宮藤官九郎 星野源に関するニュース

ガッキーとキスした星野源の「エロビデオ時代」 衝撃の姿を披露

しらべぇ / 2016年11月16日16時30分

宮藤官九郎脚本のこの作品で、めぐるが勤務する塾「大親切アカデミー(仮)」の同僚・江口秀夫(えぐち ひでお)役を演じたのが星野源である。(著作テレビ朝日/『未来講師めぐる』 ※編集部でTV画面を撮影)マッシュヘアが特徴的な数学担当の教師で、かなりぶっ飛んだ役どころ。それを示すかのように、周囲の人たちからは「エロビデオ」と呼ばれている。江口秀夫→江口ヒデオ→エ [全文を読む]

星野 源、2月14日(土)深夜放送のNHK総合「おやすみ日本 眠いいね!」にゲスト出演

okmusic UP's / 2015年02月01日11時00分

【その他の画像】星野源「おやすみ日本 眠いいね!」は希代の脚本家にして、パンクコントバンド「グループ魂」のギタリストでもある宮藤官九郎とお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹が、日本中の“眠れない声"に耳を傾け、視聴者が眠れるまでとこんつきあう真夜中の生放送番組。明日からまたやってくる日常"を前に感じる、漠然とした憂鬱や不安、切なさ。誰もが抱えている"明日への不 [全文を読む]

J-WAVE「RADIPEDIA」スペシャルナビゲーターに宮藤官九郎、レキシが登場

リッスンジャパン / 2013年01月21日17時00分

J-WAVE(81.3FM)の番組「RADIPEDIA」月曜日のレギュラーナビゲーターである星野源が病気療養中のため、1月28日(月)に宮藤官九郎、2月にレキシの出演が決定した。星野源 - アーティスト情報FMラジオ局 J-WAVE(81.3FM)で毎週月~木曜24:00~26:00放送中の日替わりで人気アーティストがナビゲーターを務める番組「RADIPE [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

■実はストーリーテリングの名手そして、『あまちゃん』人気の源泉は、なんといっても、天才・宮藤官九郎の珠玉の脚本と、能年玲奈(現・のん)を始めとする個性的な俳優たちの絶妙な“ハマり役”に尽きますね。クドカン作品というと、よく小ネタのオンパレードと思われがちだけど、実は彼、ストーリーテリングの名手としても知られてるんです。実際、同ドラマは純粋にあらすじだけ追っ [全文を読む]

ファンが選ぶ!「宮藤官九郎作品」傑作ランキング

しらべぇ / 2016年05月02日17時30分

宮藤官九郎脚本に似合わぬ、重いストーリーが話題を呼んでいる。もともと、宮藤作品といえば個性の強いキャラと圧倒的な笑いのセンスが持ち味だ。若者を中心にカルト的な人気を得ていたが、朝ドラを経て、今や社会派ドラマを手掛けるまでになっている。日本を代表する脚本家の彼の作品で、最高傑作は何なのだろうか? しらべぇ編集部は全国のクドカンファンに調査を行なった。■ファン [全文を読む]

今年の紅白で星野、長瀬、岡田、桐谷が「同窓会」!?

日刊大衆 / 2016年12月31日21時00分

そのドラマとは宮藤官九郎(46)が脚本を手がけた、「落語」がテーマのドラマ『タイガー&ドラゴン』(TBS系)。2005年に放送され、初回放送から視聴率16.2%を記録した人気ドラマだ。主演を務めたのは、今年で紅白23回目の出演となるTOKIOの長瀬智也(38)と、紅白3回目の出演となるV6の岡田准一(36)。落語家に弟子入りしたアウトロー「虎児」を長瀬が [全文を読む]

星野源の魅力は「どう考えてもニュータイプ」、童貞風ルックスと有能ぶりのギャップ

messy / 2016年11月19日17時00分

嵐など他アーティストへの楽曲提供もしており、NHKEテレの幼児向け番組『みぃつけた!』で今春に流れていた星野作曲・宮藤官九郎作詞の『グローイング アップップ』は全国のパパママを号泣させる掛け値なしの名曲だった。 [全文を読む]

『逃げ恥』星野源の「白ブリーフ時代」 舞台の上であんなことを…

しらべぇ / 2016年11月18日16時30分

この劇団は宮藤官九郎や阿部サダヲ、平岩紙、皆川猿時、猫背椿など人気俳優たちが多く所属。『逃げ恥』第6話で旅館の女将役を演じ、マムシドリンクをみくりではなく平匡に渡すというファインプレーをした宍戸美和公もそのひとりだ。そんな個性派揃いの劇団にあって、星野も当初は知名度の低い、若手のひとりだった。しかし、さまざまな役柄を演じることで次第に成長。オムニバスコント [全文を読む]

あの人とあの人が昔は一緒の劇団に!?意外と知らない劇団俳優の繋がり

日本タレント名鑑 / 2016年03月28日14時55分

ドラマのキーパーソンが多数所属!あの脚本家も!「大人計画」朝ドラ『あまちゃん』の脚本でおなじみ宮藤官九郎さんは、1988年に松尾スズキさんによって設立された「大人計画」所属の俳優兼脚本家兼構成作家兼演出家です。なにしろ脚本が劇団のメンバーなわけですから、当然多くのドラマで劇団メンバーを起用しています。 宮藤さんの出世作『木更津キャッツアイ』には、後に主演 [全文を読む]

筆頭はやはり福山雅治!?ミュージシャンと役者の両立について考えてみた!

日本タレント名鑑 / 2016年02月24日10時52分

GACKTさんや及川さんもラジオやバラエティでの発言が秀逸ですし、グループ魂の作詞作曲ギター担当、役者も脚本もこなす宮藤官九郎さんもラジオ番組を持っていました。 在日ファンクのボーカルで『仮面ライダードライブ』や『ナポレオンの村』などでもお馴染み浜野謙太さんや、ラテンバンドビンゴボンゴのボーカルだったユースケ・サンタマリアさんは、音楽番組の軽快なMCで多く [全文を読む]

星野源、NHK生放送番組「おやすみ日本 眠いいね!」第9弾ゲストとして出演決定

Entame Plex / 2015年02月01日11時22分

同番組は、希代の脚本家にして、パンクコントバンド:グループ魂のギタリストでもある宮藤官九郎とお笑いコンビ:ピースの又吉直樹が、視聴者からの「眠れない声」を募集し、宮藤官が出演者とともに、その想いをどっかりと受け止め、安心して眠れるようなトークや企画をゆる~く届ける真夜中の生放送番組。星野出演の放送回では、他ゲストに女優の麻生久美子が出演することも決定して [全文を読む]

星野源、J-WAVEレギュラー番組「RADIPEDIA」3月4日放送から復帰

リッスンジャパン / 2013年02月18日18時00分

同番組を休んでいた間はサイトウ “JxJx” ジュン(YOUR SONG IS GOOD)、ROY(THE BAWDIES)、宮藤官九郎、レキシが代演していた。当初は春ごろの復帰を目指し、治療に専念するとのことであったが、これを機に本人の体調を鑑みながら徐々に活動を開始することも併せて発表された。 [全文を読む]

星野源に岡崎体育も! 関ジャニ新譜が豪華すぎる!?

日刊大衆 / 2017年05月24日15時05分

過去には、人気脚本家の“クドカン”こと宮藤官九郎が関ジャニの作詞を手がけたこともある。宮藤は、14年10月に発売したシングル『言ったじゃないか』の作詞を担当。これは宮藤が脚本を担当した錦戸亮の主演ドラマ『ごめんね青春!』(TBS系)の主題歌にも使用された。 もちろん関ジャニだけでなく、他のジャニーズグループにも、いろいろな著名人が楽曲を提供している。 昨 [全文を読む]

夏の「ドラマ24」は小劇場をフィーチャーしたオムニバスドラマに決定

Smartザテレビジョン / 2017年05月23日06時00分

三谷幸喜や宮藤官九郎をはじめ、人気ドラマ脚本家を多数輩出してきた小劇場シーンの最先端で活躍する人気劇作家たちがテレ東深夜に集結し、小劇場の聖地・下北沢を舞台に“人生最悪の一日”をテーマにしたパニック・コメディーを送る。毎回、設定も登場人物も変わる1話完結型のコメディー・ドラマを、11人の劇作家がオリジナリティー豊かに書き下ろす。案内人は、下北沢とゆかりのあ [全文を読む]

たまにはテレビを見せてもイイじゃない!「親子で楽しめる番組」4選

It Mama / 2017年05月17日21時30分

筆者はコッシーの声、お笑い芸人・サバンナ高橋さんの多才ぶりに驚き、ファンになってしまいました!(なにげにいい歌詞を書くんですよ!) 他にも星野源、宮藤官九郎、森山直太朗、吉井和哉、トータス松本などが作詞作曲した曲が流れ、気づくと口ずんでしまいます。 ところどころにシュールな笑いもあり、まさに大人も一緒に楽しめる子ども番組だと思います。 (4)『おはなしの [全文を読む]

星野源、トータス松本、森山直太朗も参加した「みいつけた!」初の付録つきムック本発売!

Woman.excite / 2017年05月12日11時00分

家事をしながら横目で観ていた筆者までも、思わず引き込まれてしまったステキな歌詞を書いたのは、あの宮藤官九郎。実は、星野が作曲した4曲すべての歌詞を手掛けているんです。やはりクドカンワールドは、幼児向け楽曲の中でも健在。笑いから涙まで、もの凄い振り幅で視聴者を魅了しています。今回のムックでは、これまで「みいつけた!」に登場した楽曲名を、作詞・作曲者などの名前 [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

」脚本・宮藤官九郎。僕は2016年でベスト3に入る傑作だと思います。主役3人(岡田将生・松坂桃李・柳楽優弥)の台詞がとにかくリアル。特に柳楽クンが珠玉でしたね。ゆとり世代ど真ん中の新入社員を演じた太賀の演技も最高(笑)。女優陣も、安藤サクラをはじめ、ぱるるや吉岡里帆も“攻め”の芝居。もっと視聴率が取れてもよかったと思います。3位(3票)■『逃げるは恥だが役 [全文を読む]

星野源 新垣結衣に「なんでそんなにかわいの?」と直球質問

NEWSポストセブン / 2016年12月09日16時00分

舞台も片っ端から見に行ったそうです」(芸能関係者)『大人計画』は松尾スズキ(53才)や阿部サダヲ(46才)、宮藤官九郎(46才)など個性的なメンバーが揃うチケット即完売の人気劇団。 [全文を読む]

和田アキ子ら落選のNHK紅白 「マスターズ紅白」の提案も

NEWSポストセブン / 2016年12月07日07時00分

先日、早々と2019年の大河ドラマが宮藤官九郎脚本で「東京五輪」をテーマにすると発表された。昭和を舞台にしたドラマがヒットすれば、懐かしい曲が蘇る可能性は高い。そうなったとき、真っ先に手を挙げるのは、マスターズ組である。ちなみに東京五輪開催の1964年のレコード大賞は青山和子の『愛と死を見つめて』、新人賞は西郷輝彦と都はるみ、特別賞は三波春夫の『東京五輪音 [全文を読む]

新垣結衣にも下ネタトーク?非イケメンなのにモテまくる星野源の魅力とは?

アサジョ / 2016年10月17日09時59分

また、嫌味のないインテリジェンスの高さも魅力の1つでしょう」(芸能記者) 宮藤官九郎からは「思いきりのいい、大胆でバカになれる人」と評された星野。気取りのなさこそが最大の魅力かもしれない。 [全文を読む]

フォーカス