化粧品 ロート製薬に関するニュース

常識破りの肌ラボ、異例ヒット生んだ「自由すぎる」ロート製薬の変人経営…社内序列排除

Business Journal / 2016年06月28日06時00分

そのロート製薬が、いつの間にか化粧品メーカーともいえるほど化粧品事業の割合が大きくなっていることは意外と知られていない。2016年3月期の決算をみると、目薬などアイケア事業の売上高が287億円なのに対し、肌ラボ(肌研)などスキンケア事業の売上高は1019億円と全体の67%も占めているのだ。2000年代の初めに比べて化粧品事業は4倍もの成長を達成しているが [全文を読む]

リップは5回まで?「乾燥ガサガサ唇」原因・治す方法まとめ

LAR - Life & Aging Report / 2016年03月11日15時30分

「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3分類で、これらは配合成分などによって分類されます。メジャーなアイテムを参考に、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のリップクリームの特徴と、効果的な使い方をご紹介します。 ■荒れがヒドいときはこれ!「医薬品のリップクリーム」 医薬品のリップクリームは、治療を目的に作られています。「第3類医薬品」として販売されています。具 [全文を読む]

知ってた?薬剤師が教えるリップクリームの効果的な使い分け

LAR - Life & Aging Report / 2016年02月05日18時00分

「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3分類で、これらは配合成分などによって分類されます。 ■それぞれの特徴と、効果的な使い分け メジャーなアイテムを参考に、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のリップクリームの特徴と、効果的な使い方をご紹介します。 荒れがヒドいときはこれ!「医薬品のリップクリーム」 医薬品のリップクリームは、治療を目的に作られています。「第 [全文を読む]

社員貢献から社会貢献へ、ロート製薬の「一風変わった」取り組みとは

Forbes JAPAN / 2016年09月14日08時30分

女性社員も積極的に採用し、異業種のスキンケア分野に参入、機能性化粧品の草分けとなったオバジや肌ラボなど、次々とヒット商品を生み出したのだ。売上げは右肩上がりとなった。山田が一風変わったことをするのは、ロート製薬の2代目社長である祖父輝郎の血だろう。「僕の祖父は本当に変わり者で、”とにかく理想的な会社を作るんだ”と豪語しては大阪の本社に、50年代当時としては [全文を読む]

紫外線をカットするだけじゃない!利用する日焼け止めができる?

美容最新ニュース / 2014年10月25日08時00分

紫外線を利用する化粧品原料2014年10月22日、ロート製薬は堺化学工業と共同で、紫外線を吸収して赤色光を発光する「トーンチェンジ パウダー」を新規化粧品原料として開発したことを発表しました。2006年ロート製薬は、堺化学工業が開発した「スーパーUVカット成分」を日焼け止め製品に初めて採用。「スーパーUVカット成分」は肌の奥深くに入り込む「紫外線A波」に着 [全文を読む]

一人負けの資生堂、“異例”社長人事の勝算~ブランドイメージ刷新と国内販売回復なるか

Business Journal / 2014年01月16日01時00分

社内で挙がっていた有力候補は、国内の化粧品事業を担当する坂井透取締役執行役員常務と海外事業を担当する岡澤雄取締役執行役員常務の2人。いずれも生え抜きだ。 一方、魚谷氏は昨年4月にマーケティング統括顧問として資生堂に迎えられたばかりであったため、この仰天人事に同社内では驚きの声が上がった。後任社長の選定が本格化した昨秋、前田氏は魚谷氏を社外取締役らで構成す [全文を読む]

秋に下降しがちな“素肌力”を持ち上げる優秀ケアアイテム7選!

anan NEWS / 2016年09月16日12時00分

素肌がクリアになることで、次に使う化粧品の浸透が、格段にアップします」 ニュートラルな素肌になったら、次のステップは保湿。 「たっぷりの化粧水で、角質層の奥まで水分をチャージ。乾燥しやすい目元や口元は重ねづけしましょう。最近は高保湿の化粧水が増えていますが、仕上げは油分をプラスし、潤いを閉じ込めて。もしベタつくのが嫌なら、化粧水の前のオイル使用がおすすめ。 [全文を読む]

イオン×ロート共同企画第1弾「肌ラボ オイルスキンコンディショナー」をイオン限定販売!

PR TIMES / 2015年09月11日11時27分

[画像1: http://prtimes.jp/i/7505/435/resize/d7505-435-983368-2.jpg ] イオンは、年齢とともに増える肌悩みにアプローチする様々な化粧品を幅広く取り揃えてまいりました。この度、近年高まっているニーズに応えて「肌にやさしいナチュラル志向のエイジングケア基礎化粧品を提供したい」というイオンの想いと、 [全文を読む]

皮膚の老化によるシミをアーティチョークエキスが予防?

美容最新ニュース / 2014年12月13日08時00分

ロート製薬では、加齢に伴うシミに着目した美白化粧品を検討しており、アーティチョークエキスを応用していくことも検討しているとのこと。(画像はプレスリリースより)【参考】・ロート製薬 プレスリリースhttp://www.rohto.co.jp/news/release/2014/1208_01/ [全文を読む]

新ブランド「SUGAO」新発売!今までにないふわふわな軽い使用感。新感触「スフレファンデ」で素肌をキレイに。

PR TIMES / 2014年01月16日15時14分

ロート製薬 ベースメイク化粧品市場に本格参入 ロート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:吉野俊昭)は、空気のように軽いふわふわな使用感にこだわり、素顔そのものをキレイに見せる新感触「スフレファンデ」として「SUGAO Air Fit CC クリーム」(全2品)を2014年3月12日(水)に全国の薬局・薬店等で発売いたします。本品は、メイクの常識である“隠す” [全文を読む]

人体に危険なマイクロビーズ、化粧品やソープで使用野放しの実態!米国で禁止の州も

Business Journal / 2015年12月04日06時00分

これは、化粧品、洗顔剤、ボディソープなどの「パーソナルケア製品」に含まれる「微細なプラスチック粒子」である。マイクロビーズの大きさは1mm以下で、消費者のバスルームや洗面所から下水処理施設のフィルターを通過して川や湖、海に、毎年何百万トンも流れ込んでいる。マイクロビーズは殺虫剤などの化学物質がつきやすく、これを食べた動物プランクトンや魚が体内に有害物質を蓄 [全文を読む]

マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、化粧品企業のグローバル戦略について調査結果を発表

DreamNews / 2015年07月24日18時00分

化粧品企業各社は、海外事業を成長戦略と位置付けて、取り組みを強化している。特に、中国や東南アジアなどを重点地域として注力している企業が多い。また、中東やアフリカなど新興国に進出し、事業のグローバル化を進めている企業も多く見受けられる。当資料では今後の海外事業の戦略立案を目的に各社の参入経緯や組織体制、拠点、事業方針などを調査・分析している。概要 ◆化粧品[全文を読む]

50代向けコスメが人気 美意識高くお金使う楽しさ知ってるため

NEWSポストセブン / 2015年07月04日07時00分

50才をすぎて、そんな“重~い”気持ちになること、よくありませんか? そんなアラフィフ女性のために、“どんより顔”を明るくする化粧品が続々と出ている。 資生堂は「プリオール」から、「下がる、凹凸、影、色、乾く、見えにくい、おっくう」といった悩みを解消するための化粧品を発売。コーセーは、“輝くアラフィフ”代表として、小泉今日子(49才)をイメージキャラクタ [全文を読む]

「副業解禁」から見えてきた理想的な働き方/ロート製薬 吉野俊昭社長

Forbes JAPAN / 2017年03月17日08時30分

吉野俊昭(以下、吉野):当社は医療品、化粧品、サプリメントなどの製品の開発、提供の事業を行っていましたが、より新しいチャレンジをする必要性がでてきました。一方で、新事業企画の模索には、これまで培ってきた知識だけでは足りない。そこで、従業員全員が新しい知識を身に着けるにはどうしたらいいかと議題に挙がっていました。そんな中、3年ほど前、取引先のサプライヤーさん [全文を読む]

【QVCジャパン】松居一代さん初プロデュースコスメ「Kazuyo Natural Cosme」 2月27日に販売開始!~スキンケア開発で信頼度の高いロート製薬とのコラボ商品をお披露目~

PR TIMES / 2017年02月16日09時25分

コスメニストレポーターによる商品レビューについて:コスメファンの本音が「見える」化粧品口コミメディア、「コスメニスト」のコスメレポーターによる商品トライアルを実施いたしました。Kazuyo Natural Cosmeの使用感レポートはこちらをご覧ください。http://cosmenist.com/tag/kazuyo-natural-cosme/ [全文を読む]

美容研究家 上田祥子が選ぶ 2016年下半期マイベストコスメ(プチプラ&スペシャルケア編)

Woman.excite / 2016年12月26日20時00分

飲み会なのに化粧品をうっかり忘れてしまったときでも、このプライスだと気軽に購入できそうですね。■手ブレせず描ける最細アイライナー「ハイパーシャープ ライナーR」(全3色 1200円+税/メイベリン ニューヨーク)「ハイパーシャープ ライナーR」(全3色 1200円+税/メイベリン ニューヨーク)はとにかく失敗しにくいアイライナー。0.01mmという最細なが [全文を読む]

ガサガサ唇が治らない!薬剤師が教える対処法4つ

LAR - Life & Aging Report / 2016年01月28日18時00分

4.ひとつ持っておくと便利!「医薬品リップ」を使用する リップクリームには「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」とランクがありますが、治療目的で使用するのが医薬品、予防目的で使用するのが医薬部外品・化粧品のリップクリームになります。唇が荒れているときは、医薬品のリップクリームを使用しましょう。参考として、医薬品のリップクリームを2点ご紹介します。 モアリップ [全文を読む]

紫外線量は5月がピーク!?日焼けに負けないポイント3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2015年05月21日12時00分

■うっかり日焼けに負けないポイント3つ (1)ビタミンC誘導体入りスキンケア用品 日焼けした肌のレスキューには欠かせないビタミンCですが、ビタミンC自体が非常に不安定なため、単に化粧品に含まれているだけでは肌の奥まで浸透させることができません。効率良く、白く瑞々しい肌へと回復させるためにも、肌への浸透が良い「ビタミンC誘導体」と表記しているタイプを使うの [全文を読む]

マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、東南アジアの化粧品について調査結果を発表

DreamNews / 2014年11月17日18時00分

2013年度の東南アジア5カ国の化粧品市場は前年度比10.2%増の5,863億円と好調に推移している。同地域では、若い女性の購買意欲が高まり、化粧品に対する需要が拡大している。また、男性の化粧品に対するニーズも高く、市場の活性化につながっている。当資料では、タイ・インドネシア・マレーシア・ベトナム・ミャンマーの化粧品市場をブランド・販売方法などから多角的に [全文を読む]

マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、炭酸コスメ市場について調査結果を発表

DreamNews / 2014年09月25日18時00分

●ここ1~2年では、常盤薬品工業の「なめらか本舗」やロート製薬の「50の恵」「オバジ」、カネボウ化粧品の「エビータ」などメジャーブランドからの新製品が相次いでいる。また、従来はマスク・パックが主流でスペシャルケアとしての位置づけが強かったが、近年は洗顔料が急速に増加しており、ベーシックケアに炭酸が取り入れられるようになっている。こうした2つの動きが顧客の [全文を読む]

フォーカス