清原亜希 現在に関するニュース

<自立できないカリスマ主婦たち>なぜ清原亜希は清原姓を捨てられないのか?

メディアゴン / 2016年02月28日07時40分

メディアゴン編集部* * *覚醒剤取締法違反で逮捕された清原和博容疑者の元妻として、また敏感で育ち盛りの子ども抱えた母として、清原亜希氏には他人事ながら同情してしまう。その一方で、一般的な感覚では理解のできないこともある。離婚後・逮捕後も、「清原姓」を名乗り続けているということだ。もちろん、氏名が変わることで起きる子供たちへの影響を考えれば、家族ぐるみで「 [全文を読む]

清原和博と離婚したカリスマモデル亜希さんの今後 “セレブ妻”を脱却したシングルマザーの生きる道は?

ウートピ / 2014年10月02日12時00分

清原亜希は2010年まで雑誌『STORY』(光文社)のカバーを飾り、現在では『Marisol』(集英社)を中心に活躍するカリスマモデルである。離婚は彼女のモデル活動にどう影響を与えるのだろうか。「出産してもスリムでキレイ」であることがステイタス一部報道によると、慶応義塾に通う息子ふたりを連れて清原の家を出て、3LDK45万円のマンションで暮らしているという [全文を読む]

再婚への第一歩?清原亜希が”清原姓”を捨てた舞台ウラ

デイリーニュースオンライン / 2016年03月11日08時00分

覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで再逮捕された元プロ野球選手・清原和博容疑者(48)と14年に離婚した前妻で、モデルの清原亜希(46)が「亜希」に改名したことを発表した。 今月7日、自身がプロデュースするファッションブランド「AK+1 by EFFE BEAMS」が始動。ブランド名が亜希のアルファベット表記「AKI」をイメージしているといい、「今回の発売ス [全文を読む]

清原亜希、米国移住の先に見る「息子をメジャーリーガーへ」の思い

アサジョ / 2016年03月07日09時59分

元プロ野球選手の清原和博容疑者と2014年に離婚した、モデルの清原亜希がアメリカへの移住を考えていると報じられた。 清原容疑者が法律違反薬物の使用で逮捕されてから1カ月が過ぎたが、亜希と2人の息子は「外出もままならない生活を余儀なくされている」と、関係者は証言している。 そんな中、浮上してきたのが清原亜希による「AK+1」というブランドの設立。今後はファッ [全文を読む]

清原亜希、“シカト退場”で会見場がピリピリムード! 元夫・清原和博の復帰に関係か?

サイゾーウーマン / 2015年08月03日09時00分

薬物報道から数カ月後の昨年9月には、薬物疑惑報道で迷惑がかかることを恐れてか、14年間連れ添い2人の息子をもうけたモデル・清原亜希夫人と離婚。薬物報道などなかったかのように出戻りしつつある清原の一方で、亜希はいまだ離婚余波からピリピリムードを漂わせているのだという。 「慰謝料なしでシングルマザーとなったため、自分の稼ぎで2人の息子を育てなければいけない状 [全文を読む]

清原亜希、ジャガー横田、吉川ひなの…ブログから夫の存在が消え失せるのは家庭崩壊の前兆?

messy / 2014年03月29日12時00分

この清原の妻であり、問題となった「文春」記事中にも“刃物を持った清原に追いかけ回された”と親しい友人に相談していたとある、モデルの清原亜希(44)。公式ブログを覗いてみるも、更新が2月22日から止まっている(3月27日現在)。「Instgram始めました!」という記事も見られたので、チェックしてみたが、こちらも同じく1カ月ほど新しい写真が投稿されていない [全文を読む]

<清原被告の絶望的な環境>亜希と清原被告の関係があぶり出す「家族・妻」の関わり

メディアゴン / 2016年03月28日07時30分

もちろん、元妻のモデル・亜希(旧名・清原亜希)とは2014年に離婚している。保釈後に病院のVIPルームに直行した清原被告を囲んでいる環境は、高度なセキュリティを持つ一方で、家族の支援やサポートが期待できる状況とは言い難い。薬物中毒からの治療・更生には人間関係も大きく影響する。特に、家族のバックアップや関わりも重要な要素だ。依存性の強い覚せい剤からの更生は簡 [全文を読む]

清原亜希「絶対会わせない!」愛息たちと決めた極秘再転居

WEB女性自身 / 2016年03月15日00時00分

「3月7日、モデル名を『清原亜希』から『亜希』に変更したのです。彼女がプロデュースするブランド『AK+1』の販売開始に合わせての措置でした」(ファッション関係者) 改名は、仕事上の都合というだけではなく、転居と同様に、彼女の強い意思表示でもあるようだ。 「裁判となれば、通常は被告の 情状証人 が準備されます。例えばASKA(58)の裁判の際も、妻が 今後 [全文を読む]

清原亜希、江角マキコ、市川海老蔵――芸能界に横たわる“名門”“ママ友”への欲望

サイゾーウーマン / 2014年09月30日22時00分

第239回(9/25~30発売号より)1位「清原亜希 耐えかねた『全身入れ墨』『親愛人』『Xデー』」(「女性セブン」10月9日号)2位「市川海老蔵 年間経費は200万円以上! 超セレブ英才託児所へ愛息・勧玄クンを通わせるワケ」(「週刊女性」10月14日号)3位「江角マキコ 9歳長女“苦渋の転校“先は『“ママ友”交流なき』インター!」(「女性自身」10月14 [全文を読む]

清原和博、離婚で“黒い疑惑”噴出! 「クスリ仲間暴露」「愛人に求婚」「自宅はゴミ屋敷」

サイゾーウーマン / 2014年09月25日13時00分

14年間連れ添った、妻でモデルの清原亜希との離婚を発表した清原和博について、各メディアがその詳細を報じている。25日発売の「女性セブン」(小学館)では、亜希が自らの夫の薬物使用疑うようになったきっかけ、さらには愛人の存在についても報じている。 清原は22日、報道各社向けの直筆サイン入りFAXで離婚を発表。「私事で恐縮ですが、このたび、私は、妻と離婚したこと [全文を読む]

薬物・DV疑惑の夫とついに離婚へ―カリスマモデル・清原亜希が出す結論は

messy / 2014年09月16日17時00分

夫である元プロ野球選手の清原和博(47)の不倫騒動、薬物・DV疑惑、反社会的組織との黒い交際などが原因で、別居・離婚報道が続いている清原亜希(45)。アラフォー女性にむけたファッション雑誌「Marisol」(集英社)ではメインモデルを務める彼女は、今や奇跡の40代として女性ファンのハートをがっつり掴んでいる存在だ。 そんな彼女が、今ようやく、静かに離婚の準 [全文を読む]

清原容疑者の息子、慶応ニューヨーク校に「逃避」入学か…閉鎖的環境でかえって過酷生活か

Business Journal / 2016年03月05日07時00分

清原は14年、人気モデルで元妻の清原亜希と離婚しており、2人の息子も亜希の元で暮らしている。その亜希が、超名門校に通う息子2人を米ニューヨークにある同校の系列校に入学させ移住することを計画していると、「週刊女性」(光文社/3月15日号)が報じている。 「この系列校とは慶應義塾ニューヨーク学院のことです。清原の息子さんは現在、名門私立である慶應義塾系列の小 [全文を読む]

清原和博、慶應幼稚舎に殴りこみ!? 錯乱状態で「息子の名前を絶叫」の奇行騒動

サイゾーウーマン / 2015年02月21日12時45分

各報道による影響から、仕事のオファーも途絶えてしまった清原だが、昨年9月に離婚した清原亜希と2人の子どもをめぐっては、こんな信じ難い行動をしでかしていたという。 「離婚が成立した直後、何を思ったのか2人の息子が通う慶應幼稚舎に、錯乱した様子で我が子の名前を絶叫しながら乗り込んできたんです。すぐに警備員に取り押さえられ、大事には至らなかったようですが……。 [全文を読む]

清原亜希 元夫に養育費支払わせるために仰天奥の手使用か

NEWSポストセブン / 2014年10月25日16時00分

後から設定するのは同意を得にくいことも多いので、やはり離婚時にしっかりと話し合っておくのがいいでしょう」 ※女性セブン2014年11月6日号 [全文を読む]

ベッキー、清原和博、香取慎吾、舛添要一、桂文枝…2016年世間を騒がせた有名人に共通点! 名前の文字が超ド級の疫病神を呼ぶ!?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月17日06時30分

清原の元妻・清原亜希の「亜」も非常に凶作用の強い文字。「亜」は「中国古代の貴族の墓」を表す死に関わる文字のため、家庭運に恵まれない運命を招くといわれている。文字の吉凶は、漢字だけでなく、漢字を起源とした平安文字のひらがなやカタカナにもあらわれるが、不倫が問題視されたベッキーやファンキー加藤の「キ」の文字は「幾」が元となっており、この字は「もうすこしで人の体 [全文を読む]

保釈された清原とニアミス…亜希と人気モデルの確執が発覚

デイリーニュースオンライン / 2016年03月18日16時03分

3月17日に保釈請求が受理され、およそ1か月半ぶりに塀の外に出てきた清原和博被告(48)。そんな清原との“ニアミス”が話題になっているのは、元妻で清原姓を取った直後のモデル・亜希(46)だ。何の偶然なのか、清原が保釈された警視庁からわずか1.2キロ程の東京・丸ビルで、改名後初の公の場となるトークイベントに出演していたのだ。 「清原と亜希さんは離婚後も金銭面 [全文を読む]

ソースカツ食って勝て! 清原の元嫁が息子に作る“母ちゃん弁当“が豪快すぎる

リテラ / 2015年06月15日08時00分

著者は清原亜希氏。昨年、薬物疑惑がもち上がり、いまではすっかり姿を見なくなってしまった元プロ野球選手・清原和博氏の元妻だ。 亜希氏といえば、結婚前にはおニャン子クラブ加入以前の工藤静香とともに「セブンティーンクラブ」として歌手デビューした経歴の持ち主だが、現在では美貌と抜群のスタイルを活かしてアラフォー既婚女性をターゲットにした「marisol」(集英社) [全文を読む]

ついに離婚発表! 球界、テレビ局からも敬遠される“番長”清原和博氏の行く末は?

日刊サイゾー / 2014年09月24日13時00分

プロ野球の西武や巨人などで活躍した清原和博氏が22日、妻でモデルの清原亜希との離婚を発表した。 清原氏はマネジメント会社を通じて報道各社に直筆署名入りのFAXを送付し「私事で恐縮ですが、このたび、私は、妻と離婚したことをここにご報告いたします。14年間の結婚生活にピリオドを打って、新たな道を歩むことになります」と報告した。 今月に入って一部女性週刊誌が2人 [全文を読む]

清原和博に薬物使用疑惑報道、背景に仕事と夫婦関係の行き詰まりか~以前から噂も

Business Journal / 2014年03月06日01時00分

ちなみに清原は00年4月にモデルとして活躍する清原亜希さんと結婚し、2人の息子がいる。●以前から囁かれていた薬物使用疑惑 [全文を読む]

フォーカス