ピエール瀧 凶悪に関するニュース

死刑囚の告発が警察を動かした? 「茨城上申書殺人事件」の真相

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月03日07時20分

ちなみにこの『凶悪』、山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキーというもの凄い面子で映画化、2013年9月21日に公開予定。予告編を観る限り、さらに恐ろしい仕上がりが期待できそう。映像を観る前に、ぜひ原作で予習を! 文=サイトウタクミ (ダ・ヴィンチ電子ナビより) [全文を読む]

話題の映画2作登場のリリー・フランキー その落差に衝撃

NEWSポストセブン / 2013年10月22日16時01分

リリーさんが、ガチで凶悪な役だったので、『あの優しいお父さんが殺人してるよ……』とトラウマになりそうでした(笑)」 実は、リリー・フランキーだけではなくピエール瀧も両作品に出演している。サブカル男子のBさん(24歳・ショップ店員)は、大好きなピエール瀧を観に映画館へ足を運んだのだという。 「もともとピエールさんのファンで、『凶悪』を観ました。自分はサブカル [全文を読む]

僅か3週間の撮影 11段階の喜怒哀楽で撮影に臨んだ山田孝之と「凶悪」を体現した2人の毒キャラ

AOLニュース / 2013年09月19日11時31分

【連載】僅か3週間の撮影11段階の喜怒哀楽で撮影に臨んだ山田孝之と"凶悪"を体現した2人の毒キャラ(第二回)『凶悪』イメージキャストは、記者の藤井に山田孝之、死刑囚の須藤にピエール瀧、先生と呼ばれる木村にリリー・フランキーが第一候補だった。脚本を読んだ3人のキャストは、出演を快諾。一年二ヶ月に渡る脚本作り、白石の葛藤は演技者たちの心を動かしたのだ。『凶悪』 [全文を読む]

第59回ブルーリボン賞主演男優賞、作品賞ノミネート! 映画『日本で一番悪い奴ら』GYAO!ストアにて4週間WEB独占先行配信決定!!

PR TIMES / 2017年01月06日14時39分

[画像1: https://prtimes.jp/i/8260/149/resize/d8260-149-254205-1.jpg ] ▲映画『日本で一番悪い奴ら』 [画像2: https://prtimes.jp/i/8260/149/resize/d8260-149-638274-2.jpg ] ▲映画『凶悪』 <配信概要> ■映画:『日本で一番悪い [全文を読む]

「ピエール瀧って何やってる人?」と親に聞かれたときの模範解答がネットで話題に

AOLニュース / 2014年12月03日17時00分

近年多方面で活躍中の電気グルーヴのピエール瀧。最近では『あまちゃん』『軍師官兵衛』などの人気ドラマや、映画『凶悪』や来年公開される『進撃の巨人』など話題作に次々キャスティングされ、『アナと雪の女王』ではオラフ役の声優としても存在感を示すなど、役者として知られることも少なくない。 そんなピエールさんについてネット上で「親にピエール瀧の職業を聞かれたときの模範 [全文を読む]

3Dを超える4D映画で恐怖体験!!「シアター・オブ・テラー 岬の果ての映画祭」

デイリーニュースオンライン / 2015年08月08日15時00分

リリー・フランキーとピエール瀧が犯罪者役、山田孝之が事件を追うジャーナリストの役で、話題になりました。 原作は、ノンフィクションのベストセラー小説『凶悪 –ある死刑囚の告発−』。一応、ホラーではなく社会派のサスペンスものですが……。 始まってすぐ、いきなりどぎつい犯罪シーンの連続に息をのみます。これが実話だと思うと余計に怖い……。 社会悪を暴くジャーナリス [全文を読む]

『凶悪』で注目の役者・ピエール瀧「不確定感が魅力」との評

NEWSポストセブン / 2013年10月26日07時00分

役者・ピエール瀧(46才)に注目が集まっている。NHK連続テレビ小説『あまちゃん』、映画『凶悪』、『そして父になる』と話題作に立て続けに出演。ユーモアを感じさせる寿司店の大将から、元ヤクザの死刑囚までを演じ切り、抜群の存在感を見せている。 「あの独特のキャラクターは、ほかにいません。脇をしっかりと固める役者として今、映画関係者の間で必ず名前が挙がるひとりで [全文を読む]

じぇじぇじぇ! あまちゃんもビックリ!? 『凶悪』ピエール瀧の凶悪っぷりに騒然

AOLニュース / 2013年09月10日18時08分

山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキーという最高のキャストが揃ったことも話題の映画『凶悪』(9月21日公開)。その中でも、映画を観た三池崇監督に「絶対こんなヤツだなと思うほどリアル!」と言わしめた怪演をみせているのが、テクノユニット「電気グルーヴ」のピエール瀧だ。 (C)2013「凶悪」製作委員会 ピエールといえば最近では、あの国民的朝ドラ「あまちゃん」 [全文を読む]

R-15指定『凶悪』に14歳の観客? リリー・フランキーも仰天

WEB女性自身 / 2013年09月04日00時00分

映画『凶悪』(9月21日公開)の完成披露試写会が都内で行われ、主演の山田孝之(29)、共演のピエール瀧(46)、リリー・フランキー(49)、池脇千鶴(31)、白石和彌監督が登壇した。 原作は未解決事件の真相を暴いたノンフィクション『凶悪―ある死刑囚の告発―』(新潮45編集部編)。雑誌記者の藤井(山田)はとある死刑囚(ピエール)から闇に葬られた殺人事件の存在 [全文を読む]

鬼才監督達も絶賛の嵐! 映画『凶悪』 背筋が凍る恐怖の予告編が解禁

AOLニュース / 2013年07月29日12時00分

あるジャーナリストが未解決の殺人事件を暴き、日本を驚愕させたベストセラーノンフィクションを、山田孝之×ピエール瀧×リリー・フランキーの個性溢れる最高のキャストで映画化した『凶悪』(9月21日公開)。本作の予告編がついに解禁、あまりに強烈すぎる!背筋が凍る!と映画業界が騒然となっている。 すべてはある死刑囚の告白から始まった-。「自分には、誰にも話していない [全文を読む]

星野源、ピエール瀧ら 音楽界で活躍しながら俳優業進むワケ

NEWSポストセブン / 2016年06月18日16時00分

その『とと姉ちゃん』に出ているピエール瀧。「電気グルーヴ」のフロントマンでもある彼はこの6月末から年末にかけて、『日本で一番悪い奴ら』『シン・ゴジラ』『怒り』『海賊とよばれた男』と、4本の映画に立て続けに顔を出す。 人気バンド「在日ファンク」のボーカルで、同じく『とと姉ちゃん』で板前役を好演している、俳優・浜野謙太。7月から始まる月9ドラマ『好きな人がい [全文を読む]

綾野剛、舞台あいさつで監督にまさかのダメ出し

Woman Insight / 2016年04月25日23時01分

4月25日、東京・丸の内TOEIにて、6月25日公開の映画『日本で一番悪い奴ら』の完成披露試写会が行われ、キャストの綾野剛さん、中村獅童さん、YOUNG DAISさん、お笑いコンビ“デニス”の植野行雄さん、ピエール瀧さん、メガフォンをとった白石和彌監督が登壇しました。 日本映画賞を総なめにした『凶悪』の白石和彌監督の待望の最新作『日本で一番悪い奴ら』。 綾 [全文を読む]

綾野剛が極悪警官を演じる“日悪”追加キャスト発表!

Smartザテレビジョン / 2016年01月29日08時20分

綾野剛が“黒い警部”という異名を取る北海道警察の悪徳警察官・諸星に扮(ふん)する、6月25日(土)公開の映画「日本で一番悪い奴ら」に、追加キャストとして中村獅童、YOUNG DAIS、デニス・植野行雄、ピエール瀧らの出演が決定した。 同作は、日本警察史上の最大の不祥事といわれる“稲葉事件”をモチーフに描かれる、前代未聞の警察エンターテインメント。「凶悪」( [全文を読む]

「あまちゃん」チーム新作ドラマが視聴率大爆死!原因はあの主演俳優?

アサ芸プラス / 2015年05月15日17時58分

その原因の一つとして、主演を務めるピエール瀧の起用にあるのではないかと映画ライターは語る。「ピエール瀧は映画『凶悪』での怪演が評価され、近年は『寄生獣』や『進撃の巨人』など立て続けに大作映画へ起用されるほど売れっ子になりました。その圧倒的な存在感と昭和の顔ということで、今回抜擢されたようですが、やはり世間ではまだまだ俳優よりも、テクノバンド『電気グルーヴ』 [全文を読む]

三池監督作『極道大戦争』の豪華オールキャストが解禁

Movie Walker / 2015年02月03日05時00分

すでに発表されていた市原隼人、ヤヤン・ルヒアンに加え、メインキャストとして成海璃子、リリー・フランキー、高島礼子、青柳翔、渋川清彦、優希美青、ピエール瀧、でんでんといった個性的な俳優陣が発表された。さらに、予測不能な特報も同時に解禁となった。 神浦玄洋(リリー・フランキー)を組長とする神浦組は、うら寂れた毘沙門仲通商店街を牛耳っていた。神浦の舎弟である影山 [全文を読む]

大ヒット『凶悪』の原作者、宮本太一「確かに取材を楽しいと感じている自分がいた」

AOLニュース / 2013年10月04日10時28分

凶悪演技が話題のリリー・フランキー、ピエール瀧についても、「実物以上に邪悪さが出ていましたね(笑)」と評した。 また、自身がモデルになっている藤井を観た感想は、「彼のようにあそこまで狂気に取り憑かれていることはなかったですよ。映画的な誇張でしょう(笑)」と他人事のように言いながらも、「ただ、自分も正常じゃない側面はあったかもしれないですね」と衝撃の告白も! [全文を読む]

現実は映画よりも「凶悪」 新潮45編集部が徹底的に暴いた現代の闇、映画化決定までの軌跡

AOLニュース / 2013年09月12日10時00分

山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキーを迎えて、映画『凶悪』に挑んだのは、若松孝二監督の助監督出身の白石和彌監督だ。映画『凶悪』の脚本開発からキャスティング、そして自身のこれからについて。熱く語ったインタビューを3回連続でお届けする。白石和彌監督殺人はなぜ繰り返されるのか。主人公に託したこと。きっかけは、長編第1作『ロストパラダイス・イン・トーキョー』を [全文を読む]

地獄級のバイオレンス!?アウトレイジなヤクザの“悪人面”をまとめてみた

Movie Walker / 2017年05月01日12時00分

初登場のキャストとして注目したいのが、意外にも本作が北野映画初出演となるピエール瀧だ。『凶悪』(13)で演じた元暴力団組長の死刑囚役で、これまでのイメージを覆す極悪フェイスを披露した瀧。本作でも、両肩の入れ墨が迫力満点で、その表情も強烈なインパクトを放っている。 また、北野映画の常連である大杉漣もシリーズに初参戦。最近では「ゴチになります!」への出演や、自 [全文を読む]

リリー・フランキーさん「1秒でも楽しい瞬間があるから仕事を続けていける」

まぐまぐニュース! / 2016年08月19日11時38分

ピエール瀧と人を殺してる時とかは、本当に一瞬だけだけど、楽しくなってるんですよね。 映画「凶悪」の際、ですね。 リリー それは、楽しくならなきゃいけない感じなのかもしれないけど。でも、長く原稿とか書いてると「あ、いいものが書けた」って思えるのはほんの一瞬で、もうその後はずっと苦しい…。だから無責任な仕事に行きゃ行くほど楽しいですよ。無責任なトークショーとか [全文を読む]

綾野剛、極悪警官演じるも「少女漫画の実写化も大好き」とキュートな一面告白

Movie Walker / 2016年06月25日12時58分

綾野剛主演最新作『日本で一番悪い奴ら』の初日舞台挨拶が6月25日に丸の内TOEIで開催され、綾野剛、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス)、木下隆行(TKO)、ピエール瀧、白石和彌監督が登壇。綾野が「僕は少女漫画をベースにした映画も大好き。こう見えてよく観に行きます。たまにはキュンキュンしたい」と告白して、会場を笑わせた。 “日本警察史上最大の不祥事”と [全文を読む]

フォーカス