山田太郎 政治家に関するニュース

参院選29万票で落選……山田太郎氏インタビュー(下) 「表現の自由を守る党の活動は練り直さないといけない」

ガジェット通信 / 2016年08月17日07時30分

2016年7月10日に投開票が行われた参議院議員選挙で得票数29万1188票を得ながら落選した山田太郎氏のインタビュー。前編では、約29万票という投票数の影響や、選挙戦の戦略についてお聞きしました。 参院選29万票で落選……山田太郎氏インタビュー(上) 「ネットの神様は3つのことを守らないと認めてくれない」 http://getnews.jp/archiv [全文を読む]

参院選29万票で落選……山田太郎氏インタビュー(上) 「ネットの神様は3つのことを守らないと認めてくれない」

ガジェット通信 / 2016年08月17日07時15分

2016年7月10日に投開票が行われた参議院議員選挙で新党改革から出馬し、主に「表現の自由」を掲げて29万1188票を集めながら落選した山田太郎氏。ガジェット通信では選挙前にもインタビューを実施しましたが、選挙後にもお話を伺うことができました。前半では、約29万票という投票数の影響や、選挙戦の戦略についてお聞きしています。 <参考記事> 選挙直前!山田太郎 [全文を読む]

「秘策」は5月末公開予定 “オタクの味方”山田太郎参議院議員が、改めて全国比例からの出馬を確約

おたぽる / 2016年05月24日11時00分

その中で動向が注目されているのが、児童ポルノ法やTPPなどの問題に「オタクの味方」として取り組んできた山田太郎参議院議員だ。4月には、おおさか維新の会に入党するも、わずか2日で離党し、違った意味で注目を集めてしまった山田議員。ネットでは「出馬を断念するのではないか」という風聞も流れている。 だが、取材に応じた山田議員は「まだ、秘策はある」と鷹揚に語るのであ [全文を読む]

投票したのに無効票になってしまう5つのケース

シェアしたくなる法律相談所 / 2015年06月16日21時39分

例えば、候補者山田太郎と記載すべきところを誤って山本太郎と記載したものと認められる場合には、有効とされます。 しかしながら、候補者山田太郎の氏名を誤って同人の実父山田一郎の氏名を記載してしまった場合において、山田一郎も政治家であったような場合には、山田一郎に対して投票した可能性があるものとして、無効となる可能性が高いです。 4.氏名以外の情報を記載した投 [全文を読む]

在日中国人が見た日本政界の“萌え”現象―華字紙

Record China / 2016年08月06日06時40分

2015年の参院選に立候補した山田太郎氏も秋葉原で同様の街頭演説を行った。「オタクに近い」選挙が投票結果にどう影響するか、答えはますます明らかになってきている。(翻訳・編集/北田) [全文を読む]

「守り方」を伝授する本じゃないよ。実存を問われる危険な一冊──山田太郎『「表現の自由」の守り方』

おたぽる / 2016年05月14日18時00分

児童ポルノ法をはじめ、TPPなどマンガやアニメにおける表現の自由やコミックマーケット、二次創作をめぐる問題に興味のある奇特なオタクにとっての英雄・山田太郎参議院議員。『「表現の自由」の守り方』(星海社新書)は、繰り上げ当選で国会議員となって以来、マンガ・アニメ・ゲームを守るために戦ってきた同氏の記録ともいえる一冊である。 本書の中では、児童ポルノ法、TP [全文を読む]

Amazon規制に各業界が苦悩…国連の規制推進で性表現が変わる?

デイリーニュースオンライン / 2016年03月30日11時04分

山田太郎参院議員のように表現規制問題に真剣に取り組んでいる人物もいますが、票に結びつきにくいために大多数の政治家にとってはあまり関心のない問題。どうしてもイメージアップにつながりそうな規制派の『人権を守るため』という主張に安易になびいてしまう。反対すれば『お前もロリコンか』『ポルノ好きか』と思われかねないという心配もある」(政治関係者) 女性や子供の人 [全文を読む]

[Japan In-depth編集部]【“人と動物との共生”を目指して】~市民・行政・政治の連携の重要性~

Japan In-depth / 2015年09月14日15時00分

音楽を通じて動物への想いや感謝を伝えたいというシンガーソングライターのshinoさんやさくまひできさん、ピアニストの山地真美さんらがライブを行った他、参議院議員である山田太郎氏や埼玉県各市の市議会議員、県の職員らも参加、動物愛護に関する問題について市民と意見交換した。 保護猫のための猫カフェを運営する梅田達也さんは、飼い主のいない猫を増やさず地域で管理す [全文を読む]

手の挙げ方は一流!国会・児ポ法審議での谷亮子はスゴかった!

おたぽる / 2014年06月29日10時00分

かねてより、児童ポルノ法改定による規制強化に反対の声を挙げる山田太郎議員をはじめ、可能な範囲で充実した議論が行われた参議院法務委員会。 その中で、かなり異彩を放って目立つ議員がいた。YAWARAちゃんこと谷亮子議員(生活の党)である。 そもそも、谷議員がこの法案についてどういう立場を取っているのかは、まったく不明確であった。実は、筆者は先日報じた出版労連の [全文を読む]

フォーカス