茶々 真田信繁に関するニュース

あれ、長澤まさみ・きりが可愛い……? 茶々と秀吉の怖さが際立った『真田丸』第19話ざっくりレビュー!

おたぽる / 2016年05月17日20時00分

第19話は、どんどん茶々(竹内結子)に気に入られていく真田信繁(堺雅人)。2人きりで大坂城を案内することに。自由奔放で美人な茶々に次第に好意を持ち始める信繁。だが、九州平定を前に、豊臣秀吉(小日向文世)は茶々を側室とすることを決める。さらに信繁と茶々の仲を怪しむように……。一方、徳川家康(内野聖陽)は信幸(大泉洋)と、本多忠勝(藤岡弘、)の愛娘・稲姫(吉 [全文を読む]

豊臣秀頼は「不倫の子」?実父と疑われる4人を検証

しらべぇ / 2016年04月30日06時00分

歴史ドラマは史実とフィクションで織りなすものだが、今回の大河では竹内結子が演じる茶々(後の淀殿)が真田信繁(堺雅人)を気に入り、信繁が戸惑う姿が描かれている。史実では、天下人・豊臣秀吉の側室となった茶々は2人の子を産む(夭折した鶴松と豊臣秀頼)。しかし、10人以上の妻(宣教師ルイス・フロイスの記録によれば300人)を持ちながら実子を授かったのがほぼ茶々のみ [全文を読む]

『真田丸』が一瞬『リーガル・ハイ』に!? 『古畑任三郎』も登場の自由過ぎる大河ドラマ

messy / 2016年06月08日14時00分

その回では竹内結子が演じる秀吉の側室、茶々が懐妊するのですが、聚楽第でそれをからかうような壁への落書きが発見されます。そこで真田信繁は推理に乗り出す…という筋書きで、『突然の古畑任三郎(笑)』『古畑回、めっちゃ面白かった!』『古畑源次郎だな』と楽しむ声が多く上がりました。史実的に有名なエピソードをミステリー仕立てにしてしまう手腕を見て『さすが三谷!』と称賛 [全文を読む]

視聴率・高値安定の18.7%! 今週も秀吉と茶々が怖かったが三成と寧が評価爆上げ!!『真田丸』レビュー

おたぽる / 2016年05月25日18時00分

さらに、側室となった茶々(竹内結子)が子を身ごもる。ついに跡継ぎ誕生かと有頂天になる秀吉だったが、城下では懐妊を揶揄する落書きが発見される。真田信繁(堺雅人)は、石田三成(山本耕史)や大谷吉継(片岡愛之助)と犯人探しに乗り出すが、捜査は難航。怒りがおさまらない秀吉は、犯人が見つからなければ門番や町人たちまでをも処刑すると言い出すのだが、寧(北の政所/鈴木京 [全文を読む]

大泉洋は神経質、竹内結子は…!? “当て書きの天才”三谷幸喜は『真田丸』で役者の本性を暴露していた!

tocana / 2016年08月14日08時00分

また、竹内結子演じる豊臣秀吉(小日向文夫)の側室・茶々も絶妙な塩梅だ。小悪魔的な振る舞いで、信繁を翻弄したかと思えば、時に狂気が垣間見える瞬間も……。先月31日の放送回では、盛大な宴の最中、足腰の弱った秀吉に対し、息子の秀頼が、「久しぶりに花咲かじいさんが見たい」とお願い。秀頼を溺愛する秀吉はノリノリで木に登り始めたが、足元のおぼつかない秀吉は案の定落下 [全文を読む]

主役不在?ツイッターで見る『真田丸』人気キャラランキング

しらべぇ / 2016年07月10日06時00分

pic.twitter.com/goyQAnxTkN— 高枝景水@C90(日)東ピ07a (@namazudou) 2016年7月3日 ■4位 茶々(16,000ツイート)ようやく秀吉と茶々とのあいだに産まれた、跡継ぎ鶴松の死に関するシーンの演出のシリアスさが大きな話題に。コミカルなシーンと悲劇的なシーンの演出的な緩急も『真田丸』視聴者の気持ちをとらえ [全文を読む]

哀川翔、岡本健一演じる新キャラクター続々登場! 運命の人(?)・茶々との再会もあった『真田丸』第41話「入城」レビュー!!

おたぽる / 2016年10月19日18時00分

そして、大坂城に向かった幸村は、茶々(竹内結子)と運命の再会をする――といったストーリーが展開された。 新章突入とあって、新キャラクターが本格的に登場してきたのが目立った第41話。幸村の最初の子・すえ(恒松祐里)の夫として石合十蔵(加藤諒)、信之の2人の息子、信吉(広田亮平)、信政(大山真志)、そして木村重成(白石隼也)、後藤又兵衛(哀川翔)、毛利勝永(岡 [全文を読む]

竹内結子だけではない! これまで“茶々役”を演じた女優たちが4人が“悪女”揃い!

tocana / 2016年08月02日09時00分

茶々役の竹内結子だ。 今作で竹内は、天真爛漫な茶々のハイティーン時代を36歳にして見事に演じきっている。10代の無邪気な様を描き出すその表情は、子どもを持つシングルマザーとはとても思えない。しかし、先月の放送では、嫉妬で人を殺すこともある秀吉に対し、彼の子どもを身ごもった際、「父親は源次郎(真田信繁)です」と笑顔で冗談を飛ばしていた。無邪気さの奥底にある怖 [全文を読む]

『真田丸』三谷幸喜の新説“秀次事件”が秀逸! 歴史の謎に一石

ガジェット通信 / 2016年07月18日13時00分

側室・茶々との間に生まれた最初の子供を早くに亡くした秀吉は、甥の秀次に関白の座を譲るが、諦めかけていた男子(後の秀頼)が生まれたことで亀裂が生まれ、遂には秀次に謀反の疑いをかけ切腹させてしまう。豊臣政権崩壊への序章として良く知られたエピソードだが、『真田丸』で描かれた“秀次事件”は従来の定説と決定的に違う、三谷幸喜独自の歴史解釈による斬新かつ納得のいく展 [全文を読む]

NHK『真田丸』の配役に張り巡らされた、俳優たちのリアルな「裏」人間関係

Business Journal / 2016年07月14日07時00分

その愛之助の育ての母である高田美和は、89年のドラマ『風雲!真田幸村』(同)で、秀吉の側室である淀の方(茶々)を演じているのだ。『真田丸』では、竹内結子が演じている役だ。 吉継も茶々も、豊臣家を描く上では重要な役割だが、役柄だけでなくリアルな親子関係も『真田丸』には盛り込まれているようだ。 ●仮面ライダー1号にまつわる因縁も また、蛇足かもしれないが、もう [全文を読む]

竹内結子「安心してください、受信料払ってますよ」

Smartザテレビジョン / 2015年09月24日15時40分

天下人・秀吉を演じる小日向は、正室・北政所役に鈴木、側室・茶々役に竹内と美女がそろったこともあり、終始ご機嫌。「お二人がいつもそばにいる、これだけで本当に幸せな気持ちでいっぱいです」と興奮気味に語っていた。 秀吉の寵愛(ちょうあい)を受ける茶々役の竹内は、今回が大河初出演。 竹内は、「決まってから、『受信料ちゃんと払っているよな?』と確認したんです。安心し [全文を読む]

中川大志、永野芽郁、浦上晟周…『真田丸』キャストの中で光った「2017年ドラマ&映画界の顔」

日本タレント名鑑 / 2016年12月22日11時10分

『真田丸』では母親・茶々(竹内結子さん)から寵愛を受ける様子が印象的でしたが、そのナイーブなたたずまいは、母親世代の女性からも大きな支持を得そうです。ちなみに中川さんは、NHK大河ドラマには『江~姫たちの戦国~』『平清盛』にも出演しています。 「千姫」役の永野芽郁は2017年公開の映画が続々 高校生世代で注目度No.1女優その秀頼の正室で、徳川秀忠(星野源 [全文を読む]

竹内結子の小悪魔ぶりが話題に!! 大河ドラマ『真田丸』の淀殿ってどんな人? その最期とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月11日17時30分

竹内結子演じる淀殿(本名は茶々)は、天真爛漫な反面、堺雅人演じる真田信繁に気がある素振りを見せ、小日向文世演じる豊臣秀吉を骨抜きにしていることから、「小悪魔ぶり」を発揮させている。 一方で、闇を感じさせる発言や雰囲気を醸し出すなど、中々つかみどころのない、魅力的なキャラクターだ。 では実際、淀殿とはどんな人物だったのか。歴史的に考察してみると、『真田丸』が [全文を読む]

『真田丸』脚本の三谷幸喜、大スランプで得意の「法廷もの」「犯人探し」頼みに?

日刊サイゾー / 2016年07月05日21時00分

また第20回では、茶々が懐妊した直後に「本当に秀吉の子なのか?」と揶揄する落書きが書かれ、犯人探しを信繁がすることに。落書きが壁の高いところに書かれていたため、はじごを使ったと推測した信繁は、事件当日にケガをして早めに帰った尾藤道休を怪しいとにらみ……という話だった。 「堺雅人も『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)で法廷物のイメージが強いですが、三谷はそれ [全文を読む]

次回は古美間研介と『古畑』がまさかのコラボも、完結編は劇場で!?『真田丸』ざっくりレビュー

おたぽる / 2016年05月31日18時00分

恒例となりつつある寧(鈴木京香)と阿茶局(斉藤由貴)、茶々(竹内結子)との女3人の探りあいみたいな会話は相変わらず怖いし、お捨のためだったら何でもしてしまいそうな秀吉も怖い。 それだけに、『真田丸』では気が弱くて仕事はあまりできないけど、気のいい人物として描かれている豊臣秀次(新納慎也)が、どんな最後を迎えるのかと思うと、割とガチで気が滅入ってくる。今まで [全文を読む]

竹内結子「真田丸」での小悪魔演技に主演の堺雅人もタジタジ?

アサ芸プラス / 2016年05月29日17時57分

豊臣秀吉の側室でありながら、堺雅人(42)を迫り倒す名艶技を先行公開! 本作で竹内が演じるのは、戦国一の美女との説もある浅井茶々。言わずと知れた豊臣秀吉の側室であり、のちに天下人・豊臣秀頼の母・淀殿となる。「真田丸」の脚本は、時に史実を無視して盛り上げる癖のあるあの三谷幸喜氏。はたして、竹内演じる茶々をどんなふうに「盛り上げ」たのか──番組制作関係者が明か [全文を読む]

「真田丸」新たな出演者に“オフロスキー”ら!

Smartザテレビジョン / 2016年05月21日14時00分

茶々(竹内結子)の乳母である大蔵卿局(峯村リエ)の子で、大坂の陣では豊臣家を主導するが消極策に終始し、信繁としばしば対立するという役どころ。エステ・消臭プラグのCMで“殿様”を演じていた俳優といえば、得心のいく方も多いかもしれないが、大河ドラマ「新選組!」('04年NHK総合)をはじめ、三谷作品の常連だ。 大老・宇喜多秀家の重臣であるキリシタン武将・明石全 [全文を読む]

真田丸 秀吉演じる小日向文世らの「名古屋弁」の面白さ解説

NEWSポストセブン / 2016年05月18日16時00分

今後、秀吉がどんな言葉で茶々(竹内結子)にメロメロになるのか。寧が夫を諌めるのか。聞き耳をたて続けることにしよう。 [全文を読む]

堺雅人「年をとったら芸名を小日向文世に変える」だって!

WEB女性自身 / 2016年04月23日06時00分

「秀吉は信繁に対して基本的には信頼を置いているんだけど、一度、茶々(竹内結子)と信繁の関係を疑うんです。下手をすると斬り殺してしまうんじゃないか、というくらいの怒りを見せる。長くて緊張感のあるシーンですが、必見です」 (週刊FLASH2016年5月3日号) [全文を読む]

フォーカス