電子書籍 司馬遼太郎に関するニュース

司馬文学の金字塔『坂の上の雲』遂に電子化決定 没後20年となる2016年元旦から配信開始

@Press / 2015年11月30日10時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は、2016年元旦から、司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』全8巻を電子書籍化して配信します。『坂の上の雲』は、総発行部数2,000万部を超える司馬文学の金字塔です。一部書店では、2015年11月30日に電子版の予約も始まります。 俳句改革に命をかけた正岡子規、日露戦争を勝利に導いた秋山好古・真 [全文を読む]

没後20周年 特別増刊号「司馬遼太郎の真髄 『この国のかたち』」電子版を2月5日(金)に発売!

@Press / 2016年02月03日10時00分

株式会社文藝春秋・電子書籍編集部では、特別増刊「司馬遼太郎の真髄 『この国のかたち』」の電子版を2月5日に発売いたします。 『竜馬がゆく』『坂の上の雲』など、多くの国民的ベストセラー小説を生み出し、歴史的視座からこの国と日本人を思索したエッセイ、評論を残し、日本社会に多大な影響を残した司馬遼太郎氏。今年は没後20周年ということで、TV番組など、その業績を再 [全文を読む]

総発行部数2,500万部超!司馬遼太郎作品 初の本格電子化 日本文学の金字塔『竜馬がゆく』全8巻、6月21日から電子版発売!本日から予約開始!

@Press / 2013年06月03日13時30分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾隆弘)では、6月21日より、司馬遼太郎『竜馬がゆく』を電子書籍化して発売します。司馬作品の本格電子化は今回が初めてになります。 『竜馬がゆく』は、1962年6月21日に、産経新聞夕刊で連載が開始されました。土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇蹟の生涯を、 [全文を読む]

司馬遼太郎氏の不朽の名作 『この国のかたち』遂に電子書籍化 12月9日から主要電子書店で発売開始!

@Press / 2016年12月08日09時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は12月9日(金)、司馬遼太郎氏の『この国のかたち』の電子書籍版を発売いたします。 『竜馬がゆく』『坂の上の雲』など、多くの国民的人気小説を生み出し、この国と日本人を思索したエッセイ、評論を残し、日本社会に多大な影響を残した司馬遼太郎氏。 中でも『この国のかたち』は、月刊文藝春秋に十年にわ [全文を読む]

司馬遼太郎作品を電子書籍化している出版社5社で、2月19日(金)より「司馬遼太郎没後20年 5社合同フェア」展開!

@Press / 2016年02月18日15時00分

株式会社文藝春秋 電子書籍編集部では、2016年2月19日(金)より司馬遼太郎作品を電子書籍化している出版社5社で「司馬遼太郎没後20年 5社合同フェア」を展開します。 国民的作家、司馬遼太郎さんが逝去されたのは1996年2月12日。今年は没後20年の節目の年にあたります。小説、評論、エッセイを通して「日本とは、日本人とは何か」を問い続けた作品群は、いまな [全文を読む]

司馬文学の金字塔『坂の上の雲』電子版 もうすぐ配信開始 ポイントバックなど期間限定施策で、より手に入れやすく!

@Press / 2015年12月24日16時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は、2016年元旦から、司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』全8巻、合本版を電子書籍化して配信します。『坂の上の雲』は、総発行部数2,000万部を超える司馬文学の金字塔です。 発売を記念して、各電子書店で、ポイントバック還元等の施策を行います。三ヶ日のみ、1週間など、方法、期間は、書店により異な [全文を読む]

仕事術のカリスマ・中島孝志が贈るタイムマネジメントバイブル! 『仕事力200%アップ! の超・時間術』が、Kindleストアなど4電子書店で配信開始! 仕事と人生が2倍濃くなる!

DreamNews / 2014年09月25日18時00分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2014年9月25日(木)より、Kindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、ならびにiBooksにて、電子書籍『仕事力200%アップ! の超・時間術』(著=中島孝志)の配信を開始したことを発表します。ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤 [全文を読む]

文藝春秋発売作品で2016年一番読まれた電子書籍は第155回芥川賞受賞作 村田沙耶香さんの『コンビニ人間』

@Press / 2016年12月16日08時00分

文藝春秋電子書籍編集部では、文藝春秋電子書籍の売上実績を集計した『2016年 文藝春秋電子書籍ベスト10』を発表いたしました。 今年のランキングは、芥川賞受賞作品、本屋大賞1位作品が上位に並んでいます。これらの賞の候補作は、受賞後ではなく、候補作になった段階で、各出版社が電子化を進めるようになりました。数年前では考えられない状況で、電子書籍の重要度が増した [全文を読む]

電子書籍の“リアル”が分かるランキング1位はあの話題作 文藝春秋『2013年 電子書籍売上ベスト10』を発表

@Press / 2013年12月10日13時30分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾 隆弘)は、『2013年度 文藝春秋電子書籍売上ベスト10』を発表します。今年一年で、DL数(販売数)の多かった書籍のランキングです。 文藝春秋は、コミックス、ライトノベルを持っていない出版社であり、『文字の電子書籍の動向』がリアルに分かるランキングになっています。 <2013年 文藝春秋電子書 [全文を読む]

総発行部数2,500万部超!司馬遼太郎作品 初の本格電子化『竜馬がゆく』全8巻 半世紀を経た連載開始日、6月21日から発売開始!

@Press / 2013年06月21日09時30分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾隆弘)では、6月21日より、司馬遼太郎『竜馬がゆく』を電子書籍化して発売します。司馬作品の本格電子化は今回が初めてになります。 『竜馬がゆく』は、1962年6月21日に、産経新聞夕刊で連載が開始されました。土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇蹟の生涯を、 [全文を読む]

司馬遼太郎作品初の本格電子化『竜馬がゆく(一)』主要電子書店の1位独占!7月12日より、第2弾 4~6巻の配信開始!

@Press / 2013年07月12日12時30分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾隆弘)が発売した、司馬遼太郎『竜馬がゆく(一)』の電子書籍版が、発売以来、主要電子書店の1位を記録しています。文藝春秋は、6月21日、司馬遼太郎の名作『竜馬がゆく』(一)~(三)を電子書籍化して発売しました。司馬作品の長編の本格電子化は初めてになります。土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには [全文を読む]

『64(ロクヨン)』『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』など文藝春秋の人気作品を30%ポイント還元!!電子書籍ストア「Reader Store」にて本日よりフェア開催

PR TIMES / 2016年06月10日12時18分

[画像: http://prtimes.jp/i/6388/152/resize/d6388-152-671213-1.jpg ] 電子書籍関連事業を展開する株式会社ブックリスタ(東京都港区)は、電子書籍ストア「Reader Store」(運営:ソニーマーケティング株式会社)にて、「文藝春秋作品全品ポイントバックキャンペーン」を、6月10日(金)より開始し [全文を読む]

没後20年 幻のデビュー作を含む短編集やエッセイ集など司馬遼太郎作品6作の電子版を5月13日(金)に一挙発売!

@Press / 2016年05月12日10時00分

株式会社文藝春秋・電子書籍編集部では、『ペルシャの幻術師』『殉死』『木曜島の夜会』『歴史を紀行する』『手掘り日本史』『対談 中国を考える』の司馬作品6作の電子版を5月13日(金)に発売します。 『竜馬がゆく』『坂の上の雲』など、多くの国民的ベストセラー小説を生み出し、歴史的視座からこの国と日本人を思索したエッセイ、評論を残し、日本社会に多大な影響を残した司 [全文を読む]

丸善、ジュンク堂書店、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計 書籍の最新動向を解説 『2016年honto 3月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2016年04月06日11時47分

~人気作家の文庫新刊が上位独占 池井戸潤『七つの会議』が1位~-ハイブリッド型書店サービス「honto」- ハイブリッド型書店サービス「honto(ホント)」を運営する大日本印刷(DNP)とDNPグループの書店およびトゥ・ディファクトは共同で、hontoポイントサービス実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂とhonto.jpサイトで購入された書籍や電子書籍[全文を読む]

司馬遼太郎の未発表原稿“「竜馬がゆく」がうまれるまで”月刊「文藝春秋」2月号に掲載!

@Press / 2016年01月08日13時30分

上村館長が「いまは、紙の書籍だけではなく、電子書籍など新しい形で、司馬遼太郎の世界に触れることが出来ます」と2月号で書いているように、司馬作品は電子書籍でも多くの読者を獲得しております。 司馬遼太郎作品の初の電子書籍化は2013年6月の『竜馬がゆく』でした。その後、新選組副長の土方歳三が主人公の『燃えよ剣』、吉田松陰と高杉晋作を描いた『世に棲む日日』、『 [全文を読む]

高田屋嘉兵衛の生涯を描いた司馬遼太郎さんの大長編『菜の花の沖』電子書籍版、7/3発売!

@Press / 2015年07月03日10時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は7月3日(金)、故・司馬遼太郎さんの小説『菜の花の沖』全6巻の電子書籍版を発売いたします(全巻を1コンテンツにまとめた合本版も同日発売)。 文藝春秋は、司馬遼太郎作品初の本格電子化となった2013年6月の『竜馬がゆく』に始まり、『翔ぶが如く』『世に棲む日日』『功名が辻』などの電子書籍を発 [全文を読む]

honto電子書籍ストア、「司馬遼太郎特集ポイント20倍キャンペーン」をスタート!!

PR TIMES / 2014年12月12日11時20分

~人気の5タイトルが一挙配信開始~ 株式会社トゥ・ディファクトは、同社が運営するハイブリッド書店サービス「honto(http://honto.jp/)」のhonto電子書籍ストア(http://honto.jp/ebook)において、2014年12月12日(金)から2014年12月25日(木)まで、「司馬遼太郎特集ポイント20倍キャンペーン」を実施いたし [全文を読む]

司馬遼太郎作品電子書籍化第2弾 新選組 土方歳三を描いた代表作『燃えよ剣』6月27日発売決定!

@Press / 2014年06月19日17時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾隆弘)は、6月27日、故・司馬遼太郎さんの代表作のひとつ『燃えよ剣(上・下)』電子書籍版を発売します。司馬さんの作品としては、昨年6月発売の『竜馬がゆく(一~八)』に続く、二作目の本格的な電子書籍化となります。 古今、多くの作家が挑んできた歴史小説の大テーマ、新選組。その作品群の中でひときわ眩い [全文を読む]

夢枕獏・文×たむらしげる・絵 幻の名作が電子書籍で蘇る!文藝春秋初のiBookstore限定リッチコンテンツ『羊の宇宙』発売!

@Press / 2013年09月02日16時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾 隆弘)は、8月30日、夢枕獏・作 たむらしげる・絵『羊の宇宙』を、文藝春秋初のiBookstore限定リッチコンテンツとして、電子書籍化して発売しました。 『羊の宇宙』は、カザフ族の少年と著名な物理学者が天山山脈の麓で運命的に出会い、宇宙の真理を語り合う子供から大人まで楽しめる作品です。 今回 [全文を読む]

主要電子書店1位独占!司馬遼太郎初の本格電子化『竜馬がゆく』遂に完結!司馬遼太郎生誕90年の8月7日に、第3弾 7~8巻の配信開始!

@Press / 2013年08月06日12時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾隆弘)は8月7日に、『竜馬がゆく』電子書籍版、第3弾となる7~8巻を配信いたします。6月21日から、司馬遼太郎の名作『竜馬がゆく』を電子書籍化し発売してきました。そして、司馬遼太郎生誕90年となる8月7日に、7~8巻を配信し、遂に完結となります。「時代は維新にたどりつくが、竜馬はそれを見とどける [全文を読む]

フォーカス