追悼 菅原文太に関するニュース

<追悼・菅原文太>今でもそらんじることができる「仁義なき戦い」広能昌三のセリフ

メディアゴン / 2014年12月03日00時02分

リチャード・ディック・ホークスビーク[古書店経営]* * *小さな頃から映画館に通って覚えた「仁義なき戦い」のセリフ。映画館を出る時は、観客みんながまるで菅原文太のように肩で風を切って歩いていた。母親はこの映画を見るのを嫌がったが、変わり者の叔父は、筆者をこの映画に必ず誘って映画代金をおごってくれた。変わり者の叔父は真似するのも山守親分・金子信雄だった。そ [全文を読む]

高倉健・菅原文太が共演した【封印された】任侠映画の決定版とは?

tocana / 2014年12月28日08時00分

そんな折、メディア各局で2人の出演作品が次々と追悼特集されているのだが、共演作品となるとなかなか放送してくれない。中でも私が最も観たいのは、東映が製作した『山口組三代目』だ。この作品はかつてビデオで発売されていたのだが、ビデオ時代が終焉した後は一向にDVD化の兆しがない。 ■東映悲願!? 伝説級映画の日本版を!! マフィア映画の金字塔『ゴッドファーザー』の [全文を読む]



緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(17)あえて“言わない”を貫く

アサ芸プラス / 2015年01月19日09時56分

四十余年前、クルマの中から通りすがりに見ただけだけど、あのとき健さんが発していたオーラは、たぶん、その覚悟と決意が発散していたのではなかったかと今は思うんだ」 [全文を読む]

追悼・菅原文太 “未公開肉声”ドキュメントから紐解く「反骨の役者人生」(10)“トラック野郎”初日のある出来事

アサ芸プラス / 2015年01月19日09時55分

それでまあ、きっと会社のほうもおもしろそうだと思ったんじゃないか、うん」 ◆作家・山平重樹 [全文を読む]

追悼・菅原文太 “未公開肉声”ドキュメントから紐解く「反骨の役者人生」(9)東映初主演のチャンスを掴むまで

アサ芸プラス / 2015年01月14日09時57分

菅原文太が初めて東映で主演した作品は、昭和44年2月封切りの降旗康男監督の「現代や○ざ 与太者の掟」。共演は待田京介、藤純子、若山富三郎だった。 竹垣氏がこう言う。 「私があとから聞いた話では、本当は待田京介主演の予定で、『恐喝の街』というタイトルまで決まっていたのが、若山は『オレはギャラはいらんから文太を男にしたってくれ』と俊藤プロデューサーに掛けあい、 [全文を読む]

追悼・菅原文太 “未公開肉声”ドキュメントから紐解く「反骨の役者人生」(8)東映時代のギャラ事情

アサ芸プラス / 2015年01月14日09時56分

菅原文太に対する私の印象は、数多くいた役者の中でも、やはりファッションモデルだけあって、そのスタイリッシュぶりはひときわ目につきましたね」 [全文を読む]

追悼・菅原文太 “未公開肉声”ドキュメントから紐解く「反骨の役者人生」(7)東映への移籍秘話

アサ芸プラス / 2015年01月14日09時55分

「仁義なき戦い」で大ブレイクする以前の役者修業時代から、菅原文太は反骨精神を発揮。松竹から東映に移籍する際には一計を案じてギャラの倍増にも成功した。一方、東映でかわいがられた若山富三郎との間には、映画さながらのドラマも繰り広げられていて──。 菅原文太が新東宝、松竹を経て、東映に移籍したのは昭和42年(1967年)秋のことだった。松竹のとき、「血と掟」「男 [全文を読む]



緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(10)23歳の松方が高倉と初共演

アサ芸プラス / 2015年01月02日09時55分

高倉健の没後、テレビでは追悼放映が相次ぐ。映画賞を独占した「幸福の黄色いハンカチ」や遺作の「あなたへ」がラインナップされたが、残念なことに現在の地上波で任侠映画を観ることは不可能に近い。あの日、劇場に「健さん!」の声がこだましたのは、まぎれもなく任侠の傑作群ではなかったか──。 高倉健(享年83)、菅原文太(享年81)と続いた訃報に、同じ時代を生きた松方弘 [全文を読む]

マツコ・デラックス×井筒和幸 年末恒例「まとめてシバいたる!」(1)健さん・文太さんが亡くなったのに…

アサ芸プラス / 2014年12月29日09時55分

井筒 そもそも、健さんが亡くなった時、やれ追悼だ、「黄色いハンカチ」だ「あなたへ」だとやってたけど、お前ら肝心なものを封印したままで何を言うてんねんと、俺はほんまに腹が立ってたわけよ。 マツコ あらいやだ、監督は激怒しちゃってたのね! 井筒 健さんいうたら、誰が何と言おうと任侠モノやろ。「昭和残侠伝」「緋牡丹博徒」はむろん、田岡一雄三代目が神戸のクスボリ [全文を読む]



追悼・菅原文太 人生相談で答えていた「珠玉の名言」(2)男性読者に一貫してエールを送った

アサ芸プラス / 2014年12月19日09時56分

連載を通じて、文太兄ィは当時57歳の人生の先輩として、男性読者に対して一貫してエールを送り続けた。中でも出世に乗り遅れたサラリーマンや、社会のスピードになじめずにいる読者には、惜しみない温かい言葉をかけたものだった。 〈日本人の悪い癖だな。何でもかんでも急いでいる。外国なんかは違うんじゃないのか。チャールズ・ブロンソンとか亡くなったスティーブ・マックイーン [全文を読む]




菅原文太さん追悼 大晦日にトラック野郎が群馬に大集結する

NEWSポストセブン / 2014年12月17日16時00分

全国から約300台が集結する、このデコトラ界の一大イベントが、今年は菅原文太さんの追悼を兼ねて行なわれる。 イベントを主催するのは、映画『トラック野郎』シリーズの撮影協力団体「全国哥麿(うたまろ)会」で、今年は菅原さんが映画で運転した「一番星号」も参加予定。現在、滋賀県草津市で電飾の整備などが進められている。 「一番星号」の整備を任されている整備士の生駒 [全文を読む]

フォーカス