工学院大学 建築学部に関するニュース

~社会貢献を共に考え実行する~工学院大学など3大学で構成する社会貢献学会が第7回大会を開催

@Press / 2016年12月08日10時30分

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)、神戸学院大学(学長:佐藤 雅美、所在地:兵庫県神戸市中央区)、東北福祉大学(学長:大谷 哲夫、所在地:宮城県仙台市青葉区)が中心となり設立した社会貢献学会が、2016年12月10日(土)に社会貢献学会 第7回大会を工学院大学新宿キャンパスで開催します。 第7回大会では、学内外と連携し、早期から [全文を読む]

日本初の建築学部開設から5年を迎える工学院大学のレクチャーシリーズ 第19回 6月10日開講 藤江 和子氏が「建築とともに考える家具」を語る

@Press / 2016年06月06日13時00分

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、日本初の【建築学部】を開設し、今年で5年目を迎えます。建築学部では開設以来、学生や一般の方を対象に、一流のプロフェッショナルに講演いただく「レクチャーシリーズ」を開催。第19回となる今回は、藤江 和子氏をお招きし、家具を通して今後の建築について考えます。 URL: http://www.ke [全文を読む]

2月17日開講 建築学部レクチャーシリーズ 5 - No.16 ランドスケープ アーキテクト 石川 初氏が“地球視点”を語る

@Press / 2015年02月10日11時00分

工学院大学は、2011年4月の「建築学部」開設を記念し、一流のプロフェッショナルなゲストに講演いただく連続レクチャーシリーズの16回目として、都市景観や広場・公園などをデザインするランドスケープ アーキテクトの石川 初(いしかわ はじめ)氏を招き、「ランドスケープ的に世界をみること」を氏が描く地図“地上絵”を通して語っていただきます。 地上絵とは、GPSを [全文を読む]

工学院大学オープンキャンパスを6月11日(日)に開催

@Press / 2017年06月06日14時00分

工学院大学(学長:佐藤光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、キャンパスを開放し大学の様々な学びを伝えるオープンキャンパスを2017年6月11日(日)に新宿キャンパスで開催します。各学部や研究室の紹介、世界大会に出場しているソーラーチームの学生が製作した車両の展示、情報学部の学生によるVR(バーチャルリアリティ)でキャンパス生活の模擬体験など、様々なプロ [全文を読む]

学校法人工学院大学 新理事長が就任

@Press / 2017年05月30日13時00分

学校法人工学院大学(所在地:東京都新宿区/八王子市)は、5月26日に行われた理事会において、後藤 治を新理事長に選任し、同日付で就任したことをお知らせします。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/129509/LL_img_129509_1.jpg 学校法人工学院大学 新理事長 後藤 治 〈新理事長〉 後藤 治( [全文を読む]

隈 研吾氏推薦「海外で建築を仕事にする2」の著者が講演 11月25日開講、工学院大学レクチャーシリーズ 福岡 孝則氏が『海外でLandscapeを仕事にする』を語る

@Press / 2016年11月16日11時00分

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、日本初となる建築学部を開設してから5年目を迎え、2016年11月25日(金)に第20回となる「レクチャーシリーズ」を開催します。これまで、建築分野における国内外一流のプロフェッショナルを講師に招き、学生だけでなく一般の方を対象に講演を行っています。 今回はランドスケープの分野で活躍されている [全文を読む]

工学院大学建築学部が「震災5周年復興祈念写真展」を3月7日から開催~東日本大震災の復興とともに歩んできた工学院大学の復興支援を紹介~

@Press / 2016年03月04日09時30分

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)建築学部が、「震災5周年復興祈念写真展」を3月7~22日に新宿キャンパスで開催します。 工学院大学建築学部 http://www.kenchikugakubu.jp/index.html ■工学院大学建築学部5周年記念イベント 「震災5周年復興祈念写真展」 ~東日本大震災の復興とともに歩んだ5年 [全文を読む]

工学院大学の研究シーズ発表会を2016年11月11日に開催

@Press / 2016年10月28日10時00分

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、2016年11月11日(金)に「工学院大学 - 産学官金 - 研究シーズ発表会」を開催します。発表会では、多摩地域および中小企業の発展を目的に日本で初めて開設した建築学部が取り組む建築・都市分野の最先端技術・最新知見を紹介します。 詳細URL: http://www.kogakuin.ac. [全文を読む]

「熊本地震・文化財ドクター派遣事業 中間報告会」を工学院大学との共催で7月22日に開催

@Press / 2016年07月20日15時30分

7月22日、「2016年熊本地震・文化財ドクター派遣事業 中間報告会」が工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)との共催で、開催されます。 2016年4月に発災した熊本地震によって、多くの文化財建造物も被災しました。そのため、文化庁は、熊本地震被災文化財建造物復旧支援事業(文化財ドクター派遣事業)に基づく被災状況調査を実施しています。 [全文を読む]

建築女子の強い味方!工学院大学 野部教授による講座「建築設備を文化に」新宿キャンパスで2月17日に開講

@Press / 2016年02月10日11時00分

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区)野部 達夫教授(建築学部建築学科)は、一般社団法人建築設備技術者協会で副会長を務めており、2月17日(水)設備女子会主催の講演会で「建築設備を文化にしよう」をテーマに講演します。建築設備は快適さを求めるなかで、その機能と美学を追求し、人の暮らしのなかに溶け込み文化にまで昇華・融合していくという視点の重要さ [全文を読む]

12月12日開講 工学院大学建築学部レクチャーシリーズ6-No.18 内田 祥哉氏が「和小屋の話」を語る

@Press / 2015年12月04日10時00分

工学院大学では、日本初となる【建築学部】を2011年4月に開設以来、一流のプロフェッショナルをゲストに招き講演いただくレクチャーシリーズを開催。第18回となる今回は、内田 祥哉氏をお招きし、日本の木造建築・和小屋を通して今後の建築について考えます。 URL: http://www.kenchikugakubu.jp/lecture 【内田 祥哉氏について】 [全文を読む]

~ 企業の課題に卒業研究でチャレンジする ~工学院大学「ISDCプログラム」を創設

@Press / 2016年10月21日14時00分

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、セブン&アイ・ホールディングス傘下の株式会社モール・エスシー開発(代表取締役社長:近藤 悦啓、所在地:東京都千代田区)と総合建設業の株式会社フジタ(代表取締役社長:奥村 洋治、所在地:東京都渋谷区)がコラボ支援金付きで提示する課題に、学生が卒業(修士)論文として取り組むことができる、前例のな [全文を読む]

求む!高校生の新アイデア 日本初の建築学部を開設した工学院大学が建築コンペの応募受付を開始

@Press / 2016年07月05日14時00分

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)建築学部では、2008年より「高校生の建築フレッシュ・アイデア・コンペ」を開催しています。このコンペは、これからの建築やまちづくりについて、高校生のみずみずしい発想を自由に表現してもらう競技会です。このたび、「第9回 高校生の建築フレッシュ・アイデア・コンペ」の応募受付を開始したことをお知らせい [全文を読む]

工学院大学が開発した“ダンボールシェルター”を熊本地震の避難所に提供 避難所でのプライバシーを守る目的で、鈴木 敏彦教授が開発

@Press / 2016年05月18日13時00分

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の鈴木 敏彦教授(建築学部 建築学科)が東日本大震災の被災地支援の一環で開発した「ダンボールシェルター」を、同大卒業生らで組織する校友会および建築学部同窓会が中心となり、2016年4月14・16日に発生した熊本地震の避難所に届ける活動を行いました。 ダンボールシェルターは、2011年3月に発生し [全文を読む]

工学院大学の教授陣らが監修、DVD「日本でいちばん美しい町並」を発売~12月は関東/甲信越編・文化庁が選定する重要伝統的建造物群を映像化~

@Press / 2015年12月15日10時30分

工学院大学で特任教授をつとめる藤森 照信氏と建築学部教授の後藤 治氏らが監修したDVD「日本でいちばん美しい町並」第3巻(関東編 6地区)・第4巻(甲信越編 7地区)が2015年12月1日(火)に発売となりました。 この作品は、文化財保護法による重要伝統的建造物群保存地区(重伝建地区)法令制定に貢献した本学元名誉教授で学長をつとめた故・伊藤 鄭爾氏の功績を [全文を読む]

工学院大学教員が日本建築学会賞など2賞を受賞

@Press / 2015年04月24日13時00分

この度、工学院大学建築学部の冨永 祥子准教授が日本建築学会賞(作品)を、木下 庸子教授が日本建築学会著作賞を受賞しました。 ■2015年日本建築学会賞(作品)受賞 『木の構築 工学院大学弓道場・ボクシング場』 冨永 祥子准教授(建築学部 建築デザイン学科)/ 福島 加津也(福島加津也+冨永祥子建築設計事務所代表) この賞は、国内に竣工した建築作品のうち、社 [全文を読む]

工学院大学 新宿キャンパスの地下1階「学生ホール」が、3月14日、コミュニケーション空間[ビーイチ]に変わる

@Press / 2015年03月05日10時00分

工学院大学(学長 水野 明哲)では、2015年3月、新宿キャンパスの地下1階フロアにフリーコネクトなコミュニケーション空間[ビーイチ]が誕生します。設計・デザインは建築学部 飯島研究室を中心にして行い、学生の観点とプランも盛り込んでいます。 9本の煉瓦の柱が整然と並ぶグレイッシュな大空間は、ふたつのゾーン<キャンパス・ラウンジ>と<ステューデント・ピット> [全文を読む]

『建築を保存する本01』を工学院大学建築学部同窓会が発刊 八王子図書館36年間の記録を保存、2017年には新図書館が竣工

@Press / 2015年12月25日10時00分

工学院大学建築学部同窓会は、これまで36年間、八王子キャンパスでの学びを支えてきた八王子図書館の記憶を後世に受け継ぐため、『建築を保存する本01』を12月15日(火)に発刊しました。 1979年12月に竣工した八王子図書館は、本学の教授を務めた故 武藤 章氏(1931-1985)が設計した代表作品の一つです。武藤先生は20世紀の建築・デザイン界を代表するフ [全文を読む]

7月24日開講 工学院大学建築学部レクチャーシリーズ6-No.17 トム・ヘネガン氏が“建築家 ジェームズ・スターリング”を語る

@Press / 2015年07月10日14時00分

工学院大学では、日本初となる【建築学部】を2011年4月に開設以来、一流のプロフェッショナルをゲストに招き講演いただくレクチャーシリーズを開催。17回目の今回は、日本・オーストラリアの建築関連の第一人者であり、現在東京芸術大学教授のトム・ヘネガン氏を招き「建築家 ジェームズ・スターリング」についての講演を行います。 URL: http://www.kenc [全文を読む]

工学院大学×西東京バス コラボ企画~学生のデザインによる「にしちゅんバス」が完成~

@Press / 2015年12月16日11時00分

工学院大学(所在地:東京都新宿区/八王子市、学長:佐藤 光史)は産学連携の一環として、西東京バス株式会社(本社:東京都八王子市、社長:越水 陽太郎)のラッピングバスをデザインしました。「にしちゅんバス デザイン・コンペ」(応募資格:本学在学生)を行い、最優秀に輝いた作品が2015年12月27日(日)より西東京バスの路線バスとして運行を開始します。バスのお披 [全文を読む]

フォーカス