稲森いずみ さんに関するニュース

涼し気なプールや海、眩しい日差し、友情、恋愛!夏だからこそ観たい懐かしのドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年08月29日14時58分

さらには稲森いずみさんや原沙知絵さんが脇を固める名作「ビーチボーイズ」。ちなみに個人的な推しメンは、マイク眞木さん演じる民宿「ダイヤモンドヘッド」のオーナー「和泉勝」。とにかく最初から最後まで格好良すぎるスケベ親父です。 内容は、全くタイプの異なる2人の男の夏の友情物語。超絶イケメン、熱い友情、少しだけ恋愛、そして海、海、海。ちなみに主人公2人の名前にも、 [全文を読む]

“月9”の影響力に変化有り!?街からОLを消した伝説のドラマ枠の過去と未来【パート2】

日本タレント名鑑 / 2015年07月30日11時56分

山口さんと木村さん、そしてロンバケに出演されていた稲森いずみさん、広末涼子さん、松たか子さん、竹野内豊さん。皆、どんどんメインへと起用されていきます。 ネット時代の到来と刑事ドラマブーム。月9冒険期へ iMacの大ブームなどで、ネット人口が飛躍的に増えた1998年~2000年。田村正和さん主演で松たか子さんとの義理の親子の愛を描いた『じんべえ』、鑑別所に収 [全文を読む]

菅野美穂第一子出産も、映画界では人材難が悪化中!「夜間・地方ロケNG女優ばかりで……」

日刊サイゾー / 2015年08月22日13時00分

なので、独身の稲森いずみさんや、年齢は下がりますが、深田恭子さん、小西真奈美さん、田中麗奈さん、水川あさみさんあたりで代役を探すそうです。唯一、そういったことを気にしなくていいのは、真木よう子さんくらいですかね。真木さんのところは、旦那さんが“主夫”をしてくれていますからね」(芸能事務所関係者) 母でありながら第一線で女優を続けるというのは、なかなか難しい [全文を読む]

武井咲主演ドラマP 「彼女の本性見える作品にしたかった」

NEWSポストセブン / 2015年08月02日16時00分

一方で、武井さんや稲森いずみさんは、1人で台本を読み込んでいたりしますね。これが今の時代なのかもしれませんが、女性のほうが自分の足で立っているのかもしれませんね(笑い)。 [全文を読む]

渡辺麻友(AKB48)と稲森いずみがW主演で書店員に

Smartザテレビジョン / 2015年02月21日05時00分

4月にスタートする火曜夜10時枠のドラマで、渡辺麻友(AKB48)と稲森いずみがW主演を務める「戦う!書店ガール」(フジ系)が放送されることが分かった。 同ドラマでは、碧野圭の小説「書店ガール」シリーズ(PHP文芸文庫)を原作に、「ファースト・クラス(第1期)」('14年フジ系)などを手掛けた脚本家・渡辺千穂が働く女性の本音を描く。 書店を舞台に、自由奔放 [全文を読む]

<2015年春ドラマPart2>フジ『戦う!書店ガール』はなぜ「うざい」のか?

メディアゴン / 2015年05月01日13時16分

稲森いずみさんとAKBの渡辺麻友さん。ダブル主演にしたことで、広い視聴者層を狙ったのだろうが、このままでは、どっちつかずに終わりそうな予感がする。二兎追う者は一兎をも得ずの典型となりそうだ。同じダブル主演ドラマであっても、昨年10月クールの石原さとみちゃん松下奈緒さんの『ディア・シスター』は、(さとみちゃんが完全に奈緒さんを喰ったと言われていたが)筆者には [全文を読む]

陣内智則に攻めてほしい大物女優ランキング

messy / 2014年10月13日12時00分

___ そのほか、天海祐希さんや稲森いずみさん、松下由樹さん、沢口靖子さん、石田ゆり子さんなどなど、未婚の熟年女優は少なからずいらっしゃいます。紀香と一度ああなった陣内は、お嬢様育ちといわれる女子アナや芸能界のドス黒さをまだ知らない女子大生をかっ食らっている場合ではなく、彼女たちに果敢に挑んでいくべきなのではないでしょうか。(犬咲マコト) [全文を読む]

「戦う!書店ガール」出演中の注目俳優・足立理を直撃

Smartザテレビジョン / 2015年05月26日19時19分

毎週火曜に放送中の渡辺麻友(AKB48)・稲森いずみのW主演ドラマ「戦う!書店ガール」(フジテレビ系)で、理子(稲森)行きつけの沖縄料理店「わらゆん」のアルバイト店員・飯野隆史役で出演している足立理に直撃。――沖縄料理のお店で働く威勢のいいキャラクターですね。“書店ガール”って文系ですよね、そういう人たちが仕事終わりに飲みに来たとき、別の明るい時間があった [全文を読む]

坂口憲二 『医龍4』打ち上げで突然の“映画化”宣言!

WEB女性自身 / 2014年03月27日07時00分

また、実は3月19日が稲森いずみさんの42歳の誕生日だったそうで、サプライズで誕生日のお祝いが用意されていたんです。シャンパンやケーキや花束で祝福された稲森さんは感涙していました」(参加者) 最後のスピーチでは、シリーズ1作目から支えてくれた監督との掛け合いを提案。30分にわたり、思いの丈を語っていたという。「シリーズが始まってからすでに8年。ドラマは今作 [全文を読む]

「痛烈なせりふと闘います」武井咲が内館脚本に挑む!

Smartザテレビジョン / 2015年06月29日21時43分

7月9日(木)からテレビ朝日系でスタートするドラマ「エイジハラスメント」の制作発表記者会見がテレビ朝日で行われ、武井咲、稲森いずみ、瀬戸康史、要潤、内藤理沙、原幹恵・杉本哲太・吹越満、麻生祐未、小泉孝太郎が登壇した。 同ドラマは、内館牧子の同名小説をドラマ化した作品。内館自身が脚本を担当、連続ドラマとしては「汚れた舌」('05年TBS系)以来10年ぶりの登 [全文を読む]

Pが語る渡辺麻友&稲森いずみポスターのコンセプト

Smartザテレビジョン / 2015年03月25日06時00分

4月14日(火)スタートのドラマ「戦う!書店ガール」(フジテレビ系)で、W主演を務める渡辺麻友(AKB48)と稲森いずみのポスターカットが現在、関西テレビの番組オフィシャルサイトなどで公開されている。 同作は、碧野圭の小説「書店ガール」シリーズを原作に、相容れない20代と40代の書店員が仕事や恋に奮闘し、成長していく姿を描くウーマンライフドラマ。 渡辺と稲 [全文を読む]

新たな魅力炸裂! アラフォーになり“艶っぽい可愛さ”を発揮する女優・稲森いずみ

メンズサイゾー / 2014年07月27日11時00分

そんな同ドラマの中でもとりわけ精彩を放っているのが、井浦新演じる柳健太のかつての恋人で、25年の時を経て彼に再び恋心を抱く鎌倉あけひ役の稲森いずみ。10代の頃に重病を患い、現在は夫のモラルハラスメントに苦しめられているというヘビーなバックボーンを背負いながらも、健太の前では昔と変わらず天真爛漫に振る舞うという二面性のある役どころを演じている。 7月10日 [全文を読む]

あの『ハッピー・マニア』が帰って来る!!「FEEL YOUNG」8月号に続編読切

おたくま経済新聞 / 2017年06月07日17時00分

「FEEL YOUNG」で1995年から連載され、98年には稲森いずみさん主演でドラマ化。これが安野さんの出世作となり、その後イラスト&エッセイ『美人画報』やアニメ化された『シュガシュガルーン』、映画化された『さくらん』など多くの名作が世に送り出されています。 8月号の続編読切では、シゲタとその腐れ縁で伴侶候補であったタカハシの、その後の物語が描かれている [全文を読む]

稲森いずみの「インテリ美女検事」ぶりが美しすぎると絶賛の声 「相変わらずめちゃ美人」「良い年の取り方」

AOLニュース / 2016年01月25日12時00分

1月23日に放送された2時間ドラマ『土曜ワイド劇場「臨場する女 捜査検事 雨音香」』(テレビ朝日)に主演した女優・稲森いずみの検事ぶりが視聴者の間で話題となっている。 稲森にとって『土曜ワイド劇』初主演となる本作で、彼女が演じるのは女性検事・雨音香だ。通常の検事とは違い"捜査検事"である雨音香は、実際に現場に赴き事件の謎を解いていくという一風変わった検事。 [全文を読む]

ひと目ぼれはある! AKB48・木崎ゆりあの恋愛観

Smartザテレビジョン / 2015年05月19日06時30分

渡辺麻友(AKB48)と稲森いずみがW主演を務めるドラマ「戦う!書店ガール」(毎週火曜夜10:00-10:54フジ系)。5月19日(火)放送の第6話では、店長に昇進した理子(稲森)が、元店長でエリアマネージャーの野島(木下ほうか)の策謀により書店員たちの信頼を失ってしまう。一方、理子の雑誌インタビュー記事に疑問を抱いた亜紀(渡辺)は、掲載までの経緯を聞くた [全文を読む]

読書男子は恋愛体質!?落とすならこの10人の作家を押さえて【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年03月10日08時15分

かわいい20代女子(渡辺麻友さん)と麗しい40代女子(稲森いずみさん)の間で揺れるイケメンっておいしい…。ところで、書店サービスの「honto」が月1以上で本を読む男性200人&あまり本を読まない男性200人を対象にアンケートを行ったら、「読書男子は結婚相手に向く」ということがわかったとか。それってどういうことなのでしょうか?≪読書男子はレディファースト! [全文を読む]

柴門ふみ原作ドラマの蛯原友里役を演じるのは……

Entame Plex / 2014年06月26日18時07分

本作は、恋愛漫画の巨匠:柴門ふみ原作をドラマ化したもので、連続ドラマ初主演の井浦新をはじめ、稲森いずみ、板谷由夏、松岡昌宏のメインキャストのほか、松本利夫(EXILE)、市川実和子、三浦理恵子、高知東生、岡本麗、戸次重幸、市毛良枝、柄本明ら豪華俳優陣が名を連ねている。 蛯原が演じるのは、稲森いずみ演じる鎌倉あけひの夫でカリスマ美容師・鎌倉太郎(松本利夫) [全文を読む]

“爆死”確定? 伊藤英明主演の4月期フジ「火10」ドラマ『僕のヤバイ妻』に不安いっぱい

日刊サイゾー / 2016年03月16日13時00分

ただでさえ、フジの「火10」枠は、昨年4月期の『戦う!書店ガール』(渡辺麻友&稲森いずみ主演)が平均4.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と爆死して以降、同7月期の『HEAT』(AKIRA主演)が平均4.1%と、さらなる大爆死。松坂桃李の主演で期待された同10月期の『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』も平均9.2%と、2ケタ台に届かず。今期の『 [全文を読む]

古田新太、本格派時代劇でまさかの下ネタ連発!?

Smartザテレビジョン / 2016年01月13日22時47分

2016年劇団☆新感線春興業「いのうえ歌舞伎《黒》BLACK『乱鶯(みだれうぐいす)』」の製作発表会が1月13日に都内で行われ、演出を手掛けるいのうえひでのり、主演の古田新太、稲森いずみらが出席した。 本公演は劇団☆新感線初の“本格派時代劇”で、脚本はテレビドラマ「弱くても勝てます―」('14年日本テレビ系)、「信長のシェフ」('13年テレビ朝日系)などで [全文を読む]

瀬戸康史「現場でハラスメントを受けてます…」

Smartザテレビジョン / 2015年06月30日04時13分

7月9日(木)よりスタートする武井咲主演ドラマ「エイジハラスメント」(テレビ朝日系)の制作発表記者会見が6月29日に同局アトリウムで行われ、主演の武井の他、稲森いずみ、瀬戸康史、要潤、内藤理沙、原幹恵・杉本哲太・吹越満、麻生祐未、小泉孝太郎が登壇した。 同ドラマで“総務の王子様”を演じる瀬戸は、会見冒頭のあいさつで「世の中にはたくさんのハラスメントであふれ [全文を読む]

フォーカス