吉田松陰 井伊直弼に関するニュース

「花燃ゆ」ついに吉田松陰が非業の死へ!

Smartザテレビジョン / 2015年04月20日19時45分

4月19日放送の「花燃ゆ」で、萩から江戸へと送られた伊勢谷友介演じる吉田松陰は、4月26日(日)の放送で、いよいよ最期のシーンを迎えることになる。 幕府の批判を続け、江戸の“牢獄”に入れられた松陰は、評定所で奉行による取り調べを受ける。確たる証拠をつかんでいない幕府だったが、松陰は自ら老中暗殺の件をほのめかす。一層強まる取り調べだったが、松陰にはある狙いが [全文を読む]

<NHK大河ドラマ・吉田松陰の効果?>「花燃ゆ」でにわかに盛り上がりをみせる「松陰神社」

メディアゴン / 2015年01月05日02時48分

もともと吉田松陰は色々な評価のある人です。悪く言う人ならば「幕末の反体制派の過激な原理主義者」「謀叛者・テロリストたちの煽動者」「自らも禁を犯して海外渡航を企てようとする突破者」「最後は幕府転覆を企図して刑死」。良く言う人ならば「徳川幕府打倒の思想的基礎を書いた思想家」「明治維新の偉人たちを育てた教育者」「無実の罪に問われながらも従容として死を受け入れた革 [全文を読む]

直虎ブームで再注目 井伊直弼の遺体が消えていた

NEWSポストセブン / 2017年02月13日07時00分

1858年、日米修好通商条約締結を断行した直弼は、開国に反対する幕藩体制を脅かす攘夷派を徹底的に粛清し、吉田松陰らを処刑した。「安政の大獄」である。この強権政治が恨みを買い、1860年、直弼は江戸城桜田門外で水戸・薩摩の脱藩浪士らに暗殺され(桜田門外の変)、志半ばでその生涯を閉じた。 このとき討ち取られた直弼の遺体の所在については、諸説残されている。 文 [全文を読む]

美食と歴史をともに味わう!「安政の大獄」の前から続く静岡県・三島の鰻

しらべぇ / 2015年10月07日06時30分

幕府大老の井伊直弼が、開国に反対する志士や諸大名を次々と処罰し、長州の吉田松陰が処刑された「安政の大獄」でもなじみ深い元号だろう。桜屋の創業は、それよりも2年さかのぼる。■歴史を感じさせる店内の風格建物はきれいに改修されているが、店内にはやはり風格がただよう。■ついついお酒がほしくなる肝の時雨煮鰻料理は、手間と時間がかかるもの。丼やお重を注文したら、鰻屋な [全文を読む]

【大河ドラマ】『花燃ゆ』不振でNHKが井上真央を“戦犯”扱い…どぶろっくでテコ入れの大迷走

デイリーニュースオンライン / 2015年05月16日11時50分

井上演じる主人公・文の兄・吉田松陰(伊勢谷友介)が亡くなり、18話から「新章」が始まったことで巻き返しを狙っているが空回り。主演の井上ばかりが責任を感じ、厳しい立場に追い込まれている。 歴史ファン・大河ファンを無視した脚本 大河ドラマで幕末モノは当たりにくく、しかも主人公の文は歴史的に無名。それで一年間のドラマをつくっていくことに無理があるように思える。 [全文を読む]

『八重の桜』新島八重以外にも多数 幕末のスーパー女性たち

NEWSポストセブン / 2013年10月20日07時00分

虚弱対質であったため表舞台に名を轟かすことはなかったが、思想の影響力は吉田松陰レベルだったとも。 最後に、文系路線で杉本鉞子(1873~1950・すぎもとえつこ)をご紹介。明治生まれではあるけど、育った長岡は江戸から遠く近代化からは程遠かった。それゆえ、鉞子は武家の娘として厳格に育てられたそう。結婚を機に渡米し、自身の経験を綴った「武士(さむらい)の娘」を [全文を読む]

フォーカス