マンション 川越市に関するニュース

法人・集合住宅向けの農地・遊休地利用サービス「シェア畑倶楽部」を7月より提供開始!

@Press / 2013年07月17日15時00分

2.マンション向けプラン(50m2~、7万円/月額~) マンションの敷地内に農園を作ったり、マンションの周辺に入居者専用農園を確保し、入居者間のコミュニティ形成や物件の付加価値を高めるプラン。 3.新規事業プラン(300m2~) 遊休地を所有する企業や新規事業として農園事業を検討する企業へ農園事業の開設・運営をサポートし、収益事業とするプラン。 ※立地や [全文を読む]

豊かなコミュニティを創出する「米づくり」イベントを埼玉・川越で開催 マンション・ディベロッパーが提案、『リブラン米づくりプロジェクト2014』

@Press / 2014年05月02日16時30分

マンション・ディベロッパーである株式会社リブラン(本社:東京都板橋区大山町17-4、代表取締役:鈴木 雄二)は、埼玉県川越市において今年で3年目となる『リブラン米づくりプロジェクト2014』を実施いたします。当社マンションの入居者を中心に会員を集め、田植え等の体験をしながら除草剤も農薬も使わず手間ひまかけて一緒に米づくりを行います。http://www.e [全文を読む]

マンションリサーチとエクスキューブ、高いクオリティで安価を追求した『牛丼マンションカタログサイト制作サービス』を提供開始

@Press / 2012年02月23日14時00分

マンションリサーチ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山田 敏碁)と、エクスキューブ株式会社(本社:埼玉県川越市、代表取締役兼CEO:江沢 通洋)は、2012年2月より初期費用0円で始められる、不動産仲介会社向け『牛丼マンションカタログサイト制作サービス』を開始いたしました。『牛丼マンションカタログサイト制作サービス』サービスサイト:http://ma [全文を読む]

都市圏で懸念される2022年問題 「生産緑地法」期限切れで膨大な土地が動き出す?

ZUU online / 2017年07月29日17時40分

■生産緑地の土地それら生産緑地の広さは市街化区域内の1区画500平方メートル以上の土地という、ある程度まとまった広さなので、宅地業者やマンション開発業者には、かなり魅力的な土地だ。現状は、これらの土地が、生産緑地という名のもとに非常に軽い税負担で所持されている。では、一体どのくらいの生産緑地が存在しているのだろうか。国土交通省がまとめた最新の都市計画現況調 [全文を読む]

「『実写でやればいいじゃん!』と言われたい」!? 今期“最ムズキュン”アニメ『月がきれい』南健PDインタビュー

おたぽる / 2017年04月29日21時00分

「なんで今、俺が住んでいるマンションは照明に紐がついていないんだ!」と思わせるのが狙いです。―― 第1話が放映された後の反響はいかがでしたか?南 「むずがゆい」「もどかしい」という声が多かったですね。「刺さって痛い」「見ているのが辛い」という声もいただきました(笑)。「微笑ましい」という方もいれば、「こんなの見ていられるか!」という方もいる。皆さんのコンデ [全文を読む]

東京に憧れる千葉 「トウガネーゼ」「東のニコタマ」とは?

NEWSポストセブン / 2016年09月26日11時00分

その象徴に、浦安市の高級マンションに暮らす主婦層を指す「マリナーゼ」という言葉がある。これは、高級住宅街の東京・白金に住む主婦「シロガネーゼ」を真似たものだ。 「最近は外房の東金市のマダムも“トウガネーゼ”と言い出すようになり、何でもアリになってきた」(千葉市・50代女性) ちなみに流山市は近年の再開発ぶりから「東のニコタマ(※注)」、閑静な住宅地が広がる [全文を読む]

道を挟んで天国と地獄? 鍵を握る自治体の選択[日本の不動産最前線 第3回]

Forbes JAPAN / 2016年07月14日12時00分

5年前は10分でも許容されていたが、いまやマンションデベロッパーも8分超えとなる用地に手を出すことには非常に慎重だ。国土交通省が2014年に公表した「国土のグランドデザイン2050」は、現在は人が住んでいる地域の60%以上で人口が半減もしくはそれ以下となり、20%は無居住化。多くの地域が消滅の危機にあると指摘する。【関連】ゴーストタウン化!? 日本都市の空 [全文を読む]

今は空き家 市村正親生家を維持する篠原涼子が近所で高評価

NEWSポストセブン / 2015年01月30日07時00分

亡くなるまでの数年、こうさんは脳梗塞を患って入退院を繰り返していたんですが、篠原さんは実家近くにマンションを借りて看病していました」(市村家の知人) 市村家代々の土地に建つ冒頭の家は、大好きだった姑が愛し、夫が生まれ育った場所。篠原にとっても、家族のつながりを感じられ、思い出があふれている大切な場所なのだ。 「篠原さんはこうさんが亡くなったとき、そもそも実 [全文を読む]

フォーカス