堺雅人 小日向文世に関するニュース

「真田丸」堺雅人ラストインタビュー 旅の行方は!?

Smartザテレビジョン / 2016年12月16日05時00分

堺雅人主演の大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)が12月18日(日)に最終回を迎えるのに先駆け、堺雅人がインタビューに応じた。'15年9月のクランクインから約1年2カ月という長い期間の撮影を終えた心境、最後の戦いに臨む幸村に影響を与えたもの、そして最終回撮影中の堺自身の心の動きまで、余すことなく語ってくれた。――まずは、撮影を終えた心境を教えてください。 [全文を読む]

「真田丸」「トットてれび」の好演で小日向文世&満島ひかりが大河の主演候補に!?

アサ芸プラス / 2016年05月29日17時59分

主演の堺雅人を完全に食う存在感を見せつけています。秀吉を演じた役者の中でも『歴代最高』との呼び声もあるほどです」(テレビ誌ライター) そしてもう一つは、満島ひかりが主演を務める土曜ドラマ「トットてれび」だ。初回放送から視聴率10%を超え、同ドラマ枠としては異例の高視聴率を記録している。「黒柳徹子のエッセーを原作とした自伝的ドラマですが、満島が黒柳を徹底的に [全文を読む]

「真田丸」堺雅人が見た“大坂の人々”とは!?

Smartザテレビジョン / 2016年05月11日05時00分

堺雅人が主演を務める大河ドラマ「真田丸」(毎週日曜夜8:00-8:45ほかNHK総合ほか)。第14回からは大坂に舞台を移したが、主人公・信繁(堺)は豊臣秀吉(小日向文世)をはじめとした大坂城の人々に振り回される日々。そんな大坂城の人々を主演の堺が語った。――大坂編に入ってからの信繁の印象はいかがですか?大坂にやって来た信繁を、僕は“田舎で青春を過ごした人が [全文を読む]

“泣ける”「真田丸」 涙の名場面をプレーバック!

Smartザテレビジョン / 2016年09月04日12時00分

堺雅人が主演を務める大河ドラマ「真田丸」。脚本を手掛ける三谷幸喜が「真田家の人たちも、敵も味方も、家康も秀吉も、みんな、人間味あふれる、等身大の人物たちとして描こうと思っています」と語るように、劇中では主人公の信繁(堺)以外のキャラクターも丁寧に、魅力的に描き、それぞれのキャラクターを応援するファンを増やしている。また、三谷は「勝者として華々しく生涯を終え [全文を読む]

「真田丸」秀次役の新納慎也が語る三谷幸喜との縁!

Smartザテレビジョン / 2016年06月29日05時01分

堺雅人主演の大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)。豊臣秀吉(小日向文世)の天下に最後まで抵抗し続けた北条家が滅亡したが、6月26日放送からは、秀吉の愛児が死去するなど豊臣家に徐々に暗雲が立ち込めている。そんな中、今後のキーマンとなるのが関白・豊臣秀次(新納慎也)だ。秀吉のおいであり、後継者と目されてきたが、次第に秀吉との関係に変化が生じる。これまでは暗愚 [全文を読む]

「真田丸」竹内結子が“天真らんまん”な茶々を語る!

Smartザテレビジョン / 2016年04月19日23時20分

堺雅人主演の大河ドラマ「真田丸」(NHK総合)。4月10日放送からは舞台を大坂に移し、信繁(堺雅人)は新たな登場人物たちに翻弄(ほんろう)されていく。そんな大坂編のキーマンの一人で、のちに豊臣秀吉(小日向文世)の妻として世継ぎを生む茶々役の竹内結子を直撃。大河ドラマ初出演の感想や、演じる茶々について語ってもらった。――今回のオファーを受けたときの感想を教え [全文を読む]

「Dr.倫太郎」第3話は夫婦のDV疑惑に向き合う

Smartザテレビジョン / 2015年04月28日22時34分

堺雅人演じる精神科医・倫太郎が、患者や周囲と向き合う姿を描くドラマ「Dr.倫太郎」(日本テレビ系)。4月15日の初回放送では平均視聴率13.9%、4月22日の第2話では13.2%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し好調が続く。 4月29日(水)放送の第3話では、主婦の小林弓子(宮本真希)が階段から転落し、病院に運び込まれる。外科医の百合子(吉瀬 [全文を読む]

フォーカス