吉岡秀隆 内田有紀に関するニュース

噂の彼氏はあのタブー俳優?「四十路」内田有紀の“腕組み”中目黒デートを目撃!

アサ芸プラス / 2016年09月03日09時57分

内田は、05年に俳優の吉岡秀隆(46)と離婚。その後も芸人の千原ジュニア(42)とも浮き名を流していましたが結局、再婚には至らなかった。というのも内田は、幼少期に両親が離婚した経験から、『そばにいてほしい人は、いなくなる』というトラウマがあり人と深くつきあうのが苦手。さらには、1回目の結婚で相当男性不信になっていて、6年前に交際へ発展した柏原さんとは友人期 [全文を読む]

内田有紀が「プチブレイク」したのは“2人の大物タレント”の穴を埋めるため?

アサ芸プラス / 2016年01月28日09時59分

「素直な性格だし、吉岡秀隆と結婚して引退しましたが、離婚して芸能界復帰後は地道に仕事をこなしてきた。そんな可愛い存在の内田に力を入れよう、ということになったのです」(前出・芸能デスク) 従順で堅実な活動が報われつつあるのだ。 [全文を読む]

「またDV受ける役...」いつの間にか“幸薄い女優“のトップになった内田有紀

tocana / 2015年11月30日08時00分

2002年に吉岡秀隆と結婚してスッパリ芸能界を引退しましたが、わずか3年で離婚。相当騒がれましたし、その後交際が噂された、福山雅治と千原ジュニアも結婚。どうしても幸せになれないイメージが付いちゃいますよね。視聴者としては、凄くハマり役なんだけど、できれば幸せな役を演じてほしいという気持ちがあると思います」(制作番組プロデューサー) 不幸な役柄を任されるとい [全文を読む]

90年代トップアイドル内田有紀 40歳目前に確立したポジションで第2次ブーム到来か

AOLニュース / 2015年10月18日12時00分

『北の国から 2002 遺言』で共演した吉岡秀隆と結婚し、2002年に芸能界を一度引退している。離婚を経て、2006年に復帰した。 アイドル時代は主演作が続いたが、復帰後は脇役に徹している。同じシングルマザー役でも『ドクターX』ではクールな敏腕ぶりで大門の手術を支えてシビれさせ、『偽装の夫婦』では感情を表に出さずやさしそうだが、どこか闇も感じさせる。元トッ [全文を読む]

千原ジュニア 福山へ嫉妬心原因で元カノ内田有紀と破局説出る

NEWSポストセブン / 2015年10月10日07時00分

でも有紀ちゃんは家族への憧れもあって、彼の元を去りました」(ワイドショー関係者) その後内田は、2002年に吉岡秀隆(45才)と結婚するも2005年12月に離婚。そして2007年4月、女性セブンが内田とジュニアの熱愛をスクープした。 ふたりは2007年1月放送の2時間ドラマ『松本清張スペシャル 地方紙を買う女』(日本テレビ系)の共演をきっかけに交際をスター [全文を読む]

内田有紀と柏原崇、90年代アイドル俳優同士のバツイチ愛は続く

messy / 2015年07月18日13時00分

内田有紀は02年に、テレビドラマ『北の国から』で共演した俳優の吉岡秀隆(44)と結婚したが、3年後の05年に離婚。柏原も、04年にモデル出身タレントの畑野ひろ子と結婚したものの、06年に離婚しており、共にバツイチだ。 最初に「交際しているようだ」とウワサされはじめたのは10年5月のことだったので、もうそれから5年以上もオープンにお付き合いを続けていることに [全文を読む]

「3年目の浮気」は脳のメカニズムとして埋め込まれていた

NEWSポストセブン / 2017年06月23日07時00分

他にも内田有紀(41才)と吉岡秀隆(46才)が3年、スザンヌ(30才)と斉藤和巳氏(39才)が3年3か月、宇多田ヒカル(34才)と紀里谷和明氏(49才)が4年半…離婚までの平均期間は3~4年、という統計通りの結果となっている。◆一度愛し合った仲が3年で終わるのは脳のせい 誰かを好きになった瞬間、脳には大きな変化が起きる。とくに重要なのはPES(フェニルエチ [全文を読む]

佐藤隆太、新境地挑戦の危険性

NewsCafe / 2015年12月02日16時00分

で、今回佐藤の妻役で内田が選ばれた理由は? 「内田は2002年ドラマ 『北の国から』で共演した俳優、吉岡秀隆(45)と結婚しましたが、3年後に離婚。原因は吉岡のDVだったと言われています。経験者だけに演技にリアリティが出ると期待され、選ばれたんじゃないでしょうか」 じゃあ、今回のドラマはかなり話題になりそう? 「どうでしょう。何をやっても当たらないフジは、 [全文を読む]

若い人は意外と知らない!?実は元夫婦だった芸能人ビッグカップル!【パート1】

日本タレント名鑑 / 2015年11月21日09時55分

美人女優と実力派俳優の結婚と言えば、10代の頃からグラビアや歌手など多方面で活躍し、24歳で北区つかこうへい劇団へ入団し本格女優へと転身した内田有紀さんと、5歳で子役デビュー、ロングヒット作品への出演も多く、繊細な演技が魅力な吉岡秀隆さんも元夫婦です。 『北の国から2002遺言』で相手役を演じ9月に放送、12月に結婚と、視聴者からしたら猛スピードなゴール [全文を読む]

福山雅治と千原ジュニアが同時婚、“二人の元カノ”内田有紀はなぜ破談した?

アサ芸プラス / 2015年09月29日17時59分

飛ぶ鳥を落とす勢いの男たちなら重荷に感じることがあったかもしれませんね」 福山、千原以外にも突然の結婚⇒離婚となった吉岡秀隆が有名だが、恋多き女もアラフォーとなり、現在交際中の柏原崇との交際はもっとも落ち着いたいい状態だと噂されている。 元カレ二人の同時結婚を知り、内田はいま何を思うのか。(野上順平) [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ミッツがマツコと富良野行きを諦めたワケ。子どもの頃は『北の国から』純に似ていた。

TechinsightJapan / 2015年09月06日09時55分

さらにミッツは、子どもの頃に街中で「純君よね?」と間違えられるほど、純(吉岡秀隆)に似ていたことを告白。当時、八代亜紀の『雨の慕情』を純が振り付きで歌うシーンが劇中にあり、ミッツも純に似ているならと振りを練習したことを話す。これには共演者も驚いていた。 「涙が普段出ないので、涙を出すために『北の国から』を観る」と明かしたミッツ。お気に入りのシーンは「今だっ [全文を読む]

「大ブレークしたショートヘア女優は不幸になる」ってホント!? 広瀬すずにも、その兆候が……

日刊サイゾー / 2015年08月06日11時00分

しかし、2002年に吉岡秀隆と結婚し、芸能界を引退した頃から彼女の人生は雲行きが怪しくなった。「女性は家庭を守るもの」という古風な考えを持つ吉岡に耐えきれなくなり、05年に離婚。女優としての活動を再開したものの、かつての輝きは取り戻せずに、現在では脇役での出演ばかりが目立っている。 そんな内田の後を継ぐようにして、90年代後半に大ブレークを果たしたのが広 [全文を読む]

小泉今日子に新恋人発覚! マスコミが“不倫疑惑“に触れないのは事務所の圧力か

リテラ / 2015年03月15日12時30分

たとえば、中山美穂と恋愛関係にあった井上ヨシマサや離婚した辻仁成などは交際直後から悪口を書かれましたし、藤原紀香と結婚した陣内智則、内田有紀と結婚した吉岡秀隆なども、途中から悪口を流され、離婚への流れをつくられてしまった」(ワイドショースタッフ) [全文を読む]

中山美穂の離婚報道は「出来レース」か!? バーニングの“別れさせ”戦略とは

日刊サイゾー / 2014年03月28日19時00分

そこで、内田有紀と吉岡秀隆、藤原紀香と陣内智則の離婚劇と同じように既成事実を作ってしまい、離婚に向けて話を進める戦略を練った。中山はすでに帰国しているが、辻は自身の原作舞台が4月から上演されるため都内に滞在。おそらく、稽古場に顔を出すと思われるから、報道陣が殺到するだろう。結局、中山は“無傷”で、あとは離婚成立を待つのみ。マスコミ各社もバーニングに不利益な [全文を読む]

名作ドラマ&漫画「最終回のヒミツ」(2)「もう一度見たいドラマ」 1000人アンケート

アサ芸プラス / 2013年03月13日09時54分

純(吉岡秀隆)は人妻・結(内田有紀)と結ばれ、富良野へ戻る。蛍(中嶋朋子)は不倫相手の子供を産むが、それを承知で、幼なじみの正吉くん(中澤佳仁)と結婚する。 6位にはホームドラマの嚆矢となった「時間ですよ(第1部)」(TBS・70年)。サラリーマンの1人息子・一郎(松山英太郎)は転勤で嫁・芙美(松原智恵子)とともに「松の湯」を去る。女将・まつ(森光子)と主 [全文を読む]

六本木SMバーで遊ぶ福山雅治にささやかれるサゲ●ン伝説

メンズサイゾー / 2012年12月15日12時00分

内田は吉岡秀隆と結婚するもわずか数年で離婚。その後、千原ジュニアと半同棲状態にあることが発覚するも、ジュニアの“赤ちゃんプレイ好き”という性癖が災いして破局。現在は同じバツイチの柏原崇と交際中ですが、彼は05年暮れに起こした傷害事件や元妻・畑野浩子の所属事務所との折り合いが悪かったなどの理由で仕事が激減したまま今も全盛期ほどの仕事は回ってこない状態。また、 [全文を読む]

フォーカス