宮藤官九郎 最新に関するニュース

宮藤官九郎最新作と岡山県がまさかのコラボ!鬼と桃太郎がタッグを組んでPR!宮藤監督の来岡も

@Press / 2016年06月10日10時30分

この度、岡山県ではPR戦略「もんげー岡山!」の一環として、宮藤官九郎監督・長瀬智也主演映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」とタイアップしたPRを2016年6月13日(月)より開始します。・「もんげー岡山!」PRサイト URL: http://monge-okayama.jp・「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」公式サイト U [全文を読む]

みうらじゅんと宮藤官九郎が大真面目にエロ談義。下ネタも世界平和のため?

週プレNEWS / 2016年07月27日22時30分

20日、みうらじゅんと宮藤官九郎の対談イベントが都内で開催された。 今回は『週刊プレイボーイ』本誌の連載コラム「大人になってもわからない」をまとめた単行本『みうらじゅんと宮藤官九郎の世界全体会議』の発売記念イベントとして行なわれたものだ。 同書は約30の“くだらなすぎて曖昧(あいまい)なまま放置されてきた”テーマについて議論されているが、「オッパイやオシリ [全文を読む]

歌舞伎に”ぞんび”が登場!? 宮藤官九郎作・演出、豪華俳優陣出演で送る「シネマ歌舞伎コン」の開催!!

恋学 / 2014年04月23日02時30分

宮藤官九郎作・演出。出演は市川染五郎、中村七之助、中村勘三郎、坂東三津五郎ほか豪華俳優陣が勢ぞろい。一般的な歌舞伎のイメージを一新すると思われる衝撃の一作が映画館で楽しめちゃう! しかも今回は「出会い」のおまけつき!! シネマ×歌舞伎×街コン。3つが融合された史上初の粋なイベント「シネマ歌舞伎コン」が4月29日に開催されますよ! そこで今日はシネマ歌舞伎コ [全文を読む]

【続報】長瀬智也「ホントに嫉妬する」。新作映画への思いを熱弁

Woman Insight / 2015年07月09日17時00分

宮藤官九郎監督の最新作『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』がクランクアップし、7月8日都内にて、クランクアップ報告記者会見を行い、TOKIOの長瀬智也さん、神木隆之介さん、宮藤監督らが登壇し、作品に対する熱い思いを語りました。 速報はこちら→ 【速報】長瀬智也、共演の神木隆之介に「ムカついた」!?クドカン監督映画会見 本作の舞台の地獄をイメ [全文を読む]

パクリ論争は「野暮」 宮藤官九郎脚本のスゴさを関係者解説

NEWSポストセブン / 2013年10月20日07時01分

国民的ドラマ『あまちゃん』の人気は、絶妙な脚本はもちろんのこと、最後までクドカン(宮藤官九郎)が散りばめた小ネタやモチーフにもある。 そこで気になるのは、その元ネタにまつわるパクリ論争。これまでにもさんざんネット界でも、「クドカンはパクリ!」なんて声が飛び交っているし、クドカンが脚本を担当する最新映画『謝罪の王様』を巡っても、元ネタだと言われる『謝男』の作 [全文を読む]

木村カエラ、NHK Eテレ『わしも』テーマ曲を配信&最新映像作品の詳細と初回仕様ポーチを公開

okmusic UP's / 2017年06月07日12時30分

■【木村カエラよりコメント(全文)】元々宮藤官九郎さん、安齋肇さんの作り出す作品が大好きだった私は、失礼ながらお二人の作品と知らずに「わしも」の大ファンでした。そんな折にオープニングソングとエンディングソングのお話を頂いて大変うれしく、運命を感じました。 レコーディングでは、最新型おばあちゃんロボットにふさわしい歌を歌わなければと思い、最新型アーティストと [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

脚本家・宮藤官九郎だ。連ドラのデビューは、21世紀直前――あの『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系/2000年)だった。略称・IWGP。今も語り継がれる名作だけど、放映前、同ドラマは『ケイゾク』(TBS系/1999年)の堤幸彦監督の作品として注目され、脚本のクドカンはノーマークだったんですね。ところが――蓋を開けたら、小ネタ満載で超面白くて、クドカンの名 [全文を読む]

『スピリッツ』最新号が映画『土竜の唄』祭り!!! 「映画がどんどん待ち遠しくなる!」とファンの期待高まる!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月18日18時00分

■映画「土竜の唄 香港狂騒曲」 公開:2016年12月23日(金) 原作:高橋のぼる 監督:三池崇史 脚本:宮藤官九郎 出演:生田斗真、本田翼、菜々緒 [全文を読む]

みうらじゅんと安斎肇がR18映画でコラボ! 変態も天才も才能だった?

週プレNEWS / 2016年12月09日11時00分

今作では週刊プレイボーイ本誌でみうらと「みうらじゅんと宮藤官九郎の“大人になってもわからない”」を連載する宮藤官九郎も友情出演。発売中の最新51号には前野がスペシャルゲストで登場、こちらでも3人による撮影秘話が明かされているのでお読みいただきたい。 (取材・文/鯨井隆正) [全文を読む]

劇団四季「ライオンキング」でヒロイン・ナラ役を務め、現在はau、ソフトバンク、アコムCM、TBSドラマ「Wの悲劇」の振付など多方面で活躍中の池田美千瑠!第一線で活躍し続ける彼女の魅力を今夜ONAIR

DreamNews / 2015年08月18日17時30分

<舞台> 劇団四季「アンデルセン」「マンマミーア」「青い鳥」「ライオンキング」「エルコスの祈り」「アイーダ」他 日本オペレッタ協会「パリの生活」、「ミュージックステーション」、NHK「紅白歌合戦、日本レコード大賞、きよしとこの夜」他 劇団☆新感線「メタル・マクベス」(青山劇場、大阪厚生年金、長野松本劇場) 演出;いのうえひでのり 脚色:宮藤官九郎「エデンズ [全文を読む]

クドカン最新オリジナル映画、出演はTOKIO長瀬&神木隆之介、舞台は地獄!

Entame Plex / 2015年05月28日12時19分

宮藤官九郎が監督・脚本を手掛ける新作映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」。そして、本作の主演にTOKIOの長瀬智也が決定した。 今作は、宮藤官九郎の完全オリジナル作品。その舞台は地獄とのことだが、そこで描かれているのは若くしてこの世を去った少年が、クラスメイトに告白したい一心で赤鬼と一緒に地獄からの生還を目指して大奮闘するという青春スト [全文を読む]

クドカン最新映画で長瀬智也と神木隆之介の共演が決定

Movie Walker / 2015年05月28日06時00分

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」など話題作の脚本を手がけてきたクドカンこと宮藤官九郎が、完全オリジナル作品『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』で待望の監督・脚本を務めることがわかった。主演は映画出演7年ぶりとなるTOKIOの長瀬智也。また、新作への出演が相次ぐ若手実力派、神木隆之介の出演も発表された。 本作の舞台は“地獄”。荒唐無稽なシチ [全文を読む]

『ごめんね青春!』『ぬ~べ~』……ドラマ“大コケ”続く関ジャニ∞「ソロ活動が弱すぎる」!?

日刊サイゾー / 2014年11月06日17時00分

脚本を手掛ける宮藤官九郎は、4日放送の『宮藤官九郎のオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)で、同作の低視聴率に対し「俺の感覚がズレてるのかと思うと、不安になっちゃって」「俺が面白いと思うことは、ダメなんじゃないか」「何かが違ってるんだろうな……」「心はズタズタ」などと心境を吐露。制作側の悪戦苦闘ぶりがうかがえる。 錦戸といえば2年半前、ゴールデン [全文を読む]

2017春新作アニメ情報 曜日別ガイド(3)月曜日/【4月3、10日放送開始編】

おたぽる / 2017年03月27日18時00分

初回放送 17:55~ テレビ東京系『ベイブレードバースト 神(ゴッド)』公式サイトhttp://www.tv-tokyo.co.jp/anime/beyblade/『わしも(WASIMO)』 第5シリーズ亡くなったおばあちゃんの代わりに作られた、おばあちゃんそっくりのロボットWASIMOと孫娘・ひよりの交流を描いた宮藤官九郎・作、安齋肇・絵による絵本を原 [全文を読む]

超コワなのに微エロ!?清野菜名の無防備なシャワーシーン解禁

Movie Walker / 2016年05月25日18時00分

押井守監督作『東京無国籍少女』(15)の超絶ガンアクションや、園子温監督作『TOKYO TRIBE』(14)のアクロバティックアクション&ヌードシーン、さらに宮藤官九郎監督作『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(6月25日公開)の強烈メイク&演奏シーンまで、可憐なルックスとは裏腹に、個性派監督の下で毎回インパクト絶大な演技を披露してきた清野 [全文を読む]

『ゆとりですがなにか』は平成版『ふぞろいの林檎たち』

NEWSポストセブン / 2016年05月15日07時00分

一部で「ゆとりなし」とも言われている視聴率の同ドラマに、生田が援護射撃をしたのは、『ゆとりですがなにか』の宮藤官九郎脚本作品に、生田本人が複数出演しているから。生田は、このドラマを楽しみに見ているに違いない。「クドカン初の社会派ドラマ」を演出するのは『Mother』『Woman』や、映画『謝罪の王様』『あやしい彼女』でもおなじみの日本テレビのスター演出家 [全文を読む]

夜這いに乳搾り…神木隆之介の衝撃ショット7連発!

Smartザテレビジョン / 2016年01月20日12時00分

本作では、長瀬演じるキラーKや、桐谷健太演じる緑鬼のCOZY、清野菜名演じる赤鬼の邪子、皆川猿時演じる女子高校生のじゅんこなど、宮藤官九郎監督が作り上げるキャラクターの衝撃ビジュアルが何かと話題を集めている。 そんな中、今回公開された神木演じる大助の最新カットは、大助が恋するひろ美(森川葵)に夜這いするセクシー系(?)から、地獄でのキツイ特訓が写し出され [全文を読む]

J Movie Magazine ジェイムービーマガジン Vol.07刊行のお知らせ

@Press / 2016年01月15日10時00分

表紙・巻頭特集は長瀬智也主演、宮藤官九郎監督の 話題作『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』! 【表紙・巻頭グラビア&インタビュー!】 『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』 自分を貫いて生きることこそがロック! 長瀬智也 【特別対談】長瀬智也×神木隆之介 【豪華撮りおろしグラビア&インタビュー】 松坂桃李 『パディントン』 中島 [全文を読む]

長瀬智也がギターを“顔で弾く”姿が公開?

Smartザテレビジョン / 2015年09月25日07時00分

ヒットメーカー・宮藤官九郎の完全オリジナル脚本となる、来年2月6日(土)公開の最新映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」の特報映像が公式サイトにて公開された。 同作は、日本のエンターテインメント界をリードする宮藤の完全オリジナル作品で、“地獄”が舞台。不慮の事故で17歳にして命を失った高校生・大助(神木隆之介)が目覚めると、そこは地獄だった [全文を読む]

Charの原点!世代問わずギターキッズ必聴の1stアルバム『Char』

okmusic UP's / 2015年05月07日18時00分

先駆けて5月22日にリリースされる10年振りのオリジナルアルバム『ROCK+』は泉谷しげる、佐橋佳幸、布袋寅泰、ムッシュかまやつ、石田長生、奥田民生、松任谷由実、JESSE、佐藤タイジ、福山雅治、宮藤官九郎、山崎まさよしの12人をソングライター、プロデューサーに迎えたアニヴァーサリーに相応しい豪華な内容となっているが、そんなCharの原点であり、クォリティ [全文を読む]

フォーカス