清原亜希 改名に関するニュース

再婚への第一歩?清原亜希が”清原姓”を捨てた舞台ウラ

デイリーニュースオンライン / 2016年03月11日08時00分

覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで再逮捕された元プロ野球選手・清原和博容疑者(48)と14年に離婚した前妻で、モデルの清原亜希(46)が「亜希」に改名したことを発表した。 今月7日、自身がプロデュースするファッションブランド「AK+1 by EFFE BEAMS」が始動。ブランド名が亜希のアルファベット表記「AKI」をイメージしているといい、「今回の発売ス [全文を読む]

清原亜希が改名へ…夫逮捕で”イバラの道”をいく女性タレントの明暗

デイリーニュースオンライン / 2016年03月08日19時00分

覚せい剤事件で逮捕された元プロ野球選手・清原和博容疑者(48)の元妻でモデルの清原亜希(46)が、清原姓を外してモデル名「亜希」として再出発することを発表した。離婚後も「清原亜希」という名前のブランドイメージにこだわり、名字を変えなかった清原亜希だが、3月7日、彼女がプロデュースするファッションブランド『AK+1 by EFFE BEAMS』が始動したタイ [全文を読む]

清原和博と離婚したカリスマモデル亜希さんの今後 “セレブ妻”を脱却したシングルマザーの生きる道は?

ウートピ / 2014年10月02日12時00分

清原亜希は2010年まで雑誌『STORY』(光文社)のカバーを飾り、現在では『Marisol』(集英社)を中心に活躍するカリスマモデルである。離婚は彼女のモデル活動にどう影響を与えるのだろうか。「出産してもスリムでキレイ」であることがステイタス一部報道によると、慶応義塾に通う息子ふたりを連れて清原の家を出て、3LDK45万円のマンションで暮らしているという [全文を読む]

清原亜希の“亜希”への改名は2年前から周到に準備されていた!

アサジョ / 2016年03月12日09時58分

モデルの清原亜希がビームスとのコラボで新ブランドを立ち上げ、3月7日の発売開始に合わせて芸名を“亜希”に変更した。この改名についてはブランド名の「AK+1」に伴うものと説明されているが、元夫である清原和博容疑者のイメージを払拭する狙いがあるのは明らか。そんな改名はすでに2年前から準備されていたというのである。芸能ライターが明かす。「亜希は以前『aki-ki [全文を読む]

清原亜希、改名をめぐるウラ事情と“異様”だった元夫婦の関係性

サイゾーウーマン / 2016年03月10日13時00分

清原和博の元妻・清原亜希が、自身がプロデュースするファッションブランドのホームページ上で「今回の発売スタートに合わせて、モデル名を『清原亜希』から『亜希』に変更することになりました」と改名を発表した。昨年9月の離婚後も“清原”を外さなかったことから、「いつまで清原ブランドにすがり続けるのか」と言われてきた亜希だったが、このタイミングでの改名は何を物語ってい [全文を読む]

清原亜希の「改名」は新ビジネスの宣伝?それとも苦肉の策?

アサジョ / 2016年03月09日17時59分

法律違反薬物使用の疑いで再逮捕された清原和博容疑者の元妻でモデルの清原亜希が、7日に自身がプロデュースする新ブランド「AK+1 by EFFE BEAMS」が発売されることを発表。さらに、同ブランドのスタートに合わせて、仕事上の名前を“亜希”に改名した。「2014年に離婚して以降も『清原』姓を外さず活動していましたが、すでに自身のブログなどの表記も変更され [全文を読む]

清原亜希「絶対会わせない!」愛息たちと決めた極秘再転居

WEB女性自身 / 2016年03月15日00時00分

「3月7日、モデル名を『清原亜希』から『亜希』に変更したのです。彼女がプロデュースするブランド『AK+1』の販売開始に合わせての措置でした」(ファッション関係者) 改名は、仕事上の都合というだけではなく、転居と同様に、彼女の強い意思表示でもあるようだ。 「裁判となれば、通常は被告の 情状証人 が準備されます。例えばASKA(58)の裁判の際も、妻が 今後 [全文を読む]

清原被告の初公判 年収3000万円超の元妻向かった意外な場所

WEB女性自身 / 2016年05月17日00時00分

2月からは「Ak+1」というブランドのプロデュースにも乗り出し、3月には「清原亜希」から「亜希」への改名を発表している。 「亜希さんは清原被告が離婚する半年前に子供たちを連れて家を出ました。清原被告は『子供に会わせろ!』と学校まで押しかけたこともあったそうです。また、逮捕後は事件の影響で亜希さんの仕事が激減するともいわれました。しかし彼女は夫と訣別し、シン [全文を読む]

【ウラ芸能】亜希、オワコンの証明

NewsCafe / 2016年05月02日15時00分

デスク「長年のシャブ中毒でついに逮捕された元プロ野球選手・清原和博(48)の元妻でモデルの亜希(47)は最近、どうしてるの?」記者「無名モデル・アイドルだったのが清原と結婚して『清原亜希』として一躍、有名になりましたが、結局は元夫の騒動後に亜希に改名して、しれっとしています」デスク「元夫の保釈日に自身の新ブランド立ち上げイベントを実施するという強気ぶりだっ [全文を読む]

清原和博の元妻・亜希、保釈日にファンイベント開催も……「ツーショット撮影会中止」の舞台ウラ

サイゾーウーマン / 2016年03月19日12時45分

今月7日、同ブランドのデビューを機に、モデル名を「清原亜希」から「亜希」に改名。また元夫の逮捕後、亜希が公の場に登場するのはこの日が初めてとあり、さらに1キロほど離れた警視庁から、亜希のトークショー中に清原被告が保釈されるという因縁を感じさせる偶然もあったことから、丸ビル周辺には大勢のマスコミが取材に押し寄せた。しかし亜希側は、警備員50人を配置する超厳 [全文を読む]

保釈された清原とニアミス…亜希と人気モデルの確執が発覚

デイリーニュースオンライン / 2016年03月18日16時03分

3月17日に保釈請求が受理され、およそ1か月半ぶりに塀の外に出てきた清原和博被告(48)。そんな清原との“ニアミス”が話題になっているのは、元妻で清原姓を取った直後のモデル・亜希(46)だ。何の偶然なのか、清原が保釈された警視庁からわずか1.2キロ程の東京・丸ビルで、改名後初の公の場となるトークイベントに出演していたのだ。 「清原と亜希さんは離婚後も金銭面 [全文を読む]

長渕、桑田、元木、フィールズ、ケイダッシュ...清原と親しかった人たちに身元引受人になる気があるかを直撃したら

リテラ / 2016年03月09日12時00分

身元引受人として一番適するのはなんといっても家族だが、つい先日、離婚後も使っていた「清原亜希」のモデル名を「亜希」に改名すると発表した元妻はもちろん、両親や弟も、その意思はなさそうだという。 そこで「週刊現代」が直撃したのが、因縁の元同級生・桑田真澄だった。逮捕直後、清原に「人生の逆転ホームランを」とエールを送った桑田だが、「身元引受人になる気はあるか」 [全文を読む]

フォーカス