俳優 三上博史に関するニュース

斎藤工、大沢たかお、そして坂上忍も…歌手デビュー経験のある意外な(!?)男性俳優

日本タレント名鑑 / 2016年06月28日09時55分

もう18年も前の曲ですが、それだけインパクトが強く、また同曲のイメージもあり、“歌手・反町隆史”としても俳優同様にインパクトを残しました。その一方、「え!?この人も歌手デビューしていたんだ」という人も。ここでは、歌手デビュー経験のある意外な(!?)男性俳優について紹介します。 90年代は俳優が歌手デビューするケースも目立った反町さん以外にも、大ヒットシリー [全文を読む]

元スカパラの冷牟田率いるTHE MANのフリーライヴに三上博史が登場!

okmusic UP's / 2014年03月17日14時00分

ライヴ中盤にはシークレットとされていたゲスト、俳優の三上博史が登場した。突然の三上博史の登場、そして熱唱にハチ公前広場は一時騒然となり、30分程のライヴは大盛況に終わった。 リーダーの冷牟田竜之と三上博史は、三上博史の実兄が東京スカパラダイスオーケストラの初期メンバーだったこともあり昔からの友人であったが、2013年に久々の再開を果たし意気投合。昨年11 [全文を読む]

『コード・ブルー』は月9ドラマを救うか? 複合的な群像劇への期待

リアルサウンド / 2017年07月10日06時00分

その上で、新たなスター候補を発掘し、次世代の主演俳優を生み出していくことが求められている。過去を振り返ると、月9がスタートしたばかりの1990年前後は、三上博史、柳葉敏郎、吉田栄作、織田裕二らのスター俳優が次々に誕生した。今後も実績十分のトップ俳優ではなく、「これから登り詰めるであろう俳優をいかに見極めて抜てきしていくか」が鍵を握っている。やはり、月9は新 [全文を読む]

井上陽水の歌の世界を、読み解く。言葉の力を“今”もう一度…ミュージック ドキュメント井上陽水×ロバート キャンベル 「言の葉の海に漕ぎ出して」

PR TIMES / 2016年11月10日10時51分

さらに、俳優の三上博史が歌詞の朗読を行います。どうぞお楽しみに。 [画像1: http://prtimes.jp/i/4829/985/resize/d4829-985-169758-0.jpg ] [画像2: http://prtimes.jp/i/4829/985/resize/d4829-985-599235-1.jpg ] ◆『飾りじゃないのよ涙は [全文を読む]

三上博史がSNSをやらずバラエティー番組に極力出ぬ矜持

NEWSポストセブン / 2016年07月24日07時00分

「“三上博史”というパブリック・イメージを作らないことが俳優として必要な準備だと、ぼくは思っているんです」 インスタグラムなどのSNSはやらない。できる限りバラエティー番組やトーク番組には出演しないし、出演する場合にはひとつのイメージが定着しないように心がける。 常に作品の世界観を第一に考える三上が現在演じているのは、ひと癖もふた癖もある遺産相続専門弁護 [全文を読む]

三上博史、『柿崎真一』で再ブレイクか? 90年代スター俳優が今もフレッシュな理由

リアルサウンド / 2016年08月08日06時10分

世代交代が順調に進んでいるかと思われていたドラマ界において、松嶋菜々子や滝沢秀明、江口洋介など、90年代に第一線で活躍した俳優たちが再び主役を務める作品が多い今期の夏ドラマ。各ドラマのストーリーやキャラの全貌がだいたい見えてきた中で、徐々に面白くなってきているのが、あの名優・三上博史が深夜ドラマで主演を務めることで話題となった『遺産相続弁護士 柿崎真一』( [全文を読む]

“月9”の影響力に変化有り!?街からОLを消した伝説のドラマ枠の過去と未来【パート1】

日本タレント名鑑 / 2015年07月30日11時55分

現在では15%前後と、全盛期に比べると落ち込み気味ではありますが、今でも「月9出演」「月9主演」が俳優の“ハク”になるのは間違いありません。今回は、その時代時代の背景とともに、月9ドラマの華麗なる歴史を紐解いてみましょう。 フジテレビの月曜9時は日本一の視聴率枠実はこの枠、月9ドラマがスタートするまでは、人気コメディアン萩本欽一さん担当のコメディ番組を長く [全文を読む]

キムタク、福山、三上博史…「好きだった月9ドラマ俳優」ランキング!

NewsCafe / 2013年08月03日12時00分

確かにこの月9枠は、そうそうたる人気俳優たちが役を務めてきた。彼らが築いた"月9全盛期"のインパクトを超えるのは簡単ではないだろう。そこでNewsCafeでは「好きだった月9ドラマ俳優は?」というアンケートが実施された。ランキングとともに寄せられた声をご紹介しよう。※回答総数…712件【1位】木村拓哉(48.5%)■やっぱり一番存在感がある。[女性/40代 [全文を読む]

【ロックファン必見】伝説のロックミュージカル『ヘドウィグ』の日本公演決定! 主演はなんと生みの親のジョン・キャメロン・ミッチェル

ロケットニュース24 / 2017年06月27日15時08分

アノ舞台が再び帰ってくる! しかも主演は生みの親であるジョン・キャメロン・ミッチェル! これは見るしかないッ!! ロック好きなら必ず見るべきッ! ・伝説のミュージカル この作品は1997年に俳優のジョンと作曲家のスティーヴン・トラスクにより誕生した物語だ。ニューヨークの小さな劇場で演じられた舞台はロングランヒットとなり、マドンナが作品の楽曲の権利を手に入れ [全文を読む]

巨大新聞社が外資へ“身売り”……ドラマ『社長室の冬』三上博史インタビュー「情報の送り手側だけでなく受け手側のモラルが問われる」

ガジェット通信 / 2017年05月11日09時00分

―最近では俳優の方がSNSで自分のプライベートを発信することが当たり前となりました。 三上:僕にとって「役者」って自分が大切なんじゃなくて、「役」が大切な仕事なんです。だから自分をひけらかせばひけらかすほど、演じる役の説得力がなくなっていく。ある時期、自己宣伝ツールとしてインスタグラムくらいはやろうかと思ったんです(笑)。でも、そこをなし崩しにしたら、全 [全文を読む]

中国版「プロポーズ大作戦」は今年上半期にオンエア、EXOレイやジュリアン・チョン出演―中国

Record China / 2017年01月13日12時30分

さらにこのほど、三上博史が演じた英国紳士風の「妖精」役を、香港の人気俳優ジュリアン・チョン(張智霖)が演じることも明らかになった。オリジナル版では大きな存在感を見せた三上博史の「妖精」だが、ジュリアン・チョンがどのように演じるのか期待される。(翻訳・編集/Mathilda) [全文を読む]

主題歌は名曲ばかり!今年の聖夜はドラマで楽しもう!クリスマスに観たい懐かしの恋愛ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年12月22日16時55分

ちなみに、このドラマはトレンディ俳優の代表格、三上博史さんが連ドラ初主演となった作品。他にも、工藤静香さん、鈴木保奈美さん、麻生祐未さん、布施博さんなど、豪華な面々が脇を固めます。個人的には、強面(失礼?)の俳優、宇梶剛士さんのお坊ちゃまっぷりがツボでした。 ホームワーク 最後に紹介させて頂くのは、1992年の10月から年末まで放送されたドラマ「ホームワー [全文を読む]

江口洋介、向井理ら「イケメン俳優イジリ」 制作側の狙い

NEWSポストセブン / 2016年08月27日07時00分

中でも、イケメン俳優たちが意外な姿を見せている作品が目立つ。制作サイドによる「イケメン俳優イジリ」とも言うべきその演出の狙いについて、テレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 * * * 夏ドラマがいよいよ佳境を迎えようとしていますが、イケメンの主演俳優たちがかつてないほどイジられていることに、「アレッ?」と思った人は多いのではないでしょうか。『せいせいする [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】三上博史、念願叶って『5時夢』出演。本当は岩井志麻子とのエロトークをしたかった?

TechinsightJapan / 2015年07月26日19時50分

俳優の三上博史が7月24日、かねてから熱望していたTOKYO MX『5時に夢中!』への出演を果たした。同番組の大ファンである三上はあちらこちらで“出演したい”と言って回り、やっと夢が実現したと生放送中ずっとご機嫌な様子で、笑顔が絶えなかった。MCのふかわりょうら番組レギュラー陣も彼の出演を大変喜んでいたが、一方で「なんでこんな番組に…」と戸惑いも隠せない様 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】西田敏行が映画『マエストロ!』で指揮者役。キャラクター列伝に新たな歴史つくる。

TechinsightJapan / 2015年01月31日21時20分

一転して北野武監督の『アウトレイジ ビヨンド』では凄みのきいたヤクザ役を演じ、俳優としての幅を見せつけ、温厚な西田のイメージを覆した。まさに西田が“日本映画界の顔”と言われる所以である。最新作『マエストロ!』では、俳優人生初となる指揮者役に挑戦した西田敏行。彼が演じるのは破天荒なキャラクター天道徹三郎だ。経歴も素性も不明な謎の指揮者として登場する天道は、不 [全文を読む]

sukekiyo、東京追加公演&上海公演を発表

okmusic UP's / 2015年01月29日13時30分

SoundCloudでは初回限定盤の特典ディスクに収録されるX JAPANのToshl(Vo)をフィーチャーした「雨上がりの優詩 Collaboration with Toshl」、俳優・三上博史とのコラボが実現した「focus Collaboration with 三上博史」の音源試聴が解禁。また『VITIUM』の全曲試聴音源や、京(Vo)が手がけたキャ [全文を読む]

sukekiyo ツアー追加公演決定 Toshi・三上博史コラボ曲試聴解禁

dwango.jp news / 2015年01月29日13時05分

SoundCloudでは初回限定盤の特典ディスクに収録されるX JAPANのToshl(Vo)をフィーチャーした『雨上がりの優詩 Collaboration with Toshl』、俳優としても活躍する三上博史とのコラボが実現した『focus Collaboration with 三上博史』の音源試聴が解禁。また『VITIUM』の全曲試聴音源や、京(Vo) [全文を読む]

sukekiyo Toshiと三上博史とのコラボバージョン曲2作品を発表

dwango.jp news / 2015年01月16日12時00分

そして初回限定盤の特典ディスクに、X JAPANのToshl(Vo)とのコラボによる『雨上がりの優詩』、そしてアーティストとしての顔も持つ俳優・三上博史と共演を果たした『focus』のコラボバージョンが収録されることも判明した。2人はそれぞれ今回のコラボについてコメントを寄せており、Toshlは「世界の舞台で活躍する京さんとコラボさせていただくこと、大変楽 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】三上博史が今、出たいのはアノ番組。要望するも「出してくれないんですよ」

TechinsightJapan / 2015年01月13日18時30分

1月9日放送の『たまむすび』(TBSラジオ)内のコーナー「その筋の話」に、俳優の三上博史がゲスト出演し“中学時代の大胆な行動”や“母親との思い出”などを語った。 中学生の頃に横浜に住んでいた三上は、ある日の通学中に“同じ方向を向いて歩く大勢の背中”を目にした際、何か違和感を覚えたのだと述懐する。そこで学校へは行かずに帰宅してきた彼は、すぐさま制服から普段 [全文を読む]

WOWOW連続ドラマW「贖罪の奏鳴曲」主演の三上博史からコメント到着

Entame Plex / 2014年11月03日19時03分

ドラマは、どんな罪名で起訴されても必ず執行猶予を勝ち取るという不敗の弁護士・御子柴礼司(三上)が国選弁護士を買って出た保険金殺人事件の容疑者の息子・幹也役に染谷将太、事件の真相を追う刑事・渡瀬役にWOWOWドラマ初登場のリリー・フランキーと、個性的な俳優陣が出演。本作の放送決定を受け、主演を務める三上博史、青山真治監督、原作者・中山七里よりコメントが寄せら [全文を読む]

フォーカス