川越市 小江戸に関するニュース

『スピードラーニング』のエスプリラインが、小江戸 川越にて3Dプロジェクションマッピング放映&イングリッシュカフェ限定オープン!

@Press / 2013年10月29日14時00分

英会話教材『スピードラーニング』を販売する株式会社エスプリライン(所在地:埼玉県川越市、代表取締役社長:大谷 登)は、同商品の開発者である大谷 登の故郷であり、国際観光都市宣言をした埼玉県川越市を「英語が通じる街にしたい」と願い、昨年開催された「小江戸川越 ライトアップ・プロジェクト」に続き、川越の夜の食文化や楽しみ方を提案する「川越 灯りと音と文化の祭典 [全文を読む]

倉敷美観地区より風情がある?小江戸・川越に行ってみた

メディアゴン / 2016年09月02日07時30分

柴川淳一[著述業]* * *先日、小江戸で知られる埼玉県川越市に行って来た。東京に住むようになった時に、川越市に住む友人から、一度観光に来い、見ておいて損はないからと言う丁寧な誘いを受けていたので、訪問した次第だ。筆者は岡山県倉敷市に長く住んでいた。倉敷といえば伝統的建造物が保存された「美観地区」で有名だ。川越市も同様に、旧市街の歴史的街並みが「蔵造りの街 [全文を読む]

川越産のサツマイモを食べて育った小江戸黒豚料理を味わえる店

ぐるなび / 2015年02月24日16時10分

2月20日放送の「お願い!モーニング」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午前4時)で「週末女子会in川越 絶品グルメ&開運スポット」と題し、モデルの福間文香さん、高田秋さん、青山あみさんが「Mio Casalo 川越 蔵のまち店」(埼玉県川越市)を訪れた。 イタリア語で「私の農家」という意味の同店は、地産地消にこだわった料理が人気だ。今回3人は、川越のサツマイモ [全文を読む]

「ふぁふぁ」食感がたまらない!行列必至の玉子料理専門店「小江戸オハナ」で味う絶品の親子丼

GOTRIP! / 2016年04月30日14時00分

埼玉県川越市。 「小江戸川越」として今なお江戸時代の雰囲気を感じられる蔵の町として有名な川越は、日本のみならず海外の方をも魅了し続けています。 そんな川越で特に人気の高いエリアといえば、蔵造りの情緒あふれる町並みが色濃く残る「一番街商店街」。 川越のシンボルでもある「時の鐘」をはじめとした古い建物が多く立ち並んでおり、川越を観光する上で欠かせないエリアと言 [全文を読む]

2016年7月15日にオープン!魅力的な目元への変身を叶える埼玉県川越市の まつげエクステサロン「Studio Gerald(スタジオ ジェラルダ)」

DreamNews / 2016年07月05日16時00分

埼玉県川越市のまつげエクステサロン「Studio Gerald(スタジオ ジェラルダ)」が、2016年7月15日にオープン。川越のまつげエクステサロンStudio Gerald(スタジオ ジェラルダ)は「もっとキレイに!」を叶えるお手伝いをします。 川越のまつげエクステサロンStudio Gerald(スタジオ ジェラルダ)は予約制。リラックスしながら美し [全文を読む]

360年以上も続く豪華絢爛な江戸の祭り「川越祭り」を観に行こう!

GOTRIP! / 2014年10月06日06時00分

埼玉県川越市。この町は江戸時代の雰囲気を感じられる蔵の町として有名で「小江戸川越」とも呼ばれています。 川越にたくさんの蔵があるのは、明治時代に発生した川越大火の際に蔵が焼け残ったことで、多くの商人たちが蔵をお店や家として建てたのがきっかけだそうです。 どっしりとした風格のある蔵がたくさん残っており、まるで町全体が江戸の雰囲気を醸し出し、いつしか「小江戸」 [全文を読む]

2016年7月7日から予約開始!お客様の美を叶える埼玉県川越市の ネイルサロン「Studio Gerald(スタジオ ジェラルダ)」

DreamNews / 2016年06月30日14時00分

埼玉県川越市のネイルサロン「Studio Gerald(スタジオ ジェラルダ)」が、2016年7月7日から電話先行予約を開始します。川越のネイルサロンStudio Gerald(スタジオ ジェラルダ)はお客様の美を叶えるお手伝いをします。 川越のネイルサロン Studio Gerald(スタジオ ジェラルダ)は予約制で、小江戸川越の静かな雰囲気の中で身体を [全文を読む]

地元民が太鼓判!小江戸・川越で訪れたい絶品のうなぎ屋3選

TABIZINE / 2015年11月26日13時00分

(C) Naoto Kokubo 場所は埼玉県川越市仲町3-22。定休日は木曜日で、売り切れ次第閉店する場合もあるそう。早めの時間に足を運びたいですね。 東屋(あずまや) (C) Naoto Kokubo 次は「東屋(あずまや)」。創業は明治元年、現在でも大正時代に建てられたという築100年以上の建物で商売を営んでいます。中庭の見える和室でいただく、その [全文を読む]

「コエドビール」が飲み放題!埼玉・川越を「ビール特急」が走る

えん食べ / 2014年08月31日17時00分

埼玉県川越市で、“小江戸・川越”の魅力を楽しんでもらおうというイベント「食と音と灯りの融合 Kawagoe REMIX」が、10月20日から11月3日まで開催される。その一環として11月1日と2日に、「コエドビール」が飲み放題となる臨時特急電車「小江戸川越ビール特急」が運行される。 Kawagoe REMIX は、夜のまちのライトアップや、飲食店をめぐる「 [全文を読む]

8時間かけて水出し!川越「豆蔵」のアイスコーヒーが雑味のないすっきりとしたおいしさ--レトロな外観も魅力的

えん食べ / 2017年09月16日16時15分

■小江戸coffeemame蔵の概要 住所:埼玉県川越市元町2-1-2 [全文を読む]

宇宙最強のテニスプレーヤー「テニボくん」が漫画から飛び出す!10月31日 小江戸蔵里のキャラクター祭りに参加し、子供たちに挨拶を指導

@Press / 2015年10月14日10時30分

有限会社リトルプリンス(所在地:埼玉県川越市、代表:荒井 秀樹)が立ち上げた、NPOあいさつ向上委員会は、この度宇宙最強のテニスプレーヤー「テニボくん」とともに、2015年10月31日(土)に行われる、小江戸蔵里のキャラクター祭りに参加いたします。「テニボくん」詳細: http://tenibokun.com/■あいさつキャラクター「テニボくん」が生まれた [全文を読む]

蛭子能収も大満足した“小江戸黒豚”の鉄板膳メニュー

ぐるなび / 2014年01月06日19時10分

1月4日の「みんなの疑問 ニュースなぜ太郎」(テレビ朝日系、毎週土曜午前6時)では、マンガ家でタレントの蛭子能収さんが埼玉県の“小江戸”川越を歩き、川越市の懐石料理店「小江戸黒豚 鉄板懐石 オオノ」を紹介した。 自腹の買い物で商店街をレポートする企画として、蛭子さんは川越市の川越一番街商店街を訪れた。風情豊かな蔵造りが残る“小江戸”の街並みに「江戸時代の、 [全文を読む]

【川越食べ歩きスイーツ】チョコレート専門店の焼きたてフォンダンショコラ!

TABIZINE / 2017年09月21日18時00分

川越ショコラ Bromagee 所在地 :埼玉県川越市幸町1-9 営業時間:10:00~17:00 URL :http://bromagee.co.jp/ [atpress] [全文を読む]

小江戸川越 菓匠右門「いも恋」がまったり懐かしいお味--さつまいもの旨みが詰まった餡ともちもち生地

えん食べ / 2017年09月19日14時00分

■菓匠右門 時の鐘店の概要 住所:埼玉県川越市幸町15‐13 [全文を読む]

八百屋が営むバイキングレストラン

ぐるなび / 2017年09月19日12時10分

9月15日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系、午前09時50分~)では、埼玉県・川越市を散策した中で、「小江戸カントリーファームキッチン」(埼玉県川越市)が紹介された。 川越の野菜を使ったこちらのお店は、八百屋が併設されているバイキングレストランだ。 長年、八百屋も営んでいる店主の目利きで選んだ新鮮野菜を堪能することが出来るため、連日お客さんが絶えない [全文を読む]

亀屋「小江戸川越シュー」がとろっとなめらか--食べ歩きにぴったりな爽やかシュークリーム

えん食べ / 2017年09月17日15時00分

■亀屋の概要 住所:埼玉県川越市元町2-1-6 [全文を読む]

【でけぇ】小江戸おさつ庵「おさつチップ」のインパクトが凄い!--ほんのり甘くて無心で食べ続けちゃうおいしさ

えん食べ / 2017年09月14日20時00分

■小江戸おさつ庵の概要 住所:埼玉県川越市幸町15-21 [全文を読む]

三陸沖産牡蠣のバーベキューをリーズナブルにいただける

ぐるなび / 2017年09月04日15時10分

9月1日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系、午前09時50分~)では、埼玉県・川越市を散策した中で、「かき小屋・小江戸」(埼玉県川越市)が紹介された。 埼玉の流通拠点でもある川越総合地方卸売市場内に併設されているこちらのお店では、三陸沖で獲れた身の詰まった牡蠣を使用。牡蠣を焼く炭火のテーブルも店外に並んでおり、そこで「かきバケツ」(3kg3,780円/ [全文を読む]

埼玉・川越で250年以上続く老舗醤油屋の秘密 "神が宿る"蔵で生まれる「はつかり醤油」

東洋経済オンライン / 2017年08月19日16時00分

製造の機械化が進むなか、今も伝統的な醤油づくりを続けているのが、埼玉県・川越市で1764年に創業した松本醤油商店だ。2年間かけて熟成させる「はつかり醤油」をはじめ、すべての醤油を昔ながらの天然醸造で仕込むことができるのは、江戸時代から残る醤油蔵があるから。■川越で250年以上続く醤油屋の老舗立派な蔵造りの重要建築物が多く残る川越は、“小江戸”と呼ばれる人気 [全文を読む]

「COEDOビール」のブルワリーで ビールと中華の黄金ペアリングを堪能!

CREA WEB / 2017年07月30日12時00分

一方、ブルワリーの移転とほぼ同時期に、創業の地である埼玉県川越市に、タップルーム&レストランを併設したブルワリー「COEDO Craft Beer 1000 Labo(コエド クラフトビール・ワンサウザンド・ラボ)」をオープン。 「ラボ」をコンセプトにしたこちらでは、店内のタンクで作られる限定ビールを、地元食材を使ったモダンクラフトチャイニーズとともに味 [全文を読む]

フォーカス