織田信長 司馬遼太郎に関するニュース

司馬遼太郎の『国盗り物語』はデタラメだった?史実と違う主人公の生涯

Business Journal / 2015年08月13日06時00分

よく、歴史上の人物について「徳川家康が好き」「宮本武蔵が好き」「織田信長が好き」などと言いますが、誰も実際の家康や武蔵のことは知りません。それは、「徳川家康」が好きなのではなく、「山岡荘八が描いた徳川家康」や「吉川英治が描いた宮本武蔵」「司馬遼太郎が描いた織田信長」が好き、というだけなのです。 前述した『国盗り物語』では、道三、信長、さらに明智光秀の3人が [全文を読む]

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

信長を演じてみたい―戦国時代の魅力が詰まった作品たち 「司馬さんの作品が映像化されるとしたら、どういった人を演じたいですか」と聞かれることがありますが、戦国を舞台にするならば織田信長に挑戦したいと思います。中でも『国盗り物語』の信長は、いままで幾度となく映像化されているとはいえ、演じてみたい人物です。この作品は、斎藤道三と信長、明智光秀という不思議な“師 [全文を読む]

ドナルド・トランプ、柳井正、孫正義……お金がバンバン貯まる「実践!大富豪の言葉」

プレジデントオンライン / 2017年03月07日09時15分

妻・優美との間に娘2人 【尊敬する人物】聖徳太子、織田信長、坂本龍馬。「この3人のイノベーターには共通点がある。当時の最先端機器をいち早く取り入れた点だ。聖徳太子は折れにくい刀、織田信長は鉄砲、龍馬は黒船」 【愛読書】『竜馬がゆく』(司馬.太郎)、『ユダヤの商法』(藤田田)、『成功はゴミ箱の中に』(レイ・クロック) * Forbes The World's [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

織田信長や豊臣秀吉が天下統一を成し遂げたのではなく、戦国の乱世を収めたいと願う民衆のエネルギーが彼らを生んだと。その説に従えば、2009年10月クールに連ドラの流れを変える名作が生まれたのも、歴史の必然だったのかもしれない。TBS日曜劇場『JIN-仁-』は、脚本・森下佳子サン、演出・平川雄一朗サン、プロデュース・石丸彰彦サンの座組みである。主演は大沢たかお [全文を読む]

秀吉も食した極上和菓子も。楽しく美味い京都門前菓子食べ歩きガイド

まぐまぐニュース! / 2016年02月26日08時00分

松風の由来は織田信長の本願寺攻めを起源とするとても歴史ある御菓子です。松風は、1570年11年間続いた織田信長と石山本願寺の合戦の最中に亀屋陸奥の三代目大塚治右衛門春近が献上した品です。その献上品が兵糧の代わりとなり当時の教祖・顕如(けんにょ)率いる浄土真宗の門徒は信長と和睦したと伝わります。その時に顕如が詠んだ歌にちなんでこの名がつけられました。 「忘れ [全文を読む]

作者語る『ルパン三世』の秘密4「五右エ門を生んだ“すし店での会話”」

WEB女性自身 / 2017年03月26日06時00分

その生みの親であるモンキー・パンチ先生が、知られざる石川五右ェ門誕生の秘話を本誌に明かしてくれました! 「五右ェ門のイメージは歌舞伎の五右衛門ではなくて、『忍びの者』という映画の中で市川雷蔵さんが演じた、織田信長の暗殺を企む石川五右衛門という忍者なんです。ものすごくかっこよくてね。五右ェ門をこの忍者の十何代目かに設定して出そう、と」 しかし、悩んだのが五右 [全文を読む]

フォーカス