女子アナ 鈴木奈穂子に関するニュース

TOKYO MXの期間限定アナウンサーの選考が熱い! “アノ”有名女子アナも最終選考に……

日刊サイゾー / 2015年10月28日21時00分

女子アナ志望のプロレスラー、ギャル系雑誌の専属モデル、某局の現役女子アナ、元バイトAKBの美人神主、“二丁目枠”を勝ち取った元営業部長(男性)ら、さまざまな経歴を持った15人の中から、竹山独自の選考が行われ、5人が残った。 最終審査となる第三次選考は、なぜか「ダンス」。ここでは、同局の看板番組『5時に夢中!』(月~金曜午後5時)の人気コーナー「ダンシング天 [全文を読む]

本当に好きな女子アナ 有働由美子、小野文恵ほかNHK勢健闘

NEWSポストセブン / 2013年01月15日07時00分

『週刊ポスト』が読者890人を対象に「本当に好きな女子アナ」アンケートを実施した結果、圧倒的な人気を見せたのは、「新女王」の呼び声高いフジテレビの加藤綾子アナ(27)だった。 2位以下は、NHKのアナウンサー陣の健闘が目立った。30位以内に8人、ベストテン圏内には4人がランクインした。硬派ニュースに関心の高いサラリーマンが多いポスト読者ならではの結果である [全文を読む]

女子アナ人気投票でNHK上位 知的さと抜群のプロポーション

NEWSポストセブン / 2013年01月15日16時00分

『週刊ポスト』が読者890人を対象に「本当に好きな女子アナ」アンケートを実施した結果、NHKのアナウンサー陣の健闘が目立った。 2位の有働由美子アナ(43)を筆頭に、3位に小野文恵アナ(44)、6位に鈴木奈穂子アナ(30)、8位に井上あさひアナ(31)、19位に小郷知子アナ(34)、23位に久保田祐佳アナ(30)、25位に杉浦友紀アナ(29)、28位に上條 [全文を読む]

NHKアナ異動 井上あさひ、和久田真由子、赤木野乃花の明暗

NEWSポストセブン / 2017年04月11日16時00分

報道番組のキャスターら総勢33人を大シャッフルした改革は女子アナたちの人間関係にどんな影響を与えたのだろうか──。看板番組『ニュースウォッチ9』には『ブラタモリ』のアシスタントでブレイクした桑子真帆アナ(29)が抜擢され、押し出される形で鈴木奈穂子アナ(35)は『ニュース7』の平日担当に移った。 『ニュース7』では、鈴木以上に注目を集める女子アナがいる。京 [全文を読む]

井上あさひ復帰に桑子真帆、鈴木奈穂子…NHKのニュースが女子アナ最強布陣に!

週プレNEWS / 2017年02月19日06時00分

今春の番組改編で、NHKニュース番組の夜の顔が様変わりする。 まず看板番組ともいえる『ニュースウオッチ9』。2015年3月から鈴木奈穂子アナが担当していたが、現在『ニュースチェック11』のキャスターを務める桑子真帆アナが起用されることに。 「『ニュースウオッチ9』の視聴率が頭打ちで、上層部から出演者の刷新を求められていた。そこで白羽の矢が立ったのが『ブラタ [全文を読む]

お酒を飲んだらこうなります…美女アナ16人の酔っぱらい度を徹底比較(1)NHK鈴木アナは酒量が凄い

アサ芸プラス / 2015年02月19日09時55分

女子アナ評論家の宮川正之氏はこう話す。 「水卜アナをヨイショしてほめる会で、5時間くらい飲んでいます。番組の打ち上げにもほぼ毎回参加して、飲んだあとは男性スタッフと一緒にシメのラーメンにつきあいます」 実際に水卜アナと飲んだことのあるバラエティ番組関係者は、飲みっぷりをこう振り返る。 「日本酒やワインが好きですが、あまり強くはなかった。下ネタ全開の猥談で [全文を読む]

NHK4月大異動 桑子真帆アナが笑い、鈴木奈穂子アナが泣く

NEWSポストセブン / 2017年04月10日16時00分

報道番組のキャスターら総勢33人を大シャッフルした改革は女子アナたちの人間関係にどんな影響を与えたのだろうか──。 今回の大異動で最大の“勝ち組”と囁かれているのが桑子真帆アナ(29)だ。『ブラタモリ』のアシスタントでブレイクした桑子は、看板番組『ニュースウォッチ9』に大抜擢された。NHK関係者が明かす。 「NHKでは珍しくタレント性のある桑子アナを“ポス [全文を読む]

NHK・桑子真帆アナ 3月末で見納め?男性陣を楽しませるサービスカットは9時台でも見られるか?

アサ芸プラス / 2017年03月26日09時57分

女子アナ・ウオッチャーの丸山大次郎氏が現在の桑子アナの仕事ぶりを語る。「昨年4月に『ニュースチェック』を担当してからは“横乳女王”として人気急上昇しています。ラジオ番組のブースを模したスタジオから生放送され、基本、アナウンサーが横向きの姿勢となるためYC(横チチ)が強調されるのです」 ネット上には、『YCがスゴイ!』『胸がロケットに膨らんだ』などのコメン [全文を読む]

NHK女子アナ「神セブン」 エースは井上か小郷か?

NEWSポストセブン / 2016年04月12日07時00分

「NHKの代名詞の硬派番組がすっかり民放チックになっちゃって」というお堅いお叱りはさておき、看板番組に抜擢されたこの7人の女子アナを、今後のNHKの“顔”と位置づけていることは間違いない。AKB48の上位メンバー7人は「神セブン」と呼ばれるが、さしずめ彼女たちは「NHKの神セブン」か。 『クローズアップ現代+』のキャスターを務めるのは、伊東敏恵アナ(43 [全文を読む]

男心をくすぐる“大人の女子アナ”を一斉調査!(2)NHKは魅力的な“大人女子アナ”が多い

アサ芸プラス / 2016年02月27日17時57分

和室で帯を取ってグルグルと着物をひんむく“お殿様プレイ”にも喜んでつきあってくれそうです」(女子アナウオッチャー・丸山大次郎氏) 和装の井上アナにド派手な洋装で張り合うのが、「ニュースウォッチ9」でおなじみ鈴木奈穂子アナ(34)。「2月初旬に着ていた金ピカのボディコン風衣装には驚きました。下半身がかなりタイトで、お尻や下腹部のムチムチ感がNHKらしからぬエ [全文を読む]

女子アナ18人の体を張った“大胆言動”を大量放出!(3)お固めNHKも逸材女子アナ続々

アサ芸プラス / 2015年05月06日17時57分

4月からNHK「ニュースウオッチ9」のキャスターに抜擢された鈴木奈穂子アナ(33)。明るいキャラクターと美貌でお茶の間の人気を集める。局内では酒豪で知られ、仕事終わりに飲みに誘われることが多いと、NHK局員は言う。「お酒が飲めれば店を選ばないので、安い居酒屋でも喜んでつきあってくれます。酔っ払うとだんだん股がゆるくなり、スカートがめくれてパンツが見えるので [全文を読む]

美しすぎるNHK女子アナ・和久田麻由子、知的で清楚なイメージも実はバラエティ向き!?

メンズサイゾー / 2015年04月02日10時00分

「美しすぎるNHKの女子アナ」として2011年の入局以来、注目を集めている和久田麻由子(26)が3月30日から『NHKニュース おはよう日本』のメーンキャスターを担当している。 これまで和久田は同番組の週末放送でキャスターを務めていたが、平日の担当となったことを受けてネット上には「毎日見られて嬉しい」「朝の楽しみが増えた」「早起きしちゃう」などといった声が [全文を読む]

週刊ボスト読者1000人調査 「好きな女子アナ」ベスト10発表

NEWSポストセブン / 2015年01月26日07時00分

週刊ポスト「本当に好きな女子アナランキング」も今年で3回目。同様のランキングは数あれど、本誌は回答者を週刊ポスト読者に絞っているため、大人の男が本当に「いいなァ」と思っている女子アナがわかる。 今回は本誌アンケートに答えた男性回答者880人に加え、40代以上の男性120人に「好きな女子アナ」を訊ねた1000人調査。昨年と比較すると、意外な顔、フレッシュな面 [全文を読む]

50代以上が選んだ「本当に好きな女子アナ」トップ11にNHK5人

NEWSポストセブン / 2014年02月26日07時00分

世に女子アナランキングは数あれど、本誌は50代以上の男性800人が選んだ「本当に好きな女子アナ」ランキングを発表。以下、ベスト11を紹介しよう。1位/加藤綾子(28・フジ)/135票2位/水ト麻美(26・日テレ)/82票3位/有働由美子(44・NHK)/75票4位/井上あさひ(32・NHK)/62票5位/夏目三久(29・フリー)/57票6位/鈴木奈穂子(3 [全文を読む]

読売新聞紙上で発生した「NHK女子アナが軽すぎる」論争とは

NEWSポストセブン / 2013年12月14日07時00分

※週刊ポスト2013年12月20・27日号 [全文を読む]

【女子アナたちの2012年(2)】10人以上が手にした幸せの結婚生活

週プレNEWS / 2012年12月16日12時00分

今年は10人以上の女子アナたちが伴侶を見つけ、幸せな家庭を築いている。 先陣を切ったのは、元共同テレビの相川梨絵(りえ)アナ。2年前に南太平洋に浮かぶ島国・バヌアツ共和国を旅行した際、現地で出会った4歳年上の日本人男性と3月21日にゴールインし、移住。しかも、結婚のニュースによって「バヌアツ」の検索数が増えたため、同国の観光局から親善大使に任命されたのであ [全文を読む]

久保純子や小郷知子らNHK女子アナの系譜は時代映す鏡の意見

NEWSポストセブン / 2012年02月09日07時00分

本誌新年号(1月1日・6日号)の特別年表企画『史上最強の女子アナは誰だ!』は、オールドファンを中心に大反響を呼んだ。今回は第2弾として「NHK編」をお届けする。 NHKの女子アナには、大きく分けて2つの系譜がある。「報道・キャスター型」と「スポーツ・バラエティ型」だ。現在、「報道のエース」と目されているのが小郷知子。森田美由紀以来、7時のニュースでは12年 [全文を読む]

高島彩が11位 女子アナ潜在視聴率トップ20を発表

NEWSポストセブン / 2012年01月13日07時00分

テレビ局内には「数字(視聴率)の獲れる女子アナ」と「獲れない女子アナ」のリストが存在する。週刊ポストが、複数の民放キー局と広告代理店が共同で極秘に作成した「女性アナウンサー潜在視聴率一覧表」を入手した。以下、上位20位までを紹介しよう。 【1位】加藤綾子(26)フジ 7.3% 【2位】生野陽子(27)フジ 7.1% 【3位】平井理央(29)フジ 6.8% [全文を読む]

「クローズアップ現代」改編報道で気になる“NHK美女アナ”トップは誰?「W奈穂子はどちらに軍配?」

アサ芸プラス / 2015年11月22日17時57分

今後は1人なのか、曜日による2人体制にするかなどまだ決まっていませんが、女子アナの中から新たな『顔』を選ぶ案が浮上しています」(前出・番組関係者) まず候補にあがるのは、報道番組を主戦場とする「W奈穂子」である。 昨年4月から夕方のニュース番組「首都圏ネットワーク」のキャスターを務める橋本奈穂子アナ(35)をイチオシするのは、芸能評論家の織田祐二氏だ。「モ [全文を読む]

NHK絶対女王の有働由美子アナ 女性初会長に本気で推す声も

NEWSポストセブン / 2015年04月28日07時00分

4月の改編人事で様変わりした女子アナ界の「相関図」。大きな動きがあったのがNHKだ。看板報道番組『ニュースウオッチ9』で抜群の人気を誇った井上あさひアナ(33)が、なんと京都放送局に異動。 「彼女ほどのエース格が地方に異動するのも異例ですが、大阪や名古屋などの主要局でないのはさらに珍しい。 反籾井(勝人)会長派と見られた末の事実上の更迭人事だったといわれる [全文を読む]

フォーカス