ナオミ 谷崎潤一郎に関するニュース

小嶋陽菜が小説『痴人の愛』の表紙に…原作ファンが憤慨

しらべぇ / 2016年02月20日08時00分

— たかくら・まさる (@MDR7506er) February 19, 2016これはこれでいいけど...痴人の愛のナオミはちがうんだよなあ。こじはるは男振り回す感じでないもの— 白猫&神社 ( ´ω` )/ (@sironeco) February 19, 2016■『痴人の愛』あらすじまず、同作のあらすじを紹介しよう。質素で平凡で、生真面目な電気技師 [全文を読む]

『文豪ストレイドッグス』の缶バッジがもらえる! 神奈川近代文学館 谷崎潤一郎展 コラボ詳報!!

PR TIMES / 2015年03月28日10時29分

「没後50年 谷崎潤一郎展-絢爛たる物語世界-」の会期中に、『文豪ストレイドッグス』関連書籍を持参すると、先着で特製缶バッジがもらえる![画像2: http://prtimes.jp/i/7006/1417/resize/d7006-1417-403837-1.jpg ]缶バッジは、春河35が描き下ろした「太宰治展」「谷崎潤一郎展」コラボポスターのイラスト [全文を読む]

小嶋陽菜(AKB48)が谷崎潤一郎『痴人の愛』の表紙に! 日本文学史に残る悪女、男を翻弄するナオミへ

PR TIMES / 2016年02月19日09時18分

『痴人の愛』は、生真面目な電気技師の男・譲治が、妖艶な美少女・ナオミと出会い、その美貌に魅せられて破滅していく様を描いた、谷崎潤一郎の傑作小説です。その刊行にあたり、ナオミを思わせる表紙モデルの人選を進めていたところ、『どうする?』に収録されたコケティッシュなワンカット(下図参照)がイメージと合致し、採用が決まりました。小嶋陽菜さんが文芸書の表紙を飾るの [全文を読む]

お手本…それとも反面教師?「美人の生態」を描いた小説2選

BizLady / 2016年08月15日18時00分

■魔性の女というよりは悪女? 華やか美女ナオミの物語『痴人の愛』 『細雪』『春琴抄』などの名作でも知られる“昭和の文豪”谷崎潤一郎の代表的な作品『痴人の愛』には、西洋的な容姿の華やかな美女ナオミが登場します。 主人公の河合譲治という男性が、カフェで女給(今でいうクラブホステスのような仕事)をしていた15歳の貧しい美少女ナオミを見初め、自分好みの女性に育て [全文を読む]

谷崎記念館・さいたま文学館で「文スト」コラボ展開催!

Walkerplus / 2017年04月20日11時05分

2016年10~11月に好評を博したコラボ展の第2弾として、谷崎潤一郎とナオミのほか、芥川龍之介、江戸川乱歩、泉鏡花ら人気キャラクターの活躍シーンをパネルで展示する。2016年秋に放送されたアニメ2期や最新コミック第12巻のシーンもふんだんに登場する。それに加えて春河35が描き下ろした、谷崎とナオミのオリジナルイラストなど新たな内容で展示され、また描き下 [全文を読む]

【書評】谷崎潤一郎の料理的な作品の秘密は暗い思い出発

NEWSポストセブン / 2016年06月04日16時00分

確かに、悪女・妖婦系の『痴人の愛』のナオミや、『卍』の光子たちは揃いも揃ってよく食べるのだ。一見すれば、多食と多淫は結びつかないようにも思える。しかし、彼女たちは文学的に目に見えないものを象徴的に貪り食う存在なのだ。ナオミが一日ビフテキを三皿平気で平らげるのは、谷崎が食を通してエロチシズムを比喩的に表現しようとしているからだ。 谷崎作品の不気味さは美食小説 [全文を読む]

小嶋陽菜の”妖艶写真”が 谷崎潤一郎小説表紙に

dwango.jp news / 2016年02月19日02時36分

『痴人の愛』は、生真面目な電気技師の男・譲治が、妖艶な美少女・ナオミと出会い、その美貌に魅せられて破滅していく様を描いた、谷崎潤一郎の傑作小説。その刊行にあたり、ナオミを思わせる表紙モデルの人選を進めていたところ、『どうする?』に収録されたコケティッシュなワンカットがイメージと合致し、採用が決まった。小嶋が文芸書の表紙を飾るのは初めてのこと。 今回の刊行 [全文を読む]

"文豪女子”必見!『文豪ストレイドッグス』漫画家・春河35氏描き下ろし「谷崎潤一郎&妹・ナオミ」のキャラ絵を特別展示!~谷崎潤一郎の新資料発見で~

PR TIMES / 2015年05月01日09時25分

このニュースを知った『文豪ストレイドッグス』漫画家の春河35(はるかわさんご)氏より、県立神奈川近代文学館とのコラボを激励する、本作のキャラクター「谷崎潤一郎」とその妹「ナオミ」のメッセージつきツーショットイラストが編集部宛に届いたので、その一部をここで紹介する。『文豪ストレイドッグス』作中に登場する「谷崎潤一郎」は、周囲に雪を降らせその空間をスクリーン状 [全文を読む]

芦屋市谷崎潤一郎記念館とさいたま文学館で『文豪ストレイドッグス』コラボが4月26日より開催!!

PR TIMES / 2017年04月03日17時18分

芦屋市谷崎潤一郎記念館では、漫画の春河35による谷崎潤一郎&ナオミの描き下ろしイラストを展示します。その他、谷崎をはじめとしたキャラクターの活躍シーンのパネル展示のほか、描き下ろしイラストを使用したオリジナルクリアファイルを販売します。[画像1: https://prtimes.jp/i/7006/3191/resize/d7006-3191-905498 [全文を読む]

小嶋陽菜が「痴人の愛」の表紙を大胆カットで飾る

Smartザテレビジョン / 2016年02月19日17時38分

同作品は、生真面目な電気技師の男・譲治が、妖艶な美少女・ナオミと出会い、その美貌に魅せられて破滅していくさまを描いた傑作小説。 その刊行にあたりナオミを思わせる表紙モデルの人選中、小嶋陽菜の写真集「どうする?」(宝島社)に収録されたコケティッシュなワンカットがイメージと合致して、採用となった。 採用された表紙には、素肌に白いシャツを羽織り、赤い口紅を差し [全文を読む]

文豪が<永遠女性>へあてた膨大な書簡などの新資料も公開!神奈川近代文学館 谷崎潤一郎展×文豪ストレイドッグス コラボポスターが解禁!

PR TIMES / 2015年02月26日14時11分

本家の谷崎潤一郎とのコラボレーションポスターが解禁となった![画像1: http://prtimes.jp/i/7006/1320/resize/d7006-1320-666700-3.jpg ]今回のコラボレーションにあたり、谷崎潤一郎の肖像写真にインスパイヤされた漫画家の春河35が、『文豪ストレイドッグス』で、異能力「細雪」を操る「谷崎潤一郎」とその妹 [全文を読む]

太宰治の必殺技は“人間失格”!? 文豪たちのバトルがすごい

ダ・ヴィンチニュース / 2013年04月11日14時50分

しかも、彼の作品である『痴人の愛』のヒロインと同じナオミという名の妹まで登場するのだ。一瞬、谷崎に“ナオミ”という名の妹なんていただろうか? と思うが、そこから興味をもってみるのも楽しいだろう。 [全文を読む]

縄文から現在まで移り変わる日本女性の“美” 「シン・ゴジラ」柘植さん監修の動画

ウートピ / 2016年09月15日17時00分

女性の姿はさらに変化し、鮮やかな十二単に身を包んだ「平安時代」の女性、谷崎潤一郎の「痴人の愛」に描かれるナオミをイメージしたという大正時代のモダンガール風の女性、厚手の白い化粧に赤いチークを入れた奈良時代の女性と次々に変化していきます。 動画は、奈良大学の全学科横断・学生プロジェクトの一環として制作。各時代における“美”の表現がどう変化していったのかを学生 [全文を読む]

山田詠美、禁断の愛憎劇「賢者の愛」がドラマ化!

Smartザテレビジョン / 2016年06月17日12時00分

百合の出産に立ち会った真由子は、息子に名前を付けてほしいと百合にせがまれ、ある思いから「直巳(ナオミ)」と名付ける。 それから20年がたち、今や文芸誌の編集者となった真由子は、百合や諒一に内緒で直巳と逢瀬を重ねていた。直巳は真由子に依存し彼女を求め続けてしまう。それこそが、真由子の20年に及ぶ復讐だった。 [全文を読む]

川栄李奈、デスノートのビジュアル披露で「ゾクゾクする!」 こじはるの保育士、OL、悪女姿に「コスプレ写真集を希望!」の声

おたぽる / 2016年02月29日12時00分

小嶋は、今月18日には、明治の文豪・谷崎潤一郎の私小説『痴人の愛』(宝島社)の文庫本の表紙を飾ることを発表し、小説内に登場する悪女『ナオミ』をイメージした、真っ赤なリップを塗り、挑発的な表情を浮かべたビジュアルを公開。さらに、23日に発売された雑誌『MAQUIA4月号』(集英社)では、『もしも、こじはるがOLだったら…』というテーマで、メガネをかけた知的な [全文を読む]

市原悦子を語り手にイメージして書かれた山田詠美さんの新刊

NEWSポストセブン / 2015年04月14日07時00分

10年以上前に河野多恵子さんと対談をした時に谷崎の作品をまとめて読んだ、その体験が今回に繋がった」 堅物の中年男が15才の少女ナオミを引き取って、自分好みの女に育てる、というのが『痴人の愛』。対して『賢者の愛』の主人公は、親友の息子に「直己」と名付け、その立場を借りて自分好みの男に調教していく。言葉を教え、贅沢を教え、女の体を教えるその手管は圧巻。年頃の息 [全文を読む]

運命に翻弄される男女の悲喜劇を描く 谷崎の『痴人の愛』に挑んだ衝撃作

ダ・ヴィンチニュース / 2015年02月06日12時30分

親友に父と初恋の相手を奪われ、愛と友情が深い憎しみに変わった真由子は、諒一と百合の息子に『痴人の愛』のナオミから「直巳」と命名し、22歳年下の彼を徹底的に調教することで復讐していく。 [全文を読む]

深作欣二、木村一八に「俺の言うことが聞けないのか」

アサ芸プラス / 2012年11月22日10時00分

「彼とはその後、谷崎潤一郎の『ナオミ』(痴人の愛)を一緒にやろうって話もあったんです」 まだ実現はしていないが、その「いつか」こそ、再び「ギラギラ」となる日だろうか──。 〈文中敬称略、次回は千葉真一〉 【関連記事】 深作欣二、息子・健太の間で壮絶なバトル 深作欣二「蒲田行進曲」風間は撮影直前に指名 深作欣二「蒲田行進曲」素人、平田満への気遣い 深作欣二 [全文を読む]

フォーカス