ドラマ 白い巨塔に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

■お仕事ドラマの夜明けまず、21世紀の連ドラの特徴として、それまでの“純愛ドラマ”全盛だった90年代と比べて、“お仕事ドラマ”の時代となったことが挙げられると思う。で、その扉を開けたのが、この作品――フジテレビの月9ドラマ『HERO』(1stシーズン)だったと。奇しくも2001年1月8日スタート。文字通り21世紀最初のクールの作品だったんですね。思えば、9 [全文を読む]

東野圭吾、宮部みゆきに山崎豊子!原作を読んで欲しい日本ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年12月01日10時58分

こんなときは、温かい部屋でゆっくりと読書なんていかがでしょうか? 今回は、ぜひ原作を読んで欲しい日本のドラマ作品を5本ピックアップして紹介させて頂きます。既にドラマを観て内容や結末を知っていたとしても、より深く楽しめる原作を選んでみました。もちろん、ドラマを知らなくても十分に楽しめる名作ばかりです。 空飛ぶ広報室(有川浩)2013年にTBSでドラマ化された [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

暮れにかけてはドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の大ヒットに、こちらも文春砲に見舞われた『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)の大ピンチ。極め付けは大晦日の『NHK紅白歌合戦』の疑惑の紅組勝利――etc. 中でも、最もインパクトが大きかったのは、やっぱりSMAPの解散でしょうね。1月の解散報道スクープ直後に5人が生出演した『SMAP×SMAP』( [全文を読む]

医者が守るのは命?金?名誉?絆!?記憶に残る“医療ドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月22日09時55分

やはり、生死に関わる人々の姿には真剣さを感じ、ドラマで観ても迫力があります。患者さん側のドラマと医療従事者側のドラマが複雑に絡み合い見応えもあり、近年様々な医療ドラマが大ヒットしています。メディア研究の第一人者カナダのマーシャル・マクルーハン氏は、この現状を1964年に予測していたほどです。今回はそんな、多くの人の記憶に残った印象深い医療ドラマ作品を、ドク [全文を読む]

平井堅 新曲が唐沢寿明主演「ナポレオンの村」主題歌に決定

dwango.jp news / 2015年06月25日06時00分

ドラマ「ナポレオンの村」は限界集落を蘇らせたスーパー公務員・高野誠鮮氏の著書「ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?」(講談社刊、講談社「+α新書」版を6月22日刊行予定)を原案に、消滅寸前の限界集落を立て直そうと地元自治体に赴任してきたスーパー公務員の男が巻き起こす改革と彼を取り巻く役所の面々、村人たちとの交流、そして [全文を読む]

<名作ドラマの条件>木村拓哉『ALIFE~愛しき人~』の共感と幸福感

メディアゴン / 2017年03月03日07時40分

赤坂慎吾[ライター]* * *筆者は長年、視聴者としていろいろなテレビドラマを見てきた。その中には、放送が終わって何年経っても忘れられない名作ドラマというものが結構ある。 「カミさんの悪口(1993)」や「華麗なる一族(2007)」(ともにTBS)などは忘れられない。古くは「咲子さん、ちょっと(1961TBS)」、「ただいま11人(1964TBS)」、「七 [全文を読む]

トーハン 店頭活性化プロジェクト 雑誌『ダ・ヴィンチ』×「WOWOW」連動フェア&キャンペーン スタート ~第1弾「連続ドラマW 沈まぬ太陽」放送記念「山崎豊子」フェアを開催~

DreamNews / 2016年04月25日16時00分

企画第1弾は「連続ドラマW 沈まぬ太陽」放送記念「山崎豊子」フェアを実施。ドラマの原作となる『沈まぬ太陽』(新潮文庫)は、未曽有の航空機墜落事故という悲劇の裏で信念を貫き巨大組織に生きる人々を描いた、作家・山崎豊子氏の代表作です。本ドラマは、WOWOW開局25周年記念作品で、上川隆也、渡部篤郎など豪華キャストが出演します。またアフリカや中東ロケなどドラマ [全文を読む]

『コード・ブルー』ほか人気シリーズ多数!医療ドラマの支持率

しらべぇ / 2017年05月25日18時00分

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)7月クールのドラマ『コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命―』(フジテレビ系)の追加キャストが発表され、早くも注目を集めている。何度もドラマ化された「白い巨塔」や「救命病棟24時」「ナースのお仕事」「医龍-Team Medical Dragon-」「チーム・バチスタの栄光」「ドクターX」など、シリー [全文を読む]

ドラマ低迷理由 キャスティングありきのため脚本の質が落ちた

NEWSポストセブン / 2012年09月04日07時00分

1990年代、視聴率20%超えが当たり前だったドラマは、今や視聴率10%を超えれば“合格”といわれる。『プロジェクトX 挑戦者たち』を手がけた元NHKエグゼクティブプロデューサーで作家の今井彰さんは、「今のドラマはまったく見る気がしない」としたうえで、その理由をこう話す。「表面的な模倣ばかりで、今の時代の人たちの共感を得るリアリティーが描き切れていないんで [全文を読む]

[コラム] 再び韓流旋風が吹き荒れる?!相次ぐ韓流ドラマの日本リメイク

THE FACT JAPAN / 2017年07月28日11時53分

ソ・ジソプ主演『ごめん、愛してる』のリメイクドラマが日本で放送開始昨年放送された『HOPE~期待ゼロの新入社員~』に続き、二本目2004年、ソ・ジソプ主演で放送された『ごめん、愛してる』のリメイクドラマが現在、日本で絶賛放映中だ。昨年放送された、『HOPE~期待ゼロの新入社員~』も2013年に韓国で大ヒットした社会派ドラマ『ミセン』のリメイク。立て続けに韓 [全文を読む]

天才外科医が患者を救う…似たような医療ドラマが乱発される、信じがたい理由とは?

Business Journal / 2016年02月26日06時00分

この1年だけで、『無痛~診える眼~』(フジテレビ系)、『コウノドリ 命についてのすべてのこと』(TBS系)、『破裂』(NHK)、『DOCTORS3 最強の名医』(テレビ朝日系)、『まっしろ』(TBS系)、そして現在も『フラジャイル』(フジテレビ系)と、多くの医療ドラマが放送されている。 21世紀に入ってから、『白い巨塔』(フジテレビ系)、『救命病棟24時』 [全文を読む]

【倍返しだ!】TBS新ドラ『半沢直樹』が予想以上に面白いと話題 「真面目なリーガル・ハイ」

AOLニュース / 2013年07月09日13時36分

TBSの新ドラマ、日曜劇場『半沢直樹』が「予想以上に面白い」「真面目なリーガル・ハイ」とネット上で話題に...いや、かなり絶賛されている。 直木賞作家・池井戸潤による人気小説のドラマ化ということで話題となっていた本作だが、7月7日の第1回放送の2時間スペシャルを観た視聴者たちの満足度はかなりのものだったようだ。 ― バブル期に銀行に就職、性根が腐った上司に [全文を読む]

『白い巨塔』の変遷にみる 日本の希薄化【後編】

文春オンライン / 2017年08月30日07時00分

(前編よりつづく) 狂気の田宮二郎 『白い巨塔』は映画化の後も繰り返しテレビドラマ化されている。なんといっても圧巻は1978年の田宮二郎主演のバージョンである。DVD化されてすぐに大喜びで一気に観た。全31回の連続テレビドラマである。立て続けに観るとさすがに長く、映画のような緊張感はない。しかし、その分小説に忠実な筋運びが映像で楽しめる。 ドラマ版もキャス [全文を読む]

<予告編もドラマの一部>『ALIFE~愛しき人~』木村拓哉の名演技

メディアゴン / 2017年03月09日07時30分

かつ、ここはドラマの中で外すことのできない大きな山場だろう。肉親であり、しかも執刀医と言う残酷な事実は沖田の父が沖田に突き付けた命題だ。しかし、沖田は昔の母親の悲劇も父親への恩愛も乗り越えオペを成功させる。そんな沖田の陰と光を木村拓哉が熱く演じる。本編が放送される前に筆者の家人が、 「今日は沖田先生のお父さんが死んじゃうのよ。」と言う。「なんで?」と問うと [全文を読む]

【医師たちのリアル恋愛事情】ナースじゃない!? 医大教授の意外な不倫相手

デイリーニュースオンライン / 2015年04月24日11時50分

【フリーランスドクターXのぶっちゃけ話】 ドラマ『医師たちの恋愛事情』(フジテレビ系/木曜よる10時〜)の医療アドバイザーを務める現役女医・筒井冨美が、ドラマに描かれる医療現場のリアルを解説する。 相手はナース、秘書、ホステスが王道だったが…… 医療ドラマに登場する「医大教授の愛人」といえば、古典的には『白い巨塔』(フジテレビ系)の「ケイ子」が代表格であろ [全文を読む]

あのモンスター視聴率ドラマ「伝説の最終回」(7)“珠玉の最終回ベスト5”を早送りプレイバック

アサ芸プラス / 2013年11月08日09時54分

熱血教師モノから社会派、そしてジェットコースタードラマまで。ネタバレ御免の高視聴率最終話を誌上再現する! 【1】「熱中時代」(日本テレビ系、78年10月6日~81年3月30日。最終回視聴率40.0%) 主人公は熱血新米教師・北野広大。北海道小樽出身という設定のため、北海道なまりで、「先生はなあ~」と生徒にしゃべりかけるのが特徴だ。この主演の水谷豊の独特のセ [全文を読む]

山下智久『コード・ブルー』の成功で20年前の大ヒット作も復活の動き

デイリーニュースオンライン / 2017年08月04日11時40分

7月31日に放送された山下智久(32)主演のドラマ『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)の第3話の視聴率が、14.0%(ビデオリサーチ調べ・関東地区・以下同)であることがわかった。第2話の15.6%から、1.6ポイントダウンしているものの、好調な視聴率を持続していることには変わりない。 「前クールに放送さ [全文を読む]

キムタク初の医師役 過去の医療ドラマとの共通点と違いは

NEWSポストセブン / 2017年01月29日07時00分

木村拓哉が初めての医師役に挑んだドラマ『A LIFE~愛しき人~』(以下『A LIFE』)が初回の平均視聴率14.2%でスタートした。2回目は数字を伸ばし14.7%を記録。この数字が高いとみるか低いとみるかは今後の推移によって判断がわかれるが、妥当な数字ではなかっただろうか。 それは、過去の医療ドラマのヒットのキーワードをおさえていることによって、ある程度 [全文を読む]

米倉涼子の魅力だけじゃない?テレ朝「ドクターX」失敗しない舞台裏を総直撃!(1)「これなら米倉さんっぽい」

アサ芸プラス / 2016年11月19日05時57分

今クールで最も数字を稼ぐドラマこそ、米倉涼子主演の「ドクターX」だ。そこで「失敗しない」秘密を探るべく、「御意男」遠藤憲一をはじめ出演者・スタッフを総直撃した! 米倉の「生足」だけではない人気の理由は、舞台裏で練りに練られたひたむきなドラマ制作姿勢にあった! 世帯別平均視聴率が10%台前半で「大健闘」と叫ばれる昨今のテレビドラマ業界。しかし初回の20.4% [全文を読む]

WOWOW×『ダ・ヴィンチ』連動フェア&キャンペーンスタート!第1弾は「山崎豊子フェア」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月28日17時30分

【人気連載マンガ】ネットで話題!! とある書店のコミック売り場から、マンガ愛をふんだんにこめた日報をお届け! 企画第1弾は連続ドラマW「沈まぬ太陽」放送記念として、「山崎豊子フェア」を開催。ドラマの原作となる『沈まぬ太陽』は、未曽有の航空機墜落事故という悲劇の裏で信念を貫き巨大組織に生きる人々を描いた、山崎の代表作だ。ドラマには、上川隆也、渡部篤郎など豪 [全文を読む]

フォーカス