メロディー 安全地帯に関するニュース

玉置浩二、長年の夢が実現! 初のフルオーケストラによるシンフォニック・コンサート開催!

okmusic UP's / 2015年02月09日16時00分

「田園」などヒット曲のメロディーをフィーチャーした「序曲」で幕を開け、人一倍大きな拍手の中迎えられた玉置。冒頭のMCで若干緊張気味に挨拶すると「皆さんの心が安らいでおおらかな気持ちになれるように最愛の気持ちを持って歌いたいと思います」と語り、「悲しみにさようなら」「恋の予感」「ワインレッドの心」など安全地帯の大ヒット曲をフルオーケストラの美しいアレンジと共 [全文を読む]

玉置浩二「長年の夢」初のフルオーケストラによるコンサートを開催

AOLニュース / 2015年02月09日12時00分

「田園」などヒット曲のメロディーをフィーチャーした「序曲」で幕を開け、人一倍大きな拍手の中迎えられた玉置。冒頭のMCで若干緊張気味に挨拶すると「皆さんの心が安らいでおおらかな気持ちになれるように最愛の気持ちを持って歌いたいと思います」と語り、「悲しみにさようなら」「恋の予感」「ワインレッドの心」など安全地帯の大ヒット曲をフルオーケストラの美しいアレンジと [全文を読む]

新プロモーション?セクシー ‘鎖骨’露出で新曲広報

スポーツソウルメディアジャパン / 2013年07月05日16時09分

『今日に限って会いたいからよ』はミディアムテンポのメロディーにアコースティックギターの旋律を加味した曲。リズム感溢れるメロディーに、心に響く悲しい歌詞が加えられ、感情を増幅させるという評価だ。一方、カン・ミンギョンは、先月日本を訪れた際に安全地帯のメンバー玉置浩二と会ったことを自身のtwitterで公開し、関心を浴びたことがある。「夢のようだ。ハアアついに [全文を読む]

玉置浩二が“愛”を歌う最新ツアー「AMOUR」を元旦に放送!

Smartザテレビジョン / 2016年12月26日18時01分

最後に歌われた「メロディー」、そしてアンコールの「田園」「いつもどこかで」と続き、まさに大団円を迎えるようにコンサートは終了。玉置が紡いだ純度の高い音楽空間は見逃し厳禁だ! WOWOWではこの「AMOUR」ツアー大阪公演の放送直前に、'14年に開催された「GOLD」ツアー、'15年開催の「故郷楽団」ツアーも一挙放送する。「今は歌うために生きている」と断言 [全文を読む]

玉置浩二が「愛」を歌い上げた!最新ツアー「AMOUR(アムール)」の模様を2017年元日にWOWOW独占放送!

PR TIMES / 2016年12月26日15時26分

玉置のステージの定番曲ではないが、ひとつひとつのメロディーと言葉たちが丁寧に歌われていき、聴衆の心に浸み込んでいく。[画像3: https://prtimes.jp/i/1355/3485/resize/d1355-3485-422357-0.jpg ] 圧巻はオリジナルとは異なるアレンジで演奏された安全地帯のナンバーだった。「ワインレッドの心」では玉置の [全文を読む]

玉置浩二、音楽活動再開! 満を持して挑む新オーケストラ公演で復帰

Entame Plex / 2016年05月23日14時01分

本公演では、「ワインレッドの心」「悲しみにさよなら」「メロディー」など安全地帯やソロでの代表作品とともに、「雨」「夜想」「君がいないから」「いつの日も」「To me」「オレンジ」「キラキラニコニコ」「SOS」等が、編曲家の手によって新しい生命に満ちたオーケストラ作品として披露される。 そして、古典と現代の音楽を結ぶベートーヴェン交響曲第6番と融合した「田 [全文を読む]

どの世代にもウケる「カラオケランキング」、1位はあの名曲

Woman Insight / 2015年12月31日18時30分

美しい歌詞&メロディーでオトナ女子の心をガッチリ掴んでいますね~。50代の1位は女王・中島みゆきの名曲。10代・20代は胸キュンのラブソングが支持されていました。 こうして見ると当然のことながら、世代によって人気曲がまったく違いますよね。同年代だけのカラオケならOKですが、さまざまな年齢の人がいる場所で「世代色の強い曲」ばかり歌っているとヒンシュクを買って [全文を読む]

アコースティックなサウンドをバックに郷愁を歌い上げた玉置浩二「故郷楽団」ツアーをWOWOWでオンエア!

PR TIMES / 2015年10月23日15時00分

バンドが奏でるメロディーが、ひとりひとりの故郷を照らす。ツアーのテーマである「郷愁」が冒頭で提示される。それぞれの心の奥底にある大切な何かが浮かび上がる。やがて、ゆっくりと玉置がステージに現れる。大きな拍手が沸き上がり、その後会場がほんの一瞬、静寂に包まれる。ギターを爪弾き、バンドが音を重ねていく。彼は、そっと呟く様に歌い出す。麦わら、赤とんぼ、土手。さよ [全文を読む]

フォーカス