朝鮮 帰化人に関するニュース

【永田町炎上】どこの国益が大事なのか?国会議員の「帰化人ネットワーク」

デイリーニュースオンライン / 2016年12月09日12時05分

土井は旧社会党を北朝鮮朝鮮労働党と友党関係にするなど一貫して「北朝鮮寄り」の姿勢をとり続けた。 また「拉致疑惑など存在しない」などと公言し、拉致被害者の一人である有本恵子さんの両親が土井氏の事務所に相談を持ちかけても、すこぶる冷淡に扱い、「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望書」が韓国政府に提出された際にも、対象者の中に拉致実行犯と目される辛光洙が含まれて [全文を読む]

<Wコラム>追憶の中の韓国紅葉紀行~日本武将の子孫たちが住む村

Wow!Korea / 2016年10月03日18時04分

■沙也可の里文献によると、1592年の朝鮮出兵のとき、豊臣軍の精鋭だった加藤清正の部下で「沙也可(さやか)」という武将が、義のない戦いを嫌って朝鮮に上陸するやいなや朝鮮王朝側に付いたという。沙也可は武勲を朝鮮王朝の国王から褒めたたえられ、金忠善(キム・チュンソン)という姓名を賜り、領地として友鹿里を与えられたのである。この友鹿里は、今では大邱から車で30分 [全文を読む]

天皇を狂喜乱舞させた日本初の銅発見 手柄を立てた人物は朝鮮からの帰化人?

Business Journal / 2015年10月21日06時00分

日本は朝鮮半島の百済と組んで唐・新羅の連合軍と激突した。いわゆる白村江(はくすきのえ)の戦いである。しかし、日本と百済は大敗北を喫した。そしてその5年後に唐と新羅の連合軍が高句麗を滅ぼすと、百済系、高句麗系の人々が大挙して日本に亡命してきたのである。 日本は、彼ら帰化人を積極的に受け入れた。それは同盟国という理由だけではなく、彼らの持つ先進的な技術が欲しか [全文を読む]

<Wコラム>両班が増えた理由、あなたは本当に「韓国」を知っている?

Wow!Korea / 2016年09月01日17時53分

由緒ある血統を誇る根拠は何百年間記録してきた「族譜」に名前が載っているかいないかに関わりますが、【1】十六世紀末に豊臣秀吉が朝鮮を侵略したため、貴重な文化財とともに重要な文書類が焼失した。その際大部分の「族譜」も消失してしまい、どさくさに紛れて、血筋の不確かな人が「族譜」を改造して名家の一員になったケース。【2】十八~十九世紀に豪農が台頭し、お金で没落貴族 [全文を読む]

【永田町炎上】前代未聞の共産党”開会式”出席と”育休議員”出現の裏にあるもの

デイリーニュースオンライン / 2016年01月24日12時00分

筆者が秘書として最初に仕えたI代議士は北朝鮮にルーツを持つ人物であったから、「立っているなんて、パカバカしいや。面倒臭い!」などと嘯いて、およそ出たためしがない。 もっともこれまで共産党が出席を拒んできたのは、「座る席がない」とか「面倒臭い」などといった単純な理由ではなく、イデオロギーに基づくものだから、志井委員長が式の後の記者会見で「高い『玉座』からお言 [全文を読む]

漬けるだけで肉も魚も味が決まる 便利なニンニクのみそ床

NEWSポストセブン / 2017年06月08日07時00分

日本への伝来については、第十代崇神天皇の時代、朝鮮からの帰化人が済州島よりにんにくを持ち帰ったという記録がある。古事記にはにんにくの利用法が解説されており、万葉集では「ひしおすに蒜つきかねて鯛ねがう 吾にな見せて水葱の羹」(にんにくをすりおろして二杯酢をかけ、その中に鯛をつけて食べると美味)と詠まれ、源氏物語では「雨夜の品定め」で熱冷ましの草薬として用い [全文を読む]

【書評】沖縄県知事がついた嘘。「基地撤退」の背後にチラつく中国の影

まぐまぐニュース! / 2016年07月06日10時00分

外国人犯罪の温床というなら、来日韓国・朝鮮人(永住者含む)の19.4人、すなわち米軍の13.8倍に達する問題こそ取り上げなければならない。 環境問題に関しては、米軍基地の目の前に住むある県民は次のように証言している。 この辺りはタッチアンドゴー(滑走路に接地し、すぐまた上昇する航空機の離着陸訓練)にテレビが10秒ほど消えることが数回あるくらいで、騒音に関し [全文を読む]

これぞウリジナル! 日本人歴史学者の訃報で再び注目が集まる「天皇家は百済にルーツがある」説

日刊サイゾー / 2016年03月21日17時00分

百済とは4世紀から7世紀に朝鮮半島に実在した国家で、現在の韓国の全羅道周辺が国土だった。武寧王とは、その百済の第25代王だ。つまり“ゆかり発言”とは、受け取り方によっては「天皇家は百済にルーツがある」という内容にも聞こえる発言なのである。 当然のごとく日本社会に大きな衝撃を与えた発言となったが、日本以上の大興奮に包まれたのは韓国だ。 当時の韓国マスコミは「 [全文を読む]

フォーカス