山田太郎 物語に関するニュース

「めちゃロマンチックなタイトルw」山田太郎議員、秘書とのBL小説を“苦渋の決断”で容認にネット民沸く

おたぽる / 2016年07月13日14時00分

現職の参議院議員であり、表現の自由を訴える山田太郎議員の公認BL同人誌がコミケで頒布されていたことがわかった。それに対し山田議員が「立場上、止めるわけにいかない」と発言したため、いろいろな場で大きな話題となっている。 以前から児童ポルノ法改定による二次元規制強化への反対を掲げていた山田太郎参議院議員。おたぽるでもお伝えしてきたとおり、過去にコミックマーケッ [全文を読む]

配牌だけで10ヶ月!麻雀漫画『アカギ』19年続く一晩の対決が決着

しらべぇ / 2017年02月04日16時30分

一日の出来事を19年かけて描くとは^^;— おみず (@omizu0803) February 1, 2017ポケモンが生まれてから20年とか東方が生まれてから20年とか言われるけど、その間ずっとアカギは鷲巣と麻雀打ってたからな......— 手負い@1日目東モ-10b (@TEOI2) February 1, 2017鷲巣麻雀編が終わるのは大いに結構、早 [全文を読む]

マンガ原作映画はオリジナルを超えることができるか?日本名(迷)作マンガ映画史

日本タレント名鑑 / 2016年03月15日09時55分

映画のオープニングで文字通りマンガから主人公、山田太郎が飛び出してくる『ドカベン』(1977)は、マンガを丹念に映画化した結果、映画のほとんどが原作冒頭の柔道編中心、野球は触れる程度という驚きの展開を見せる。 「ドカ弁を高速喰い」「人が空を飛び地面に頭から突き刺さる」などの仰天描写が連発、監督の鈴木則文が『トラック野郎』シリーズから培ってきたマンガ表現が凝 [全文を読む]

【星野哲郎作詞作品】シングル138タイトルをMEG-CDにて復刻!

DreamNews / 2014年09月10日16時00分

http://meg-cd.jp/artist/wakayama_akira ■林里江子「愛の哀しみ」 ■晴乃チック・晴乃タック「涙の行進」■東山明美「私の恋人」「ありがとうさよぅなら」「明日子ちゃんと今日子ちゃん」「我が家はたのしい汽車ポッポ」 ■樋口夏「津和野日記」「悲恋竹人形」■聖佳代「東京夜景」「恋にいのちがけ」「あなたの神戸」■一節太郎「男惚れだ [全文を読む]

『週刊少年ジャンプ』歴代最強キャラBEST10!ファン予想外の結果に

しらべぇ / 2016年03月28日07時30分

ちなみに今回選考に入れたがランク外になってしまったキャラクターとしては・江田島平八(魁!男塾)・トリコ(トリコ)6票・山田太郎(珍遊記)2票・鵺野鳴介(地獄先生ぬ~べ~)6票・浦飯幽助(幽☆遊☆白書)10票・コブラ(コブラ)14票・ターちゃん(ジャングルの王者ターちゃん)4票・坂田銀時(銀魂)4票・空条承太郎(ジョジョの奇妙な冒険)12票・雪藤洋士(ブラッ [全文を読む]

20代・30代男性が選ぶ「野球マンガNO.1&名ピッチャー」ランキング!―名ピッチャー1位は針の穴をも通すコントロールの持ち主

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月25日06時30分

物語に花を添える里中智や、 主人公・山田太郎を食うほどの存在感がある、不知火守、土門剛介の名前が上がった。 番外編として、40歳を超えてもメジャーの第一線で活躍するジョー・ギブソン(MAJOR)や、伸びのある直球が持ち味の榛名元希(おおきく振りかぶって)など、年齢や球種など様々だが、野球マンガを楽しむ上で欠かせないライバルピッチャー達も名を連ねる結果となっ [全文を読む]

水田監督が「天才」と絶賛する多部未華子の多才ぶり!

Smartザテレビジョン / 2016年03月15日12時00分

10代から女優としての道を歩む多部は、本格的な連ドラ出演となった「山田太郎ものがたり」('07年TBS系)でテンションの高いヒロインを熱演し、コメディエンヌとしての才能を発揮。 昨年放送された「ドS刑事」(日本テレビ系)では、悪人を好きなだけいたぶることができるという理由から刑事になった“史上最強のドS刑事”を熱演し、異性からはもちろん、同性からの支持も [全文を読む]

松山ケンイチ主演で、漫☆画太郎の『珍遊記』が実写化! 「原作にどこまで忠実か見もの」

サイゾーウーマン / 2015年06月27日12時45分

同作は、『西遊記』をベースにしたギャグマンガで、主人公・山田太郎は物語中、ほぼ全裸かパンツ一丁という出で立ちだったが、果たしてどこまで原作に忠実な出来栄えとなるのだろうか? 「映画化の話は以前にも何度か出ていた作品ですが、今回こそ実現されそうです。制作側の意向で、主演俳優はコミカルよりも二枚目、かつ知名度の高い人物を探していたようですが、ブッキングは難航し [全文を読む]

ダルビッシュも山本昌も工藤公康も…恐るべき水島野球マンガの予見ぶり

ダ・ヴィンチニュース / 2013年04月20日07時20分

元記事はこちら 「事実は小説より奇なり」とはよく言ったものだが、実は、野球マンガの巨匠・水島新司が描く『ドカベン プロ野球編』(秋田書店)においては、主人公の山田太郎以上の人気を誇る「小さな巨人」こと里中智投手(当時はロッテ所属の設定)が、10年以上前の1997年の開幕戦で完全試合まであと2人と迫りながら死球を与えて逃すという似たようなパターンを演じている [全文を読む]

SMAP、嵐、ももクロ......人気の秘訣は‟黄金バランス"!?

日刊サイゾー / 2012年10月22日08時00分

たぶんストーリーを進める上では9人では少し多く、5人ぐらいがちょうどよかったということではないでしょうか」 確かに、大人気の野球漫画『ドカベン』でも、キャラが非常に立っているのは山田太郎、岩鬼、殿馬、里中、土井垣あたり。9人を描き分けるとなると、案外難しいのかもしれない。 よく考えてみると、マンガやアイドルグループ以外にも、5人のバランスをうまく取り込んで [全文を読む]

フォーカス