガキャラクターランキング」第1位 荒岩一味 『クッキングパパ』 著者:うえやまとち 8.73%第2位 島耕作 島耕作シリーズ 著者:弘兼憲史 3.95%第3位 野原ひろし 『クレヨンしんちゃん』 著者:臼井儀人 3.13%第4位 とーちゃん(小岩井) 『よつばと!』 著者:あずまきよひこ 2.80%第5位 磯野波平 『サザエさ [全文を読む]

冒険→しない。会社→縛られない。安定→求む。そんなワガママ、聞いてもらえますか?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月23日09時00分

『サザエさん』のマスオさんや『クレヨンしんちゃん』の野原ひろしが、半ば冗談めかして、半ば大真面目に再評価される時代。正社員になることすら大きなチャレンジに数えられる現在で、安定した雇用と収入を得るにはどうすればいいのか? 多くの人が自問していることでしょう。 そんな疑問に一つの回答を提示したのが、『ダブルキャリア 新しい生き方の提案』(荻野進介、大宮冬洋 [全文を読む]

友達ができない、就職したくない、本当の自分がわからない…。現代人の悩みに、“ぼのぼの”がズバリ回答!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年02月13日11時30分

クレヨンしんちゃんマニアが選ぶ、野原ひろしの名言ベスト5 データによると、悩みを相談する相手として一番多くあげられたのが、「母親」。次いで、「近所や学校の友達」「父親」と続くが、なかには身近な存在には相談できない、という人もいるはず。そんな人にぜひ読んでもらいたいのが、『ぼのぼの人生相談「みんな同じなのでぃす」』(いがらしみきお/竹書房)だ。 本書は、20 [全文を読む]

フォーカス