論語 孔子に関するニュース

平時武士道としての朱子学/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2016年07月08日06時00分

しかし、実力のみで官僚となった韓愈(768~824)は、修辞過剰な貴族的文体の氾濫に対して、簡潔明快を旨とする古文復興運動を興し、古い諸子百家の文章を模範とし、これらの一つとして孔子の『論語』なども、新官僚の「士大夫」たちの間で高く再評価されるところこととなる。 だが、これで儒学が確立した、などということはない。儒学もなにも、孔子が主張した礼治には、あいか [全文を読む]

論語の失われた2篇が発見されるもその価値に評価分かれる

NEWSポストセブン / 2016年12月04日07時00分

中国の思想家で、後世に大きな影響を与えた孔子の言葉をまとめた「論語」のなかの2篇とみられる竹簡が新たに発見された。これが論語の新篇だと認定されれば、歴史上の大きな発見になるとみられる。香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じた。 論語は、孔子と高弟の言行を孔子の死後、弟子達が記録したもので、「孟子」「大学」「中庸」とあわせて儒教における「四 [全文を読む]

ガチャピン・ムックが朝礼に!? 『月刊朝礼』×フジテレビKIDSの異色のコラボ!!

PR TIMES / 2014年08月01日09時52分

英語で読み解く論語「大人の極意書」の連載がスタート!株式会社コミニケ出版(本社:大阪市西区 代表取締役社長:下井謙政 http://kominike-pub.co.jp/ )が発行する朝礼専門冊子『月刊朝礼』(毎月1日発行)の8月号から、テレビ番組『beポンキッキーズ』や子どものための教育コンテンツを制作する株式会社フジテレビKIDSとのコラボ企画「英語で [全文を読む]

なぜ、神道小学校の理念は間違いなのか。誤解された明治時代の教育

まぐまぐニュース! / 2017年02月28日05時00分

欧米人も同様のことを言っていたが、今までは論語を教育されている中国、韓国も同様であろうと勝手に想像していたし、論語は中国の孔子が書いたので、中国の方が上と考える人も多かった。 しかし、中国人観光客が日本に来て、日本の方が論語を体現していると言っている。この原因は何か、日本は江戸時代に論語を寺子屋で教えていたが、中国は論語を大夫の教えとして、庶民には教育しな [全文を読む]

ハーバードの学生を熱狂させた「東洋哲学」の考え方[本は自己投資だ! 第1回]

Forbes JAPAN / 2016年06月15日17時00分

たとえば『論語』の「郷党第十」にこんな一節がある。「席不正不座」(席正しからざれば、坐せず)なんだか重々しく感じられる一文だが、本書ではこう訳されている。「敷物が乱れていれば、真っすぐに整えてから座った」英文からの日本語訳だと、ぐっとわかりやすい。こんなふうに私たちにとって身近な言葉で語られるため、中国哲学のエッセンスが自然と頭に入ってくるのだ。ただ、これ [全文を読む]

京都の魔窟:朱子学から古学へ/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2016年07月22日06時00分

源吉の話を聞きたい、ということで集まった(というより、弟によって集められた)面々と、ぽそぽそと、ともに論語を語り合う「同志会」。もとより、周囲四方にまで響き渡る、京都らしからぬ闇斎の怒号、そこにたむろするあやしげな連中に反感を持っていた町内近隣の人々は少なくなかった。一方、源吉先生の話はよくわかる、日々の暮らしや仕事の反省として、とても勉強になる、というこ [全文を読む]

戦時中ですら孔子に敬意を払った日本人=「中国の悪党がそれを破壊」―中国ネット

Record China / 2017年04月03日08時20分

この孔子の教えや儒教は日本文化にも非常に大きな影響を与えており、いまでも日本の高校では論語を教えていると伝え、「わが国におけるマルクスと同じほど、孔子は深く尊敬されている」と伝えた。 その一例として、日中戦争中に日本が山東省にある孔廟、孔林、孔府の安全を確保したことを紹介。孔子の出身地である曲阜に日本軍が到着した際、東京大学の高田真治教授が軍部に対し、「山 [全文を読む]

「余命10年」蛭子さんが死ぬ!? 新著『蛭子の論語』インタビューで衝撃発言!

tocana / 2015年12月24日13時00分

儒教の祖・孔子の思想を蛭子流に解釈した『蛭子の論語』(角川新書)を上梓した蛭子能収氏。前作の新書『ひとりぼっちを笑うな』(角川oneテーマ21)は、SNS全盛の現代にありながら“ひとりで自由に生きる”という考え方が共感を呼び、14万8000部のベストセラーとなった。またテレビ番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京)での“ゆるさ”も人々に安心と笑い [全文を読む]

1800年前に失われた「斉論語」か、前漢・海昏侯墓から見つかる―中国メディア

Record China / 2017年01月13日20時10分

2017年1月12日、中国江西省の文物考古研究所は、前漢(紀元前206年〜8年)の第9代皇帝、劉賀が埋葬された同省南昌市の海昏侯墓で出土した竹簡の中から、1回目の赤外線スキャンの結果、約1800年前に消失した「斉論語」とみられるものが見つかったと明らかにした。中国中央テレビのニュースサイトが伝えた。 中国春秋時代の思想家、孔子の言葉をまとめた「論語」は、前 [全文を読む]

「超訳」本では軽すぎる、全文解説本では重すぎる、論語の全体像を把握しながら通読したい人にお勧めの「現代の論語完全版」が誕生!

PR TIMES / 2016年12月07日18時44分

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2016年12月7日(水)に、『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』を刊行いたしました。[画像1: http://prtimes.jp/i/12109/215/resize/d12109-215-869788-0.jpg ] 『超訳 孫子の兵法』(アイバス出版)で「 [全文を読む]

易学の考え方:朱子学の前に/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2016年08月04日06時00分

とくに孔子は『易経』を好み、その解説「十翼」を書き足した、とされて、以後、儒学の聖典の一つとなり、これと『論語』や『孟子』をつなぐために、のちに朱子学ができてくることになる。もっとも、今日、孔子が「十翼」を書いた、というのは、否定されている。が、孔子に似た世界観や倫理観を含んでいるのは確かだ。 もともとの『易経』は、64の卦(け)と、そのそれぞれの6本の陰 [全文を読む]

もし蛭子さんが孔子の「論語」を読んだら…? シュールな感想コメントが面白すぎる

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月11日11時00分

今回のテーマはなんと「論語」だという。【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 「ある日、『ひとりぼっちを笑うな』の編集者さんから、「蛭子さん、次は『論語』を読んでみませんか?」って連絡がきた。「えっ? ロンゴ? 何ですかね、それ?」。最初は意味もわからず、そう聞き返すだけ。よくよく聞いてみたところ、その編集者さん曰く、『ひとりぼっちを笑うな』に書かれて [全文を読む]

【論語物語】のBookドリルアプリを提供開始!

PR TIMES / 2015年02月16日20時06分

株式会社ライムス(所在地:東京都中央区、代表取締役:吉村光司)は、【論語物語/著:下村湖人】のBookドリル版を、2015年2月16日(月)より提供開始しました。 [画像: http://prtimes.jp/i/10725/21/resize/d10725-21-654545-0.jpg ] ■Bookドリル版、【論語物語】 https://www.b [全文を読む]

孔子の「論語」に学ぶ道徳教育会「ちびっこ寺子屋体験会」を11月22日に佐賀県伊万里市にて地域域密着型薬局の株式会社回生薬局が開催

DreamNews / 2014年11月04日13時00分

孔子の「論語」に学ぶ道徳教育会「第二回ちびっこ寺子屋体験会」開催!凄惨な事件が頻発する昨今に、未来を支える子供達の道徳観養育として寺子屋で行われていた孔子の「論語」に学ぶ「ちびっこ寺子屋体験会」を11月22日に地域域密着型薬局の株式会社回生薬局(佐賀県伊万里市)が開催します。孔子の「論語」に学ぶ道徳教育会「第二回ちびっこ寺子屋体験会」開催凄惨な事件が頻発す [全文を読む]

論語は2500年前のツイッター!?『論語なう ~140文字でわかる孔子の教え~』マイナビ新書より4月24日(火)発売

PR TIMES / 2012年04月23日13時31分

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区)は、マイナビ新書『論語なう~140文字でわかる孔子の教え~』を4月24日(火)より発売します。 古代中国の大古典「四書」のひとつである『論語』は、春秋時代(約2500年前)の中国の思想家・孔子の言葉や行いを弟子たちがまとめた言行録です。「子曰く~」で始まるフレーズの中には有名なものが数多くあり、古来より名著とされてき [全文を読む]

昭恵夫人も読んでほしい 籠池劇場「大物・小物」の論語的見極め術

プレジデントオンライン / 2017年04月17日09時15分

論語的に見て、籠池氏は「小物」か「大物」か? 森友学園問題で、先月、籠池泰典前理事長が国会で証人喚問されました。私が驚いたのは、彼が、証言の場でとても堂々としていたように見えたことです。 証人喚問というと、私たちの世代だと、田中角栄元首相が5億円の収賄容疑などで逮捕された「ロッキード事件(1976年)」や、政府高官が絡んだ汚職事件の「ダグラス・グラマン事 [全文を読む]

現役東大生たちが語る「教科書より役立った本」に絶句!『コナン』『DEATH NOTE』『ハリー・ポッター』...

リテラ / 2016年03月10日12時11分

そういえば先に触れた古典の感想でも、孔子『論語』は「漢文の勉強になった」、三島由紀夫『不道徳教育講座』は「読むだけでストレス解消になった!」だった。 しかし、驚くのはまだ早い。さらにラインナップをみていくと、目につくのがマンガ。というか、数えてみたらなんと100冊のうち10冊はマンガだった。 [全文を読む]

蛭子能収、なぜいま人生最大のブレイク期に? 映画版『ローカル路線バス〜』から考える

リアルサウンド / 2016年02月13日07時10分

さらに、昨年11月には、蛭子が孔子の『論語』を解説する謎の新書『蛭子の論語』(角川新書)も上梓。こちらも好評なのだとか。それにしても、いつの間に彼は、そんなに人気者になったのか。そのきっかけとなったのは、2007年から1年に2回から3回のペースで放送されている旅バラエティ番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京)であるというのが、もっぱらの定説だ。 [全文を読む]

論語を英語で学ぶ書籍『The Analects~論語に学ぶビジネス・エシックス』が発売!!

PR TIMES / 2015年09月25日09時46分

経営者や上級管理者から就活中の学生まで幅広く読める『知性がくすぐられるビジネス書』株式会社コミニケ出版(本社:大阪市北区 代表取締役社長:下井謙政 http://www.kominike-pub.co.jp/)は、働く人の「心の在り方」を育てる月刊誌『月刊朝礼』のフジテレビKIDSとのコラボ企画「大人の極意書」(英語で読み解く論語)を書籍化した『The A [全文を読む]

平均年収974万円の30代以上が推薦する「20代で読むべき本」ベスト5は『7つの習慣』『マネジメント』『人を動かす』『ザ・ゴール』『論語』

@Press / 2015年03月25日11時45分

(タイトル、著者)1 『7つの習慣』 スティーブン・R・コヴィー2 『マネジメント』 ピーター・F・ドラッカー3 『人を動かす』 デール・カーネギー4 『ザ・ゴール』 エリヤフ・ゴールドラット5 『論語』 孔子6 『道は開ける』 デール・カーネギー7 『ビジョナリーカンパニー』 ジム・コリンズ、ジェリー・I・ポラス8 『孫子の兵法』 守屋洋9 『思考は現実 [全文を読む]

フォーカス