大塚千弘 熱愛に関するニュース

祝結婚! 深田恭子、観月ありさ、新山千春、大塚千弘……清水良太郎を通り抜けた年上美女たち

日刊サイゾー / 2016年06月17日20時30分

さらに、おととし9月には、3歳年上の女優・大塚千弘との熱愛報道が。当時、大塚はV6・坂本昌行と破局したばかりだったため、ジャニーズファンの間で『二股交際だった?』と波紋が広がりました」(芸能ライター) 格上の美女とばかり浮き名を流してきた清水。その“年上キラー”ぶりには、父・アキラも「なんであの男がモテるかわからない」と首を傾げるほどだ。 「高校時代の清水 [全文を読む]

大塚千弘と鈴木浩介はあぶれた男女の「あてられスピード婚」だった

アサ芸プラス / 2015年10月15日09時59分

女優の大塚千弘が11歳年上の俳優・鈴木浩介と10月7日に結婚した。鈴木がレギュラー出演していた7月クールの連続ドラマ「刑事7人」(テレビ朝日)の第4話に大塚がゲスト出演。意気投合し、交際3カ月でスピード婚となった。「恋多き女優の大塚は共演するごとに相手役に惚れて色恋沙汰を起こしていた。V6の坂本昌行しかり、ものまねタレント・清水アキラの息子で俳優の清水良太 [全文を読む]

大塚千弘が清水良太郎との熱愛を速攻否定した理由

アサ芸プラス / 2014年09月26日09時59分

ミュージカル「カルメン」で共演した清水良太郎との熱愛をスポーツ紙にスクープされた大塚千弘。大塚といえば、15歳年上のV6の坂本昌行と3年越しの熱愛中だったはず。いったいどうなっているのか。 芸能ライターが謎解きする。 「熱愛報道の4日前に『坂本との交際が破局していた』と報道されていたんですよ。坂本とはミュージカル『ゾロ ザ ミュージカル』での共演がきっかけ [全文を読む]

ジャニーズの圧力?嵐・櫻井翔「噂になった女優が立て続けに結婚」の怪現象

デイリーニュースオンライン / 2015年10月10日12時30分

10月8日に俳優・鈴木浩介(40)との結婚を発表した女優・大塚千弘(29)は櫻井との熱愛こそなかったものの、『山田太郎ものがたり』で共演経験がある。これらの実例からファンは、 「櫻井翔と熱愛を噂された女の人たちが次々と結婚やカップルになるんですけど櫻井くんはなんですか?もはや神社ですか?」 「そのうち【櫻井翔と共演すると幸せになれる】というジンクスが出来て [全文を読む]

V6坂本昌行 破局報じられた15歳年下大塚千弘と焼き鳥デート

NEWSポストセブン / 2013年11月07日07時00分

「ふたりはカウンターの真ん中に座って堂々としていたので、お客さんたちはみんな気づいていましたよ」(居合わせた客) 女性は大塚千弘(27才)。2011年1月に坂本の主演舞台『ゾロ ザ・ミュージカル』でヒロインを演じ、濃厚なキスシーンも披露した。同年11月に、スポーツ紙が坂本と大塚の熱愛を報じると、双方の事務所はともに「プライベートは本人に任せている」と半ば [全文を読む]

結婚は不可能?嵐・二宮和也を待つ”ジャニーズの流儀”

デイリーニュースオンライン / 2016年07月08日20時03分

他にも、関ジャニ∞・錦戸亮(31)と女優・新垣結衣(28)や、V6・坂本昌行(44)と女優・大塚千弘(30)など、熱愛報道が出てもその先に発展させられなかったカップルばかり」 KAT-TUNの元メンバー・赤西仁(32)は2012年に女優・黒木メイサ(28)との結婚を発表しているが、 「こちらは完全に“例外”で、事務所に黙って籍を入れた上での事後報告でした。 [全文を読む]

V6・長野博、白石美帆と熱愛発覚! きっかけは“農園”、中華街で“ラブラブ”グルメデート

サイゾーウーマン / 2014年11月13日09時00分

今年は、かねてより大塚千弘との交際が伝えられていた坂本昌行が交際3年で破局を迎えたと報じられ、セクシー女優・美雪ありすとの熱愛が発覚した森田剛も、10月発売の「女性セブン」が破局を伝えている。今回の長野&白石は、順調に愛を育んでいるようだが、V6から2人目の既婚者誕生となるのだろうか? 2人の恋の行方を温かく見守りたい。 [全文を読む]

北川景子・DAIGO、藤原紀香・片岡愛之助、竹野内豊・倉科カナにも秒読み報道! 超結婚ラッシュな芸能界に一体何が?

messy / 2015年10月08日18時00分

さらに8日には、俳優の鈴木浩介(40)と女優の大塚千弘(29)も結婚したことを発表。以前から知り合いだった彼らは今夏のドラマ『刑事7人』(テレビ朝日系)共演がきっかけで仲が深まり、結婚に至ったという。こちらもスピード婚だ。鈴木は、かつて女優の蒼井優(30)と結婚前提に交際し、2人で住むためのマンションも購入したもののメール一通で蒼井に別れを告げられたとい [全文を読む]

フォーカス