視聴率 黒田官兵衛に関するニュース

[ナレッジソサエティ]起業家講師による起業家対象セミナー開催、軍師『黒田官兵衛』に学ぶ!冴え渡った知略を現在に120%活かす戦略とコツ

DreamNews / 2014年08月14日09時00分

視聴率もV字回復し、ツイッターでも大人気、関連する地方都市では地域の活性化につながり、一躍、軍師官兵衛に注目が集まっています。今の複雑な社会情勢において、強く逞しく生きていくためには・・、家族を養っていくためには・・・人生の指南として、また困ったときの道しるべとして、官兵衛のエピソードを交えながら今後のサラリーマン他の生き方を示します。その考え方はあらゆる [全文を読む]

大河「江口が官兵衛で岡田が信長のほうが適役」と芸能評論家

NEWSポストセブン / 2014年01月14日16時00分

NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の初回視聴率は18.9%(関東地区)と、過去10年では『平清盛』(2012年)の17.3%に次いで2番目に低いスタートに。ツイッターでは「少年時代から始まるいつものパターン」「ナレーションの藤村志保の声が芝居がかっているうえに聞き取りづらい」などと視聴者の感想も手厳しいものばかり。 ちなみに『平清盛』は平均視聴率が12.0%と [全文を読む]

嵐・松本潤の月9も低調スタート...ジャニーズドラマが直面するジンクスとは?

東京ブレイキングニュース / 2014年01月15日11時43分

だが、注目された初回の視聴率は18.9%(※ビデオリサーチ調べ・関東地区)となり、ここ10年の大河ドラマでは2年前の『平清盛』の17.3%に次ぐ低さとなった。さらに人気絶頂の嵐・松本潤が2011年の『ラッキーセブン』以来2年振りに登場となった月9ドラマ『失恋ショコラティエ』(フジテレビ)も初回14.4%という低調スタート。関ジャニ∞の大倉忠義が主演した『D [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】SMAP強し! 『27時間テレビ』の高視聴率に『軍師官兵衛』で明智光秀役・小朝も観念。

TechinsightJapan / 2014年07月29日12時30分

NHK大河『軍師官兵衛』で明智光秀を演じた春風亭小朝が7月27日(日)に裏番組で放送されたFNS『27時間テレビ』の視聴率にブログで言及。「SMAPさん強い!」とメインキャストだったアイドルグループ・SMAPを評価している。この日放送のドラマ『軍師官兵衛』で彼が演じる明智光秀は戦に敗れて生涯を閉じた。 岡田准一(V6)が主演するNHK大河ドラマ『軍師官兵衛 [全文を読む]

「軍師官兵衛」最終回は17.6%! 過去最高の視聴率を記録した大河ドラマは?

Smartザテレビジョン / 2014年12月25日21時21分

NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」の最終回が12月21日に放送され、平均視聴率17.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区/以下同)を記録した。 豊臣秀吉の天下取りを支えた黒田官兵衛を岡田准一が演じ、'14年1月5日からスタート。初回から最終回(50回)までの平均視聴率は15.8%で、平均視聴率は過去3年の大河ドラマの中で一番の記録となった。 これまで、53作品 [全文を読む]

V6岡田准一主演大河『軍師官兵衛』18.9%の惨敗スタートも高評価「年間20%超えに期待」!?

日刊サイゾー / 2014年01月07日09時30分

V6・岡田准一が主演を務めるNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の初回が5日に放送され、平均視聴率18.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したことが分かった。 これは、過去20年に放送されたNHK大河ドラマの中で、松山ケンイチ主演『平清盛』に続き、2番目に低い視聴率でのスタート。前作の綾瀬はるか主演『八重の桜』の初回平均視聴率21.4%にも、2. [全文を読む]

『八重の桜』低視聴率で、綾瀬はるか側が「会見出ない」のトンデモ要求!?

サイゾーウーマン / 2013年11月13日09時00分

大河の歴代最低視聴率を更新してしまった前作の松山ケンイチ主演『平清盛』の後続だけに、視聴率の回復が期待されていたが、初回こそ21.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)のスタートを切ったものの、今月3日の放送では今作中過去最低の10.0%まで数字を落としていた。 発端はNHKの恒例行事「バトンタッチ会見」をめぐってのこと。大河ドラマや朝の連続ドラマ小 [全文を読む]

大河ドラマ館 龍馬・官兵衛は人気も花燃ゆが期待外れの理由

NEWSポストセブン / 2015年04月26日07時00分

視聴率を叩き出す大河ドラマは題材ゆかりの地にしてみれば観光客を集める絶好の「町おこし」の道具だ。だが、今年ばかりはどうもその皮算用は大ハズレ。ついに視聴率が1ケタを記録した『花燃ゆ』(NHK)にあやかろうとした施設には閑古鳥が鳴いている。 JR防府駅(山口県)近くの複合商業施設「ルルサス防府」の多目的ホール内にある『ほうふ花燃ゆ大河ドラマ館「文の防府日和 [全文を読む]

内田恭子、大河ドラマで女優初挑戦も「選ぶ理由がわからない」と厳しい声

メンズサイゾー / 2014年07月15日16時00分

ただ、そこで最近存在感の薄かった内田の名が上がったことで『なんで今この人なのか』という反応につながっているようです」(同) 初回は平均視聴率18.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したものの、5月には12%台まで数字を落とした『軍師官兵衛』。しかし、6月頃から徐々に盛り返し、13日に放送された「第28回 本能寺の変」では3番目に高い17.5 [全文を読む]

フォーカス