布施明 沢田研二に関するニュース

レコ大事件簿 五木ひろしと八代亜紀の「五八戦争」

NEWSポストセブン / 2016年12月24日07時00分

1975年、「今年こそどうしても大賞がほしい」と意気込んでステージに上がった布施明は、緊張のあまりにギターのコードが外れるハプニング。それでも『シクラメンのかほり』で見事に受賞した。 1977年、沢田研二が『勝手にしやがれ』で大賞を受賞した時の視聴率は50.8%。レコ大の歴代最高記録だ。 [全文を読む]

布施明デビュー50周年記念! 日本を代表するヴォーカリストの極上の歌声を堪能できるCD全集が完成。

PR TIMES / 2015年05月03日11時23分

株式会社ユーキャンは、2015年5月3日、布施明のデビュー50周年を記念したCD全集『布施明の世界』の販売を開始しました。 [画像: http://prtimes.jp/i/7628/107/resize/d7628-107-273571-0.jpg ] 通信教育・通信販売を手掛ける株式会社ユーキャン(東京都新宿区 代表取締役社長:品川 泰一、以下:ユーキ [全文を読む]

日本レコード大賞 炎の四番勝負!<第2回>「1978年~沢田研二VSピンクレディー~」(2)

アサ芸プラス / 2013年12月11日09時58分

布施明、森進一、五木ひろしとの『四天王』と呼ばれていたが、沢田のライバルはその時代で1番売れている人。あの年は百恵ちゃんやピンク・レディーだと口にしていました」 そんな両者が正面からぶつかったのは、78年の大みそかである‥‥。 [全文を読む]

日本レコード大賞 炎の四番勝負!<第2回>「1978年~沢田研二VSピンクレディー~」(1)

アサ芸プラス / 2013年12月10日09時58分

社長は『歌謡大賞を獲らせるから』って確約してくれたんですよ」 だが、実際には1票差で布施明の「シクラメンのかほり」に凱歌が上がる。布施も沢田と同じ渡辺プロに所属しており、いかに強大な“帝国”であったか、また内部調整が困難であったかを物語る一件となった。 翌76年の沢田は、新幹線で「いもジュリー」と吐き捨てた見知らぬ男に殴りかかり、一時的に謹慎を強いられる。 [全文を読む]

【シゴトを知ろう】音楽の権利関係に関する職業 編

マイナビ進学U17 / 2017年01月25日12時01分

弊社はザ・ピーナッツや布施明、アン・ルイス、沢田研二など渡辺プロダクションに所属していたアーティストの曲を中心に管理しており、私も入社するまでは聞いたことがない曲もたくさんあったのですが、今では懐メロや昭和の歌謡曲もかなり聴きこんでいます(笑)。ちなみに制作・開発部門は、楽曲の制作はもちろん、制作した楽曲をさまざまな場面で使ってもらえるようにプロモーション [全文を読む]

TUBEは『夜のヒットスタジオ』にU2代役で初出演しブレーク

NEWSポストセブン / 2016年06月04日16時00分

『夜のヒットスタジオ』 放送局:フジテレビ系 放送期間:1968年11月~1990年10月 放送回数:1131回 主な司会者:前田武彦、芳村真理、三波伸介、朝丘雪路、井上順、古舘伊知郎、柴俊夫、加賀まりこ 最高視聴率:42.2%(1969年3月17日) <出場回数ランキング> 【1】五木ひろし:222回 【2】森進一:204回 【3】西城秀樹:190回 [全文を読む]

紅白歌合戦“ドラマチック歌姫”の60年史!【<73年第24回>「ひなげしの花」アグネス・チャン】

アサ芸プラス / 2015年12月05日17時57分

天地真理さん、小柳ルミ子さん、森進一さん、ザ・ピーナッツさん、布施明さん、沢田研二さん‥‥大スターの方々と初めて顔合わせしました。── まさしく全盛期のナベプロ帝国ですね。アグネス そこで皆さんに紹介されて、社長に「お前も頑張れば皆のように紅白に出られるから」って言われて。なぜかその場は大爆笑になっていました。── それを聞いて「紅白が目標!」という感じに [全文を読む]

<テレビの礎はどこに行った?>かつて巨大芸能プロダクション「ナベプロ」と戦争をして勝ったテレビマンがいた

メディアゴン / 2015年06月10日07時10分

ハナ肇とクレージーキャッツ、ザ・ピーナッツ、ザ・ドリフターズ、ザ・タイガース、沢田研二、布施明、森進一、小柳ルミ子、天地真理、きら星の如きスターが居並ぶ。これに、井原さんは反旗を翻したのだ。 「(ナベプロを使わないというのは)今で言えば(2009年当時)バーニングもジャニーズも無しって話」 「でも僕は完全に負けそうだったら絶対やらない。勝つか負けるか分から [全文を読む]

【オークラアカデミアパークホテル】 開業記念特別イベント「ツートン青木ものまねショー&ディナー」開催

PR TIMES / 2015年01月07日13時28分

[特別宿泊プラン] お一人様 シングル/¥9,500 ツイン/¥7,500 ※料金に、一泊室料・朝食・消費税・サービス料が含まれます 【ご予約・お問合せ】営業部 TEL.0438-20-5489(10:00-17:00) ■ツートン青木 プロフィール 1.レパートリー 布施明、米良美一(もののけ姫)、郷ひろみ、沢田研二、桑田佳祐、田村正和、 美空ひばり、 [全文を読む]

ものまねタレント岩本恭生が語る亡き妻との“涙の別れ悲話”

WEB女性自身 / 2014年03月02日07時00分

布施明、沢田研二、和田アキ子らのものまねで人気のタレント・岩本恭生さん(61)。その妻で、6年間、札幌市内の自宅で闘病生活を続けていた恵美さんが、誤嚥性の肺炎で亡くなったのは2月9日。52歳の若さだった。仕事で東京にいた岩本さんへ、長女からの訃報だった。「彼女が使っていた化粧ポーチなんかも、そのまま家に置いてあります。何もかもが、いつもどおりの生活だったの [全文を読む]

フォーカス