朝ドラ 友近に関するニュース

友近が朝ドラヒロインに!? 待望の全国ツアーが始動

Smartザテレビジョン / 2016年10月14日01時14分

公演タイトルを見ての通り「テラスハウス」のパロディーコントを披露した前作に続いて、今回のモチーフはNHKの朝ドラ。昨年から今年にかけて「あさが来た」(NHK総合ほか)にも出演していた“朝ドラ女優”の友近を座長に、一体どんなステージが繰り広げられるのか。その見どころや意気込みを友近に聞いた。──前回の「友近ハウス」のツアーを終えての感想はいかがでしたか。もう [全文を読む]

今世紀最高視聴率「あさが来た」の現場で友近が“たそがれていた”理由とは?

アサジョ / 2016年04月07日09時59分

全回の平均視聴率でも23.5%という今世紀の朝ドラで最高の数字を記録した。「今回の朝ドラは大河ドラマ的なスケールと主人公の描き方で多くのファンを得ましたが、主演の波瑠も回を追うごとに演技が上達し、後半にはセリフのないシーンでも説得力のある演技を見せました。最終回を前にNHKの『あさイチ』に出演して舞台裏を語っていましたが、なかでも波瑠演じるあさの女中役で登 [全文を読む]

さんま、泰造…朝ドラ出演の「芸人俳優」が持つ5つの役割

WEB女性自身 / 2017年04月01日06時00分

「NHK『朝ドラ』で、お笑い芸人がキャラクターの強さを発揮したのは、『澪つくし』の明石家さんまさんが初めて。これは、朝ドラの歴史のターニングポイントになりました」 こう語るのは、『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版)の著者で、ドラマウオッチャーの田幸和歌子さん。バラエティ番組やドラマ、情報番組のコメンテーターまで、いまテレビで見ない日はない [全文を読む]

朝ドラ出演の友近「女性が革命を起こせること知ってほしい」

NEWSポストセブン / 2015年10月23日07時00分

『芋たこなんきん』(2006年)に続いて朝ドラ2作目の出演となる友近に、今作に対する意気込みを聞いた。──ヒロインのお付き役ということで、とても重要な役どころですね。友近:まず、NHKの朝ドラということでありがたいお仕事で、しかも主役の横にずっとついている役ですし、たしかに大変だなという気持ちはあります。でも、大事な役だから頑張らなあかんと思いすぎるとプレ [全文を読む]

ディーン・フジオカ「…寂しいですね」息子に会えない胸中告白

Smartザテレビジョン / 2017年04月13日19時20分

朝ドラ「あさが来た」でディーンと共演した友近は、「ディーンさんは本当にすごかったんですよ。いいものを作ろうとして、一番監督と向き合って話をしていた」といい話をするが、この様子を冷静に見ていた徹子は、「私さっきから見てると、あなたディーンさんに触るわね。見てるとずいぶん、背中とか肩とか触る…」とすっかりお怒りモードに。 徹子流のジョークに、ディーンと友近が [全文を読む]

宮崎あおいの“付き人”役に大抜擢!13歳の清原果耶が朝ドラ「あさが来た」で女優デビュー

Woman Insight / 2015年06月25日19時00分

その後、2社のCM契約、ティーン誌『二コラ』の専属モデルも決定し、今回は事務所所属からわずか半年で朝ドラのレギュラー大抜擢を果たすことに。 ★そのときの速報がコチラ→ アミューズオーディション、グランプリは12歳の美少女に! 実は、今回の朝ドラに出演するにあたって、一度別の役で同作のオーディションを受けるも、残念ながら落選。しかし、このオーディションで清原 [全文を読む]

友近、2年ぶり単独ライブは舞台版朝ドラ!? 『友近連続ライブ小説 おそかれはやかれ』開催決定

Entame Plex / 2016年09月30日12時47分

タイトルにもあるように、そうです、朝ドラを舞台でやっちゃおっかなという次第でございます。新ネタあり、ユニットコントあり、朝ドラ風ありと皆さんに満足していただけるものをひっさげて全国をまわらさせていただきたいと思います。是非、見に来てください。おそかれはやかれ」とコメントしている。 『友近連続ライブ小説 おそかれはやかれ』の東京&大阪公演チケットは、10月1 [全文を読む]

友近、朝ドラクランクアップで「ご期待に応えられたかな」

WEB女性自身 / 2016年03月24日06時00分

放送開始から半年、すっかり立派になったおあさ様ですが、昔はやんちゃだったなぁ、とか、過去のシーンを思い出しながら最後まで見届けていただけたらうれしいです」 [全文を読む]

朝ドラ夫・新次郎はアリ? 友近、大桃美代子らが意見

NEWSポストセブン / 2016年01月28日11時00分

新次郎さん、最高です」(大桃) [全文を読む]

『あさが来た』友近 芸人として培った観察眼が演技に直結

NEWSポストセブン / 2016年01月17日07時00分

お笑い芸人として変幻自在のキャラクターを見せる彼女は、朝ドラでも脇役として独特な存在感を発揮している。友近の演技力についてテレビ解説者の木村隆志さんが分析する。 * * * このところ朝ドラでは、女性芸人の出演が定番化していましたが、友近さんは別格。うめが務める今井家の升毅さんと寺島しのぶさん、加野屋の近藤正臣さんと風吹ジュンさんなどの実力派俳優がそろう中 [全文を読む]

あさが来た 有名ではない題材のため期待感持て人気との分析

NEWSポストセブン / 2015年12月04日07時00分

宮藤官九郎脚本のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年)は業界から注目を集めて世間に広まった朝ドラだったといわれる。それに対して、現在放送中の『あさが来た』は、一般視聴者から火がついた朝ドラだといえるだろう。あさのお世話係・うめ役の友近(42才)が言う。 「『あさが来た』は脚本を読んだ時、めちゃくちゃ面白くて、絶対人気出るだろうと思ったんです。でも [全文を読む]

2位にブルゾン! 女性が好きな「女芸人」第1位は?

日刊大衆 / 2017年08月01日11時05分

女優としても活躍しており、NHKの朝ドラ『あさが来た』ではヒロインを支える女中役を好演した。彼女を選んだ理由として「演技が上手でトークも面白い」(68歳女性)、「歌も演技もうまい」(33歳女性)と、多才な部分を評価する人が多かった。 そして、見事第1位(17%)に輝いたのは渡辺直美(29)。アメリカの歌手、ビヨンセ(35)のモノマネでブレイク。今ではお笑い [全文を読む]

高橋大輔が3つの宝物を紹介&エピソードを告白

Smartザテレビジョン / 2016年09月23日12時55分

また、2人目のゲスト・友近は朝ドラ「あさが来た」('15年、NHK総合)の台本などを持ってくると、朝ドラ出演の喜びや半年に及ぶ長い撮影などについて語る。 [全文を読む]

『あさが来た』 登場人物が魅力的だった理由を脚本家語る

NEWSポストセブン / 2016年04月02日07時00分

「日本の朝を明るくしたい」と始まったこの朝ドラはその言葉通り、日本の朝を元気にしてくれた。幼稚園に子供を送ったママ友は、新次郎派か五代様派かで盛り上がり、ツイッターでは放送終了直後から「あさ絵」が次々と投稿された。 特に、「登場人物すべてに愛情がある脚本」だという評価が高い。そこで、脚本家の大森美香さん(44才)に話を聞くことができた。・午前7時30分~( [全文を読む]

最高視聴率目前!「あさが来た」最終回は“びっくりぽん”なあの出演者が登場?

アサ芸プラス / 2016年03月21日17時59分

3月15日発売の「週刊女性」にて、大人気のままクライマックスを迎えるNHKの朝ドラ「あさが来た」の打ち上げの様子が報じられた。 主人公のあさを演じた波瑠のほか、玉木宏、瀬戸康史、友近、辰巳琢郎などが集結。ホテルの大宴会場、ダーツバー、カラオケ店と渡り歩き、主役として最後まで残った波瑠が引き上げたのは深夜1時半ごろ。打ち上げが始まって7時間が経過していたとい [全文を読む]

『あさが来た』長女・千代役で注目の小芝風花が初写真集でも鮮烈!「少しは色気があるといいんですけどね(笑)」

週プレNEWS / 2016年03月02日16時00分

今は『あさが来た』で、あさの娘・千代役も話題ですけど、初の朝ドラで撮影当初はかなり緊張したのでは? 小芝 めっちゃしましたね。しかも皆さん、もう何ヵ月も一緒にやってるから、途中から参加した私がちゃんと溶けこめるかなって不安もあったし。でもおばあちゃん役の風吹ジュンさんが現場で目が合った瞬間「千代ちゃ~ん、大きくなったね」って、満面の笑みで言ってくださって。 [全文を読む]

新次郎はアリナシ? ムーディ勝山はバリバリ働く妻に感謝する

NEWSポストセブン / 2016年01月30日07時00分

朝ドラの重要な役どころなんて、末恐ろしい同期になったものです、ほんまに。その事実は受け流せません(笑い)。 だから、ぼくもまたテレビで再ブレークして妻を楽させてあげたいです。 ※女性セブン2016年2月11日号 [全文を読む]

『あさが来た』近藤正臣 友近、升毅、山内からの質問に回答

NEWSポストセブン / 2015年12月13日07時00分

「過去出演した朝ドラと『あさが来た』の違いはありますか?」 「別段ないですね。『ごちそうさん』は大正から、関東大震災があり、昭和に入っていく時代が舞台設定でした。『カーネーション』も戦前から現代ですね。つまり、時代の変わり目変わり目をやっているわけですね。『あさが来た』も幕末から明治という時代の変わり目です。変化していく時代というのは、やっぱりやっていて [全文を読む]

小林よしのり氏「『あさが来た』は絶対に妾を描くべきだ」

NEWSポストセブン / 2015年11月19日07時00分

「不幸は全部、姉のはつにふりかかる一方、主人公のあさは家族にも恵まれビジネスもうまくいき、順風満帆というのが、ヒロインが試練を乗り越えるというこれまでの朝ドラのセオリーと違って、新鮮なのではないか」(放送作家) しかしいま、絶好調ヒロイン・あさの周辺に“不穏な予兆がある”として、噂の登場人物がいる。 女中のふゆだ。はつ・あさの姉妹は、両替商を営む豪商・今 [全文を読む]

NHK朝ドラ「あさが来た」ヒロイン・波瑠の”びっくりぽん”な舞台裏「4度目のオーディションで主役の座に」

アサ芸プラス / 2015年11月07日17時57分

NHKの朝ドラ「あさが来た」が、4週連続で視聴率20%超と絶好調だ。人気の中心はヒロインを演じる波瑠。記者は撮影終了間際に波瑠がソワソワするという情報をキャッチした。“いちずな下半身”が向かう先にあるのは男の影か──。下積み10年、本格女優へ羽ばたく波瑠の画面に映らない素顔に迫る! ようやく女優として一本立ちできるチャンスが巡ってきた。今年10月からスター [全文を読む]

フォーカス