ロボット 千葉工業大学に関するニュース

「ロボット風味の家が5年後には当たり前に」第一人者が語る近未来

WEB女性自身 / 2015年01月30日06時00分

「日本のロボット技術は、 20年の東京五輪に向けて、ロボット産業革命といわれるほどの大きな転換期に入ります。これから数年で、私たちの暮らしは大きく変わります」 ロボットの未来について、こう語るのは千葉工業大学・未来ロボット技術研究センターの古賀貴之先生。福島第一原発の事故現場で唯一、建屋内すべてを探査したロボット「クインス」を開発した、日本のロボット技術開 [全文を読む]

三菱重工、国内初 防爆性能を備えた遠隔操縦式の移動ロボットを共同開発

JCN Newswire / 2016年07月12日16時54分

トンネル内事故や石油化学プラントでの安全かつ高効率な情報収集・点検などで貢献TOKYO, July 12, 2016 - (JCN Newswire) - 三菱重工業株式会社(本社:東京都港区、社長:宮永俊一、以下、三菱重工)と学校法人千葉工業大学(本部:千葉県習志野市、理事長:瀬戸熊修、以下、千葉工大)は、引火性ガスの中でも自らが出す電気火花や熱などで爆 [全文を読む]

創刊50周年、ビジネス経済誌「経済界」の最新号が発売!「ロボットが支える未来社会」、「2015年注目企業25」を特集します。

DreamNews / 2015年01月27日12時00分

【発売日:2015年1月27日】http://www.keizaikai.co.jp/magazine/特集「ロボットが支える未来社会」 総論:近未来に向けたロボットの可能性 最高の結果が出せるスキームでロボットビジネスを開拓 冨澤文秀(ソフトバンク ロボティクス社長) NECのパーソナルロボット「PaPeRo」 人とロボットのコミュニケーションを追求 「 [全文を読む]

今年の夏は、“シロモノ”家電に熱視線!総力特集 「オトコのシロモノ家電」デジモノステーション 2015年9月号は7月25日(土)発売!

@Press / 2015年07月24日21時30分

デジモノステーション9月号ではそんな最新シロモノ家電事情をどこよりも詳しく解説!家電が今後ロボット化するのにもっともっと必要なことは何か?自動ロボット掃除機 「ルンバ」 のヒットや自分の感情を持った人型ロボット 「Pepper」 の登場で、家電のロボット化が巷で話題だ。本誌では千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター(fuRo)所長の古田貴之さんに、ロボ [全文を読む]

千葉工業大学が「ロボカップ世界大会2014」で授与された「ルイ・ヴィトン・ヒューマノイド・カップ」を東京スカイツリータウンキャンパスで公開 ― 活躍したロボットも同時展示

@Press / 2014年12月22日14時00分

大会を見事制したロボットも同時に展示されます。 【概要】 「ロボカップ世界大会」は自分で考えて動く自律移動型ロボットによる競技会です。ロボット工学の発展や科学立国を支える人材の育成などを目的として、「2050年までにサッカーのワールドカップチャンピオンチームに勝てる自律型ロボットを作る」をテーマに1997年以来毎年開催されています。 千葉工業大学未来ロボテ [全文を読む]

4つの形態にトランスフォームする次世代ビークル「ILY-A」

FUTURUS / 2015年03月24日11時28分

自動車部品メーカーのアイシン精機が、新しいスタイルの都市移動用モビリティとして、千葉工業大学の未来ロボット技術研究センター(fuRo)と共同開発した未来型3輪ビークル『ILY-A(アイリーエー)』。ネーミングは“Innovative Life for You” の頭文字をとって略したもので、“A”はActive の意味だ。 そしてなにより、使用目的に応じて [全文を読む]

平成25年10月26日(土)「理系女子フェア × Rikejo」 開催

PR TIMES / 2013年10月08日09時39分

テーマは「機械の自動制御とは?~機械からロボットへ~」(14:00~14:40)。ロボットや機械を自動で動かすときに必要になるのが制御工学。機械工学科で学んだ自身の経験を交えながら、フィードバック制御の考え方や移動ロボットの研究例をわかりやすく紹介する。また、大学の学部・学科で学べる内容や、ゼミ・研究室について、将来目指せる職業についてなどの相談ができる「 [全文を読む]

ガス爆発をおそれず人命救助!「防爆ロボット」日本で初めて開発

インターネットコム / 2016年07月14日06時00分

静電気、火花ひとつで大爆発を起こす危険なガスがじゅうまんした場所でも活動できる「防爆ロボット」が登場した。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、三菱重工業、千葉工業大学が開発した。 電気を使う機械は思わぬところで火花を散らす。そのためトンネルなどで災害が発生し、いったんガスでいっぱいになると、無人探査機などを送り込みたくても判断が難しかった。 だ [全文を読む]

ロケット交流会2016、今年も11/19〜20に東京・お台場で開催

sorae.jp / 2016年11月18日21時00分

(19)宇宙システム開発株式会社(SSD)[Space Systems Development Corporation] SSDにて研究開発している、(1)地球周回衛星イベントシミュレータ、(2)物質循環制御シミュレータ、(3)ロボット技術への取り組みを紹介します。 (20)筑波大学 宇宙工学研究会(SEC)[University of Tsukuba [全文を読む]

アイシン精機のパーソナルモビリティ「ILY-A」が「iF Design Award」を受賞

clicccar / 2016年03月10日15時33分

ベビーカーとほぼ同程度の小型サイズで、ロボット技術を応用した新開発の「知能化安全技術」を搭載し、突然飛び出してくる人や障害物などを認識し、自動で車体の速度を減速して制動制御できます。 自動車各社は、トヨタ、ホンダなどが一人乗りモビリティを発表していますが、「ILY-A」の受賞で一人乗りモビリティ開発競争に勢いがつくことが予想されます。 (山内 博・画像: [全文を読む]

12月12日発売!『キカイダー REBOOT』Blu-ray&DVDスペシャル・エディションに、村枝賢一描き下ろし&石ノ森章太郎バージョンキカイダー 特製ポストカード(2枚組)緊急封入決定!

PR TIMES / 2014年11月21日17時40分

そのほか、追加の映像特典として、レコーディング風景全面協力!千葉工業大学未来ロボット技術研究センター(fuRo)も新たに収録が決定!良心回路のリミッターを振り切る、最強の内容でお届けするファン垂涎のコレクターズアイテム『キカイダー REBOOT』Blu-ray&DVDは、12月12日(金)、いよいよ発売!!【村枝 賢一】むらえだ けんいち1967年9月5日 [全文を読む]

『キカイダー REBOOT』Blu-ray&DVD 2014年12月12日(金)発売決定!!

PR TIMES / 2014年09月05日09時19分

衝撃の登場から40年を超える年月を経て“再起動”した本作は、日本のロボット工学をリードする第一人者・千葉工業大学未来ロボット技術研究センター所長 古田貴之氏全面協力のもと、最新の造型&VFX技術や今日的なテーマ性を備えた物語や、入江甚儀、高橋メアリージュンによる本格アクションで新たな魅力を備えつつ、元祖キカイダー伴大介と入江甚儀の共演や、原作の育んだ世界観 [全文を読む]

フォーカス